Active Directory の変更を Windows Server 2003 にレプリケートできない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830746 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
Active Directory ディレクトリ サービスの変更を Microsoft Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラにレプリケートするときに、レプリケーションが完了しません。

次のようなイベントがイベント ログに記録されることがあります。

種類 : 警告
ソース : NTDS Replication
分類 : DS RPC Client
イベント ID : 1232
コンピュータ : Inbound_Domain_Controller
説明 : Active Directory は、次のサーバーに対してリモート プロシージャ コール (RPC) を実行しようとしました。その呼び出しはタイムアウトになり、取り消されました。
サーバー : DSA_GUID._msdcs.DNS_Domain_Name
呼び出しタイムアウト (分): 5
スレッド ID: Thread_ID

種類 : 警告
ソース : NTDS Replication
分類 : DS RPC Client
イベント ID : 1188
ユーザー : NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON
コンピュータ : Inbound_Domain_Controller
説明 : Active Directory のスレッドは、次のドメイン コントローラに渡された RPC が完了するのを待機しています。
ドメイン コントローラ: DSA_GUID._msdcs.DNS_Domain_Name
操作: get change
スレッド ID: Thread_ID
タイムアウト時間 (分): 5
Active Directory は呼び出しを取り消し、このスレッドを回復しようとしました。
ユーザー操作
この状況が解決されない場合は、ドメイン コントローラを再起動してください。

種類 : 警告
ソース : NTDS General
分類 : 内部処理
イベント ID : 1173
ユーザー : NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON
説明 : 内部イベント: Active Directory で次の例外および関連付けられたパラメータが検出されました。
例外: e0010002
パラメータ: 0
追加のデータ
エラー値: 1818
内部 ID: 5000ede ----------------

種類 : 警告
ソース : NTDS Replication
分類 : Replication
イベント ID : 1085
ユーザー : NT AUTHORITY\ANONYMOUS LOGON
説明 : 内部イベント: Active Directory は次のディレクトリ パーティションを次のネットワーク アドレスのドメイン コントローラに同期させることができませんでした。
ディレクトリ パーティション: <NC>
ネットワーク アドレス: <GUID ベースの DC 名>
このエラーが継続すると、知識整合性チェッカー (KCC) により、レプリケーション リンクが再構成され、ドメイン コントローラを使用しないように設定されます。
ユーザー操作
ネットワーク アドレスを DNS クエリで解決できることを確認してください。
追加のデータ
エラー値: 1818 リモート プロシージャ コールが取り消されました。

このような状況では、repadmin /showrepl コマンドの結果および repadmin /showreps コマンドの結果にエラー 1818 が出力されます。

原因

この問題は、リモート プロシージャ コール (RPC) ベースのレプリケーションを実行しているレプリケート先ドメイン コントローラが、レジストリ設定 RPC Replication Timeout (mins) に指定された時間内に、レプリケート元ドメイン コントローラからの変更内容を受信できない場合に発生することがあります。この問題は、以下のいずれかの状況で頻繁に発生することがあります。
  • Active Directory のインストール ウィザード (Dcpromo.exe) を使用して、フォレスト内で新しいドメイン コントローラを昇格した。
  • 元のドメイン コントローラから既存のドメイン コントローラにレプリケートするときに、低速のネットワーク リンクを経由した。
Windows 2000 ベースのコンピュータでは、レジストリ設定 RPC Replication Timeout (mins) のデフォルト値は 45 分です。Windows Server 2003 ベースのコンピュータの場合は、5 分に設定されています。オペレーティング システムを Windows 2000 から Windows Server 2003 にアップグレードした場合、レジストリ設定 RPC Replication Timeout (mins) は 45 分から 5 分に変更されます。RPC ベースのレプリケーションを実行しているレプリケート先ドメイン コントローラが、レジストリ設定 RPC Replication Timeout (mins) で指定された時間内に、要求されたレプリケーション パッケージを受信できない場合、レプリケート先ドメイン コントローラは、応答しないレプリケート元ドメイン コントローラとの RPC 接続を終了し、警告イベントをログに記録します。

解決方法

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

この問題を解決するには、ネットワーク接続の帯域幅を拡張し、タイムアウト時間である 5 分以内に Active Directory の変更をレプリケートするようにします。ネットワーク接続の帯域幅を拡張できない場合は、Windows Server 2003 ベースのコンピュータのレジストリを編集して、Active Directory レプリケーションに関する RPC タイムアウト値を増やします。RPC タイムアウト値を増やすには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
  3. [
    Parameters
    ] を右クリックし、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. RPC Replication Timeout (mins) と入力し、Enter キーを押して新しい値の名前を確定します。
  5. [
    RPC Replication Timeout (mins)
    ] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスで、Active Directory レプリケーションの RPC タイムアウトの時間を分単位で入力し、[OK] をクリックします。Windows 2000 環境にある Windows Server 2003 ベースのコンピュータまたは Windows 2000 Server からアップグレードした Windows Server 2003 ベースのコンピュータの場合は、この値を 45 分に設定することをお勧めします。
:
RPC Replication Timeout (mins)
に加えた変更内容を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。

プロパティ

文書番号: 830746 - 最終更新日: 2007年6月14日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbactivedirectory kbprb kbwinservds KB830746
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com