修正プログラム: IIS 5.0 では、パスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 831047
重要です この資料でには、メタベースの編集に関する情報が含まれます。メタベースを編集する前に、バックアップのコピーを行うことができますのあることを確認します。問題が発生した場合に復元します。これを行う方法の詳細についてを参照してください、Microsoft 管理コンソールのヘルプ トピックの「構成のバックアップ/復元](MMC)。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトに含まれるパスワード変更ページを使用すると、さまざまな問題が発生します。Windows 2000 Server Service Pack 4 (SP4)。この資料に記載されている修正プログラムをインストールすることによってこの問題を解決することができます。

現象

Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 4 で (SP4) に含まれるパスワード変更ページを使用するとさまざまな問題が発生する可能性があります。
  • ユーザーのアカウント名の最初の文字します。切り捨てください。
  • パスワードする必要があります。 ユーザーのパスワードを変更することはできません。次回のログオン時に変更します。
  • パスワードを持つユーザーのパスワードを変更できません。期限切れにします。
  • フォレスト間のパスワードを変更することはできません。
  • UPN 形式でユーザー名を使用することはできません。

原因

Windows 2000 Server Service Pack 4 に含まれるパスワード変更ページ Active Server Pages (ASP) テクノロジを利用して Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) テクノロジを使用して、ユーザーのパスワードを変更するのには。ADSI の技術的な制限は、パスワード変更ページに関連する問題のほとんどをが。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムを今すぐです。マイクロソフトから利用可能なのみ問題を修正するもので、この資料に記載されています。発生しているシステムにのみ適用します。この特定の問題。この修正プログラムは、今後さらにテストが表示されます。そのため、この問題で深刻な影響をされていない場合は、待機することをお勧めこの修正プログラムを含む次の Windows 2000 service pack が。

この問題を解決するには、Microsoft 製品サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft 製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用する前に、Windows 2000 Service Pack 4 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。修正プログラムです。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   05-Oct-2004  08:40                      5,735  Achg.htr
   05-Oct-2004  08:40                      2,382  Aexp.htr
   05-Oct-2004  08:40                      2,227  Aexp2.htr
   05-Oct-2004  08:40                      2,829  Aexp2b.htr
   05-Oct-2004  08:40                      1,974  Aexp3.htr
   05-Oct-2004  08:40                      2,218  Aexp4.htr
   05-Oct-2004  08:40                      2,837  Aexp4b.htr
   05-Oct-2004  08:40  5.0.2195.6982      31,504  Iispwchg.dll     
   05-Oct-2004  08:40                      2,385  Text.htr

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

警告 メタベースを誤って編集すると、深刻なことがあります。問題は、メタベースを使用して、製品を再インストールする必要があります。Microsoft できません、保証、最悪の場合に発生する問題メタベースを解決できます。ご自身の責任で、メタベースを編集します。

メモ 編集する前に、メタベースのバックアップを作成常にします。

ファイルを更新する修正プログラムを適用した後Iisadmpwd ディレクトリには、次の手順を実行します。
  1. Iispwchg.dll ファイルを Iisadmpwd ディレクトリに登録します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプregsvr32c:\winnt\system32\inetsrv\iisadmpwd\iispwchg.dll、し[OK].
  2. 構成する、 PasswordChangeFlags パスワードを変更するかどうかを確認するのには、メタベース内のプロパティ機能が有効になります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
    2. C:\Inetpub\Adminscripts を検索します。ディレクトリです。
    3. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      cscript.exe adsutil.vbs セットw3svc passwordchangeflags/
      メモ この例のコマンドで、 は、設定する値のプレース ホルダーは、 PasswordChangeFlags [プロパティ] します。
    次に、には対象となる値が含まれています、 PasswordChangeFlags [プロパティ] します。これらの値の組み合わせを使用できます。
    • 0

      この値は既定値です。この値Secure Sockets Layer (SSL) 接続を使用することを指定すると、パスワードを変更します。
    • 1

      この値にパスワードの変更を許可します。保護されていないポート。この値は、SSL が有効になっていない場合に便利です。
    • 2

      この値は、パスワードの変更を無効にします。機能します。
    • 4

      この値は、事前の通知を無効にします。パスワードの有効期限します。
  3. 確認は、Iisadmpwd 仮想ディレクトリディレクトリが正しく作成されると、仮想ディレクトリが正しい場所を指します。は、正しい場所は System32\Inetsrv\Iisadmpwd です。必要はありません。匿名認証の仮想ディレクトリで有効になっています。お勧めアプリケーションの仮想ディレクトリに、同じ認証を使用します。その仮想ディレクトリにユーザーをリダイレクトします。
  4. .Htr ファイルが Asp.dll にマップされていることを確認します。Iisadmpwd ディレクトリの [AppMappings] セクションのファイルです。これを行うには、以下を実行します手順:
    1. IIS マネージャー Microsoft 管理コンソール (MMC)、右クリックし、 iisadmpwd ディレクトリ、し プロパティ.
    2. クリックして、 仮想ディレクトリタブします。
    3. で、 仮想ディレクトリ タブで、クリックしてください 構成.
    4. で、 AppMappings セクションで、検索します。行 .htr.その行に記載されている、 拡張機能 フィールドです。実行可能ファイルであることを確認してください。右のポイントは、Asp.dll ファイルを表示します。リンクは、持っています。 .htr 含まれる、 拡張機能 フィールドはありません。存在し、それを追加する必要があります。この拡張機能を追加する必要がある場合をクリックします。 追加.この拡張機能を編集する必要がある場合は、拡張子を選択し、クリックしてください。 編集.
    5. 実行可能ファイルをクリックします。 参照,System32\Inetsrv ディレクトリの Asp.dll ファイルを見つけます。
    6. で、 拡張機能 フィールドの種類 .htr.
    7. 動詞に制限を設定するには GET、POST.
    8. クリックしてください。 [OK] 変更を保存するのには、すべてのプロパティ ウィンドウを閉じます。
  5. 次のメタベース エントリが正しく設定されていることを確認します。
    元に戻す全体を表示する
    メタベース エントリと値説明
    メタベースのエントリ: AuthChangeUrl
    メタベースの値: iisadmpwd/achg.htr
    このページ実際のパスワードを変更すること。
    メタベースのエントリ: AuthExpiredUrl
    メタベースの値: iisadmpwd/aexp.htr
    このページパスワードの有効期限が切れたユーザーのパスワード変更フォームを表示します。SSLこのページを有効にする必要があります。アカウント名を入力することを確認します。「ドメイン \ ユーザー名」の形式で。
    メタベースのエントリ: AuthExpiredUnsecureUrl
    メタベースの値: iisadmpwd/aexp3.htr
    パスワードの変更を形成する場合このページが表示されます。SSL が有効になっているか使用されていません。
    メタベースのエントリ: NotifyPwdExpUrl
    メタベースの値: iisadmpwd/anot.htr
    場合は、パスワードの有効期限通知機能が有効になっている、このページです。SSL が有効になっているときに表示します。
    メタベースのエントリ: NotifyPwdExpUnsecureUrl
    メタベースの値: iisadmpwd/anot3.htr
    場合は、パスワードの期限切れ通知機能を有効に、SSL が有効になっていない場合、このページが表示されますか場合 SSL は使用されません。
    メタベースのエントリ。 PasswordExpirePreNotifyDaysこのメタベース エントリクライアントのパスワードの有効期限が切れるまでの日数数を指定します。このメタベース エントリもパスワードの事前通知メッセージのある場合を示しています送信します。
  6. 既定では、メタベースのエントリに関連する、レジストリに W3SVC レベルで前に記載されているページが置かれています。また、変更する必要はありません。ただし場合は、メタベースのエントリする必要があります。変更または確認するには、Mdutil.exe を使用としてアプリケーション次のようにします。アプリケーションの Mdutil.exe は、Windows 2000 サポートがCD します。
    1. Mdutil.exe は、IIS を実行しているサーバーにコピーします。
    2. コマンド ウィンドウを開きます。
    3. Mdutil.exe を含むフォルダーを探します。
    4. メタベース内の現在の値を確認するには、次を使用します。

      Mdutil.exe の取得w3svc/MetabaseKey.

      たとえば、入力、次の。

      Mdutil.exe の取得w3svc AuthChangeUrl/
    5. 値を変更するには、だけで、これまで同様、コマンドを使用できます。ただし、"get"の「セット」とを交換します。値を指定することも、終了します。
    PasswordChangeFlags のいずれかを変更する必要がある場合、またはAdsutil.vbs スクリプトを使用する必要が PasswordExpirePreNotifyDays、これらのメタベース エントリを設定します。Adsutil.vbs スクリプトである、システム上のディレクトリを Inetpub\Adminscripts。Adsutil.vbs スクリプトを使用するにはこれらのメタベース エントリの構成は、次の手順を実行します。
    1. コマンド ウィンドウを開きます。
    2. C:\Inetpub\Adminscripts フォルダーを探します。
    3. 値を設定するのには、使用できます、次の。

      Cscript.exe adsutil.vbs セットw3svc/MetabaseKey

      たとえば、入力、次の。

      Cscript.exe adsutil.vbs セットw3svc/PasswordChangeFlags 1
    4. 値を調べるには、以前使用するいたと同時に、同じコマンドを使用できます。ただし、「設定」の"get"を使用を置き換える値を追加しない、終了します。

関連情報

詳細については、IIS 5.0 オンライン ヘルプを参照してください。参照してください。
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
269082IIS の新規インストール時に IISADMPWD 仮想ディレクトリは作成されません。5.0
詳細については、Windows ソフトウェアの命名方式は、更新プログラムは、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
816915ファイルの新しい名前付けスキーマMicrosoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージ
詳細については、記述に使用される用語マイクロソフト製品の更新、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684標準の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語

プロパティ

文書番号: 831047 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbhotfixserver kbmt KB831047 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:831047
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com