DFS 紹介一覧の先頭にログオン サーバーを置くことを可能にする、Windows Server の更新プログラム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 831201
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows 2000 Server の更新プログラムについて説明します。この機能は新しいバージョンの Windows Server に組み込まれています。この更新プログラムにより、Microsoft 分散ファイル システム (DFS) 紹介の一覧に表示されるドメイン コントローラーの順序を構成できます。これらのシステム ボリュームの紹介が、クライアント コンピューターに返されます。この更新プログラムにより、ログオン サーバーを一覧の一番上に置くことができるようになります。

Windows Server Active Directory グループ ポリシーは、システム ボリュームのネットワーク共有に保存されます。このシステム ボリュームは、ドメインベースの DFS ルートであり、ドメイン内の各ドメイン コントローラーが共有のリンクのレプリカをホストします。システム ボリュームを見つけるために、クライアント コンピューターは、ログオン サーバーに対して DFS リンクのレプリカの一覧を照会します。ログオン サーバーは、システム ボリュームをホストしている DFS 内のすべてのサーバーの一覧を返します。一覧はランダムな順序になっています。クライアント コンピューターが置かれているサイトと同じサイト内に置かれているサーバーが一覧の一番上に置かれます。ユーザーは 1 つのドメイン コントローラーによって認証され、サイト内の別のドメインイン コントローラーからポリシーをダウンロードする可能性があります。

この資料に記載した更新プログラムによって既定の動作が変更されます。この更新プログラムを適用すると、クライアント コンピューターに返されるシステム ボリュームの DFS 紹介の一覧の一番上にログオン サーバーが追加されます。この更新プログラムに含まれている機能を使用するには、レジストリを編集する必要があります。このためには、「この機能を使用するためのレジストリの編集」を参照してください。

詳細

PreferLogonDC レジストリ設定を有効にすると、ドメイン コントローラーは常に、コントローラー自体のエントリが一番上になるように SYSVOL および NETLOGON 共有の DNS 紹介一覧を並べ替えます。これは、dfsutil /pktinfo コマンドおよび Netlogon デバッグ ログを使用して確認できます。Netlogon デバッグ ログを生成するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して Enter キーを押します。
nltest.exe /dbflag:0x2080ffff
"DsGetDCName" API およびドメイン コントローラーの検索方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
247811 Windows でのドメイン コントローラーの検索方法
DFS 紹介の順序の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/bb512919
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Windows Server 2003 の修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この製品の既定の動作を変更する、サポートされた機能を用意していますが、この機能はこの資料に記載された動作のみを修正することを目的としており、この機能を必要とするコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。この機能は、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この機能が存在していなくてもシステムが深刻な影響を受けていない場合は、この機能が含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

この機能をダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、この機能を入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の機能の対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧の参照、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、機能が提供されている言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合、その言語では機能が提供されていません。

必要条件

この修正プログラムは、プライオリティの高い SRV レコードが格納されているドメイン コントローラーにインストールする必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 (32 ビット版)
   日付            時刻    バージョン         サイズ       ファイル名
   -----------------------------------------------------
12-Feb-2004  00:47  5.2.3790.127  137,216  Dfssvc.exe
12-Feb-2004  00:31  5.2.3790.127   32,768  Dfs.sys
Windows Server 2003 Enterprise Edition (Itanium ベースのシステム)
   日付          時刻     バージョン         サイズ      ファイル名      プラットフォーム
   ----------------------------------------------------------------
11-Feb-2004  23:32  5.2.3790.127   97,792  Dfs.sys
11-Feb-2004  23:32  5.2.3790.127  461,824  Dfssvc.exe   IA-64
11-Feb-2004  23:47  5.2.3790.127  137,216  Wdfssvc.exe  x86

Windows 2000 の修正プログラム情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧の参照、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。

必要条件

この修正プログラムには Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) が必要です。この修正プログラムは、プライオリティの高い SRV レコードが格納されているドメイン コントローラーにインストールする必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻    バージョン         サイズ       ファイル名
   ----------------------------------------------------
03-Dec-2003  22:01  5.0.2195.6877  75,504  Dfs.sys

この機能を使用するためのレジストリの編集

この資料に記載されている機能を使用するには、更新する予定の各ドメイン コントローラーで、PreferLogonDC レジストリ エントリを
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Dfs
レジストリ サブキーに追加し、PreferLogonDC レジストリ エントリの値を 1 に設定して、ドメイン コントローラーを再起動します。コンピューターの再起動が 1 回のみで済むように修正プログラムをインストールする前にレジストリを変更することをお勧めします。

PreferLogonDC レジストリ エントリを追加して、PreferLogonDC レジストリ エントリを設定するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Dfs
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. PreferLogonDC」と入力し、Enter キーを押します。
  5. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。
修正プログラム パッケージの名前の付け方の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
816915 Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しいファイル名前付けスキーマ
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 831201 - 最終更新日: 2011年10月26日 - リビジョン: 12.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbwinserv2003presp1fix kbhotfixserver kbautohotfix KB831201
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com