文書番号: 832671 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office xp 更新プログラムをリリースしました。この更新プログラムは、セキュリティの拡張に加えて、安定性とパフォーマンスも強化されます。Microsoft Office XP Service Pack 3 (SP3) に含まれている修正の一部は、以前個別のアップデートとしてリリースされたが。このサービス パックは 1 つの更新プログラムを結合します。Office XP SP3 は、Microsoft Office XP の任意のレベルでをインストールすることができ、インストールするのには、以前の service pack は必要ありません。

はじめに

この記事をダウンロードしてインストールする方法について説明しますOffice XP Service Pack 3 (SP3)。この資料ではまた、について説明します。問題は、Office XP SP3 で修正されます。

詳細

更新プログラムをダウンロードしてインストールする方法

重要この更新プログラムをインストールする前に、以下のことを確認します、次の要件が満たされています。
  • Microsoft Windows インストーラー 2.0

    インストールの前にこのアップデートは、Windows インストーラー 2.0 またはそれ以降をインストールする必要があります。追加この要件については、「Windows インストーラーの更新プログラムを参照してください。要件」のセクションこの資料の。

クライアント用更新プログラム

Office XP を CD-ROM からインストールする場合は、次があります。2 つのオプション:
  • Microsoft Office 製品アップデート Web サイトを使用します。自動的にすべての利用可能なサービスを含む、最新の更新プログラムをすべてインストールします。pack およびパブリック更新プログラムします。
  • 以下の手順に従って、Office XP SP3 のみをインストールします。この資料の後半で説明します。
メモ 使用して、クライアント用更新プログラムをインストールすることをお勧めOffice 製品アップデート Web サイト。Office ダウンロード サイトMicrosoft Office の特定のインストール環境を検出しするメッセージが表示されます。確認するために必要をインストール、Office のインストール完全に更新されています。

Office Product Updates Web サイト


Office 製品のアップデート Web サイトを検出するのには必要な更新がコンピューターにインストールする必要があります参照してください次Microsoft の Web サイト:
http://office.microsoft.com/en-us/downloads/maincatalog.aspx
検出後完全なのリストが表示されることをお勧め承認の更新します。クリックしてください。 [インストールの開始 するには処理を完了します。

Office XP SP3 のみをインストールします。


ダウンロードしてクライアントをインストールするのには、次の手順を実行します。更新します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=85AF7BFD-6F69-4289-8BD1-EB966BCDFB5E
  2. 使用している言語を選択しをクリックしてください移動.
  3. 2 つの .exe ファイルのいずれかのページの下部のリンクを使用してダウンロードし、ハード ディスク ドライブにファイルを保存します。
    • OfficeXpSp3 kb832671 クライアント enu.exe: インストール ソースへのアクセスがある場合は、このファイルをダウンロードする必要があります。これは、元の製品 CD-ROM、ローカル インストール ソース、またはインストール元のネットワークがあります。以前に製品を更新した場合は、更新プログラムのインストール中にインストール ソースへのアクセス必要があります。
    • OfficeXpSp3-kb832671-fullfile-enu.exe: インストール元にアクセスできない場合や、OfficeXpSp3-kb832671-client-enu.exe ファイルのインストールに問題が発生している場合は、このファイルをダウンロードします。
  4. Microsoft Windows エクスプ ローラーで、ハード_ディスクに保存した .exe ファイルをダブルクリックします。
  5. クリックしてください。 と入力して ダウンロードを開始して、Office XP SP3 をインストールします。
  6. この更新プログラムをインストールするプロンプトが表示されたらをクリックしてください。[はい].
  7. クリックしてください。 [はい] 本ライセンスに同意するのには契約です。
  8. 求めるメッセージが表示される場合は、Microsoft Office XP CD-ROM を挿入します。そのためには、をクリックします ].
  9. インストールを通知するメッセージが表示されたら成功をクリックして ].
メモ この更新プログラムは、インストールすると削除できません。元に戻すにはインストールの更新プログラムをインストールする前に、Office XP を削除する必要があり、元の CD-ROM から再度インストールします。

管理者用更新プログラム

Office XP 製品をサーバーからインストールした場合は、サーバー管理者は、サーバーの場所を更新する必要があります、管理者を更新し、更新プログラムをクライアント コンピューターに配布します。

場合は、サーバーの管理者が管理をダウンロードするのには、次の手順を実行します。更新します。
  1. Windows エクスプ ローラーで、新しいフォルダーで C ドライブを作成し、フォルダー kb832671 をという名前をします。
  2. を次のファイルを入手するには、マイクロソフト ・ ダウンロードからです。Center:

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Office XP Service Pack 3 パッケージをダウンロードします。

    リリース日: 2004 年 3 月 9 日

    マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

    メモ ローカライズ版の Office XP の SP3 を入手するのを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
    Office XP Service Pack 3 (SP3) をダウンロードします。
  3. クリックしてください。 保存します。 保存するのにはOfficeXpSp3 kb832671 フルファイル enu.exe ファイルを kb832671 フォルダーです。
  4. クリックしてください。 スタートプロパティExchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  5. で、 と入力して ボックス型cmdプロパティ ]
  6. コマンド プロンプトで、次の行を入力し、後にそれぞれ ENTER キーを押します行:

    cd\kb832671

    OfficeXpSp3 kb832671 フルファイル enu.exe/c/t:c:\kb832671
  7. クリックしてください。 [はい] 本ライセンスに同意するのには契約です。
  8. 更新する手順に精通している場合は、管理者用のインストールをクリックして スタートプロパティExchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.次のコマンドを入力します。 と入力してボックス
    msiexec/a AdminPath\MSI ファイル /p C:\kb832671\MSP ファイル SHORTFILENAMES = TRUE
    場所 管理パス パスを管理者用インストール ポイントを Office xp の場合 (たとえば、C:\OfficeXP)MSI ファイル Office XP 用の .msi データベース パッケージのです。(たとえば、ProPlus.msi) と MSP ファイル 4. します。管理者用の更新プログラムをします。

    メモ コマンドラインに/qb +を追加することができますので、 Office XP の管理者用インストール ダイアログ ボックスとは エンド ユーザー ライセンス契約 ダイアログ ボックスは表示されません。
  9. クライアント ワークステーションに Office を更新します。XP の SP3 をクリックして スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.種類次のコマンドで、 と入力して ボックス
    msiexec/i AdminPath\MSI ファイル再インストール =機能の一覧 チェックサムします
    場所 管理パス パスを管理者用インストール ポイントを Office xp の場合 (たとえば、C:\OfficeXP)MSI ファイル Office XP 用の MSI データベース パッケージのです。(たとえば、ProPlus.msi) と FeatureList ですが再インストールする必要のある機能名 (大文字小文字を区別) のリストを更新します。すべての機能をインストールするのには、使用することができますREINSTALL = ALL
詳細については、管理者のアップデートする方法インストール、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックして、クライアント ワークステーションに展開します。
301348どのようにOffice の管理者用インストールにアップデートをインストールするのにはXP
この記事には標準的な手順が含まれています。管理者用更新プログラムをインストールします。次に表示されます。『 Microsoft Office リソース キットの記事。
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=23334


Office XP SP3 をインストールすると、既知の問題

Office のアップデート Web サイトから Microsoft Office XP Service Pack 3 (SP3) をインストールしようとするとエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Office XP SP3 から Office をインストールしようとします。Web サイトの更新、次のエラー メッセージが表示されます。
インストールの失敗
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
839191インストールしようとすると「インストールの失敗」のエラー メッセージOffice XP Service Pack 3、Office Update Web サイトから

Microsoft Office XP Service Pack 1 (SP1) がコンピューターに Office XP SP3 をインストール、または Microsoft Office XP Service Pack 2 (SP2) がインストールされ、管理インストール ポイントから更新プログラムを適用すると、エラー メッセージが表示されます。(AIP)

Office XP SP3 クライアント用更新プログラムをコンピューターにインストールされている場合は、Office XP SP1 または Office XP SP2 が既にインストールされているし、AIP から修正プログラムを適用、エラー メッセージを受信します。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
837826「期待される製品のバージョン システムに見つかりません」エラー メッセージ Office XP Service Pack 3 をインストールすると

Office XP SP3 をインストールした後、SQL にアップサイズすると、Access 2002 インデックスを変更

した後 Office XP SP3 にアップグレードの降順のインデックスへのアクセスでSQL Server にアップサイズされた 2002年が昇順にアップサイズであります。アクセス ウィザード ファイルをアップグレードしない場合は、インデックス正しくします。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
328019インデックスと降順のインデックスが昇順で Access 2002 になります。場合でも、Office XP sp-2 をインストールすることがまたは Office XP をインストールした後、SQL にアップサイズSP 3

Windows Server 2003 で FrontPage 2002 Server Extensions に Office XP SP3 をインストールするとエラー メッセージが表示されます。

クライアントのまたは、フルファイル版の Office のインストール中にXP SP3 の更新プログラムを受け取るがあります、エラー メッセージ場合は IIS と FrontPage サーバー(FPSE) の拡張機能は、Windows 2003 サーバーにインストールされます。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
837827Office XP Service Pack 3 をインストールすると、「セットアップは、ファイルを更新できません」というエラー メッセージが表示されます。


幅広い領域の情報サービス (WAIS) を Web サーバーから削除されます。

インストールすると Office XP SP3 の WAIS が Web サーバーから削除されます。検索機能のすべてのインデックス サーバーを使用する必要があります。

Frontpage 2003 や SharePoint Web サイト上のインデックス サーバー検索の実装の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc768016.aspx

多言語ユーザー インターフェイス パックの Microsoft Office XP Service Pack 3 (SP3)

すべての Microsoft Office XP の機能をインストールします。多言語ユーザー インターフェイス パックの Microsoft Office XP Service Pack 3 (SP3)多言語ユーザー インターフェイス パック (MUI) を使用している場合。Microsoft をインストールするのにはOffice XP Service Pack 3 (SP3) の多言語ユーザー インターフェイス パックを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=3C0A106C-FFF1-4768-B3AB-483E46E73F7B&displaylang=en


更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムには次のファイルの更新版が含まれます。
   File name      Version
   --------------------------
   Excel.exe      10.0.6501.0
   Frontpg.exe    10.0.6308.0
   Msaccess.exe   10.0.6501.0
   Mspub.exe      10.0.6308.0
   Outlook.exe    10.0.6626.0
   Powerpnt.exe   10.0.6501.0
   Winword.exe    10.0.6612.0
Microsoft Office プログラムのバージョンを確認するのにはコンピューターにインストールされている、次の手順を実行します。

メモ あるので、いくつかのバージョンの Microsoft Windows を次の手順はコンピューターによって異なることがあります。いる場合を参照してください、製品ドキュメント手順を完了するのには
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ検索.
  2. で、 [検索結果] ウィンドウ[すべてのファイルとフォルダー検索コンパニオン.
  3. で、 ファイル名のすべてまたは一部 ボックスで、(たとえば、上記のプログラムの実行可能ファイルのファイル名を入力します。種類 Excel.exe)、しをクリックして検索.
  4. プログラムの実行可能ファイルの一覧を右します。入力ファイルが見つかりませんでしたし、 プロパティ.
  5. で、 バージョン タブでバージョンを確認します。コンピューターにインストールされている Office プログラムの。
詳細については、Office XP のバージョンを確認する方法自分のコンピューター上には、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
291331バージョンを確認する方法Office XP
また、以下のファイルもインストールされます。Office XP SP3 をインストールするとします。
   Accwiz.dll       Msaexp30.dll
   Acwizrc.dll      Msain.dll
   Acwzlib.mde      Mscal.ocx
   Acwzmain.mde     Mscdm.dll
   Acwztool.mde     Mscomctl.ocx
   Admin.dll        Msconv97.dll
   Analys32.xll     Msdmeng.dll
   Animate.js       Msdmine.dll
   Author.dll       Msdmine.rll
   Bidi32.dll       Msimport.exe
   Bjablr32.dll     Msmapi32.dll
   Blnmgr.dll       Msmdcb80.dll
   Blnmgrps.dll     Msmdgd80.dll
   Cdo.dll          Msmdun80.dll
   Cdo.dll          Mso.dll
   Cdrimp32.flt     Msoeuro.dll
   Cfgwiz.exe       Msohelp.exe
   Cgmimp32.flt     Msointl.dll
   Contab32.dll     Msolap80.dll
   Default.htm      Msolap80.rll
   Delete.htx       Msolui80.dll
   Dlgsetp.dll      Msonsext.dll
   Dumpster.dll     Msorun.dll
   Emablt32.dll     Msppt.olb
   Emsabp32.dll     Mspst32.dll
   Emsmdb32.dll     Mspub.exe
   Emsui32.dll      Msqry32.exe
   Envelope.dll     Mstordb.exe
   Epsimp32.flt     Mstore.exe
   Eurotool.xla     Mstores.dll
   Exchcsp.dll      Mswrd832.cnv
   Exsec32.dll      Ocp.dll
   Fdate.dll        Ocpintl.dll
   Fm20.dll         Olappt.fae
   Fm20enu.dll      Olapuir.rll
   Fname.dll        Olkfstub.dll
   Fp5amsft.dll     Outex.dll
   Fp5areg.dll      Outlcm.dll
   Fp5autl.dll      Outlcmr.dll
   Fp5avnb.dll      Outlctl.dll
   Fp5awec.dll      Outllib.dll
   Fp5awel.dll      Outllibr.dll
   Fpcutl.dll       Outlmime.dll
   Fpdb.dll         Outlph.dll
   Fpdbrgn1.inc     Outlrpc.dll
   Fpeditax.dll     Outlvbs.dll
   Fpedsat.dll      Owc10.dll
   Fperson.dll      Owci10.dll
   Fpexpsat.dll     Owsadm.exe
   Fpext.msg        Owsclt.dll
   Fpimpsat.dll     Owssupp.dll
   Fplace.dll       Pcdimp32.flt
   Fpmmc.dll        Pictim32.flt
   Fputlsat.dll     Png32.flt
   Fstock.dll       Ppintl.dll
   Gifimp32.flt     Pres0.htm
   Graph.exe        Proflwiz.exe
   Grintl32.dll     Prtf9.dll
   Html32.cnv       Pstprx32.dll
   Impmail.dll      Ptxt9.dll
   Intldate.dll     Pub6intl.dll
   Jpegim32.flt     Pubconv.dll
   Lfbmp12n.dll     Recall.dll
   Lfcmp12n.dll     Recovr32.cnv
   Lfeps12n.dll     Riched20.dll
   Lffax12n.dll     Rm.dll
   Lfgif12n.dll     Rtfhtml.dll
   Lfmsp12n.dll     Secrec.cfg
   Lfpcd12n.dll     Setlang.exe
   Lfpcx12n.dll     Setup.exe
   Lfpng12n.dll     Shtml.dll
   Lfras12n.dll     Snapview.exe
   Lftga12n.dll     Snapview.ocx
   Lftif12n.dll     Soa.dll
   Lfwmf12n.dll     Ucs20.dll
   Ltdis12n.dll     Unbind.exe
   Ltfil12n.dll     Update.htx
   Ltimg12n.dll     Vbe6.dll
   Ltkrn12n.dll     Vtidb.exe
   Lttwn12n.dll     Wavtoasf.exe
   Mcdlc.exe        Wpft532.cnv
   Mcps.dll         Wpft632.cnv
   Mofl.dll         Wpgimp32.flt
   Morph9.dll       Wwintl.dll
   Msacc.olb        Xlintl32.dll
メモ Office XP SP3 が既にコンピューターにインストールされている場合は、以下のことOffice XP をインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。SP3。
この更新プログラムは適用されているか、含まれています既に適用されている更新プログラムでは。


Windows インストーラーのアップデートの必要条件

この資料に記載されている更新プログラムをインストールするには、必要があります。Windows インストーラー 2.0 またはそれ以降。Microsoft Windows XP と Windows の両方2000 Service Pack 3 (SP3) は Windows インストーラー 2.0 またはそれ以降があります。インストールするのにはWindows インストーラーの最新バージョンは、次のいずれかを参照してください。Microsoft の Web サイト。

Windows インストーラーは Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows Millennium Edition (Me)。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cebbacd8-c094-4255-b702-de3bb768148f%20&displaylang=en
Microsoft Windows NT 4.0 および Windows 2000 用の Windows インストーラー(SP3 以前):
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4b6140f9-2d36-4977-8fa1-6f8a0f5dca8f&DisplayLang=en


この更新プログラムで修正される問題の一覧

Office XP Service Pack 3 (SP3) は、以前にリリースされたが含まれていますoffice XP 用の更新プログラム:
329750 Excel 2002 sp-2 更新プログラムの概要: 2002 年 10 月 16 日
814169 矢印の付いた線、矢印、一部の Office XP プログラムで印刷します。
813682 Office XP イタリア語文書校正ツール更新プログラムの説明: 2003 年 3 月 5 日
307843 Office XP Service Pack 1 (sp-1) の説明
325671 Office XP Service Pack 2 (SP2) の説明
331866 Outlook 2002 の更新プログラムの説明: 2002 年 12 月 4 日
812262 Outlook 2002 の更新プログラムの概要: 2003 年 1 月 22 日
329748 Word 2002 Service Pack 2 更新プログラムの説明: 2002 年 10 月 16 日
828040 Outlook 2002 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2004 年 3 月 9 日


Office XP SP3 は正常にインストールすることができる場合でも、1 つまたは複数の公に利用可能な更新プログラムこの資料に記載されています。既にコンピューターにインストールします。

Office XP SP3 にも含まれていますマイクロソフトのエラーの結果として開発された安定性の向上Office XP のユーザーによって投稿を報告します。詳細については、以下を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://oca.microsoft.com/en/dcp20.asp
記載されている問題が修正されます、Office XP SP3 の次の Microsoft サポート技術情報の記事。

マイクロソフトへのアクセス

836030 Access で修正される問題2002 で Office XP サービス パック 3

Microsoft Excel

836031 Excel 2002 で Office XP Service Pack 3 で修正される問題

Microsoft FrontPage

836032 FrontPage 2002 で Office XP Service Pack 3 で修正される問題

Microsoft Outlook

836033 Outlook 2002 で Office XP Service Pack 3 で修正される問題

Microsoft Office

814169 矢印の付いた線、矢印、一部の Office XP プログラムで印刷します。
821469 [Ol2002]: 受信した電子メール メッセージ内の URL を開くことができません。
822768 OFFXP カスタム MouseIcon プロパティを使用する FM20 コントロール GDI ハンドル リークが発生することができます。
823423 [Offxp]: Shockwave Flash オブジェクトを含む文書を使用して、プログラムを閉じるとエラーします。
823975 Office XPpost-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 8 月 10 日
827144 Office XPpost-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 8 月 29 日
827672 クリップ オーガナイザー 2002年でクリップ オーガナイザーのファイル パスをリダイレクトする方法
829341 クリップオーガナイザー 2002 service Pack 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 10 月 24 日
827973 Office XPpost-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 9 月 12 日
827985 Office XPpost-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 10 月 3 日
830006 Office XPスペイン語の post-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 11 月 3 日

Microsoft PowerPoint

822848 [Ppt2002]: スライド ショー内のスライドの順序は変更できません。
823971 PowerPointpost-Service パック 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 8 月 10 日
827974 PowerPoint2002 service Pack 2 修正プログラム パッケージ: 2003 年 9 月 12 日
300252 PPT2002、読み取り専用で開く、パスワードで保護されたプレゼンテーションを印刷できません。
328112 ODMA のプロパティ] ダイアログ ボックスは PowerPoint 2002 では表示されません。
329915 メモリ内に存在する PowerPoint スライドで ActiveX コントロールを引き起こす
330201 オンライン ブロードキャストを PowerPoint 2002 のプレゼンテーションを表示すると PowerPoint 2002 のスライドの時間マーカーが表示されません。
331113 [Ppt2002]: デザイン テンプレートを適用した後の色の変更が予期せずグラフします。
332046 フォントを再グループ化した後でグラフのアニメーションのフォントがかすれて見える.
813207 [Ppt2002]: コンピューターの再開時、プレゼンテーションを保存するされたら、
813539 [Ppt2002]: プレゼンテーションを閉じるときに PowerPoint のアドインで読み込まれていません。
817002 [Ppt2002]: 埋め込みのプレゼンテーションでスライドの切り替えが遅い
818663 [Ppt2002]: テキストの配置とインデント テキスト ボックスを貼り付けると変更します。
821163 [Ppt2002]: テーブルがゆがんで表示または埋め込まれた Word オブジェクトを印刷するときにテーブルを垂直方向に拡大表示
821272 OFFXP Office XP 形式の新しい組織図を作成するから Office XP の防止

Publisher

325499 PUB2002 パブリッシャーが Novell の既定のプリンターを使用して応答が停止します。

Microsoft Word

836036 Word 2002 で Office XP Service Pack 3 で修正される問題


Office XP SP3 は、以下の問題を修正します。マイクロソフト サポート技術情報で以前記載されていませんでした。

Microsoft PowerPoint

別の言語に英語のテキストを変換すると、PowerPoint プレゼンテーションを開くことができません。


作成し、PowerPoint プレゼンテーションを保存する場合、言語英語、中国語などの他の言語へのテキストの翻訳(簡体字) を保存し、PowerPoint プレゼンテーションを閉じるが表示されます。PowerPoint ファイルを読み取ることはできませんし、ファイルされていないエラー メッセージ開きます。


印刷またはプレビューのみの埋め込みフォントが書式設定されたテキストを変更することができます。


含まれている PowerPoint プレゼンテーションを開いたとき印刷またはプレビューのみの埋め込みフォントをテキストに変更できます。これらのフォントが使用されます。


ドキュメント管理プログラム (ODMA) プログラムを使用して、プレゼンテーションを保存すると、エラー メッセージが表示されます。


プログラムでは、PowerPoint で保存しようとします。ODMA プログラムでのプレゼンテーションのようなエラー メッセージが表示されます可能性があります。次のよう。
-2147467259: (不明のプレゼンテーションメンバー: パスまたはファイル名を: ODMA\ODMASAMP\ファイル名.ppt は無効です。くださいパスとファイル名が正しいことを確認してください。


2 回 PresentationClose イベントを使用して、プログラムを使用してプレゼンテーションを保存すると、プレゼンテーションを保存するように求められます


PresentationCloseイベントを使用して、プログラムを使用してプレゼンテーションを保存するのには場合は、ことがあります。クリックすると、プレゼンテーションを保存するのには、2 つの時刻の入力を求め、 閉じる ボタン ([ X 右上隅にプログラムのウィンドウ) のプレゼンテーションをまだいる間は PowerPoint を終了するのには開きます。


PowerPoint プレゼンテーションを電子メールの添付ファイルとして送信するときのファイル名拡張子がありません。


PowerPoint のプレゼンテーションを送信する場合は、電子メール メッセージの添付ファイル、.ppt 拡張子が存在しない場合の添付したプレゼンテーションのファイル名の拡張子。

メモ 開いて、プレゼンテーションを開く場合は、この問題が発生します。ドキュメントの管理 API (ODMA) プログラムです。このシナリオでは、PowerPoint はいません。ファイル名を取得する場合の .ppt 添付ファイルのファイル名に追加します。ODMA インターフェイスから。


F12 キーを押して PowerPoint プレゼンテーションを Web ブラウザーで開いたとき、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開かない


Web で PowerPoint プレゼンテーションを開く場合ブラウザーで、 として保存します。 押すとダイアログ ボックスが表示されません。F12 キーを押してします。

メモ PowerPoint プレゼンテーションを開いた場合は、この問題が発生する可能性があります。Web ブラウザーでハイパーリンクをクリックするまたはを開いて、直接のプレゼンテーションです。PowerPoint で開くと、f12 キーを押してショートカット コマンドを登録できません。Microsoft Internet Explorer で PowerPoint プレゼンテーション。


Publisher

カレンダーの週が日曜日の Microsoft Publisher 2002 フランス語 (カナダ) バージョンには起動しません。


フランス語 (カナダ) では、カレンダーを作成するときPublisher 2002 のバージョンは、予定表の週で始まらない日曜日。


Publisher タスクのスイッチを別のプログラムを開始または応答が停止します。


タスクのスイッチで起動した場合は、Microsoft Windows XP、または、別のプログラムが進行中にバー (Publisher 2002 で表示されます。例は、プログレスバーが表示されますファイルを開くと)、Publisher 2002 があります応答を停止 (ハング) に見えます。


Microsoft Word 文書を開くと、中国語 (簡体字) テキストの書式設定は失われます


中国語を含む Word 文書を開くと(簡体字) テキスト、フォント、およびフォントの書式設定する可能性がありますから消失します。中国語 (簡体字) テキストです。


給紙方法、ページ ・ セットアップ ・ プログラムは保持されません。


用紙の給紙方法を選択すると (上の プリンター紙 タブでプリンターの) ページ設定 (上が ファイル メニューに Publisher 2002 の給紙元に戻ることがあります以前の設定。


プロパティ

文書番号: 832671 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Developer Edition
キーワード:?
atdownload kbinfo kbupdate kbmt KB832671 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:832671
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com