Works 7. 0 では Works 8. 0 で、差し込み印刷を実行き方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 832797 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは Microsoft Works 7. 0 と Microsoft Works 8. 0 で、差し込みを実行する方法について手順を追って説明します。 さらに、ビデオを後半がこの資料に、差し込み印刷を進めます。

差し込み印刷はデータベース ファイル

差し込み印刷はデータベース ファイルを次の手順に従います。

メモ 手順は、差し込み印刷したいはデータベース ファイルが既に作成されたことと、差し込み印刷に含めるレコードを選択した引き継ぐこと。
  1. Works を起動します。

    これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft Works ナビ
  2. Works ナビで プログラム をクリックします。
  3. [ プログラム ] ボックスの一覧 Works ワープロ
  4. [タスク ボックスの一覧から、 - 差し込みドキュメント
  5. このタスクの開始 をクリックします。

    Works ワープロが今すぐ開始されます。
  6. [ データ ソースを開く ] ダイアログ] ボックスに、 別の種類のファイルから情報をマージ します。
  7. データ ソースを開く ] ダイアログは、データベース ファイルを選択し、 ファイルを開く

    メモ これで、 フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスが表示されます。 この時点で、Works のデータベース ファイルは差し込み印刷のメイン文書に関連付けられます。
  8. 必要に応じて、たとえば--差し込み印刷メイン文書の内容を入力、定型書簡を入力します。

    表示するには、差し込み印刷フィールドを配置したいカーソルを置きます。 フィールドの挿入 ] ダイアログボックスで、必要なフィールドを選択] の [ 挿入 ] をクリックします。 挿入、およびクリックして 挿入 までがあるすべてのフィールドを挿入するフィールドを選択し続けます。

    メモ フィールドを挿入する、句読点と、フィールド間には、スペース Enter キーを押して新しい行に移動して入力したいが表示されるレイアウト書式を設定します。
  9. 挿入され、必要に応じて書式設定のフィールドが表示したら、[ 結果の表示 ] フィールドの挿入 ] をクリックしてフィールドの外観を表示するダイアログ ボックス。

    メモ 結果の表示 ] ダイアログ ボックスを使用して希望するのデータベース ファイル内の各レコードを表示をします。
  10. 含ま結果の表示れていない場合正しくレコードは、データベース ファイルで選択したが、[ ツール ] メニューの [ 差し込み印刷 をポイントして [ フィルターと並べ替え ] をクリックします。

    [ フィルター ] タブの [ マークしたレコードの使用 ] をクリックします。 フィルターと並べ替え ] ダイアログ ボックスを閉じます [OK] をクリックします。

    メモ いくつか高度なフィルタリングと実際に希望する結果を受け取る、差し込み印刷を実行する前に、データ ファイルの並べ替えを実行できます。 ヘルプを参照するには、[ フィルター ] および [ 並べ替え ] タブをクリックして のヘルプ ( しますか? ) をさらにヘルプ領域をクリックします。
  11. ( X ) のの結果の表示 ] ダイアログ ボックスを閉じます 閉じる をクリックします。

Works アドレス帳を差し込み印刷

アドレス帳に差し込み、次の手順に従います。

メモ 次の手順をする既に存在ものと仮定で差し込み印刷する機能で作成したアドレス帳します。
  1. Works を起動します。

    これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft Works ナビ
  2. Works ナビで プログラム をクリックします。
  3. [ プログラム ] ボックスの一覧 Works ワープロ
  4. [タスク ボックスの一覧から、 封筒

    この例では、メール封筒を宛先リストをマージします。 ただし、別の差し込み印刷を宛名ラベルや、差し込み印刷文書など、アドレス帳で実行できます。
  5. このタスクの開始 をクリックします。
  6. [ 封筒 ] ダイアログ ボックスで 封筒の差し込み印刷 ] をクリックを [OK] をクリックします。
  7. 封筒の設定 ] ダイアログボックスでを使用する封筒サイズを選択] の [ 新しい図面 ] をクリックします。
  8. [ データ ソースを開く ] ダイアログ] ボックスに、 アドレス帳から差し込み印刷 します。

    メモ これで、 フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスが表示されます。 この時点ではアドレス帳に差し込み印刷のメイン文書 (封筒) 添付されます。
  9. として適切な差し込み印刷のメイン文書の内容を入力します。

    たとえば、手順 4 で 封筒 を選択するため今度は、封筒 (差し込み印刷のメイン文書) に、差し込み印刷フィールドを挿入します。 カーソルを置きます、差し込み印刷フィールドを表示、 フィールドの挿入 先] ダイアログ ボックス、必要なフィールドを選択し、[ 挿入 ] </a0> をクリックします。 挿入、およびクリックして 挿入 までがあるすべてのフィールドを挿入するフィールドを選択し続けます。 同時に、区切り記号と各フィールドを挿入するスペースを入力します。 住所フィールドをレイアウトに次の行に移動するには、キーの入力を押します。

    メモ に応じて、差出人住所を入力も忘れないでください。
  10. 挿入され、必要に応じて書式設定のフィールドが表示したら、[ 結果の表示 ] フィールドの挿入 ] をクリックしてフィールドの外観を表示するダイアログ ボックス。

    メモ 結果の表示 ] ダイアログ ボックスを使用して希望するのデータベース ファイル内の各レコードを表示をします。
  11. ビューの結果は正しくアドレスをアドレス帳に入力する、含めない場合は [ ツール ] メニューの [ 差し込み印刷 をポイントして [ 名前の選択 ] をクリックします。

    [ 名前の選択 ] ダイアログ ボックスでをアドレス帳に名前を選択を 選択 差し込み印刷の宛先 リストにその名前を追加するをクリックします。 [ [OK] [ 名前の選択 ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  12. ( X ) のの結果の表示 ] ダイアログ ボックスを閉じます 閉じる をクリックします。

Works 表計算ファイル、差し込み印刷のデータ ソースとして使用します。

  1. Works ワープロを開始します。
  2. [ ツール ] メニューの [ 差し込み印刷 ] をポイントし、[ データ ソースのファイルを開く ] をクリックします。
  3. [ データ ソースを開く ] ダイアログ] ボックスに、 別の種類のファイルから情報をマージ します。
  4. データ ソースを開く ] ダイアログには [ ファイルの種類 すべてのファイル を変更します。 Works 表計算のファイルを使用するを探します。
  5. Works 表計算ファイルをダブルクリックします。
  6. [ ファイルのの種類の選択 ] ダイアログ ボックスで Microsoft Excel 8. 0 ] をクリックを [OK] をクリックします。
  7. 適切な [はい] またはクリック しない に関する最初の行フィールド名としてします。
  8. [ ワークシートの選択] または [テーブル ] ダイアログ ボックスで SHEET1 、入力を [OK] をクリックします。 これで、 フィールドの挿入 ] ダイアログ ボックスのデータの差し込み文書に必要なフィールドを挿入できます表示されます。

    メモ ワークシート名前 SHEET1 は、大文字と小文字を区別しないと、英語 (U. S.) を特定します。 次の表は他の言語のワークシートの名前。
    元に戻す全体を表示する
    言語 ワークシートの名前
    ブラジル語Planilha
    チェコ語一覧
    デンマーク語Ark
    ドイツ語Blatt
    ギリシアΦ?λλο
    フィンランド語Taulukk
    フランス語Feuille
    ハンガリー語ラップ
    ポルトガル語Folha
    イタリア語Foglio
    オランダ (オランダ語)Blad
    ノルウェー語版Ark

メール差し込みが完了します。

  1. [ ファイル ] メニューの [ 印刷 ] をクリックします。
  2. 差し込み印刷で、結果を表示し、空白行が抑制されないことをお送り、する場合は 空のフィールドを含む行を印刷しない チェック ボックスをオンするクリックします。
  3. 次のいずれかの方法を実行してください:
    • [OK] を差し込み印刷を完了し、プリンターに封筒を印刷をクリックします。 このオプションを選択する場合残りのこの資料に記載されている手順が適用されません。
    • 後で印刷できるように、新規のドキュメントに差し込み印刷を保存するには、 送信差し込み印刷結果 を新しい文書をチェック ボックスをオンをクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. 差し込み印刷の宛先リストを含むの新規文書が開きます。 保存するこの後で印刷するためのファイルには、[します ファイル ] メニューの ファイル [。
  5. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで、[ ファイル名 ] ボックスに新しい文書の名前を入力 (たとえば、 [封筒 を入力) して [ 保存 ] をクリックします。
これは、表内 (この場合、すべての封筒) のすべてのページを含む新しい Works ワープロ文書 (*.wps) が作成され、メーリングの完了後に文書を印刷することができます。

差し込みビデオを表示します。

差し込み印刷を実行する方法について、ビデオを表示するには、Windows Media Player の [ 再生 ] をクリックしてビューアー。 メモ このビデオを表示するには、Microsoft Windows Media Player 7. 0 またはそれ以降のバージョンを [コンピューターにインストールする必要があります。 Windows の最新版を入手するメディア プレーヤーを次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/windowsmedia/download

プロパティ

文書番号: 832797 - 最終更新日: 2006年10月3日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works 8.0
  • Microsoft Works 7.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB832797 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:832797
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com