新機能と PortQry version 2.0 の機能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 832919 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、新しい機能と PortQry コマンド ライン ポート スキャナーのバージョン 2.0 で使用できるについて説明します。

PortQry 1.22 のバージョンは、Microsoft Windows Server 2003 サポート ツールに含まれているユーティリティをテストは TCP/IP 接続です。マイクロソフトは、PortQryV2.exe の新しいバージョンをリリースしました。この新しいバージョンは、すべての機能と、以前のバージョンの機能が含まれています、新しい機能が追加されています。

注: PortQry のコマンドラインのポート スキャナー バージョン 2.0 をダウンロードするのにはありません。すでにダウンロードした場合ここだけ、機能と機能を紹介します。

概要

PortQry は、TCP/IP 接続の問題のトラブルシューティングに使用できるコマンド ライン ユーティリティです。ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上のポート状態をターゲットの TCP とユーザー データグラム プロトコル (UDP) のポートのこのユーティリティを報告します。PortQry 2.0 は、ローカル コンピューターのポートの使用状況に関する詳細な情報も提供します。PortQry 2.0 以下のすべてのオペレーティング システムで実行されます。
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows 2000

ポートのステータスを報告

PortQry は、ポートの状態は次の方法のいずれかで報告されます。
  • リスニングこの応答では、対象のポートでプロセスがリッスンしていることを示します。PortQry は対象のポートで応答します。
  • 待機していません。この応答では、対象のポートでプロセスがリッスンしていないことを示します。PortQry では、次のインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) メッセージ ターゲット ポートから受信。
    到達不可の宛先
    ポートに到達できません。
  • フィルター条件この応答では、対象のポートがフィルター処理されていることを示します。PortQry は、対象のポートから応答を受け取りませんでした。プロセス可能性があります。 または、対象のポートでリッスンしているかはありません。既定では、フィルターの応答を取得し、UDP ポートフィルターの応答を返す前に一度クエリを実行する前に、TCP ポート PortQry を 3 回クエリします。

PortQry version 2.0 の機能

UDP ポートでリッスンしているプロセスによって、場合によっては、その UDP ポートの状態を判断することは困難できます。フォーマットされていない長さ 0 または固定長のメッセージが対象の UDP ポートに送信されると、ポート可能性があります。 またはが応答を停止可能性があります。ポートが応答した場合は、リスニングの状態になります。ICMP「配信先に到達できません」が表示される場合は、UDP ポートから、または TCP をリセットすると、TCP のポートから応答が返されます、ポートのステータスが待機していないが。通常のポート スキャン ツール報告が対象の UDP ポート、ICMP の「宛先到達不可」が返されない場合、ポートはリッスン状態を持っていることメッセージ。この結果、次の理由のいずれかの正確な可能性があります。
  • 宛先が指定されたデータグラムへの応答がない場合は、対象のポートフィルター選択されることがあります。
  • ほとんどのサービスに送信されるを書式なしのユーザー データグラムを応答しません。
通常、対象のポートからの応答は、セッション層を使用するか、リッスン中のサービスまたはプログラムが理解できるアプリケーション層プロトコルを使用するは 1 つだけが正しく書式設定されたメッセージを引き起こします。

特に 1 つ以上のファイアウォールが存在する環境では、接続の問題のトラブルシューティングを行う場合は、ポートがフィルター処理されている場合、または、リッスンしている場合は、知っておくと便利です。PortQry には、選択したポートを決定するいくつかの特別な機能が含まれます。UDP ポートは、ターゲットからの応答がない場合は、PortQry、ポートと報告します。 リッスン または フィルター処理.PortQry は、リッスン中のサービスまたはプログラムが理解する正しい形式のメッセージを送信します。PortQry を使用して、正しいセッション層またはアプリケーション層のプロトコル、ポートをリッスンしているかどうかを判断します。PortQry %SYSTEMROOT%\System32\Drivers\Etc フォルダーの各ポートにどのサービスをリッスンするを決定するには、サービス ファイルを使用します。

メモ このファイルは、各 Microsoft Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 ベースのコンピューター上に保存されます。

PortQry はトラブルシューティング ツールとして使用するため、特定の問題のトラブルシューティングに使用するユーザーのコンピューティング環境のための十分な知識があることが必要です。PortQry version 2.0 には、以下のセッション層とアプリケーション層をサポートしているプロトコル。
  • ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP)
  • リモート プロシージャ コール (RPC)
  • ドメイン ネーム システム (DNS)
  • NetBIOS ネーム サービス
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP)
  • インターネット セキュリティとアクセラレータ サーバー (ISA)
  • SQL Server 2000年の名前付きインスタンス
  • 簡易ファイル転送プロトコル (TFTP)
  • レイヤ 2 トンネリング プロトコル (L2TP)
さらに、PortQry 2.0 正確に多くのポート portqry 1.22 よりも開いているがあります。

LDAP のサポート

PortQry は、TCP と UDP の両方を使用して、LDAP クエリを送信し、LDAP サーバーのクエリに対する応答を正しく解釈できます。PortQry 解析、書式設定、およびユーザーの LDAP サーバーから応答を返します。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
portqry n myserver -p udp-e 389
PortQry は、次の操作を実行します。
  1. PortQry は、サービス ファイルは %SYSTEMROOT%\System32\Drivers\Etc UDP ポート 389 を解決するのにします。PortQry で LDAP サービス ポートを解決した場合、PortQry、書式なしのユーザー データグラムをセットアップ先のコンピューター上の UDP ポート 389 に送信します。

    LDAP サービスは正しい書式の LDAP クエリにのみ応答するため PortQry は対象のポートから応答を受信しません。
  2. PortQry は、ポートがLISTENINGまたはFILTEREDであることを報告します。
  3. PortQry は、送信先コンピューター上の UDP ポート 389 に正しい書式の LDAP クエリを送信します。
  4. PortQry がクエリへの応答を受信した場合、応答全体をユーザーに返し、リスニングポートであることを報告します。

    PortQry がクエリへの応答を受信しない場合は、ポートがフィルターであることを報告します。
サンプルの出力
UDP port 389 (unknown service): LISTENING or FILTERED
Sending LDAP query to UDP port 389...

LDAP query response:

currentdate: 12/13/2003 05:42:40 (unadjusted GMT) 
subschemaSubentry: CN=Aggregate,CN=Schema,CN=Configuration,DC=domain,DC=example,DC=com
dsServiceName: CN=NTDS Settings,CN=myserver,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=domain,DC=example,DC=com
namingContexts: DC=domain,DC=example,DC=com
defaultNamingContext: DC=domain,DC=example,DC=com
schemaNamingContext: CN=Schema,CN=Configuration,DC=domain,DC=example,DC=com
configurationNamingContext: CN=Configuration,DC=domain,DC=example,DC=com
rootDomainNamingContext: DC=domain,DC=example,DC=com
supportedControl: 1.2.840.113556.1.4.319
supportedLDAPVersion: 3
supportedLDAPPolicies: MaxPoolThreads
highestCommittedUSN: 4259431
supportedSASLMechanisms: GSSAPI
dnsHostName: myserver.domain.example.com
ldapServiceName: domain.example.com:myserver$@domain.EXAMPLE.COM
serverName: CN=myserver,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=domain,DC=example,DC=com
supportedCapabilities: 1.2.840.113556.1.4.800
isSynchronized: TRUE
isGlobalCatalogReady: TRUE
domainFunctionality: 0
forestFunctionality: 0
domainControllerFunctionality: 2

======== End of LDAP query response ========

UDP port 389 is LISTENING
この例では、ポート 389 がリッスンしていることを確認します。LDAP サービスはポート 389 をリッスンして特定されますを決定することができますさらに、そのサービスについての詳細。

Udp の LDAP のテストは Windows Server 2008 を実行しているドメイン コント ローラーを動作しないことに注意してください。UDP 389 上で実行されているサービスの可用性を確認するのには、PortQry ツールではなく NLTEST を使用することができます。たとえば、使用することができます。 Nltest/sc_reset <domain name=""></domain>\<computer name=""></computer> セキュリティ チャネルは、特定のドメイン コント ローラーを強制的には。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc961803.aspx

RPC のサポート

PortQry は、TCP と UDP の両方を使用して、RPC クエリを送信し、そのクエリへの応答を正しく解釈できます。RPC エンドポイント マッパーに現在登録されているこのクエリが返すすべてのエンドポイント (ダンプ) します。PortQry を解析し、形式、および、RPC エンドポイント マッパーからユーザーに応答を返します。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
portqry n myserver -p udp-e 135
PortQry は、次の操作を実行します。
  1. PortQry は、サービス ファイルは %SYSTEMROOT%\System32\Drivers\Etc UDP ポート 135 を解決するのにします。PortQry、RPC エンド ポイント マッパー サービス (Epmap) がポートを解決した場合、PortQry、送信先コンピューター上の UDP ポート 135 に、書式なしのユーザー データグラムを送信します。

    RPC エンドポイント マッパー サービスは正しい書式の RPC クエリにのみ応答するため PortQry は対象のポートから応答を受信しません。
  2. PortQry は、ポートがリッスンされてか、ポートを報告します。
  3. PortQry は正しい書式の RPC クエリをセットアップ先のコンピューターの UDP ポート 135 に送信します。このクエリは、RPC エンドポイント マッパーに現在登録されているすべてのエンドポイントを返します。
  4. PortQry がクエリへの応答を受信した場合、PortQry は応答全体をユーザーに返し、リスニングポートであることを報告します。

    PortQry がクエリへの応答を受信しない場合は、ポートがフィルターであることを報告します。
サンプルの出力
UDP port 135 (epmap service): LISTENING or FILTERED
Querying Endpoint Mapper Database...
Server's response:

UUID: 50abc2a4-574d-40b3-9d66-ee4fd5fba076 
ncacn_ip_tcp:169.254.12.191[4144]

UUID: ecec0d70-a603-11d0-96b1-00a0c91ece30 NTDS Backup Interface
ncacn_np:\\\\MYSERVER[\\PIPE\\lsass]

UUID: e3514235-4b06-11d1-ab04-00c04fc2dcd2 MS NT Directory DRS Interface
ncacn_ip_tcp:169.254.12.191[1030]

UUID: e3514235-4b06-11d1-ab04-00c04fc2dcd2 MS NT Directory DRS Interface
ncadg_ip_udp:169.254.12.191[1032]

UUID: 12345678-1234-abcd-ef00-01234567cffb 
ncacn_np:\\\\MYSERVER[\\PIPE\\lsass]

UUID: 12345678-1234-abcd-ef00-01234567cffb 
ncacn_np:\\\\MYSERVER[\\PIPE\\POLICYAGENT]

Total endpoints found: 6

==== End of RPC Endpoint Mapper query response ====

UDP port 135 is LISTENING
この例では、ポート 135 がリッスンしていることを確認します。さらに、セットアップ先のコンピューターで RPC エンドポイント マッパー データベースに登録されているサービスまたはプログラムを指定します。出力には各プログラム、注釈付きの名前 (存在する場合)、各プログラムが使用するプロトコル、プログラムがバインドされているネットワーク アドレスおよびプログラムのエンドポイントを角かっこでは、ユニバーサル固有識別子 (UUID) が含まれます。

メモ ポートの範囲をスキャンするPortQry.exeコマンドで-rオプションを指定すると、RPC エンドポイント マッパーが行われます。これは、範囲のポートのスキャンが速くなります。

DNS のサポート

PortQry は、TCP と UDP の両方を使用して、正しく書式設定された DNS クエリを送信できます。PortQry は、次の完全修飾ドメイン名 (FQDN) の DNS クエリを送信します。
portqry.microsoft.com
PortQry は、変換先の DNS サーバーからの応答を待機します。サーバーは応答を返す場合、PortQry はポートがリッスン状態であることを指定します。

メモ それかどうか、DNS サーバーは否定応答を返すことが重要です。応答では、ポートをリッスンしていることを示します。

NetBIOS ネーム サービスのサポート

既定では、UDP ポート 137 での NetBIOS ネーム サービスをリッスンします。PortQry はこのポートがLISTENINGまたはFILTEREDが判断した場合、PortQry は、ポートが実際にリッスンしているかどうかを確認するのには、次の操作を実行します。
  1. NetBIOS は、PortQry を実行しているコンピューターで利用可能だ場合は、NetBIOS アダプター ステータス クエリ先のコンピューターに送信します。
  2. セットアップ先のコンピューターがこのクエリに応答する場合は、PortQry は対象のポートリスニング、です後、宛先コンピューターのメディア コントロール (MAC) アドレスをユーザーのアクセスを返します報告です。
NetBIOS は、PortQry を実行しているコンピューター上で利用できない場合は、PortQry の NetBIOS アダプター ステータス クエリ先のコンピューターに送信することはありません。

SNMP サポート

SNMP サポートは、PortQry version 2.0 の新しい機能です。既定では、SNMP サービスは UDP ポート 161 でリッスンします。ポート 161 がリッスンしているかどうかを確認するのには、PortQry はフォーマットされているクエリ、SNMP サービスが受け付けるを送信します。SNMP サービスにはコミュニティ名またはサーバーからの応答を取得することがわかっている必要があります文字列で構成されます。PortQry では、このポートを照会すると SNMP コミュニティ名を指定できます。既定では、コミュニティ名を"公開します] PortQry を使用してください。異なるコミュニティ名を指定する場合は、 -cnコマンド ライン オプションを使用します。PortQry.exeコマンドでコミュニティ名を指定すると、そのコミュニティ名は感嘆符 (!) で囲みます。たとえば、ようにコミュニティ名を指定するには secure123、は、次のようなコマンドを入力します。
portqry n 127.0.0.1-e-p 161 udp-cn!secure123!
サンプルの出力
Querying target system called:

127.0.0.1

querying...

UDP port 161 (snmp service): LISTENING or FILTERED

community name for query:

secure123

Sending SNMP query to UDP port 161...

UDP port 161 is LISTENING

ISA Server のサポート

Microsoft ISA Server のサポートは、PortQry version 2.0 の新しい機能です。既定では、ISA Server TCP ポート 1745年および UDP ポート 1745年に Winsock プロキシ クライアントおよびファイアウォール クライアントと通信します。Winsock プロキシ クライアント プログラムまたはファイアウォール クライアント プログラムがインストールされているコンピューターでは、これらのポートを使用して、ISA サーバーからサービスを要求して、構成情報をダウンロードするのには。通常は、名前解決サービス、HTTP ベース (たとえば Winsock 接続) ではありませんその他のサービスなどのサービス。ポートがリッスンしているかどうかを確認するのには、PortQry はフォーマットされたクエリ ISA サーバーが受け付けるを送信します。
サンプルの出力
たとえばは、次のようなコマンドを入力します。
portqry n myproxy サーバー -p udp-e 1745
次の出力が表示されます。
Querying target system called:

myproxy-server

Attempting to resolve name to IP address...


Name resolved to 169.254.24.86

querying...

UDP port 1745 (unknown service): LISTENING or FILTERED

Sending ISA query to UDP port 1745...

UDP port 1745 is LISTENING
TCP ポート 1745 PortQry を照会する場合、PortQry Mspclnt.ini ファイル ポートを使用できる場合は、ISA Server から、Mspclnt.ini ファイルをダウンロードします。Mspclnt.ini ファイルに、Winsock プロキシ クライアントには構成情報が含まれていて、ファイアウォール クライアントを使用します。
サンプルの出力
TCP port 1745 (unknown service): LISTENING

Sending ISA query to TCP port 1745...


ISA query response:

10.0.0.0        10.255.255.255
127.0.0.1       127.0.0.1
169.254.0.0     169.254.255.255
192.168.0.0     192.168.255.255
127.0.0.0       127.255.255.255

;
; This file should not be edited.
; Changes to the client configuration should only be made using ISA Management.
;
[Common]
myproxy-server.example.com
Set Browsers to use Auto Detect=1
AutoDetect ISA Servers=1
WebProxyPort=8080
Port=1745
Configuration Refresh Time (Hours)=2
Re-check Inaccessible Server Time (Minutes)=10
Refresh Give Up Time (Minutes)=15
Inaccessible Servers Give Up Time (Minutes)=2
[Servers Ip Addresses]
Name=myproxy-server
[My Config]
Path1=\\myproxy-server\mspclnt\

======== End of ISA query response ========

SQL Server 2000年のサポート

Microsoft SQL Server 2000年のサポートは、PortQry version 2.0 の新しい機能です。指定クエリの UDP ポート 1434 はすべて、SQL Server クエリを実行するコンピューターに SQL Server 2000年が実行されているインスタンスの名前。PortQry は、このポートがリッスンしているかどうか、SQL Server 2000年が受け付けるように設定されているクエリを判断を送信します。
サンプルの出力
たとえばは、次のようなコマンドを入力します。
portqry n 192.168.1.20 -e-p 1434 の udp
次の出力が表示されます。
Querying target system called:

192.168.1.20

querying...

UDP port 1434 (ms-sql-m service): LISTENING or FILTERED

Sending SQL Server query to UDP port 1434...

Server's response:

ServerName SQL-Server1
InstanceName MSSQLSERVER
IsClustered No
Version 8.00.194
tcp 1433
np \\SQL-Server1\pipe\sql\query

==== End of SQL Server query response ====

UDP port 1434 is LISTENING

TFTP のサポート

TFTP のサポートは、PortQry version 2.0 の新しい機能です。既定では、TFTP サーバーは UDP ポート 69 をリッスンします。このポートがリッスンしているかどうか判断するために TFTP サーバーが受け入れる方式でフォーマットされたクエリを PortQry が送信します。
サンプルの出力
たとえばは、次のようなコマンドを入力します。
portqry n myserver.example.com -p udp-e 69
次の出力が表示されます。
Querying target system called:

myserver.example.com

Attempting to resolve name to IP address...


Name resolved to 169.254.23.4

querying...

UDP port 69 (tftp service): LISTENING or FILTERED

Sending TFTP query to UDP port 69...

UDP port 69 is LISTENING

L2TP のサポート

L2TP のサポートは、PortQry version 2.0 の新しい機能です。ルーティングとリモート アクセス サーバーと他の仮想プライベート ネットワーク (VPN) サーバーの UDP ポート 1701年で L2TP 着信接続をリッスンします。PortQry はフォーマットされたクエリこのポートがリッスンしているかどうかを確認するのには、VPN サーバーが受け付けるを送信します。
サンプルの出力
たとえばは、次のようなコマンドを入力します。
portqry n vpnserver.example.com e-1701年-p udp
次の出力が表示されます。
Querying target system called:

vpnserver

Attempting to resolve name to IP address...

Name resolved to 169.254.12.225

querying...

UDP port 1701 (l2tp service): LISTENING or FILTERED

Sending L2TP query to UDP port 1701...

UDP port 1701 is LISTENING

クエリで使用するポートをカスタマイズします。

既定では、各 Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 ベースのコンピューターで、%SYSTEMROOT%\System32\Drivers\Etc に置かれている、サービス ファイルがあります。PortQry では、このファイルを使用して、ポート番号に対応するサービス名を解決します。このファイルの内容は、「 PortQry.exeコマンドを使用すると PortQry 書式付きメッセージを送信するポートを決定します。Portqry の書式付きメッセージを別のポートに送信する場合は、このファイルを編集することができます。たとえば、サービスの一般的なファイルの次のエントリに表示されます。
ldap              389/tcp                           #Lightweight Directory Access Protocol
この行を変更、追加のエントリを追加します。LDAP クエリをポート 1025年に送信するには、エントリ次のエントリを変更します。
ldap              1025/tcp                           #Lightweight Directory Access Protocol

返されるその他のサービスの情報

PortQry には、いくつかのポートから返される拡張情報が表示されます。PortQry は、この「拡張情報」は、次のサービスがリッスンしているポートで検索します。
  • 簡易メール転送プロトコル (SMTP)
  • Microsoft Exchange POP3
  • Microsoft Exchange IMAP4
  • FTP 発行サービス
  • ISA Server のサービス
たとえば、既定では、TCP ポート 21 で FTP サービスをリッスンします。PortQry をセットアップ先のコンピューターの TCP ポート 21 がリスニングであると判断すると、FTP サービスがそのポートでリッスンしていることを確認するのには、サービス ファイルの情報を使用します。

メモ PortQry は、サービス ファイルを編集することによって、ポートをリッスンして決定するサービスを変更できます。詳細についてを参照してください、"クエリで使用するポートをカスタマイズします。」この資料の「。

この場合、PortQry、匿名ユーザー アカウントを使用して、FTP サーバーにログオンするしようとします。このログオンの試行の結果は、転送先の FTP サーバーが匿名ログオンを受け付けるかどうかを示します。PortQry では、サーバーの応答を返します。

例 1: 次のコマンドのようなコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
portqry n MyFtpServer tcp -e の -p 21
次のような応答が表示されます。
TCP port 21 (ftp service): LISTENING

Data returned from port:
220 Microsoft FTP Service

331 Anonymous access allowed, send identity (e-mail name) as password.
例 1 では、ターゲット ポートと FTP サーバー匿名ユーザーのログオンを許可するように構成されているかどうかを監視している FTP サーバーの種類を指定します。

例 2: 次のコマンドのようなコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
portqry n MyMailServer -p の tcp -e の 25
次のような応答が表示されます。
TCP port 25 (smtp service): LISTENING

Data returned from port:
220 MyMailServer.domain.example.com Microsoft ESMTP MAIL Service, Version: 6.0.3790.0 ready at Mon, 15 Dec 2003 10:24:50 -0800
例 2 では、対象のポートでリッスンしている SMTP サーバーの種類を指定します。

PortQry のコマンドライン オプション

PortQry では、次のコマンド ライン オプションを使用します。
  • -n(名): このパラメーターは必須です。セットアップ先のコンピューターを指定するのには、このパラメーターを使用します。ホスト名またはホストの IP アドレスを指定することができます。ただし、ホスト名または IP アドレスのスペースを埋め込むことはできません。PortQry は、ホスト名を IP アドレスに解決します。PortQry は、ホスト名を IP アドレスに解決できない場合は、ツールはエラーを報告し、終了します。IP アドレスを入力した場合、PortQry はそれをホスト名に解決します。解決が失敗した場合は、PortQry エラーが出力しますが、コマンドを処理します。

    portqry n myserver

    portqry n www.widgets.microsoft.com

    portqry n 192.168.1.10
  • -p(プロトコル): このパラメーターは省略可能です。[ポートの種類またはターゲット ポートがセットアップ先のコンピューターに接続するのにために使用するプロトコルを指定するのには、このパラメーターを使用します。プロトコルを指定しない場合、PortQry は、プロトコルとして TCP を使用します。

    有効なパラメーター
    • TCP(既定値): TCP エンドポイントを指定します。
    • UDP: UDP の終了点を指定します。
    • 両方: TCP エンドポイントと UDP の終了点の両方を指定します。このオプションを使用すると、PortQry、TCP エンドポイントと UDP エンドポイント指定の両方を照会します。
    portqry n myDomainController.example.com -p の tcp

    portqry n myServer -p udp

    portqry n 192.168.1.20 両方の-p

    portqry n www.widgets.microsoft.com (このコマンドのデフォルト パラメーターのtcpを使用して)。
  • -e(エンドポイント): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターを使用して、送信先のコンピューターの終点 (またはポート番号) を指定します。これは有効なポート番号 1 から 65535 までの範囲でなければなりません。このパラメーターと-oパラメーター、または-rパラメーターを同時に使用できません。ポート番号を指定しない場合は、クエリが送信をポート 80。

    portqry n myserver -p udp-e 139

    portqry n 付加されます。 -p の tcp -e の 25

    portqry n myserver (このコマンドは、ポート 80 の既定のパラメーターを使用します。)

    portqry n 192.168.1.20 p 両方 e 60897
  • -o(注文): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターを使用して、特定の順序でクエリを実行するポート数を指定します。このオプションまたは-eパラメーターと-rパラメーターを同時に使用できません。このパラメーターを使用すると、ポート番号を区切るためにコンマを使用します。ポート番号は任意の順序で入力できます。ただし、ポート番号とコンマ区切り記号間のスペースを入力してください。

    portqry n myserver -p udp-o 139,1025,135

    portqry n mail.widgets.microsoft.com -p の tcp -o の 143,110,25

    portqry n 192.168.1.20 p 両方-o 100,1000,10000
  • -r(範囲): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターを使用して、順番に、照会するポート番号の範囲を指定します。このチェック ボックスの-eパラメーターと-oパラメーターを使用できません。このパラメーターを使用すると、開始ポート番号を区切るためにセミコロン (;) と終了ポート番号を使用します。終端のポート番号よりも小さい値は、開始ポートを指定します。さらに、ポート番号とセミコロンの間にはスペースを入れないでください。このパラメーターを使用すると、RPC エンドポイント マッパーが行われます。

    portqry n myserver -p udp-r 135; 139

    portqry n www.widgets.microsoft.com -p の tcp - r 10 ; 20

    portqry n 192.168.1.20 p 両方の r 25; 120
  • -l(ログ ファイル): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターを使用して、PortQry によって生成される出力を記録するログ ファイルを指定します。このパラメーターを使用するは、ファイル名とファイル名の拡張子を指定します。ログ ファイル名にはスペースを入力できません。ログ ファイルは、PortQry を実行するフォルダーに作成されます。PortQry は、テキスト形式で、ログ ファイルの出力を生成します。既存のログ ファイルと同じ名前が存在する場合は、PortQry コマンドを実行すると、上書きするように求められます。

    portqry n myserver -p udp-r 135; 139 l myserverlog.txt

    portqry n mail.widgets.microsoft.com -p の tcp -o 143,110,25 -l portqry.log

    portqry n 192.168.1.20 p 両方 -e の 500 l ipsec.txt -y
  • -y(確認なしで上書き): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターと-lパラメーターを同時を使用して、ログ ファイルでの指定と同じ名前を持つ存在する場合は、「上書き」プロンプトを非表示にします。このパラメーターを使用すると、PortQry、既存のログ ファイルを上書きします。

    portqry n myserver -p udp-r 135; 139 l myserverlog.txt -y

    portqry n mail.widgets.microsoft.com p の tcp -o 143,110,25 -l portqry.log y
  • -sl(低速リンク): このパラメーターは省略可能です。以上、UDP クエリからの応答を待つ時間には、このパラメーターを使用します。UDP はコネクションレス型のプロトコルであるため、PortQry は、ポートの応答が遅くなりますか、ポートがフィルター処理されているかどうかを判断できません。このオプションには、PortQry が待機していないポートであることや、フィルター条件であることを決定する前に、PortQry は、UDP ポートからの応答を待つ時間倍になります。UDP ポートが低速または信頼性の低いネットワーク リンクを介して照会する際に、このオプションを使用します。

    portqry n myserver -p udp-r 135; 139 l myserver.txt ・ sl

    portqry n mail.widgets.microsoft.com -p の tcp -o 143,110,25 -sl

    portqry n 192.168.1.20 p 両方 e 500 sl の
  • -nr(名前の逆引き参照なし): このパラメーターは省略可能です。Nパラメーターの IP アドレスを指定すると、PortQry を実行、名前の逆引き参照を省略するのには、このパラメーターを使用します。-Nパラメーターは IP アドレスを指定すると既定では、指定を IP アドレスをホスト名に解決しようとします。このプロセスは、特に指定の IP アドレスを解決できない場合は、時間のかかる、ことがあります。-Nrパラメーターを指定した場合、PortQry はホスト名を取得するのには、IP アドレスを検索しません。代わりに、PortQry をターゲット ・ ポートをすぐに照会します。-Nパラメーターは、ホスト名を指定した場合、 -nrパラメーターは無視されます。

    portqry n 192.168.22.21 -p udp-r 135:139 l myserver.txt -s-nr

    portqry n 10.1.1.10 -p tcp -o 143,110,25 -s-nr

    portqry n 169.254.18.22 p 両方 e 500 s nr
  • -q(自動モード): このパラメーターは省略可能です。このパラメーターを使用して、画面エラー メッセージ以外のすべての出力を抑制するが。このパラメーターは、PortQry バッチ ファイルで使用するために構成する場合に特に役立ちます。ポートの状態に応じて、このパラメーターは、次の値を返します。
    • リッスン対象のポートである場合は、 0 (ゼロ) が返されます。
    • 対象のポートがリッスンしていない場合は1が返されます。
    • 対象のポートがLISTENINGまたはFILTEREDの場合は2が返されます。
    このパラメーターと-eパラメーターを使用することはできます。このパラメーターと-oパラメーター、またはと-rパラメーターを同時に使用できません。さらに、値、-pパラメーターの両方を設定した場合、このパラメーターと-pパラメーターを同時に使用できません。

    重要-Qパラメーターと-l (ログ ファイル) パラメーターを同時に使用する場合、PortQry は最初これを行うには、アクセス許可を求めることがなく、同じ名前を持つ既存のログ ファイルを上書きします。

    バッチ ファイルのサンプル
    :Top
    portqry -n 169.254.18.22 -e 135 -p tcp -q
    if errorlevel = 2 goto filtered
    if errorlevel = 1 goto failed
    if errorlevel = 0 goto success
    goto end
    
    :filtered
    Echo Port is listening or filtered
    goto end
    
    :failed
    Echo Port is not listening
    Goto end
    
    :success
    Echo Port is listening
    goto end
    
    :end
  • -cn(コミュニティ名): このパラメーターは省略可能です。コミュニティ文字列またはコミュニティ名を SNMP クエリの送信時に使用するのにを指定するのには、このパラメーターを使用します。このパラメーターには、感嘆符 (!) のコミュニティ文字列を囲む必要があります。SNMP がリッスンしているポートを照会する場合は、このパラメーターは無視されます。

    portqry n myserver -p udp-e 161 l myserver.txt ・ cn!snmp 文字列!

    portqry n www.widgets.microsoft.com p 両方の r 150:170 -sl-cn!my_snmp_community_name!
  • -sp(送信元ポート): このパラメーターは省略可能です。セットアップ先のコンピューター上に指定した TCP は、接続時に使用するのに初期の送信元のポートと UDP ポートを指定するのには、このパラメーターを使用します。この機能を使用すると、元ポートに応じてポートのフィルタ リング ルールをファイアウォールまたはルーターをテストする場合に便利です。

    使用例
    portqry-p udp e 53 - sp 3001 -n 192.168.1.20
    この例では、PortQry の UDP ポート 3001 をローカル コンピューターにクエリを送信します。このクエリからはローカル コンピューター上の UDP ポート 3001 を参照してください。別のプロセスが、ポートに既にバインドされている指定の送信元ポートを使用できません。このシナリオでは、PortQry は、以下のエラー メッセージを返します。
    送信元ポートを使用することはできません。
    ポートは既に使用中です。
    使用されていないポートを指定してコマンドを再実行します。
    最初のクエリ先のコンピューターに送信すると、指定した送信元ポート PortQry を使用します。PortQry は FTP、SMTP、POP、IMAP、DNS、SNMP、ISA Server、およびその他のプロトコルなどのプロトコルを使用して宛先コンピューターにクエリを実行するしようともこの送信元ポートを使用します。のみ、次の例外このルールには、
    RPC ポート (TCP および UDP ポート 135)
    LDAP (UDP ポート 389)
    NetBIOS アダプター ステータス クエリ (UDP ポート 137)
    インターネット セキュリティ アソシエーションおよびキー管理プロトコル (ISAKMP) (UDP ポート 500)
    この例外的な場合は、PortQry は、最初のクエリの送信元ポートを使用します。例外のプロトコルのいずれかを使用して宛先コンピューターにクエリを実行すると、一時的なソース ポートを使用して宛先コンピューターを照会します。たとえば、3000 の UDP ポート 389 (LDAP) クエリの時に、発信元ポートを指定する場合は、PortQry UDP ポート 3000 を使用して、LDAP ポートに送信される最初の UDP データグラムを使用できる場合。PortQry は LDAP ポートに LDAP クエリを送信した場合、PortQry は一時的なポートを送信元ポートの代わりに使用します。(この例では、指定した送信元ポート 3000 です)。PortQry では一時的なポートを特定のクエリを使用すると、PortQry、次のメッセージが送信されます。
    一時的な送信元ポートを使用します。
    ISAKMP と IPSec を使用、IPSec ポリシー エージェントだけからのクエリは UDP ポート 500 に戻る返信可能性があります。この場合、クエリは、送信元ポートとして UDP ポート 500 を使用すると最適です。IPSec ポリシー エージェントがコンピューターに PortQry を実行されている場合は、ポリシー エージェントは、ポートを使っている UDP ポート 500 を使用できません。この場合、PortQry、次のメッセージが返されます。
    発信元ポート 500 を使用することはできませんこのポートが既に使用中です。ISAKMP と IPSec のリモートのサービスは、発信元ポート 500 とのみと通信します。
    一時的に 'IPSEC ポリシー エージェント' または 'IPSEC サービス' をオフにします。PortQry を実行しているシステム、コマンドを再実行

    例: ネット エージェントの停止
    クエリに ISAKMP Portqry を実行します。
    net start ポリシー エージェント

その他の機能

PortQry version 2.0 には、以下の新機能が含まれます。
  • PortQry 対話モード
  • PortQry のローカル モード

PortQry 対話モード

PortQry 1.22 では、ユーザーはコマンド プロンプト ウィンドウでコマンドラインからポートを照会できます。コンピューター間の接続に関する問題のトラブルシューティングを行う場合は、反復的な多くのコマンドを入力する必要があります。PortQry version 2.0 には、コマンドを実行してがこの方法は、PortQry のバージョン 2.0 が対話モードにもできます。対話型モードは、対話機能には、Nslookup が DNS ユーティリティまたは Nblookup の WINS ユーティリティと似ています。

PortQry 対話モードで起動するのには、 -iオプションを使用します。たとえば、入力します。 portqry-i.こうと、次の出力が表示されます。
Portqry Interactive Mode

Type 'help' for a list of commands

Default Node: 127.0.0.1

Current option values:
   end port=    80
   protocol=    TCP
   source port= 0 (ephemeral)
>
-Iパラメーターと他のパラメーターを使用すると、PortQry で使用される設定を変更できます。たとえば、次のコマンドのようなコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
portqry ・ i ・ e の 53 n 192.168.1.20 p 両方 ?sp 2030年
次の出力が表示されます。
Portqry Interactive Mode

Type 'help' for a list of commands

Default Node: 192.168.1.20

Current option values:
   end port=    53
   protocol=    BOTH
   source port= 2300

PortQry のローカル モード

PortQry のローカル モードの操作でするために設計されています、TCP ポートと UDP ポート、PortQry を実行して、ローカル コンピューターの詳細情報。PortQry では、次の基本的なコマンド ローカル モードで使用可能ながあります。
  • portqry.exe のローカルこのコマンドを実行すると、PortQry ローカル コンピューター上で現在アクティブなすべての TCP および UDP のポート マッピングを列挙しようとします。この出力は、netstat.exe - を生成するコマンドの出力と同様です。

    サンプルの出力
    TCP/UDP Port Usage
    
    96 active ports found
    
    Port  		Local IP	State		 Remote IP:Port
    TCP 80  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:18510
    TCP 80  	169.254.149.9 	TIME WAIT	 169.254.74.55:3716
    TCP 80  	169.254.149.9 	TIME WAIT	 169.254.200.222:3885
    TCP 135  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:10280
    UDP 135  	0.0.0.0 			 *:*
    UDP 137  	169.254.149.9 			 *:*
    UDP 138  	169.254.149.9 			 *:*
    TCP 139  	169.254.149.9 	LISTENING	 0.0.0.0:43065
    TCP 139  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.4.253:4310
    TCP 139  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.74.55:3714
    UDP 161  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 445  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:34836
    TCP 445  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.53.54:4443
    TCP 445  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.112.122:2111
    TCP 445  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.112.199:1188
    TCP 445  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.113.96:1221
    TCP 445  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.200.222:3762
    UDP 445  	0.0.0.0 			 *:*
    UDP 500  	169.254.149.9 			 *:*
    TCP 593  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:59532
    UDP 1029  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1040  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:18638
    UDP 1045  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1048  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2240
    TCP 1053  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:26649
    TCP 1061  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:26874
    TCP 1067  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2288
    TCP 1068  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2048
    TCP 1088  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:35004
    UDP 1089  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1091  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:43085
    TCP 1092  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2096
    TCP 1094  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:51268
    TCP 1097  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2104
    TCP 1098  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:43053
    TCP 1108  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2160
    TCP 1108  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.12.210:1811
    TCP 1117  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:26819
    TCP 1118  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:43121
    TCP 1119  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:26795
    TCP 1121  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:26646
    UDP 1122  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1123  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:35013
    UDP 1126  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1137  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:34820
    TCP 1138  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:26696
    TCP 1138  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.5.103:80
    TCP 1170  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:34934
    TCP 1179  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:59463
    TCP 1228  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2128
    UDP 1352  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1433  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2064
    UDP 1434  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1670  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2288
    TCP 1670  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.233.87:445
    TCP 1686  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:51309
    UDP 1687  	127.0.0.1 			 *:*
    TCP 1688  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2135
    TCP 1688  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.113.87:80
    TCP 1689  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:51368
    TCP 1689  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.113.87:80
    TCP 1693  	169.254.149.9 	TIME WAIT	 169.254.121.106:445
    UDP 1698  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 1728  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2077
    TCP 1766  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:35061
    TCP 2605  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2069
    TCP 3302  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2048
    TCP 3372  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:18612
    TCP 3389  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:18542
    TCP 3389  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.112.67:2796
    TCP 3389  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.113.96:4603
    TCP 3389  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.201.100:3917
    UDP 3456  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 3970  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:35012
    TCP 3970  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.5.138:80
    TCP 3972  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:51245
    TCP 3972  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.5.138:80
    TCP 4166  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:2208
    UDP 4447  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 4488  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:10358
    UDP 4500  	169.254.149.9 			 *:*
    TCP 4541  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:10442
    TCP 4562  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2192
    TCP 4562  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.0.40:1025
    UDP 4563  	0.0.0.0 			 *:*
    UDP 4564  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 4566  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:51257
    TCP 4566  	169.254.149.9 	ESTABLISHED	 169.254.12.18:1492
    TCP 4568  	127.0.0.1 	LISTENING	 0.0.0.0:26665
    TCP 4569  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:43186
    TCP 4569  	169.254.149.9 	CLOSE WAIT	 169.254.4.38:80
    TCP 4756  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:51268
    UDP 4758  	0.0.0.0 			 *:*
    TCP 8953  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:26667
    TCP 42510  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:51323
    UDP 43508  	169.254.149.9 			 *:*
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 74
    UDP mappings: 22
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	51 = 68.92%
    TCP ports in a ESTABLISHED state: 	14 = 18.92%
    TCP ports in a CLOSE WAIT state: 	6 = 8.11%
    TCP ports in a TIME WAIT state: 	3 = 4.05%
    
    プロセス ID (PID) へのポート マッピングをサポートするコンピューターでは、出力には、ローカル コンピューター上のポートが使用しているプロセスのプロセス ID が含まれます。Verbose オプションが使用されている (v) の場合は、出力サービスの名前とプロセス ID が属しているプロセスによって読み込まれたすべてのモジュールを一覧表示もします。いくつかの情報へのアクセスは制限されています。たとえば、アクセス制限は、ユーザー レベルのコードを防止するためアイドルおよび CSRSS プロセスのモジュール情報へのアクセスが禁止されています。PortQry はプロセスごとにアクセスすることができますできるだけ多くの情報を報告します。最良の結果を得るには、実行、 Portqry のローカル、ローカル管理者または同様の資格情報を持つアカウントのコンテキストでコマンドをします。次の使用例ログ ファイルの一部は、実行時に表示されるレポートのレベルを示しています、 Portqry のローカルのコマンド。
    TCP/UDP Port to Process Mappings
    
    55 mappings found
    
    PID:Process		Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    0:System Idle		TCP 4442  	169.254.113.96 	TIME WAIT	 169.254.5.136:80
    0:System Idle		TCP 4456  	169.254.113.96 	TIME WAIT	 169.254.5.44:445
    4:System		TCP 445  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2160
    4:System		TCP 139  	169.254.113.96 	LISTENING	 0.0.0.0:24793
    4:System		TCP 1475  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.8.176:445
    4:System		UDP 445  	0.0.0.0 			 *:*
    4:System		UDP 137  	169.254.113.96 			 *:*
    4:System		UDP 138  	169.254.113.96 			 *:*
    424:winlogon.exe	TCP 1200  	169.254.113.96 	CLOSE WAIT	 169.254.5.44:389
    424:winlogon.exe	UDP 1100  	0.0.0.0 			 *:*
    484:lsass.exe		TCP 1064  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2064
    484:lsass.exe		UDP 500  	0.0.0.0 			 *:*
    484:lsass.exe		UDP 1031  	0.0.0.0 			 *:*
    484:lsass.exe		UDP 4500  	0.0.0.0 			 *:*
    668:svchost.exe		TCP 135  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:16532
    728:svchost.exe		TCP 3389  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:45088
    800			UDP 1026  	0.0.0.0 			 *:*
    800			UDP 1027  	0.0.0.0 			 *:*
    836:svchost.exe		TCP 1025  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:43214
    836:svchost.exe		TCP 1559  	169.254.113.96 	CLOSE WAIT	 169.254.5.44:389
    836:svchost.exe		UDP 1558  	0.0.0.0 			 *:*
    836:svchost.exe		UDP 123  	127.0.0.1 			 *:*
    836:svchost.exe		UDP 3373  	127.0.0.1 			 *:*
    836:svchost.exe		UDP 123  	169.254.113.96 			 *:*
    1136:mstsc.exe		TCP 2347  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 172.30.137.221:3389
    1136:mstsc.exe		UDP 2348  	0.0.0.0 			 *:*
    1276:dns.exe		TCP 53  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2160
    1276:dns.exe		TCP 1087  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:37074
    1276:dns.exe		UDP 1086  	0.0.0.0 			 *:*
    1276:dns.exe		UDP 2126  	0.0.0.0 			 *:*
    1276:dns.exe		UDP 53  	127.0.0.1 			 *:*
    1276:dns.exe		UDP 1085  	127.0.0.1 			 *:*
    1276:dns.exe		UDP 53  	169.254.113.96 			 *:*
    1328:InoRpc.exe		TCP 42510  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:220
    1328:InoRpc.exe		UDP 43508  	169.254.113.96 			 *:*
    1552:CcmExec.exe	UDP 1114  	0.0.0.0 			 *:*
    1896:WINWORD.EXE	TCP 3807  	169.254.113.96 	CLOSE WAIT	 169.254.237.37:3268
    1896:WINWORD.EXE	UDP 3806  	0.0.0.0 			 *:*
    1896:WINWORD.EXE	UDP 1510  	127.0.0.1 			 *:*
    2148:IEXPLORE.EXE	TCP 4446  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.113.92:80
    2148:IEXPLORE.EXE	UDP 4138  	127.0.0.1 			 *:*
    3200:program.exe	TCP 1906  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.0.40:1025
    3200:program.exe	TCP 4398  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.209.96:1433
    3200:program.exe	TCP 4438  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.209.96:1433
    3592:OUTLOOK.EXE	TCP 1256  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.1.105:1025
    3592:OUTLOOK.EXE	TCP 2214  	169.254.113.96 	CLOSE WAIT	 169.254.237.37:3268
    3592:OUTLOOK.EXE	TCP 2971  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.5.216:1434
    3592:OUTLOOK.EXE	TCP 4439  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.47.242:1788
    3592:OUTLOOK.EXE	UDP 1307  	0.0.0.0 			 *:*
    3592:OUTLOOK.EXE	UDP 1553  	0.0.0.0 			 *:*
    3660:IEXPLORE.EXE	TCP 4452  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.9.74:80
    3660:IEXPLORE.EXE	TCP 4453  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.9.74:80
    3660:IEXPLORE.EXE	TCP 4454  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.230.88:80
    3660:IEXPLORE.EXE	UDP 4451  	127.0.0.1 			 *:*
    4048:program2.exe		UDP 3689  	127.0.0.1 			 *:*
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 27
    UDP mappings: 28
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	9 = 33.33%
    TCP ports in a ESTABLISHED state: 	12 = 44.44%
    TCP ports in a CLOSE WAIT state: 	4 = 14.81%
    TCP ports in a TIME WAIT state: 	2 = 7.41%
    
    
    Port and Module Information by Process
    
    Note: restrictions applied to some processes may 
          prevent Portqry from accessing more information
    
          For best results run Portqry in the context of
          the local administrator
    
    ======================================================
    Process ID: 0 (System Idle Process)
    
    PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    0	TCP 4442  	169.254.113.96 	TIME WAIT	 169.254.5.136:80
    0	TCP 4456  	169.254.113.96 	TIME WAIT	 169.254.5.44:445
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 2
    UDP mappings: 0
    
    TCP ports in a TIME WAIT state: 	2 = 100.00%
    
    
    Could not access module information for this process
    
    ======================================================
    
    Process ID: 4 (System Process)
    
    PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    4	TCP 445  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2160
    4	TCP 139  	169.254.113.96 	LISTENING	 0.0.0.0:24793
    4	TCP 1475  	169.254.113.96 	ESTABLISHED	 169.254.8.176:445
    4	UDP 445  	0.0.0.0 			 *:*
    4	UDP 137  	169.254.113.96 			 *:*
    4	UDP 138  	169.254.113.96 			 *:*
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 3
    UDP mappings: 3
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	2 = 66.67%
    TCP ports in a ESTABLISHED state: 	1 = 33.33%
    
    
    Could not access module information for this process
    
    ======================================================
    
    Process ID: 352 (smss.exe)
    
    Process doesn't appear to be a service
    
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 0
    UDP mappings: 0
    
    
    Loaded modules:
    \SystemRoot\System32\smss.exe (0x48580000)
    
    C:\WINDOWS\system32\ntdll.dll (0x77F40000)
    ======================================================
    
    Process ID: 484 (lsass.exe)
    
    Service Name: Netlogon
    Display Name: Net Logon
    Service Type: shares a process with other services
    
    Service Name: PolicyAgent
    Display Name: IPSEC Services
    Service Type: shares a process with other services
    
    Service Name: ProtectedStorage
    Display Name: Protected Storage
    
    Service Name: SamSs
    Display Name: Security Accounts Manager
    Service Type: shares a process with other services
    
    PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    484	TCP 1064  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2064
    484	UDP 500  	0.0.0.0 			 *:*
    484	UDP 1031  	0.0.0.0 			 *:*
    484	UDP 4500  	0.0.0.0 			 *:*
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 1
    UDP mappings: 3
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	1 = 100.00%
    
    Loaded modules:
    C:\WINDOWS\system32\lsass.exe (0x01000000)
    
    C:\WINDOWS\system32\ntdll.dll (0x77F40000)
    C:\WINDOWS\system32\kernel32.dll (0x77E40000)
    C:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll (0x77DA0000)
    C:\WINDOWS\system32\RPCRT4.dll (0x77C50000)
    C:\WINDOWS\system32\LSASRV.dll (0x742C0000)
    C:\WINDOWS\system32\msvcrt.dll (0x77BA0000)
    C:\WINDOWS\system32\Secur32.dll (0x76F50000)
    C:\WINDOWS\system32\USER32.dll (0x77D00000)
    C:\WINDOWS\system32\GDI32.dll (0x77C00000)
    C:\WINDOWS\system32\SAMSRV.dll (0x741D0000)
    C:\WINDOWS\system32\cryptdll.dll (0x766E0000)
    C:\WINDOWS\system32\DNSAPI.dll (0x76ED0000)
    C:\WINDOWS\system32\WS2_32.dll (0x71C00000)
    C:\WINDOWS\system32\WS2HELP.dll (0x71BF0000)
    C:\WINDOWS\system32\MSASN1.dll (0x76190000)
    C:\WINDOWS\system32\NETAPI32.dll (0x71C40000)
    C:\WINDOWS\system32\SAMLIB.dll (0x5CCF0000)
    C:\WINDOWS\system32\MPR.dll (0x71BD0000)
    C:\WINDOWS\system32\NTDSAPI.dll (0x766F0000)
    C:\WINDOWS\system32\WLDAP32.dll (0x76F10000)
    C:\WINDOWS\system32\IMM32.DLL (0x76290000)
    C:\WINDOWS\system32\LPK.DLL (0x62D80000)
    
    ======================================================
    
    Process ID: 668 (svchost.exe)
    
    Service Name: RpcSs
    Display Name: Remote Procedure Call (RPC)
    Service Type: shares a process with other services
    
    PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    668	TCP 135  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:16532
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 1
    UDP mappings: 0
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	1 = 100.00%
    
    Loaded modules:
    C:\WINDOWS\system32\svchost.exe (0x01000000)
    
    C:\WINDOWS\system32\ntdll.dll (0x77F40000)
    C:\WINDOWS\system32\kernel32.dll (0x77E40000)
    C:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll (0x77DA0000)
    C:\WINDOWS\system32\RPCRT4.dll (0x77C50000)
    c:\windows\system32\rpcss.dll (0x75700000)
    C:\WINDOWS\system32\msvcrt.dll (0x77BA0000)
    c:\windows\system32\WS2_32.dll (0x71C00000)
    c:\windows\system32\WS2HELP.dll (0x71BF0000)
    C:\WINDOWS\system32\USER32.dll (0x77D00000)
    C:\WINDOWS\system32\GDI32.dll (0x77C00000)
    c:\windows\system32\Secur32.dll (0x76F50000)
    C:\WINDOWS\system32\IMM32.DLL (0x76290000)
    C:\WINDOWS\system32\LPK.DLL (0x62D80000)
    C:\WINDOWS\system32\USP10.dll (0x73010000)
    C:\WINDOWS\system32\mswsock.dll (0x71B20000)
    C:\Program Files\Microsoft Firewall Client\wspwsp.dll (0x55600000)
    C:\WINDOWS\system32\iphlpapi.dll (0x76CF0000)
    C:\WINDOWS\System32\wshqos.dll (0x57B60000)
    C:\WINDOWS\system32\wshtcpip.dll (0x71AE0000)
    C:\WINDOWS\system32\CLBCatQ.DLL (0x76F90000)
    C:\WINDOWS\system32\OLEAUT32.dll (0x770E0000)
    C:\WINDOWS\system32\ole32.dll (0x77160000)
    C:\WINDOWS\system32\COMRes.dll (0x77010000)
    C:\WINDOWS\system32\VERSION.dll (0x77B90000)
    C:\WINDOWS\system32\msi.dll (0x76300000)
    C:\WINDOWS\system32\WTSAPI32.dll (0x76F00000)
    C:\WINDOWS\system32\WINSTA.dll (0x76260000)
    C:\WINDOWS\system32\NETAPI32.dll (0x71C40000)
    C:\WINDOWS\system32\USERENV.dll (0x75970000)
    ======================================================
    
    
    ========= end of log file ========= 
    
    この情報を使用すると、特定のプログラムや、コンピューターで実行されているサービスに関連付けられているポートを確認できます。場合によっては、Portqry は一部の TCP ポートがシステム アイドル プロセス (PID 0) が使用されていることを報告します。この現象は、ローカル プログラムが TCP ポートに接続して終了する場合に発生します。プログラムが動作しなくなった場合でもプログラムのポートへの TCP 接続は"Timed Wait"状態に可能性があります。この場合、Portqry でポートが使用中であることを検出があります。ただし、Portqry では、プログラムが停止しているため、ポートを使用しているプログラムを識別できません。PID がリリースされました。ポートを使用していたプロセスが停止した場合でもポートが"Timed Wait"状態の数分間に可能性があります。最大のセグメント間の有効期間既定では、ポートが"Timed Wait"状態に 2 回のまま。
  • portqry.exe 操作により プロンプト (ポートの監視): ウォッチ port コマンドを使用、PortQry、指定したポートの変化を見ることができます。これらの変更が増加がありますか、ポートまたはいずれか、既存の接続の接続状態を変更する接続の数を減らします。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    portqry 操作により 53
    そのため、PortQry は TCP ポートと UDP ポート 53 を監視します。このポートに tcp が加えられた場合は、PortQry を報告します。PortQry は、次の状態の変更を指定された TCP ポートのいずれかが表示されます。
    CLOSE_WAIT
    閉じる
    確立
    FIN_WAIT_1
    LAST_ACK
    リッスン
    SYN_RECEIVED
    SYN_SEND
    TIMED_WAIT
    たとえば、CLOSE_WAIT を確立したから、接続の状態を変更すると、状態の変更が発生しました。ポートの状態を変更すると、PortQry でポートの接続テーブルが表示されます。Portqry は、UDP ポートにプログラムがバインドされているかどうかが、UDP ポートがデータグラムを受信した場合は報告されませんを報告します。

    省略可能なパラメーター
    • -v(詳細): 状態の詳細についてには、「は、PortQry のコマンドラインに-vパラメーターが含まれます。このパラメーターを使用すると、そのポートを使用しているモジュールも表示されます。たとえば、入力します。 portqry.exe 操作により 135 v.
    • -wt(監視間隔): デフォルトでは指定の変更を指定したポートの接続テーブルは 60 秒ごとに 1 回チェックします。この間隔を構成するのには、 wt -パラメーターを使用します。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      portqry.exe 操作により 135 v-wt 2
      そのため、PortQry TCP ポート 135 および UDP ポート 135 の変化が 2 秒間隔をチェックします。1 時間間隔を 1200 (両端を含む) を指定できます。このパラメーターには、変更を 1 秒から最大 1 回 20 分ごとにチェックすることができます。
    • -l(ログ ファイル): ウォッチ port コマンドの出力をログに記録するのには、 -lパラメーターを使用します。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      portqry.exe 操作により 2203年 - v の -wt 30 l test.txt
      その結果、ログ ファイルに次のようなログ ファイルが生成されます。
      Portqry Version 2.0 Log File
      
      System Date: Sat Oct 04 08:54:06 2003
      
      Command run:
       portqry -wport 135 -v -l test.txt
      
      Local computer name:
      
       host123
      
      Watching port: 135
      
      Checking for changes every 60 seconds
      
      verbose output requested
      
      ============
      System Date: Sat Oct 04 08:54:07 2003
      
      
      ======================================================
      
      Process ID: 952 (svchost.exe)
      
      Service Name: RpcSs
      Display Name: Remote Procedure Call (RPC)
      Service Type: shares a process with other services
      
      PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
      952	TCP 135  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:45198
      952	UDP 135  	0.0.0.0 			 *:*
      
      Port Statistics
      
      TCP mappings: 1
      UDP mappings: 1
      
      TCP ports in a LISTENING state: 	1 = 100.00%
      
      Loaded modules:
      D:\WINDOWS\system32\svchost.exe (0x01000000)
      
      D:\WINDOWS\System32\ntdll.dll (0x77F50000)
      D:\WINDOWS\system32\kernel32.dll (0x77E60000)
      D:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll (0x77DD0000)
      D:\WINDOWS\system32\RPCRT4.dll (0x78000000)
      d:\windows\system32\rpcss.dll (0x75850000)
      D:\WINDOWS\system32\msvcrt.dll (0x77C10000)
      d:\windows\system32\WS2_32.dll (0x71AB0000)
      d:\windows\system32\WS2HELP.dll (0x71AA0000)
      D:\WINDOWS\system32\USER32.dll (0x77D40000)
      D:\WINDOWS\system32\GDI32.dll (0x77C70000)
      d:\windows\system32\Secur32.dll (0x76F90000)
      D:\WINDOWS\system32\userenv.dll (0x75A70000)
      D:\WINDOWS\system32\mswsock.dll (0x71A50000)
      D:\WINDOWS\System32\wshtcpip.dll (0x71A90000)
      D:\WINDOWS\system32\DNSAPI.dll (0x76F20000)
      D:\WINDOWS\system32\iphlpapi.dll (0x76D60000)
      D:\WINDOWS\System32\winrnr.dll (0x76FB0000)
      D:\WINDOWS\system32\WLDAP32.dll (0x76F60000)
      D:\WINDOWS\system32\rasadhlp.dll (0x76FC0000)
      D:\WINDOWS\system32\CLBCATQ.DLL (0x76FD0000)
      D:\WINDOWS\system32\ole32.dll (0x771B0000)
      D:\WINDOWS\system32\OLEAUT32.dll (0x77120000)
      D:\WINDOWS\system32\COMRes.dll (0x77050000)
      D:\WINDOWS\system32\VERSION.dll (0x77C00000)
      ============
      System Date: Sat Oct 04 08:56:08 2003
      
      
      ======================================================
      
      Process ID: 952 (svchost.exe)
      
      Service Name: RpcSs
      Display Name: Remote Procedure Call (RPC)
      Service Type: shares a process with other services
      
      PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
      952	TCP 135  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:45198
      952	UDP 135  	0.0.0.0 			 *:*
      952	UDP 135  	0.0.0.0 			 *:*
      
      Port Statistics
      
      TCP mappings: 1
      UDP mappings: 2
      
      TCP ports in a LISTENING state: 	1 = 100.00%
      
      Loaded modules:
      D:\WINDOWS\system32\svchost.exe (0x01000000)
      
      D:\WINDOWS\System32\ntdll.dll (0x77F50000)
      D:\WINDOWS\system32\kernel32.dll (0x77E60000)
      D:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll (0x77DD0000)
      D:\WINDOWS\system32\RPCRT4.dll (0x78000000)
      d:\windows\system32\rpcss.dll (0x75850000)
      D:\WINDOWS\system32\msvcrt.dll (0x77C10000)
      d:\windows\system32\WS2_32.dll (0x71AB0000)
      d:\windows\system32\WS2HELP.dll (0x71AA0000)
      D:\WINDOWS\system32\USER32.dll (0x77D40000)
      D:\WINDOWS\system32\GDI32.dll (0x77C70000)
      d:\windows\system32\Secur32.dll (0x76F90000)
      D:\WINDOWS\system32\userenv.dll (0x75A70000)
      D:\WINDOWS\system32\mswsock.dll (0x71A50000)
      D:\WINDOWS\System32\wshtcpip.dll (0x71A90000)
      D:\WINDOWS\system32\DNSAPI.dll (0x76F20000)
      D:\WINDOWS\system32\iphlpapi.dll (0x76D60000)
      D:\WINDOWS\System32\winrnr.dll (0x76FB0000)
      D:\WINDOWS\system32\WLDAP32.dll (0x76F60000)
      D:\WINDOWS\system32\rasadhlp.dll (0x76FC0000)
      D:\WINDOWS\system32\CLBCATQ.DLL (0x76FD0000)
      D:\WINDOWS\system32\ole32.dll (0x771B0000)
      D:\WINDOWS\system32\OLEAUT32.dll (0x77120000)
      D:\WINDOWS\system32\COMRes.dll (0x77050000)
      D:\WINDOWS\system32\VERSION.dll (0x77C00000)
      ============
      
      escape key pressed: stopped watching port 135
      System Date: Sat Oct 04 09:09:12 2003
      
      
      ========= end of log file ========= 
  • portqry.exe wpid process_number (PID の監視): watch PID コマンドでは、PortQry の変更を指定されたプロセス ID (PID) の監視します。これら変化増加ポートへの接続の数が減少したり、既存の接続のいずれかの接続状態をなどがあります。このコマンドでは同じ省略可能なパラメーター チェック ポート コマンドをサポートします。たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    portqry.exe wpid 1276 -wt 2 v l pid.txt
    その結果、ログ ファイルに次のようなログ ファイルが生成されます。
    PortQry Version 2.0 Log File
    
    System Date: Tue Oct 07 14:01:13 2003
    
    Command run:
     portqry -wpid 1276 -wt 2 -v -l pid.txt
    
    Local computer name:
    
     host123
    
    Watching PID: 1276
    
    Checking for changes every 2 seconds
    
    verbose output requested
    
    Service Name: DNS
    Display Name: DNS Server
    Service Type: runs in its own process
    
    ============
    System Date: Tue Oct 07 14:01:14 2003
    
    
    ======================================================
    
    Process ID: 1276 (dns.exe)
    
    Service Name: DNS
    Display Name: DNS Server
    Service Type: runs in its own process
    
    PID	Port		Local IP	State		 Remote IP:Port
    1276	TCP 53  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:2160
    1276	TCP 1087  	0.0.0.0 	LISTENING	 0.0.0.0:37074
    1276	UDP 1086  	0.0.0.0 			 *:*
    1276	UDP 2126  	0.0.0.0 			 *:*
    1276	UDP 53  	127.0.0.1 			 *:*
    1276	UDP 1085  	127.0.0.1 			 *:*
    1276	UDP 53  	169.254.11.96 			 *:*
    
    Port Statistics
    
    TCP mappings: 2
    UDP mappings: 5
    
    TCP ports in a LISTENING state: 	2 = 100.00%
    
    Loaded modules:
    C:\WINDOWS\System32\dns.exe (0x01000000)
    
    C:\WINDOWS\system32\ntdll.dll (0x77F40000)
    C:\WINDOWS\system32\kernel32.dll (0x77E40000)
    C:\WINDOWS\system32\msvcrt.dll (0x77BA0000)
    C:\WINDOWS\system32\ADVAPI32.dll (0x77DA0000)
    C:\WINDOWS\system32\RPCRT4.dll (0x77C50000)
    C:\WINDOWS\System32\WS2_32.dll (0x71C00000)
    C:\WINDOWS\System32\WS2HELP.dll (0x71BF0000)
    C:\WINDOWS\system32\USER32.dll (0x77D00000)
    C:\WINDOWS\system32\GDI32.dll (0x77C00000)
    C:\WINDOWS\System32\NETAPI32.dll (0x71C40000)
    C:\WINDOWS\system32\WLDAP32.dll (0x76F10000)
    C:\WINDOWS\System32\DNSAPI.dll (0x76ED0000)
    C:\WINDOWS\System32\NTDSAPI.dll (0x766F0000)
    C:\WINDOWS\System32\Secur32.dll (0x76F50000)
    C:\WINDOWS\system32\SHLWAPI.dll (0x77290000)
    C:\WINDOWS\System32\iphlpapi.dll (0x76CF0000)
    C:\WINDOWS\System32\MPRAPI.dll (0x76CD0000)
    C:\WINDOWS\System32\ACTIVEDS.dll (0x76DF0000)
    C:\WINDOWS\System32\adsldpc.dll (0x76DC0000)
    C:\WINDOWS\System32\credui.dll (0x76B80000)
    C:\WINDOWS\system32\SHELL32.dll (0x77380000)
    C:\WINDOWS\System32\ATL.DLL (0x76A80000)
    C:\WINDOWS\system32\ole32.dll (0x77160000)
    C:\WINDOWS\system32\OLEAUT32.dll (0x770E0000)
    C:\WINDOWS\System32\rtutils.dll (0x76E30000)
    C:\WINDOWS\System32\SAMLIB.dll (0x5CCF0000)
    C:\WINDOWS\System32\SETUPAPI.dll (0x765A0000)
    C:\WINDOWS\system32\IMM32.DLL (0x76290000)
    C:\WINDOWS\System32\LPK.DLL (0x62D80000)
    C:\WINDOWS\System32\USP10.dll (0x73010000)
    C:\WINDOWS\System32\netman.dll (0x76D80000)
    C:\WINDOWS\System32\RASAPI32.dll (0x76E90000)
    C:\WINDOWS\System32\rasman.dll (0x76E40000)
    C:\WINDOWS\System32\TAPI32.dll (0x76E60000)
    C:\WINDOWS\System32\WINMM.dll (0x76AA0000)
    C:\WINDOWS\system32\CRYPT32.dll (0x761B0000)
    C:\WINDOWS\system32\MSASN1.dll (0x76190000)
    C:\WINDOWS\System32\WZCSvc.DLL (0x76D30000)
    C:\WINDOWS\System32\WMI.dll (0x76CC0000)
    C:\WINDOWS\System32\DHCPCSVC.DLL (0x76D10000)
    C:\WINDOWS\System32\WTSAPI32.dll (0x76F00000)
    C:\WINDOWS\System32\WINSTA.dll (0x76260000)
    C:\WINDOWS\System32\ESENT.dll (0x69750000)
    C:\WINDOWS\System32\WZCSAPI.DLL (0x730A0000)
    C:\WINDOWS\system32\mswsock.dll (0x71B20000)
    C:\WINDOWS\System32\wshtcpip.dll (0x71AE0000)
    C:\WINDOWS\System32\winrnr.dll (0x76F70000)
    C:\WINDOWS\System32\rasadhlp.dll (0x76F80000)
    C:\WINDOWS\system32\kerberos.dll (0x71CA0000)
    C:\WINDOWS\System32\cryptdll.dll (0x766E0000)
    C:\WINDOWS\system32\msv1_0.dll (0x76C90000)
    C:\WINDOWS\System32\security.dll (0x71F60000)
    
    escape key pressed: stopped watching PID 1276
    System Date: Tue Oct 07 14:01:16 2003
    
    
    
    ========= end of log file ========= 
    操作によりコマンドでは、に対し、-wpid、変更を特定の PID が使用しているすべてのポートを見ることができる変更は、1 つのポートを確認できます。プロセスは、多くのポートを使用している可能性し、PortQry のすべての変更を監視します。

    重要操作により、または、-wpid ロギング パラメーター (-l)を使用すると、PortQry、ログファイルおよび終了が正常に終了を停止する ESC キーを押す必要があります。PortQry esc キーではなくを停止するのには、CTRL キーを押しながら C キーを押す場合は、ログ ファイルが正しく閉じられません。このシナリオでは、ログ ファイルは空であるか、破損していることがあります。


関連情報

PortQry を使用する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
310099Portqry.exe コマンド ライン ユーティリティの説明
310456 Portqry を使用して、Active Directory の接続の問題のトラブルシューティングを行うにする方法
310298 Portqry.exe を使用して、Microsoft Exchange Server の接続に関する問題のトラブルシューティングを行うにする方法
310513 Portqry.exe はリッスンしているポートをレポートする方法
重要PortQueryUI ツールのグラフィカル ユーザー インターフェイスが用意されていて、ダウンロード可能です。PortQueryUI PortQry を簡単にすることができますいくつかの機能があります。PortQueryUI ツールを入手するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://download.microsoft.com/download/3/f/4/3f4c6a54-65f0-4164-bdec-a3411ba24d3a/PortQryUI.exe

プロパティ

文書番号: 832919 - 最終更新日: 2013年2月3日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbprb kbmt KB832919 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:832919
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com