ネットワークの設定では、Virtual PC 2004 のバーチャル マシン

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 833134
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この説明は、ネットワークの設定Microsoft Virtual PC 2004 でバーチャル マシン用に使用します。

仮想マシンのネットワーク アダプターの設定を管理します。

ネットワークの設定のネットワーク アダプターがあるかどうかを制御します。仮想マシンを使用できます。既定では、1 つのネットワーク アダプターが選択されています。物理コンピューターでネットワーク アダプターに割り当てられました。必要なかどうかは、仮想マシンは、物理ネットワーク上のリソースを使用するなどイントラネットとインターネットを構成する必要があります、仮想マシンの設定をネットワークします。これを行うには、実行します。以下の手順します。
  1. Virtual PC コンソールで、バーチャル マシン配置を] をクリックします。をクリックして、ネットワーク設定を構成します。設定します。
  2. 下にあります。 設定をクリックしてネットワー キング.
  3. 下にあります。 ネットワー キング、、のオプションを構成します。ネットワーク アダプターの使用すること。
    • で、 ネットワーク アダプターの数 ドロップ ダウン リスト、最大 4 つのエミュレートされたネットワーク アダプターのバーチャル マシンを指定します。
    • 一連の構成」ドロップ ダウン リストの表示で選択したネットワーク アダプターの数によってエミュレート、 ネットワーク アダプターの数 ドロップ ダウン リストです。これらのドロップダウン リストで、各エミュレーション アダプター カード、ネットワーク カードに割り当てるMicrosoft ループバック アダプターを含む、物理コンピューター上でインストールされます。、同じネットワークに複数のエミュレートされたネットワーク カードを割り当てることができます。物理コンピューターをカードします。関連付けることができますまた、仮想ネットワークは、ローカル ネットワークにします。ローカル専用のネットワークをプライベートです。仮想マシン間限定の通信ネットワークです。
  4. クリックしてください。 [OK].
次の表は、ドロップダウン リストに表示されるアダプター オプションについて説明します。
元に戻す全体を表示する
オプション説明
接続されていません。このオプションでは、ネットワークは、バーチャル マシンで使用可能ではありません。このオプションを選択することをお勧めします物理コンピューターは、ネットワーク上ではない場合、またはアクセスを行う場合バーチャル マシンからインターネット。場合このオプション可能な遅延を防ぐことができます、仮想マシン ・ ソフトウェアは、ネットワーク コント ローラーを確認します。
ローカルのみこのオプションでは、ネットワーク間でサポートできます。バーチャル マシンの場合のみ。そのため、仮想マシンへのアクセスがありません。ネットワーク リソースをホスト オペレーティング システム上で。
共有ネットワーク (NAT)最初の仮想マシンのネットワークを割り当てることができます。カードに 共有ネットワーク (NAT).このオプションでは、バーチャル マシンがプライベートに接続するネットワークVirtual PC を作成します。仮想 DHCP サーバーとネットワークの仮想ネットワークが含まれます。アドレス変換サーバー。仮想マシンのほとんどにアクセスできます。ホストのオペレーティング ・ システムにアクセスできる IP ベースのリソース。詳細については共有、ネットワークの詳細についてを参照してください、"共有のネットワークに仮想マシンを管理します。」を参照この記事では。
物理コンピューター上のネットワーク アダプターこれにオプションは、仮想マシン接続に直接、現在ホストのオペレーティング ・ システムのネットワーク接続を選択します。仮想マシン表示され、同じネットワーク上に別の物理コンピューターと同様に動作します。ネットワーク構成、バーチャル マシンのネットワークの構成を決定します。たとえば、ネットワークの構成仮想マシンへの IP アドレスの割り当て方法を決定します。場合は、ネットワークに DHCP サーバーを使用して、IP アドレスが動的に割り当てられている、バーチャル マシン。ネットワークが静的 IP アドレスを使用する場合は、同様に、行う必要があります。静的 IP アドレスを使用する場合は、この仮想マシンを手動で構成します。これを行うには、バーチャル マシン操作のマニュアルで指定されたメソッドを使用します。システムです。
Microsoft Loopback Adapter作成したい場合は、複雑なネットワーク環境を 1 台の物理コンピューターをしない複数の物理ネットワーク カードをインストールするのには、複数のインスタンスをインストールすることができます。Microsoft ループバック アダプターは、ホスト オペレーティング システム。詳細についてはMicrosoft ループバック アダプターに関する情報を参照してください、"仮想マシンのネットワークの機能を拡張します。"この資料の「。

共有のネットワークに仮想マシンを管理します。

共有ネットワークでは、仮想マシンは、ホスト オペレーティング システムで使用可能な IP ベースのリソースにアクセスできます。仮想PC を DHCP サーバーとして動作し、各仮想アプリケーションに動的 IP アドレスが割り当てられます共有ネットワークを使用するコンピューターです。IP アドレスは、192.168.131 でです。x では実装されていなかったために発生します値は、範囲、および個々 の仮想マシンに割り当てられています。 x では実装されていなかったために発生します 1 から253。 Virtual PC が手動で動的に指定するためのインターフェイスを提供しません仮想 DHCP サーバーに割り当てる IP アドレスです。場合は、ホスト オペレーティング システム192.168.131 のアドレスを使用するように構成します。x では実装されていなかったために発生します 範囲、ホストのオペレーティング ・ システムの構成を変更する必要があります。するには共有ネットワークを使用して、インストールされているオペレーティング システムを構成する必要があります。DHCP サーバーから IP アドレスを自動的に取得するのには、バーチャル マシン。詳細については、マニュアルを仮想マシンを参照してください。オペレーティング システムです。

使用するように構成された仮想マシンを共有します。ネットワーク コンピューターにネットワーク アドレス変換 (NAT) の背後にあるのと同様に動作します。ルーターです。共有ネットワークは、受信ポートのマッピングをサポートしていません。外部バーチャル マシンまたはいずれかを実行しているサーバー コンピューターにアクセスできません。バーチャル マシン上のポート。共有ネットワークもサポートしていません仮想マシン間、またはホスト オペレーティング システムからネットワークをバーチャル マシン。

ネットワークの詳細についてを参照してください、"ネットワーク アダプターの設定を管理する仮想マシン"この資料の「。

メモ
  • 共有ネットワークを使用すると、バーチャル マシンの共有します。ホストのオペレーティング ・ システムに関係なく設定されているインターネット接続かどうか、ホスト モデムまたはローカル エリア ネットワーク (LAN) で接続されています。
  • チャット プログラムなどの一部のネットワーク ソフトウェア可能性がありますいません。一部のネットワーク ソフトウェアに静的な IP を必要とするために、共有ネットワークで正常に動作します。アドレスです。
  • 管理者またはメンバーではないユーザーのadministrators グループは、ホスト オペレーティング システム上で送信できないかping またはその他のインターネット制御メッセージ プロトコル ICMP ベースのネットワークが表示されます。共有ネットワークをアクティブにしたときのトラフィック。

仮想マシンのネットワークの機能を拡張します。

インストールし、Microsoft ループバック アダプターを構成することができます。仮想マシンのネットワーク機能を拡張します。マイクロソフトループバック アダプターは、次のネットワーク機能を提供します。
  • 仮想マシンのネットワークを持つことができますホストオペレーティング システムに使用可能な物理ネットワーク接続はありません。するにはインストールは、ホストとバーチャル マシン間のネットワーク接続を提供します。Microsoft ループバック アダプター、ホスト オペレーティング システムにし、構成します。各仮想マシンとホスト オペレーティング システム上のネットワーク接続。
  • 複数の複雑な仮想ネットワーク環境を設定できます。ルーターとファイアウォールを使用します。複数のネットワーク ・ ソリューションを提供する仮想マシンは、ホスト オペレーティング システム上で、Microsoft Loopback Adapter をインストールして必要に応じて、多くのネットワーク接続は各オペレーティング システムとして、設定します。
重要です 場合は、バーチャル マシンからインターネットにアクセスします。Microsoft ループバック アダプターを使用するように構成されて、インターネット接続の共有を有効にする必要があります。ホスト コンピューターにします。詳細についてはインターネット接続の共有のバージョンに付属しているマニュアルを参照してください。ホスト コンピューターにインストールされている Windows。

仮想ネットワークのセットアップ接続は、Microsoft ループバック アダプターをインストールする必要があり、アダプターのネットワーク接続を構成します。構成すると、Microsoft ループバック アダプターを TCP/IP ネットワーク上で構成する必要も適切な IP アドレスを使用するには、[接続] をクリックします。

すべての TCP/IP を使用することができます。アドレスがで予約 〜 プライベート ネットワーク アドレスを選択してください。アドレス。たとえば、フォームがある TCP/IP アドレス192.168。x では実装されていなかったために発生します.y、、 x では実装されていなかったために発生します 値は 0 〜 255 の間と場所 y 1 から 254 までの値が、プライベートになります。は、値の選択 x では実装されていなかったために発生します must be the same on the host operating system and on each guest operating system that you want as part of the virtual network. If your primary Ethernet connection uses one of these private addresses, you must select a different value for x to assign to Microsoft Loopback Adapter.

For information about how to set up Microsoft Loopback Adapter for a host operating system that is running Microsoft Windows XP or Microsoft Windows 2000, see the Virtual PC Help topic, "Install and configure Microsoft Loopback Adapter." For information about how to install Microsoft Loopback Adapter on other operating systems, see the documentation for the operating system.

For more information about networking, see the "Manage network adapter settings for virtual machines" section of this article.

Manage shared folders for virtual machines

With shared folders, a virtual machine can use a folder or a volume on the host computer as if it were a network share. A shared folder can be persistent or temporary. A persistent shared folder is shared again every time the guest operating system starts. A temporary shared folder is only available until the guest operating system is shut down. You cannot share folders directly between virtual machines, but multiple guest operating systems can share a folder on the host operating system.

Before you can use shared folders, you must configure the Shared Folders setting on the virtual machine. The Shared Folders setting is available only if the virtual machine is running and you have installed Virtual Machine Additions.

To share folders, use any one of the following methods:
  • In the Virtual PC window, click the virtual machine that you want to configure, click Settings , and then click Shared Folders in the Settings dialog box for the virtual machine.
  • Right-click the folder icon on the Status bar of the virtual machine, and then click Shared Folder Settings.
  • Drag a folder or volume to the folder icon.
Note When you create a shared folder, you must assign it a drive letter that is not currently used by a drive or by a device in the guest operating system. If two drives or devices are assigned to the same drive letter, the shared folder does not appear in the guest operating system.

プロパティ

文書番号: 833134 - 最終更新日: 2011年9月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB833134 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:833134
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com