Microsoft Exchange Server 5. 0 の更新プログラムのロールアップ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834130 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

マイクロソフトは Microsoft Exchange 5. サーバー 0 以下の一覧で、修正プログラムと記載されている更新プログラムを含む更新プログラム ロールアップ パッケージをリリースしました。 この小規模かつ包括的なロールアップ パッケージ更新がこれらの修正プログラムのロールアウトを管理するための簡単なメカニズムです。

詳細

この修正プログラムを適用すると、以下の問題が解決されます:
  • インターネット メール コネクタにより、認証されていない攻撃者を Exchange 5. 0 サーバー上で SMTP (簡易メール転送プロトコル) ポートに接続し、発行、特別な細工をした拡張動詞の要求を大量のメモリを割り当てることができますに存在するセキュリティ上の脆弱性。 これをインターネット メール コネクタにシャットダウンでしたまたはメモリ不足のための応答を停止するサーバーが原因します。

    この問題の詳細でマイクロソフト セキュリティ情報セキュリティ更新プログラム-046 に解決します。
    http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS03-046.mspx
  • リモート プロシージャ コール (RPC) 要求 Microsoft Exchange サービスに送信される入力を適切に検証しないし、場合によっては通常の処理をように無効な入力を受け付けます。 この問題の影響を受ける特定入力値は、RPC サーバーに RPC サーバーと異なります。

    攻撃者がこのような入力するには、影響を受ける RPC サーバーに送信は、そのサービスを中断でした。 中断の正確な型、特定のサービスによって異なりますが、マイナーからでは、有効範囲可能性があります (たとえば、サービス一時的に応答を停止または「ハング」) (たとえば、システム全体を再起動する必要がありますように、サービスの失敗) メジャーにします。

    この問題の詳細でマイクロソフト セキュリティ情報 MS01-041 解決します。
    http://www.microsoft.com/technet/security/Bulletin/MS01-041.mspx
  • 受信電子メール メッセージを処理すると、Exchange 5. 0 を MIME ヘッダー フィールドに無効な値のチェックします。 しかし、フィールドにある種の無効な値が存在すると、Exchange サーバーは停止します。 通常の操作を Exchange サービスを再起動し、問題のある電子メール メッセージを削除して復元できます。

    この脆弱性は、無許可のユーザーを追加、削除または、電子メール メッセージの変更を許可しないもこの脆弱性によって、サーバーの管理権限 usurp ようなユーザーをことができます。

    この問題の詳細でマイクロソフト セキュリティ情報 MS00-082 に解決します。
    http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS00-082.mspx
更新プログラム ロールアップ パッケージは、これら 3 つのセキュリティ情報を提供するすべての修正プログラムを示します。 したがって、更新プログラム ロールアップ パッケージをインストールする場合はこれら 3 つのセキュリティ情報に記載されているすべての問題が同時に修正されます。

ファイル情報

この更新プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   05-Jan-2004  17:05  5.0.1462.21        26,384  Address.dll          
   05-Jan-2004  16:51  5.0.1462.21        29,456  Edbback.dll      
   05-Jan-2004  17:21  5.0.1462.21     2,022,672  Emsmta.exe       
   05-Jan-2004  17:06  5.0.1462.21        66,320  Ems_rid.dll      
   05-Jan-2004  16:41  5.0.1462.21       153,872  Imcmsg.dll       
   05-Jan-2004  17:45  5.0.1462.21       574,736  Mad.exe          
   05-Jan-2004  16:23  5.0.1462.21       451,856  Mdbmsg.dll       
   05-Jan-2004  17:06  5.0.1462.21        33,040  Mmiext.dll       
   05-Jan-2004  16:47  5.0.1462.21       478,480  Msexcimc.exe     
   05-Jan-2004  17:07  5.0.1462.21       428,816  Mt.exe           
   05-Jan-2004  17:24  5.0.1462.21       179,472  Mtacheck.exe     
   05-Jan-2004  17:06  5.0.1462.21       707,856  Mtamsg.dll       
   05-Jan-2004  16:04  5.0.1462.21     2,476,816  Store.exe        
   23-Jan-2004  19:31                    319,488  Uninst.exe       
   05-Jan-2004  17:05  5.0.1462.21       319,248  X400om.dll  

プロパティ

文書番号: 834130 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbexchange500fix kbsecbulletin kbhotfixrollup kbmt KB834130 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834130
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com