コンテンツの場所] フィールドでは、TCP ヘッダーには、IIS 6.0 の修正: IP アドレスが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834141 - 対象製品
重要: メタベースを編集する方法についての情報を掲載しています。メタベースを編集する前に、問題が発生した場合に復元することができますは、バックアップ コピーがあることを確認します。これを行う方法については、「構成のバックアップ/復元」ヘルプ トピックの Microsoft 管理コンソール (MMC) を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) ホスト ヘッダーせず GET 要求を受け取ると、Web サーバー、サーバーの IP アドレスは、コンテンツの場所] フィールドまたは [場所] フィールドに、TCP ヘッダーが応答に明らかに可能性があります。この問題は、要求には特定のページが含まれていない場合、または IIS が別のページに、元の要求をリダイレクトする必要がある場合は、発生する可能性があります。

原因

この問題は IIS のホスト ヘッダーがない GET 要求を受け取ると、IIS は、ホスト名または IP アドレスが応答に提供する必要があるために発生します。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するのには、Microsoft Windows Server 2003 用の最新の service pack を入手します。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
889100 Windows Server 2003 用の最新の service pack の入手方法
重要Service pack をインストールした後、要求を送信するのには、代替ホスト名が必要な場合は、 UseHostNameプロパティまたは使わプロパティのいずれかがサイトに設定する必要があります。これを行う方法についてを参照してください、""セクションに移動します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。しかし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この特殊な問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムさらにテストを行う場合があります。そのため、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次の Windows Server 2003 service pack のリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特例として、Microsoft のサポート担当者が特定の更新プログラムにより問題が解決されると判断した場合、電話サポートに対して通常は発生する料金をいただかない場合があります。問題となっている特定の更新プログラムに関する内容とは見なせない、他の質問や問題についてのサポートに対しては、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

メタベースの情報

この修正プログラムを適用した後、代替ホスト名に対する要求を送信する場合はUseHostNameプロパティまたは使わプロパティのいずれかがサイトに設定します。これを行う方法についてを参照してください、""セクションに移動します。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムには他の修正プログラムは置き換えられるありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
   Date         Time   Version      Size       File name
   ------------------------------------------------------
   10-Dec-2003  18:07  6.0.3790.91  1,124,352  Iiscfg.dll
   10-Dec-2003  18:07  6.0.3790.91    299,008  W3core.dll

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Windows Server 2003 Service Pack 1 で修正されました。

詳細

警告メタベースを誤って編集すると、メタベースを使用して、製品を再インストールする必要があります重大な問題が発生することができます。マイクロソフトは、メタベースの誤った編集により発生した問題を解決することができますは保証できません。メタベースは、自己の責任を編集します。

メモ 常にそれを編集する前に、メタベースのバックアップをバックアップします。

Service pack をインストールするか、この修正プログラムを適用した後、要求を送信するのには、代替ホスト名が必要な場合はUseHostNameプロパティまたは使わプロパティのいずれかサイトに設定します。既定では、HTTP_HOST 変数と同じ値には、サーバー名の変数に送信されます。

メモ いずれか、次の設定を有効にすると、IIS は常に、別の名前をサーバー名の変数を使用します。

UseHostNameプロパティのデータ型はブール値です。UseHostNameプロパティは常に、サーバー名の変数がコンピューターの完全修飾名に置き換えるには、IIS に指示します。

必要に応じて、使わプロパティを設定できます。使わプロパティのデータ型は文字列です。コンピューター名とは別のホスト名を指定する必要がある場合は、その使わプロパティを使用します。使わプロパティは、この代替ホスト名にすることを前提としています。使わプロパティUseHostName設定を無視するように IIS が発生します。使わプロパティが存在する場合、 UseHostNameプロパティを設定する必要はありません。

Web サーバーの管理者は、Adsutil.vbs ツールを使用してUseHostNameメタベース プロパティと使わメタベースのプロパティを変更できます。

オプション 1: UseHostName プロパティを設定します。

UseHostNameプロパティを設定するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ] コマンド プロンプトを開くにします。
  2. Adsutil.vbs ツールが置かれているフォルダーに変更します。既定では、このフォルダーは、次に示します。
    % システム ルート %\Inetpub\AdminScripts
  3. 次のコマンドを入力する場所 x サイトの識別子です。
    cscript adsutil.vbs w3svc を設定/x/UseHostNametrue

オプション 2: SetHostName プロパティを設定します。

SetHostName プロパティを設定するには、次の手順に従います。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ] コマンド プロンプトを開くにします。
  2. Adsutil.vbs ツールが置かれているフォルダーに変更します。既定では、このフォルダーは、次に示します。
    % システム ルート %\Inetpub\AdminScripts
  3. 次のコマンドを入力する場所 x サイトの識別子があると ホスト名 使用する、代替ホスト名です。
    cscriptadsutil.vbs w3svc を設定/x/使わ ホスト名

問題を緩和する要因

IIS 6.0 では、 UseHostNameまたは使わプロパティを設定すると、サーバーの IP アドレスに HTTP 応答を表示することも可能です。既定では、これは発生しません。応答生成された送信および方法からになります。たとえば、HTTP 302 応答で送信される、HTTP リダイレクトを構成して、リダイレクト コードをサーバーの IP アドレスを使用する場合は、IP アドレス コンテンツの場所や、応答のロケーション ヘッダーに表示されます。この問題を回避するには、サーバーの IP アドレスのリダイレクト ロジックを使わないでください。代わりに、ホスト名または完全修飾コンピューター名を使用します。

類似した動作の種類をリダイレクト操作を実行するのには、カスタム エラー ページを構成して、url はファイルではなく、リダイレクトのターゲットを設定するのには IIS マネージャーを使用する場合に発生します。このシナリオでは、URL に IP アドレスを非表示にしておくのではなくファイルを指定します。

次の条件に該当する場合は、サーバーの IP アドレスも、HTTP 応答で送信できます。
  • 対応する HTTP 要求ヘッダーの値が HTTP:Host が含まれていません。
  • SF_NOTIFY_PREPROC_HEADERS イベント中に表示される GetServerVariables(servername) を呼び出す、ISAPI フィルターは IIS で構成されます。
これは、IIS 構成データを読み取るがある前に PREPROC_HEADERS が呼び出されるためにです。この場合、UseHostName か使わ。したがって、IP アドレスを取得するが、その他のオプションはありません。要求ホストの値が含まれているし、PREPROC_HEADERS で GetServerVariables(servername) 呼び出しが行われる場合は、< サーバー名 > は、クライアントのホスト ヘッダーの値が含まれます。Http Web ブラウザー ホスト ヘッダーが要求に含める必要があります。したがって、このシナリオは、HTTP 要求を生成して別のもの以外の Web ブラウザーまたは HTTP 1.0 とは、Web ブラウザーを使用する場合に送信する場合に発生する可能性が高くです。

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 834141 - 最終更新日: 2013年4月7日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbhotfixserver kbfix kbbug kbqfe kbwinserv2003presp1fix kbmt KB834141 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834141
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com