SQL Server CE や SQL Server 2005 Compact Edition、SQL Server 2005 Mobile Edition の dispose メソッド マネージ オブジェクトをメモリから

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834279
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料を破棄する方法について説明します、。Microsoft Visual Studio を使用して作成するアプリケーションで使用されているオブジェクト Microsoft SQL Server 2000 Windows CE のエディション、Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition、または SQL Server 2005 Mobile Edition を管理します。Microsoft を使用して NET を指定します。Net。

詳細

します。NET Compact Framework のデータ プロバイダーの SQL Server CE や SQL Server 2005 Compact Edition SQL Server 2005 Mobile Editionクラスなどのコレクションをサポートしていますが SqlCeCommand クラスは、 SqlCeConnection クラスは、と、 SqlCeDataReader クラスです。これらのインスタンスであるオブジェクトを使用することができます。Microsoft Windows CE の実行中にデバイス SQL Server CE や SQL Server 2005 Compact Edition、SQL Server 2005 Mobile Edition データベースにアクセスするためのクラス管理された環境。ただし、割り当てられたメモリを解放する必要があります。オブジェクトが不要になった場合は、オブジェクトをします。

割り当てられるメモリを解放するのには、次の方法を使用できます、オブジェクトのクラス。

メモ マイクロソフトでは、使用すること、 Close() メソッドまたは Dispose() メソッドと、次のコーディング スタイルをメモリを解放するのには、オブジェクトの。含むネイティブ クラスを NET参照します。
  • 使用して、 Close() メソッドまたは Dispose() メソッドです。ネイティブが含まれているすべてのクラスSQL Server CE は、SQL Server 2005 Compact Edition、または SQL Server 2005 Mobile Edition への参照を実装する、 IDisposable インターフェイスです。これらのクラスを実装するため、 IDisposable インターフェイスは、 Dispose() メソッド、 IDisposable インターフェイスを使用して、メモリを解放するにはマネージ オブジェクト。

    またこれらのクラスを実装します。 Close() メソッドは同様に、 Dispose() メソッドです。したがって、いずれかを呼び出すことができます、 Close()メソッドまたは Dispose() 割り当てられるメモリを解放するメソッド、オブジェクト。ただし、呼び出すかどうかは、 Close() メソッドを使用する必要はありません。呼び出して、 Dispose() メソッドです。

    たとえばを使用すると、 SqlCeDataAdapter クラスデータセットを作成するには、明示的にすべて破棄する必要があります、関連付けられています。SqlCeCommand 選択コマンドを表すインスタンス コマンド、更新コマンド、挿入、または削除します。コマンドをします。いずれか、次のコーディング スタイルを使用できます。NET クラスします。ネイティブ参照を含みます。
     SqlCeConnection conn = null; 
     try
     {
    	 conn = new SqlCeConnection(<ConnectionString>);
    	 conn.Open(); 
    	// Work with the connection object
    }
    catch (Exception en)
    {
    	// Handle the exception or rethrow it
    }
    finally
    {
    	// Always release the native references in the finally clause
    	// The statements in finally clause are guaranteed to run
    
    	if (null != conn) conn.Close(); 
    } 
  • 使用して、 Collect() メソッドを GC ガベージ コレクター クラスです。

    メモ それを実行するのには非常に高価です。 Collect() メソッドを GC ガベージ コレクター クラスです。したがって、Microsoft を使用することをお勧め、 Collect()メソッドを GC のみこれを行う必要がある場合のガベージ コレクター クラスです。

    次のコーディング スタイルを使用して、呼び出す、 Collect()アプリケーションでガベージ コレクターの方法:
    try
    {
           SqlCeConnection conn = null;
           conn = new SqlCeConnection(<ConnectionString>);
           conn.Open(); 
     
           // The connection instance goes out of scope and effectively loses native references here
           // The conn object is only disposed of when the Garbage Collector starts finalizing objects,
           // but this only occurs under memory pressure.
           // If many objects are allocated like this, the performance of the program decreases.
    }
    catch (Exception en)
    {
           // Handle the exception or rethrow it
    }
    finally
    { 
           // If GC.Collect() is called, the Garbage Collector is forced to run all the finalizers in the finalization queue. 
           // Therefore, the connection instance that was previously lost is disposed of here by the Collect method of the GC Garbage Collector class. 
           // By putting this in the finally clause we guarantee it will always be executed even if the exception is rethrown
           
           GC.Collect();
    }
     
    コーディング スタイルを使用して、このリスト内の最初の箇条書きの場合を明示的に呼び出す必要はありませんがCollect() ガベージ コレクターの方法です。

関連情報

詳細については、 IDisposable インターフェイスは、参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.idisposable (vs.71)
詳細については、 GC では。Collect() メソッドは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa903907 (VS.71)
詳細については、 SqlCeConnection.Close メソッドは、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.data.sqlserverce.sqlceconnection.close (vs.71)
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
824462SqlCeDataAdapter オブジェクトを使用する場合は、SqlCeCommand オブジェクトに自動的に破棄されていません。
326164 Pocket PC 2002 での仮想アドレス空間を表示する Dumpmem ユーティリティ
827837 FIX、SqlCeDataReader オブジェクトの多くを作成するとき SQL Server CE 接続、メモリ不足の状態をが

プロパティ

文書番号: 834279 - 最終更新日: 2011年12月13日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbgarbagecollect kbmemory kbcodesnippet kbappdev kbcode kbmt KB834279 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834279
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com