Reporting Services を使用して構成したり、Oracle データ ソースにアクセスする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834305
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2000 Reporting Services では、ビルドしてOracle データ ソースからのデータを使用して、レポートを展開します。この資料で構成およびレポート用の Oracle データ ソースにアクセスする方法について説明します、開発し、Reporting Services を使用して展開します。

Oracle データ ソースに 1 つのレポートを使用することができます。(つまり、レポート固有のデータ ソース)、または共有のソースとして Oracle データ ソースを使用できますいくつかのレポート。レポート固有のデータ ソースの定義は格納されます。レポート自体の定義、共有データ ソースを保存されレポート サーバーを別のファイルにします。レポートのデータから 1 つのデータにアクセスできます。ソースや、多くのデータ ソースから特定のレポートまたは共有します。

Oracle データ ソースを構成するのには、基本的な要件

レポート内の Oracle データ ソースにアクセスするには、最初に構成する必要があります。Oracle データ ソースです。Oracle データ ソースを構成するのには、次の手順の両方を行います。
  • レポート サーバーに Oracle クライアント ツールをインストールします。レポートをホストし、Microsoft インターネット インフォメーションを再起動コンピューターサービス (IIS)。
  • プロバイダーとの接続に使用するドライバーをインストールします。Oracle データ ソースにします。既定では、Oracle クライアント ツールを使用の Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC)、または Microsoft のドライバーがインストールされます。NET フレームワークです。

構成する手順は、レポート デザイナーを使用してレポートをデザインする際の oracle データ ソース

開発する際、レポート デザイナーのレポートを使用して、Oracle データ ソース、レポートする必要があります。、特定のレポートを作成することもする必要があります。Oracle データ ソースやレポート データを取得するために共有 Oracle データ ソースを作成します。さらに、新しいレポートのレポート固有のデータ ソースまたは共有 Oracle データ ソースを既存のレポートを構成できます。新しいレポートのレポート固有のデータ ソースを構成するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Visual Studio を起動します。NET 2003 です。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト.
  3. 下にあります。 [プロジェクトの種類をクリックして ビジネス インテリジェンス プロジェクト.
  4. 下にあります。 テンプレートをクリックして レポート プロジェクト.
  5. クリックしてください。 [OK].
  6. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。は、 レポート フォルダーとクリック 新規追加します。レポート.
  7. で、 レポート ウィザード ダイアログ ボックス、クリックして Oracle では、 種類 リストです。

    メモこのデータ ソースで複数のレポートを使用する場合は、このデータを確認します。共有データ ソースのソースです。これを行うをクリックして、 これを確認します。共有データ ソース オプションです。
  8. クリックしてください。 編集.
  9. クリックして、 接続 タブし、入力、Oracle データ ソース、Oracle サーバー インスタンス名、ユーザー名などの詳細情報とパスワードです。
  10. クリックしてください。 [OK].
  11. クリックしてください。 次へ.
  12. で、 クエリ文字列 ボックスに、入力、必要なクエリをレポートのデータを取得しをクリックするには 次へ.
  13. クリックしてください。 終了日.
共有の Oracle データ ソースを既存のレポートを構成するには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio を起動します。NET 2003 です。
  2. レポートが既存のプロジェクトを開き、Oracle データ ソースを追加します。
  3. レポートのデザイン ビューをクリックして、 データタブをクリックし 新しいデータセット で、 データセット リストです。
  4. で、 データセット ダイアログ ボックス、クリックして 新しいデータソース で、 データ ソース リストです。
  5. で、 [データ リンク プロパティ ダイアログボックスをクリックして、 プロバイダー タブ、し、 データを選択、接続します。をクリックして Microsoft OLE DB プロバイダーOracle.
  6. クリックしてください。 次へ.
  7. クリックして、 接続 タブし、入力、Oracle データ ソース、Oracle サーバー インスタンス名、ユーザー名などの詳細情報とパスワードです。
  8. クリックしてください。 [OK].
  9. で、 データセット ダイアログ ボックスで、必要なレポートを取得するクエリを入力します。データで、 クエリ文字列 ボックスとクリック [OK].
メモ レポートのクエリ文字列、名前のないパラメーターなどが含まれる場合選択 * から テーブル 場所 列名 = か、編集する必要がありますデータ ソースを設定するのには、データ ソースは、OLE DB を入力し、クリックして Oracle 用の Microsoft OLE DB プロバイダー.レポート クエリに名前付きパラメーターが含まれている場合は、使用することができます。Oracle データ処理拡張機能は、OLE DB データ処理拡張機能の代わりにします。

OLE DB は、グラフィカルなクエリ デザイナーを使用して Reporting Services データ処理のデータ拡張機能は、汎用クエリ デザイナーを使用します。

レポート マネージャーを使用してレポートを配置するときは、Oracle データ ソースを構成する手順

共有 Oracle データ ソースを使用して、レポートを展開するとを使用して、Oracle データ ソースを共有データ ソースとして構成する必要があります。レポート マネージャー。レポート マネージャーでは、Oracle データ ソースを構成することができます。OLE DB データ処理拡張機能を使用してまたは Oracle のデータ処理を使用するには拡張します。Oracle データの処理を使用して、Oracle データ ソースを構成するのには拡張機能は、以下の手順を実行します。
  1. レポート マネージャーを起動します。
  2. クリックしてください。 新しいデータ ソース.
  3. で、 新しいデータ ソース ページで、データ ソース内の名前を入力、名前 ボックス。
  4. で、 接続の種類 ボックスの一覧でクリックしてくださいOracle.
  5. で、 接続文字列 テキスト ボックス、入力次のテキスト (場所 OracleServerInstanceName Oracle サーバー インスタンスの名前です)。 データ ソース =OracleServerInstanceName.

    メモReporting Services のデータ処理拡張機能または ole DB データ処理拡張機能を使用している場合、次のテキストを入力 (場所 ProviderName データ プロバイダーの名前です)。 プロバイダー =ProviderNameデータ ソース =OracleServerInstanceName.
  6. 下にあります。 使用して接続します。をクリックして、 資格情報をレポート サーバーに安全に保存 オプションは、次に、有効なユーザー名とパスワードを入力します。

    メモ 適切な接続を設定します。お客様の要件に応じての詳細します。
  7. クリックしてください。 [OK].

    メモ データ ソース、データ ソース名には、作成されます。用意されています。

拡張機能の使用を処理する Oracle データをします。NETFramework のデータ プロバイダーは Oracle に接続してからデータを取得するのにはOracle データ ソース。ダウンロードするのには。NET Framework のデータ プロバイダーについてMicrosoft で使用可能な oracle。Net Framework 1.1 は、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
[マイクロソフト]。NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージ
メモ Oracle 8i リリース 3 (8.1.7) クライアントをインストールする必要があります以降レポート サーバー コンピューターが期待どおりに動作するプロバイダー。

Oracle データ ソースを構成するときにエラー メッセージのトラブルシューティング方法

独自に作成した、Oracle データ ソースを構成すると、Reporting Services を使用して展開されて、エラー メッセージを受け取ることがあります。は、次の情報、これらのエラー メッセージのトラブルシューティングを行うことができます。
  • 次のエラー メッセージが表示される場合は、有効なユーザー名とパスワードを使用したことかどうかを確認します。データ ソースにログオンします。
    初期化中のエラーのため接続テストに失敗しましたプロバイダーです。01017-ORA: 無効なユーザー名とパスワードです。ログオンが拒否されました
  • 次のエラー メッセージが表示されたら、有効な Oracle サーバー インスタンス名を使用することを確認します。
    初期化中のエラーのため接続テストに失敗しましたプロバイダーです。ORA-12154: TNS: サービス名を解決できませんでした
    Oracleサーバー インスタンス名を使用を実行している必要があります。また、Oracle データ ソースへの接続の問題のためこのエラー メッセージを発生する可能性があります。 詳細については接続の問題をデバッグする手法については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    259959情報: ODBC ドライバーと OLE DB プロバイダーを使用して、Oracle サーバーへの接続に関する問題をデバッグする方法
  • 次のエラー メッセージが表示される場合は、登録または再インストール、Oracle データ ソースを構成するのにはオンになって。
    初期化中のエラーのため接続テストに失敗しましたプロバイダーです。Oracle エラーが発生したが、エラー メッセージを取得できませんでした。Oracle。
    この問題を回避するには、Oracle データを構成するのには、別のプロバイダーを選択します。ソースです。

関連情報

詳細については、以下のトピックでは、レポートの作成を参照してください。本オンライン サービスします。
  • その他のデータ ソースからデータを取得しています。
  • データ ソースへの接続

プロパティ

文書番号: 834305 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowtomaster kboracle kbprovider kbreport kbmt KB834305 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834305
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com