クリスタル レポート 9 を使用して Microsoft CRM 1. 2 のパラメーターに基づくレポートを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834790 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

プロフェッショナル、開発者、または [詳細設定のバージョンのクリスタル レポート 9 を使用して Microsoft ビジネス ソリューション CRM バージョン 1. 2 のパラメーターに基づくレポートを作成する方法について説明する 3 つのサンプル レポートは、ダウンロード可能です。レポートのパフォーマンスを向上させるのには、パラメーターのレポートが含まれるデータを制限します。したがって、パラメーターに基づくレポートに必要なデータだけを提供するレポートを提供できます。

詳細

パラメーターを備えたサンプル レポートをダウンロードします。

サンプル レポートをダウンロードするのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1d08d05e-a8e1-46ef-a808-ac388be24a3e&DisplayLang=en
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。ファイルをファイルに不正な変更を防止するのに役立つセキュリティで保護されたサーバーに格納されます。

インストール情報

ダウンロード ページの指示に従って操作します。

アンインストール情報

サンプル ファイルを削除するには、それらを削除します。

再起動の要件

サンプル レポートをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

ファイル情報

これらのサンプル レポート ファイルの英語版は、次の表に示す属性があります。世界標準時 (UTC) では、これらのファイルの日時を示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻ツールでの タイム ゾーン] タブを使用
   Date         Time   Size    File name 
-------------------------------------------------------------------------------------------
20-Jan-2004  09:54  65,024  Account Activity And Notes (specify status, owner, date).rpt
20-Jan-2004  09:57  64,000  Case List (specify owner, status, date).rpt
02-Jan-2004  10:19  103,936 Opportunity List By Account (specify owner, date, accounts).rpt

サンプル レポートを Microsoft CRM に追加します。

Microsoft CRM でレポートを表示するのには、レポートの既存の Microsoft CRM レポート フォルダーに保存する必要があります。

Crystal Reports 9

クリスタル レポート 9 を使用して Microsoft CRM でレポートを保存するには、次の手順を実行します。
  1. 上記の [MoreInformation] セクションで説明したように、Microsoft ダウンロード Web サイトからは、3 つのサンプル レポートをインストールします。
  2. クリスタル レポート 9 の各ファイルを開きます。
    1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
    2. [エンタープライズ を] をクリックします。
    3. お客様のアカウント情報を入力し、[OK] をクリックします。
    4. MSCRM1.2 を展開します。
    5. 管理レポート、販売レポート、またはサービスのレポート] ノードを展開します。
    6. レポートを配置するサブフォルダーをクリックします。
    7. ファイル名を指定し、[OK] をクリックします。

レポート マネージャーの Microsoft CRM 1. 2

詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーをダウンロードする方法。
834791追加、削除、および Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使って、Microsoft CRM のレポートの名前を変更します。
レポートの既存の Microsoft CRM レポート フォルダーに保存するには、次の手順を実行します。
  1. 3 つのサンプル レポートをインストールします。
  2. Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを開きます。
  3. ファイルごとに、次の手順を実行します。
    1. ファイルを保存するフォルダーを検索します。
    2. レポートの追加] をクリックします。
    3. ファイル名と、ダウンロードしたレポートを指定し、[レポートの追加] をクリックします。

クリスタル レポート 9 を使用して、Microsoft CRM レポートにパラメーターを追加する方法

概要

クリスタル レポート 9 を使用して Microsoft CRM レポートにパラメーターを追加するには、次の手順を実行する必要があります。この資料の次のセクションでこれらの各手順に凝った。
  1. パラメーターを定義します。これを行うには、パラメーター、ユーザーに入力するテキスト、ドロップダウン リストの要素、および既定値の名前を指定します。
  2. パラメーターのすべてのフィールドをレポートに配置します。フィールド表示または非表示にすることができます。
  3. コードのパラメーターから Microsoft CRM のデータに対してユーザーが入力したデータと比較するレコードの選択数式を追加します。
  4. レポートを保存し、追加パラメーターをテストします。
Crystal Reports を使用して、さまざまな種類のパラメーターを追加することができます。この資料は 4 つの例を提供します。それぞれの例は、さまざまな側面に Microsoft CRM のデータ パラメーターの使用を示しています。この資料には、次の例が含まれています。
  • 自分、どちらかだけでレコードを選択することができますが所有者パラメーターまたはすべてのレコード。次の使用例は、レポートを実行しているユーザーの Microsoft CRM の GUID を確認するのには、特別なユーザー ID パラメーターを使用する方法について説明します。
  • できるパラメーターの間のすべての状態を選択状態は、Microsoft CRM のエンティティに対して使用可能な値です。次の使用例は、パラメーターの項目を使用する Microsoft CRM のフィールドから利用可能な値の一覧を読み取る方法を示しています。
  • 日付の範囲によって、ユーザーから簡単に選択できるように作成日のパラメーターを定義済み: 内では、過去 60 日または年の日付。次の使用例は、Crystal レポート 9 で標準の日付のメソッドを使用する方法を示します。
  • ユーザーは、開始日と終了日の範囲を指定することができます日付範囲パラメーターを指定します。次の使用例は、範囲パラメーターを使用する方法と、パラメーターのフィールドに基づいて追加数式フィールドを作成する方法を示します。この場合、期間パラメーターは、範囲、および 2 つの新しい変数、レポート ページのヘッダーで使用する開始日と終了日が作成されます。

開始する前に

Microsoft CRM 1. 2 で Crystal Reports のしくみ
パラメーター化されたレポートを作成する前に、Microsoft CRM 1. 2 で Crystal Reports のしくみを理解しているかどうかを確認します。
  • エンタープライズと MSCRM1.2 のノードでのレポートのみが Microsoft CRM ユーザーに使用可能になります。
  • MSCRM1.2 のノードの下に新しいフォルダーを作成することはできません。
  • Crystal Reports を使用して、レポートの名前を直接変更することはできません。レポートを削除するには、Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用する必要があります。

    レポート マネージャーについての詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
    834791追加、削除、および Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使ってレポートの名前の変更
  • Crystal Reports を使用して、レポートの名前を直接変更することはできません。Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーまたは Crystal Reports を使用して、レポートを新しい名前で保存します。レポートの名前を変更するのには、これらのメソッドは、Microsoft CRM 内の名前を変更がレポートのページ ヘッダー セクションに表示されるタイトルを変更しません。クリスタル レポート 9 の ファイル] メニューのタイトルを変更するのには 概要の情報] をクリックし、[レポートのタイトル] ボックスのタイトル] を編集します。
  • パラメーターの作成に関するヘルプを表示するには、Crystal レポート 9 のオンライン ヘルプを参照してください。
パラメーターに基づくレポートを作成します。
パラメーターに基づくレポートを作成する最も簡単な方法を使用して、既存の Microsoft CRM バージョン 1. 2 レポートを新しい名前で保存し、[コピー] を変更するのには
  1. [スタート] メニューの [プログラム] をポイントし、[Crystal レポート 9] をクリックします。
  2. Crystal Reports へようこそ] ページで、[キャンセル] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  4. エンタープライズ をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. Crystal APS、認証情報を入力し、[OK] をクリックします。
  6. MSCRM1.2 を展開し、[変更するレポートをクリックして、[開く] をクリックします。
  7. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、MSCRM1.2 ノードの下のファイルを保存するには、名前を指定し、[OK] をクリックする場所を検索します。
この Crystal レポート 9 を使用して Microsoft CRM のレポートを変更するのには、最初に、接続の問題があるか、レポートを保存することはできない場合は、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
834789Microsoft ビジネス ソリューション CRM バージョン 1. 2 の報告に関する FAQ

所有者は、パラメーターを追加します。

所有者パラメーターでは、ユーザーが所有するレコードとすべてのレコード間でユーザーを選択できます。したがって、ユーザーは、すべてのユーザーのドロップダウン リストから選択するのにはありません。

レポートを実行するユーザーが所有するレコードを区別するには、レポートが Microsoft CRM の GUID、レポートを実行したユーザーを識別できる必要があります。ユーザー ID パラメーターのレポート ライターを作成する場合、Microsoft CRM は自動的にその値としてレポートを実行したユーザーの Microsoft CRM の GUID を割り当てます。その他のパラメーターとは異なり、値を入力する求めるメッセージは表示されません。

「切り出す」または「すべて」の値を保持する所有者パラメーターを作成します。ユーザーがレポートを実行して UserId パラメーター entity .owner ボックスと一致する場合は 私のもの をクリックすると、ユーザーが所有するレコードが選択されます。ユーザーを すべて クリックした場合は、すべてのレコードが含まれています。

次の使用例は、取引 先企業エンティティに基づくレポートを使用します。
ステップ 1: 現在のユーザーの Microsoft CRM の GUID を格納するユーザー ID パラメーターを定義します。
現在のユーザーの Microsoft CRM の GUID を格納するユーザー ID のパラメーターを定義するには、次の手順を実行します。
  1. フィールド エクスプローラー ペイン Crystal レポート 9 では、パラメーターのフィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
  2. [名前] ボックスで、ユーザー ID を入力し、[OK] をクリックします。
ステップ 2: 所有者パラメーターを定義します。
切り出す または [すべて] をクリックすると、ユーザーに求めますが所有者パラメーターを定義するには、次の手順を実行します。
  1. フィールド エクスプローラー] ペインで、パラメーターのフィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、所有者 を入力します。
  3. Prompting] ボックスに、ユーザーに表示されるプロンプトを入力します。たとえば、次のように入力します。
    どのレコードに含めるを指定してください。
  4. 既定値の設定] をクリックします。
  5. ドロップダウン リストで目的の値を入力します。この例で「切り出す」と「すべて」使用します。使用の > の各値を 既定値 の一覧に移動するボタン。
  6. 各値の 定義の説明 をクリックし、ドロップダウン リスト の所有者 のパラメーターを表示するテキストを入力します。
  7. [表示] ボックスの一覧で、[説明] をクリックし、[OK] をクリックします。
  8. パラメーター フィールドの作成] ダイアログ ボックスで、既定値と 2 つ以上の値があるを編集することを許可する] チェック ボックスをオフにします。
  9. 新しいパラメーターを保存するには、[OK] をクリックします。
所有者 パラメーターにするには、レポートに含める必要があります。これを行うには、パラメーター、フィールド エクスプローラー ウィンドウから任意の場所にレポートにドラッグします。レポートの ページ ヘッダー セクションに新しいパラメーターを追加することをお勧めします。パラメーターがすべて ページ ヘッダー セクションに表示されている場合は、ユーザーはレポートが含まれるデータをすばやく判断できます。レポートに表示するのには、所有者 パラメーターの値したくない場合は、非表示の領域に、レポートにドラッグします。
手順 3: ページのヘッダーの所有者のパラメーターを使用します。
  1. [所有者] ページのヘッダーに追加する最初のパラメーターであるため、既存の レポートのタイトル] ボックスを保持するためのテキスト ボックスを作成する必要があります。手順は次のとおりです:
    1. レポートで、レポートのタイトル] ボックスをマウスの右ボタンでクリックし、[削除] をクリックします。
    2. [挿入] メニューの [テキスト オブジェクト] をクリックし、[レポートのタイトル フィールドがあった場所に新しい文字列オブジェクトを配置します。
    3. フィールド エクスプローラー] ウィンドウで、[特殊なフィールド] を展開します。
    4. 特別な [レポートのタイトル] ボックスに新しいテキスト オブジェクトをドラッグします。
  2. 所有者 パラメーター フィールド エクスプローラー ウィンドウの [パラメーターのフィールド] セクションから、新しい文字列オブジェクトにドラッグします。
  3. 任意の区切り記号のテキストまたはタイトル所有者パラメーターからを区切るスペースを追加します。
  4. 他の Microsoft CRM レポートと一致するには、新しい文字列オブジェクトをマウスの右ボタンでクリックし、[フォント] タブで [テキストの書式設定] をクリックするフォントを確認するには、[MS P ゴシック] をクリックして、(太字) をクリックして、 をクリックし、[OK] をクリックします。
手順 4: レコードの選択数式に所有者のパラメーターを追加します。
レコードの選択数式

レコードのレポートのレコードの選択数式を定義します。数式は、次のような構造に依存:
(if {?Parameter1} = "Parameter1_Option1" and {table.field} = "value1" then true
  else if {?Parameter1} = "Parameter1_Option2" and {table.field} = "value2" then true)
についてのさまざまなパラメーター型の場合、テンプレートを含むレコードの選択数式のクリスタル レポート 9 のオンライン ヘルプの「レコードの選択式"を参照してください。。

次の手順では、レコードの選択数式は、ユーザーがクリックした所有者のパラメーターの値を検証作成されます。ユーザーが をクリックすると、現在のユーザーが所有しているアカウントのみがレポートに含まれます。

変更するレポートに 取引 先企業エンティティに基づいていない場合は、エンティティ の .ownerid と account.ownerid を置き換えます。

レコードの選択数式が所有者のパラメーターの追加

レコードの選択数式に所有者のパラメーターを追加するには、次の手順を実行します。
  1. [レポート] メニューの [選択範囲の数式] をクリックし、[レコード] をクリックします。
  2. ウィンドウを最大化します。
  3. 下の右側のウィンドウでは何もリストがない場合、「、」最初の行に次の数式を入力します。コード既に、「と」最後のコード] ボックスの一覧を含むすべての 3 行追加されるかどうかは
    and
    (if {?Owner} = "Mine" then {account.ownerid} = {?UserID} 
          else true)
    所有者 がいつレポート実行される指定したプロンプトのテキストがプロンプトが表示されます。ユーザーが [OK] をクリックすると、レポートのデータが表示されます。
  4. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ステータス パラメーターを追加します。

Microsoft CRM の entity .statecode ボックスの値に基づいてステータス パラメーターを追加する方法について説明します。ユーザーに与えることのオプションはこのボックスは、Microsoft CRM の値に基づいて計算されます。次の使用例は、活動 エンティティを使用します。
ステップ 1: 状態パラメーターを定義します。
ステータス パラメーターを定義するには、次の手順を実行します。
  1. フィールド エクスプローラー] ペインで、パラメーターのフィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、状態 を入力します。
  3. Prompting のテキスト ボックスに表示するプロンプトを入力します。たとえば、次のように入力します。
    挿入アクティビティのステータスを持つ
  4. 既定値の設定] をクリックします。
  5. 参照テーブル] ボックスで、[状態] ボックスが表示されているテーブルの名前をクリックします。次の使用例は、活動 エンティティを使用します。したがって、[活動 を] をクリックします。
  6. [フィールドの [参照] ボックスで、[statecodename を] をクリックします。
  7. 接続情報] ページでは、ローカル コンピューターに接続 する] チェック ボックスをオフにします。
  8. Microsoft CRM 内のすべての現在の値の一覧を読み込めません。[サーバー] ボックスには、Microsoft CRM サーバーの名前で、コンピュータ名を置き換えます。たとえば、このボックスに http://mycomputer と表示されている場合は/MSCRMServices、http://Your_CRMServer 変更/MSCRMServices、し、[完了] をクリックします。

    メモクリスタル レポート 9 の現在のデータを Microsoft CRM で使用される エンティティ .statecode ボックスのすべての値を読み取ります。これらの値は Microsoft CRM で、このボックスに表示できるすべての値を表す場合があります。既定値のドロップダウン ボックスの一覧については、「付録 A」の Microsoft ビジネス ソリューションの CRM 実装ガイド」を参照してください。ドロップダウン ボックスを変更した場合は、パラメーターのすべての値を含めることを確認するのには、Microsoft CRM で、ボックスを表示します。
  9. ドロップダウン] ボックスの一覧で、必要な各値] をクリックし、> の各値を 既定値 の一覧に移動するボタン。
  10. 各値の 定義の説明 をクリックし、ドロップダウン リストの所有者のパラメーターを表示するテキストを入力します。
  11. 既定値として適切なオプションがこの一覧の先頭になるように値を注文します。
  12. [表示] ドロップダウン ボックスで、[説明] をクリックし、[OK] をクリックします。
  13. パラメーター フィールドの作成] ダイアログ ボックスで、既定値と 2 つ以上の値があるを編集することを許可する] チェック ボックスをオフにします。
  14. 新しいパラメーターを保存するには、[OK] をクリックします。
新しい状態パラメーターには、レポートに含める必要があります。これを行うには、パラメーター、フィールド エクスプローラー ウィンドウから任意の場所にレポートにドラッグします。次の手順 (手順 2) では、テキスト ボックス Report Title ボックスと [所有者のパラメーターを保持するため、レポート ヘッダーで既に作成されていることを前提としています。
手順 2: ページのヘッダーの状態パラメーターを使用します。
ページ ヘッダーには、ステータス パラメーターを使用するには、次の手順を実行します。
  1. ステータス パラメーター フィールド エクスプローラー ウィンドウの [パラメーターのフィールド] セクションから ページ ヘッダー セクション内のテキスト オブジェクトをドラッグします。
  2. 区切り記号のテキストまたは所有者パラメーターからステータス パラメーターを区切るためにスペースを追加します。
次の手順 (手順 3)、レコードの選択数式は、ユーザーが選択状態パラメーターの値を確認する作成されます。ユーザーを すべて クリックした場合は、すべてのアクティビティが含まれています。それ以外の場合は、場所フィールドは、Microsoft CRM の値のユーザーがクリックしたパラメーターと一致するレコードのみが含まれます。

変更するレポート 活動 エンティティに基づいていない場合は、エンティティ の .statecodename と activity.statecodename を置き換えます。
手順 3: レコードの選択数式に、ステータス"パラメーターを追加します。
レコードの選択数式に、ステータス"パラメーターを追加するには、次の手順を実行します。
  1. [レポート] メニューの [選択範囲の数式] をクリックし、[レコード] をクリックします。
  2. ウィンドウを最大化します。
  3. 下の右側のウィンドウでは何もリストがない場合、「、」最初の行に次の数式を入力します。コード既に、3 行のすべてのコード リスト末尾に追加されて場合
    and
         (if {?Status} = "All" then true 
         else {activity.statecodename}={?Status})
  4. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
レポートでは、ステータス メッセージをユーザーが実行されるとき、指定したプロンプト テキストが表示されます。ユーザーが [OK] をクリックすると、レポートのデータが表示されます。

日付パラメーターを追加します。

日付の範囲を指定すると、ユーザーを強制的にパラメーターを使用する方法について説明します。日付の範囲の 1 つまたは複数の Microsoft CRM 内の日付ボックスの値に基づいている必要があります。各エンティティは エンティティ があります。 createdon ボックスと エンティティmodifiedon ボックス。一部のエンティティに他の日付ボックスがあります。たとえば、アクティビティには、スケジュールと実際の時間に基づく日付があります。

いずれか、ドロップダウンの項目をクリックして-定義済みの日付範囲などで過去 60 日と年の日付、または特定指定が含まれている一覧開始日と終了日は、ユーザーの入力を求めるパラメーターを作成することができます。

次の 2 つの例は、インシデント) エンティティを使用します。
作成日のパラメーターを追加します。
作成日] パラメーターは、特定の定義済みの日付範囲の一覧を求めるメッセージが表示されます。作成日のパラメーターを追加するのには、次の手順を実行します。
  1. 作成日] パラメーターを定義するには、次の手順を実行します。
    1. フィールド エクスプローラー] ペインで、パラメーターのフィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに、作成日 を入力します。
    3. Prompting] テキスト ボックスに表示するプロンプトを入力します。たとえば、次のように入力します。
      レコードの作成を指定する:
    4. 既定値の設定] をクリックします。
    5. ドロップダウン リストで目的の値を入力します。この例では「内で過去 60 日、」使用して [年を日、および [すべて]使用の > の各値を 既定値 の一覧に移動するボタン。
    6. 各値の 定義の説明 をクリックし、作成日] パラメーターの一覧に表示するテキストを入力します。
    7. [表示] ボックスの一覧で、[説明] をクリックし、[OK] をクリックします。
    8. パラメーター フィールドの作成] ダイアログ ボックスで、既定値と 2 つ以上の値があるを編集することを許可する] チェック ボックスをオフにします。
    9. 新しいパラメーターを保存するには、[OK] をクリックします。
  2. ページ ヘッダーには、[作成日] パラメーターを使用するには、次の手順を実行します。
    1. 作成日] パラメーター フィールド エクスプローラー ウィンドウの [パラメーターのフィールド] セクションから ページ ヘッダー セクション内のテキスト オブジェクトをドラッグします。
    2. 区切り記号のテキストまたは状態パラメーターから作成日] パラメーターを区切るためにスペースを追加します。
  3. 作成するレポート インシデント エンティティに基づいていない場合は、エンティティ の .createdon と incident.createdon を置き換えます。

    手順 4 で、レコードの選択数式にユーザーを選択、作成日] パラメーター値の検証が作成されます。ユーザーを すべて クリックした場合は、すべてのレコードが含まれています。それ以外の場合は、レコードの選択数式で定義されている条件に一致するレコードのみが表示されます。選択範囲の数式コード Crystal Reports、Aged0To30DaysAged31To60Days、および 年間累計 からの 3 つの定義済みの日付メソッドを使用します。
  4. 作成日] パラメーターに、レコードの選択数式を追加します。手順は次のとおりです:
    1. [レポート] メニューの [選択範囲の数式] をクリックし、[レコード] をクリックします。
    2. ウィンドウを最大化します。
    3. 下の右側のウィンドウでは何もリストがない場合、「、」最初の行に次の数式を入力します。コードがない場合は、すべての明細行がコードの一覧の末尾に追加します。
      and
      (if {?Date Created}="Within Past 60 Days" and   {incident.createdon} in Aged0To30Days or {incident.createdon} in Aged31To60Days then true
      else if {?Date Created}="Year To Date" and {incident.createdon}in YearToDate then true
      )
    4. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
    ユーザーがレポートの 作成日] プロンプトを実行するとき、指定したプロンプト テキストが表示されます。ユーザーが [OK] をクリックすると、レポートのデータが表示されます。
日付範囲パラメーターを追加します。
日付範囲パラメーターを特定の開始日と終了日を求めるメッセージが表示されます。

メモ その範囲パラメーターを使用してユーザーの印刷を報告すると、レポートを表示して、[印刷] をクリックした後の範囲は、メッセージが表示されます。

日付範囲パラメーターを追加するのには、次の手順を実行します。
  1. 日付範囲パラメーターを定義します。手順は次のとおりです:
    1. フィールド エクスプローラー] ペインで、パラメーターのフィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに 日付の範囲 を入力します。
    3. Prompting] テキスト ボックスに表示するプロンプトを入力します。たとえば、次のように入力します。
      含める場合作成間
    4. 範囲の値] をクリックし、[OK] をクリックします。
    期間のパラメーターにするには、レポートに含める必要があります。パラメーター フィールド エクスプローラー ウィンドウから任意の場所にレポートにドラッグできます。
  2. 開始日と終了日の範囲のレポート ヘッダーで表示するには、新しい数式フィールドが 2 つ、開始日終了日 を作成する必要があります。手順は次のとおりです:
    1. フィールド エクスプローラー] ペインで、数式フィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
    2. [名前] ボックスで、開始日 を入力し、[エディターを使用] をクリックします。
    3. [数式] ボックスで、次のように入力します。
      以上 ({? 期間})
    4. 保存 し、[閉じる] をクリックします。
    5. フィールド エクスプローラー] ペインで、数式フィールド をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をクリックします。
    6. [名前] ボックスで、終了日 を入力し、[エディターを使用] をクリックします。
    7. [数式] ボックスで、次のように入力します。
      最大 ({? 期間})
      .
    8. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  3. 開始日と終了日でレポート ヘッダーを使用します。手順は次のとおりです:
    1. 開始日終了日] パラメーター フィールド エクスプローラー ウィンドウの [数式のフィールド] セクションから ページ ヘッダー セクション内のテキスト オブジェクトをドラッグします。
    2. 任意の区切り記号のテキストまたは分離し、フィールドを識別するスペースを追加します。
    手順 4 で、レコードの選択数式は、ユーザー クリックして期間パラメーターの値を確認する作成されます。ユーザーを すべて クリックした場合は、すべてのアクティビティが含まれています。それ以外の場合は、場所、ユーザーがクリックしたパラメーターでボックスは、Microsoft CRM の値と一致するレコードのみが含まれます。

    作成するレポート インシデント エンティティに基づいていない場合は、エンティティ の .createdon と incident.createdon を置き換えます。
  4. 期間パラメーターに、レコードの選択数式を追加します。手順は次のとおりです:
    1. [レポート] メニューの [選択範囲の数式] をクリックし、[レコード] をクリックします。
    2. ウィンドウを最大化します。
    3. 下の右側のウィンドウでは何もリストがない場合、「、」最初の行に次の数式を入力します。コードがない場合は、すべての 3 行がコードの一覧の末尾に追加します。
      and
      (if {incident.createdon} in {?Date Range} then true
      else false)
      2 番目の行では、日付の範囲を比較する日付フィールドを使用します。エンティティによって modifiedon ボックス、[createdon] ボックスの代わりに使用することをお勧め可能性があります。レポートに含まれているエンティティのいずれかである日付のみを使用できます。
    4. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
    ユーザーが、レポート 期間 のプロンプトを実行すると、指定したプロンプト テキストが表示されます。ユーザーが、開始日と終了日は、セル範囲を選択して、[OK] をクリックすると、レポートのデータが表示されます。
パラメーターに基づくレポートでレポート フィルター
パラメーターに基づくレポートでレポート フィルターを使用する場合は、パラメーターを 2 回選択する必要があります。まず、ユーザー パラメーターに基づくレポートを実行し、パラメーターを指定します。[レポート フィルター開くには、フィルターを入力、[フィルター] をクリックして、ダイアログ ボックスが表示されたら、し、[OK] をクリックすると、パラメーターを再入力するのには、[レポート フィルターにかける] ツールバーの右端にあるアイコンをクリックします。

関連情報

Microsoft CRM レポートに関してよく寄せられる質問の一覧をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=81886de8-a10a-473f-8125-49291e0f03d9
Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用してレポートを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
834791Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用してレポートを変更する方法
Microsoft CRM 1. 2 パラメーターに基づくレポートを印刷する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
834913Microsoft CRM 1. 2 パラメーターに基づくレポートを印刷する方法

プロパティ

文書番号: 834790 - 最終更新日: 2006年12月25日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 1.2
キーワード:?
kbhowto kbfile kbmbsmigrate kbmbsreports kbmt KB834790 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834790
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com