追加、削除、および Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用して Microsoft CRM のレポート名の変更

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 834791 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。 レポート マネージャーですることができます追加、削除、および Crystal レポート 9 がインストールされていない場合でも Microsoft ビジネス ソリューションの CRM レポートを名前変更します。

詳細

Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーをダウンロードします。

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the Microsoft CRM 1.2 Report Manager package now.マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

インストール情報

[ダウンロード] ページの [指示に従います。

Microsoft CRM サーバー上でこのツールをインストールするには、次の手順に従います。
  1. ダウンロードした Setup.exe ファイルをダブルクリック、Microsoft CRM サーバー コンピューターにします。
  2. [ 次へ </a0>] をクリックします。
  3. [ インストール アドレスの選択 ] ページで、Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーおよびポートを使用して Microsoft CRM をインストールするには、仮想ルートの名を指定して [ 次へ ] をクリックします。

    メモ 次のエラー メッセージを受け取る、 [OK] をクリックして、インストールを続行します。
    フォルダー パス"?"に無効な文字が含まれています。
  4. 閉じる が [ 次へ ] をクリックします。

前提条件

このツールをインストールするには、Microsoft CRM 1. バージョン 2 をインストールしなければなりません。 実行されているユーザーがいることを確認なし Microsoft CRM レポートこのツールをインストールするときにします。

アンインストール情報

この更新プログラムはアンインストールできません。

再起動の要件

この更新プログラムのインストール後にコンピュータを再起動する必要はありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語版にファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
Date         Time   Size     File name 
----------------------------------------------------
1-Mar-2004   14:23  381,440  RptPlusPackWebSetup.msi
26-Feb-2004  14:08  117,528  Setup.exe
6-Feb-2004   12:08      186  Setup.ini
インストール、起動、および Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用して追加、削除、およびレポートを名前変更方法について説明します。 このツールを使用してサンプル パラメーター ドリブン レポートは、「834790、"書き込みパラメーター駆動レポート Microsoft CRM を使用して Crystal レポート 9 の:"で使用できるを追加することができます

Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用する方法

Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを起動する方法

Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを起動するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

[ 開始 ]、Microsoft CRM Server の プログラム をポイントし、 Microsoft CRM をポイントして [ レポート マネージャー ] をクリックします。

方法 2
  1. Internet Explorer アドレス バーに、入力します。
    http://Your_Microsoft_CRM_Server/ReportManager
    メモ セットアップ プログラムが実行中に、仮想ディレクトリ名を変更した場合は ReportManager ではなく指定した名を使用します。
  2. APS ユーザー名 APS パスワード ] ボックスに、ユーザー名とパスワードを使用して Crystal エンタープライズ 9 にアクセスするを入力します。 Microsoft CRM で、既定のユーザー名はパスワードなしで管理者は。
  3. APS サーバー ] ボックスに、[Microsoft CRM サーバーの名前を入力します。
  4. ログオン をクリックします。
  5. Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーには、Microsoft CRM サーバーに現在インストールされているすべてのレポートが表示されます。

レポートを削除する方法

レポートを削除するには、次の手順に従います。
  1. レポートを検索し、レポートを削除したいの横のボックスに [します。
  2. [ 操作 ] の [ 削除 ] をクリックします。

レポートを追加する方法

レポートを追加するには、次の手順に従います。
  1. レポートを追加するフォルダーを見つけて [ レポートの追加 ] をクリックします。

    メモ Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーは、ネットワーク共有からレポートを追加できませんので、Microsoft CRM サーバー上でなレポートがのみ追加できます。 追加するレポートにあるをネットワーク共有上には、まず、Microsoft CRM サーバーにレポートをコピーする必要があります。
  2. レポートのパスとファイルの名前 ] のパスと、レポートのファイル名を入力し、 レポートの追加 を実行します。

レポートを変更する方法

名前を変更するレポートには、次の手順に従います。
  1. レポートを探し、レポートの名前を変更する横のボックスを選択します。
  2. [ 操作 ] の [ 名前の変更 ] をクリックします。
  3. 新しい、名前指定して、[ レポートの名前の変更 ] をクリックします。
メモ Microsoft CRM 1. 2 レポート マネージャーを使用して、レポートを変更する場合は、Microsoft CRM の [ レポート ] 領域でレポートの名前のみを変更します。 各レポートは、レポートの ページ ヘッダー セクションでレポート タイトルを表示して、このタイトルは変更されません。 Crystal レポート 9 がインストールされている場合にのみ、レポートのタイトル [ ページ ヘッダー ] セクションで変更できます。 変更するこのタイトルを Crystal レポートでレポートを開き、 概要情報 [ ファイル ] メニューの [ レポートのタイトル ] ボックスに新しいタイトルを入力します。

関連情報

Microsoft CRM 1. 2 レポートについてよく寄せられる質問の一覧をダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=81886de8-a10a-473f-8125-49291e0f03d9&DisplayLang=en
Crystal レポート 9 を使用して Microsoft CRM 1. 2 のパラメーター駆動のレポートを作成する方法については、クリック次資料、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
834790Crystal レポート 9 を使用して Microsoft CRM 1. 2 でパラメーター駆動のレポートを作成する方法
Microsoft CRM 1. 2 のパラメーター ドリブン レポートを印刷する方法の追加についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
834913表示されたらパラメーター 2 回パラメーター ドリブン Microsoft CRM 1. 2 でレポートを印刷するとき

プロパティ

文書番号: 834791 - 最終更新日: 2014年2月6日 - リビジョン: 3.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 1.2
  • Microsoft Business Solutions CRM 1.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbfile kbmbsmigrate kbmbsreports kbmt KB834791 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:834791
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com