SQL Server のフェールオーバー クラスター リソースの依存関係

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 835185 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

クラスターでは、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスとして Microsoft SQL Server をインストールすると、特定の依存関係のある他のリソースがクラスター グループに SQL Server のリソース セットを作成します。

重要既定の依存関係ツリーはこの資料に記載されている、または変更は、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報に記載されている以外は変更しないでください。
819546 SQL Server サポート マウントされたフォルダー

例 1 - デフォルトの SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスの依存関係

元に戻す画像を拡大する
2813773


この図では、次に注意してください。
  • クラスター ディスク 1には、必須の依存関係はありません。
  • IP アドレス: xxx.xxx.xxx.xxx依存関係は必要ありません。
  • IP アドレス: xxxx:xxxx:xx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx必要な依存関係はありません。
  • 名: SOFTY依存関係IP アドレス: xxxx:xxxx:xx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの IP アドレス: xxx.xxx.xxx.xxx
  • SQL ネットワーク名 (SOFTY)は、 IP アドレスの依存関係が必要です。
  • SQL Serverの依存関係のあるクラスター ディスク 1名前: SOFTY
  • SQL Serverには、必須の依存関係はありません。
  • SQL Server エージェントの依存関係をSQL Serverです。
  • SQL Server エージェントには、必須の依存関係はありません。
例 2 - フェールオーバー インスタンスの依存関係を SQL Server 2008 の分析サービス

元に戻す画像を拡大する
2813774


この図では、次に注意してください。
  • 分析サービス (LOCALINSTANCE)の依存関係のあるクラスター ディスク 2名: STANDALONE2008R
  • 分析サービス (LOCALINSTANCE)には、必須の依存関係はありません。
  • クラスター ディスク 2には、必須の依存関係はありません。
  • IP アドレス: xxx.xxx.xxx.xxx依存関係は必要ありません。
  • IP アドレス: xxxx:xxxx:xx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx必要な依存関係はありません。
  • 名前: STANDALONE2008Rの依存関係IP アドレス: xxxx:xxxx:xx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxxの IP アドレス: xxx.xxx.xxx.xxx
  • SQL ネットワーク名 (STANDALONE2008R)は、 IP アドレスの依存関係が必要です。
  • SQL Server (LOCALINSTANCE)の依存関係のあるクラスター ディスク 2名: STANDALONE2008R
  • SQL Server (LOCALINSTANCE)には、必須の依存関係はありません。
  • SQL Server エージェント (LOCALINSTANCE)の依存関係は、 SQL Server (LOCALINSTANCE)です。
  • SQL Server エージェント (LOCALINSTANCE)には、必須の依存関係はありません。
例 3 - マウント ポイントと SQL Server 2008 フェールオーバー インスタンスの依存関係
元に戻す画像を拡大する
2813775

この図では、次に注意してください。
  • クラスター ディスク 1には、必須の依存関係はありません。
  • クラスター ディスクの 4、マウント ポイントの依存関係は、クラスター ディスクの 1です。
  • クラスター ディスクの 4、マウント ポイントが必要な依存関係はありません。
  • IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx:xxxx:c597:8cb0:49f2必要な依存関係はありません。
  • 名: SOFTY依存関係IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx:xxxx:c597:8cb0:49f2IP アドレス: xxx.xxx.xxx.88
  • SQL ネットワーク名 (SOFTY)は、 IP アドレスの依存関係が必要です。
  • SQL Serverの依存関係のある名前: SOFTY、クラスター ディスクの 4マウント ポイントクラスター ディスクの 1
  • SQL Serverには、必須の依存関係はありません。
メモ マウント ・ ポイントの二重への依存性は、SQL Server 起動できず利用可能の物理ディスクにデータベースをロードすることを確認してくださいすることです。これは、データベースの破損を防ぐのに役立ちます。

既定の依存関係ツリーを SQL Server では、次の点があります。
  • SQL Server リソースには、SQL Server エージェントのリソースに依存し、SQL Server フルテキスト リソースを SQL Server 2005、SQL Server のリソースに依存しています。
  • SQL Server リソースが SQL ネットワーク名リソース、物理ディスク ・ リソースおよびデータベース ファイルを含むフォルダーをマウントされたに依存します。
  • SQL ネットワーク名リソースの SQL IP アドレス リソースに依存します。
  • リソースには、SQL IP アドレス リソースと物理ディスク リソースには依存しません。

詳細


方法の詳細については、SQL Server のリソースに依存関係を追加するのには。

制限事項と制限事項

その他のリソース [SQL Server グループに追加する場合は、これらのリソースは常に、独自固有の SQL ネットワーク名リソースと独自の SQL IP アドレス リソースが必要おく必要があります。は、既存の SQL ネットワーク名リソースと SQL IP アドレス リソース以外の SQL Server を使わないでください。SQL Server リソースが他のリソースを共有するまたはが正しく設定されていないいる場合は、次の問題が発生する可能性があります。
  • ない、予期しない停止が発生します。
  • データベースの破損が発生する可能性があります。
  • Service pack のインストールができない場合があります。
  • SQL Server セットアップ プログラムできない可能性もあります。この場合、SQL Server の追加インスタンスをインストールまたは定期的なメンテナンスを実行できません。
  • SQL Server をオンラインにできません可能性があります。
  • ディスクは、SQL Server は使用できません。

その他の考慮事項

  • SQL Server レプリケーションで FTP:SQL Server レプリケーションで FTP を使用してインスタンスの SQL Server は、FTP サービスを使う必要があります、FTP サービスを使用するように設定されている SQL Server のインストールを使用して、同じ物理ディスクの 1 つ。
  • SQL Server リソースの依存関係:リソースを SQL Server グループに追加されことを確認するのには、SQL Server リソースの依存関係がある場合は、SQL Server の場合は、SQL Server リソースの依存関係を追加するのではなく、SQL Server エージェントのリソースの依存関係を追加することをお勧めします。SQL Server を実行しているコンピューターが高度に利用可能であることを確認するのには、SQL Server エージェントのリソースの障害が発生した場合は、SQL Server グループを影響しませんように、SQL Server エージェントのリソースを構成します。
  • ファイル共有とプリンター リソース:例外は、SQL Server の FILESTREAM 機能によって使用されるファイル共有です。プリンター リソースでは、SQL Server グループにはしないでください。ファイル共有またはプリンター リソースには独自のネットワーク名および IP リソースでは、Windows Server 2003 フェールオーバー クラスターが必要です。ファイル共有とプリンター リソースも独自のネットワーク名および IP リソースをクライアント アクセス ポイントを Windows Server 2008 以降のバージョンが必要です。Windows Server 2008 またはそれ以降のバージョンではフェールオーバー クラスター インスタンスの作成、共有フォルダー ウィザードの一意の名前およびその他のフォルダーの設定を共有します。
  • パフォーマンス:パフォーマンスが低下して、次の条件に該当する場合 SQL Server を実行しているコンピューターへのサービスの損失が起こる。
    • FILESTREAM 機能を使用していないファイル共有クラスター リソースを SQL Server がインストールされている、同一の物理ディスク リソースにインストールされています。
    • プリンター クラスター リソースを SQL Server がインストールされている、同一の物理ディスク リソースにインストールされています。

プロパティ

文書番号: 835185 - 最終更新日: 2013年2月9日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
キーワード:?
kbsql2005cluster kbtshoot kbclustering kbpag kbguidelines kbappnote kbmt KB835185 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:835185
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com