[OL2003] Outlook のアーカイブ .pst ファイルの場所を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 836755 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Outlook プロファイル ファイル (.prf) を変更して、Microsoft Outlook のアーカイブ個人用フォルダ (.pst) ファイルの場所を設定する方法について説明します。

詳細

アーカイブ .pst ファイルの場所を設定する方法は 2 つあります。1 つ目は、Microsoft Office 2003 のカスタム インストール ウィザード (CIW) を使用して .prf ファイルを作成する方法です。2 つ目は、アーカイブ .pst ファイルのユーザー設定を含めた独自の .prf ファイルを作成する方法です。

: .prf ファイルを使用すると、アーカイブ .pst ファイルに対して次のオプションを設定できません。アーカイブ .pst ファイルの次のプロパティを設定するには、システム ポリシーを使用してオプションを設定する必要があります。
  • x 日ごとに古いアイテムの整理を行うように設定する (x には、古いアイテムの整理機能が開始するまでの日数が入ります)。
  • ファイルの整理を開始する前にメッセージを表示するように、古いアイテムの整理機能を設定する。
  • 電子メール フォルダ内の期限切れアイテムのみを削除するように、古いアイテムの整理機能を設定する。

方法 1 : 既存の .prf ファイルを変更する


CIW は、Microsoft Office 2003 リソース キットに含まれています。次の手順では、CIW を使用して、アーカイブ .pst ファイルの設定を含めた、Outlook プロファイルを作成する方法を示しています。次の例では、アーカイブ .pst ファイルの名前は Archive.pst に、保存場所は C:\FolderName フォルダに設定されています。ファイル名および保存場所へのパスは、必要に応じて変更できます。

: この方法が正しく機能するように、アーカイブ .pst ファイルへのフォルダ パスには既存のものを使用する必要があります。
  1. Microsoft Office 2003 CIW を起動します。
  2. [カスタム インストール ウィザード] ページで、[次へ] をクリックします。
  3. [MSI ファイルを開く] ページで、使用する Microsoft Windows インストーラ パッケージ ファイル (.msi) を指定し、[次へ] をクリックします。
  4. [新しい MST ファイルを作成する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [Outlook: 既定プロファイルのカスタマイズ] ページが表示されるまで、[次へ] をクリックします。
  6. [Outlook: 既定プロファイルのカスタマイズ] ページで、[プロファイルの新規作成] をクリックし、[プロファイル名] ボックスにプロファイルの名前を入力します。[次へ] をクリックします。
  7. Microsoft Exchange Server の名前やユーザー名など、必要な設定を追加して、[次へ] をクリックします。
  8. その後のページでも、手順 7. を繰り返し、必要な設定を追加します。[Outlook: アカウントの削除と設定のエクスポート] ページが表示されるまで続けます。
  9. [Outlook: アカウントの削除と設定のエクスポート] ページで、[プロファイル設定のエクスポート] をクリックします。
  10. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、パスとファイル名を入力し、[保存] をクリックします。
  11. [完了] をクリックし、[終了] をクリックします。
  12. メモ帳などのテキスト エディタを起動し、手順 10. で保存した .prf ファイルに次の変更を加えます。
    1. 「Section 2 - Services in Profile」の [Service List] セクションに ServiceX=Microsoft Outlook Client と入力します。
    2. 次の情報を入力して、「Section 4 - Default values for each service」に [ServiceX] セクションを作成します。
      [ServiceX]
    3. 「Section 4 - Default values for each service」の、手順 12b. で作成した [ServiceX] セクションに、AutoArchiveFileName=c:\FolderName\archive.pst と入力します。
    4. 「Section 6 - Mapping for profile properties」の [Microsoft Outlook Client] セクションに、AutoArchiveFileName=PT_STRING8,0x0324 と入力します。
  13. Outlook を使用して .prf ファイルをインポートするか、サポートされているインストール方法のいずれかを使用して .prf ファイルを展開します。

方法 2 : 独自の .prf ファイルを作成する


デフォルトの設定を含む独自の .prf ファイルを作成することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳などのテキスト エディタを起動します。
  2. [ファイル] メニューの [新規] をクリックし、次のテキストを入力するかコピーします。
    ; アーカイブ .pst ファイルの場所を設定した Outlook プロファイル ファイル (PRF) 作成用 PRF ファイルのサンプルです。
    ;
    ; 以下の PRF ファイルは、PRF ファイルの作成例を示すものです。
    ; この PRF ファイルで構成されるプロファイルに含まれるサービスは、Microsoft Exchange Server、Outlook 
    ; アドレス帳、および個人用フォルダです。Section 1 〜 Section 5 は変更することができます。
    ; Section 6 は変更しないでください。変更した場合は、プロファイルが正しく作成されない
    ; 可能性があります。編集する場合は、プロパティの型と値が一致することを
    ; 十分に確認してください。
    ; Section 2 と Section 3 は類似しています。Section 2 では、MAPI サービスの種類と数を
    ; 指定します。Section 3 では、アカウント数を指定します。Section 4 と
    ; Section 5 も類似しています。Section 4 では、各 MAPI サービスに固有の設定を指定し、
    ; Section 5 では、インターネット アカウントに関する固有の設定を指定します。最後の Section
    ; 6 では、MAPI サービスに使用できる設定を表示します。
    
    ; Section 1 - Profile defaults.
    ; ************************************************************************
    [General]
    Custom=1
    ; -- 必須。このファイルが、カスタマイズされている .prf ファイルであることを示します。
    ProfileName=Microsoft Outlook
    DefaultProfile=Yes
    OverwriteProfile=Yes
    DefaultStore=Service2
    ; ************************************************************************
    ; Section 2 - Services in profile.
    ; ************************************************************************
    ; プロファイルに追加される MAPI サービスの一覧です。
    [Service List]
    Service1=Microsoft Outlook Client
    Service2=Microsoft Exchange Server
    Service3=Outlook Address Book
    Service4=Personal Folders
    ;Service5=Internet E-mail
    ; インターネット電子メール サービスを追加する場合は、Section 3 にアカウントを追加する
    ; 必要があります。
    ; ************************************************************************
    ; Section 3 - List of Internet accounts.
    ;*******************************************************************
    ; 作成されるアカウントの一覧です。
    [Internet Account List]
    ; ************************************************************************
    ; Section 4 - Default values for each service.
    ; ************************************************************************
    [Service1]
    ;	設定されていません。
    ;----Outlook 古いアイテムの整理------
    DoAutoArchive=True
    AutoArchiveFileName = "c:\temp\archive.pst"
    [Service2]
    ConversionProhibited=TRUE
    HomeServer=<enter server name>
    MailboxName=%username%
    [Service3]
    Ben=TRUE
    ;	--  ダミー プロパティ。削除も変更も行わないでください。
    [Service4]
    PathToPersonalFolders=c:\outlook.pst
    ; 個人用フォルダのパスには、既存のディレクトリを指定する必要があります。
    [Service5]
    ; ************************************************************************
    ; Section 5 - Values for each Internet account.
    ; *******************************************************************
    ; 作成される各アカウントの設定です。有効なアカウント設定の一覧は、
    ; Section 3 に指定します。
    ; ************************************************************************
    ; Section 6 - Mapping for profile properties.  DO NOT MODIFY.
    ; ************************************************************************
    ; ************************************************************************
    ; Outlook の設定はプロファイルに保存されます。
    [Microsoft Outlook Client]
    SectionGUID=0a0d020000000000c000000000000046
    DoAutoArchive=PT_BOOLEAN,0x0320
    AutoArchiveFileName=PT_STRING8,0x0324
    FormDirectoryPage=PT_STRING8,0x0270
    ;	-- Exchange Web サービス Form ディレクトリの URL
    
  3. メモ帳を使用している場合は、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイルのパスと名前を入力し、[保存] をクリックします。
    : ファイル名拡張子を .prf にして、ファイルを保存します。
  5. メモ帳を終了します。
  6. Outlook を使用して .prf ファイルをインポートするか、サポートされているインストール方法のいずれかを使用して .prf ファイルを展開します。
Outlook 2003 の展開方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
828377 [OFF2003] Office 2003 の展開時にサポートされているインストール方法
Microsoft Outlook 2002 の展開方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
308383 [HOW TO] 管理者インストール ポイントを作成して、カスタマイズしたバージョンの Office XP を配置する方法

CIW を使用して .prf ファイルを作成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
308300 [HOW TO] Outlook 2002 のカスタム インストール中に MAPI プロファイルを構成するために PRF ファイルを作成する方法

Outlook を使用して .prf ファイルをインポートする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296192 [OL2002] ヘルプに記載されていないコマンドライン スイッチ


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 836755 (最終更新日 2004-08-05) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 836755 - 最終更新日: 2005年8月8日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003 with Business Contact Manager
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo KB836755
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com