FIX 追加またはパブリッシュされたアーティクルの列を削除した後、ディストリビューション エージェントが失敗する可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 837231
# をバグ: 471158 (SQL Server 8.0)
Microsoft SQL Server 2000年の修正プログラムの 1 つとして配布されます。ダウンロード可能なファイルです。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースが含まれています。すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ修正プログラムに付属している、SQL Server 2000年修正プログラムの以前のリリース。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

追加すると、列をパブリッシュされたアーティクルまたはドロップには列をパブリッシュされたアーティクル「からのが割り当てられている、トランザクション レプリケーションの場合、対応するディストリビューション エージェントを実行できません。正常にします。ようなエラー メッセージが表示されます可能性があります、次の。
閉じられていないクォーテーション マークする前に、文字列の文字 '列名'.
この問題可能性があります。次の条件に該当する場合に発生します。
  • 「SQL コマンドを使用レプリケートするように構成されてINSERT コマンド、UPDATE コマンド、または対応する DELETE コマンドサブスクライバー。
  • 変更、挿入、更新、または削除で行われるなど、資料では、パブリッシャーではまだ適用されません、サブスクライバーで。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version        Size       File name 
   --------------------------------------------------------- 
   31-May-2003  18:45  2000.80.818.0     78,400  Console.exe 
   28-Oct-2003  04:21  2000.80.873.0    315,968  Custtask.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     33,340  Dbmslpcn.dll 
   25-Apr-2003  02:12                   786,432  Distmdl.ldf 
   25-Apr-2003  02:12                 2,359,296  Distmdl.mdf 
   30-Jan-2003  01:55                       180  Drop_repl_hotfix.sql 
   12-Sep-2003  03:26  2000.80.859.0  1,905,216  Dtspkg.dll 
   26-Aug-2003  20:16  2000.80.854.0    528,960  Dtspump.dll 
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0  1,557,052  Dtsui.dll 
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0    639,552  Dtswiz.dll 
   24-Apr-2003  02:51                   747,927  Instdist.sql 
   03-May-2003  01:56                     1,581  Inst_repl_hotfix.sql 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     90,692  Msgprox.dll 
   01-Apr-2003  02:07                     1,873  Odsole.sql 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     62,024  Odsole70.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     25,144  Opends60.dll 
   30-Jan-2004  16:28  2000.80.911.0     57,904  Osql.exe 
   02-Apr-2003  23:15  2000.80.797.0    279,104  Pfutil80.dll 
   04-Aug-2003  18:17                   550,780  Procsyst.sql 
   12-Sep-2003  00:37                    12,305  Qfe469315.sql 
   22-May-2003  22:57                    19,195  Qfe469571.sql 
   30-Jan-2004  01:16                 1,090,380  Replmerg.sql 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    221,768  Replprov.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    307,784  Replrec.dll 
   29-Jan-2004  23:24  2000.80.911.0    159,813  Replres.rll 
   06-Sep-2003  00:00                 1,087,150  Replsys.sql 
   13-Aug-2003  16:28                   986,603  Repltran.sql 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    287,304  Rinitcom.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     57,916  Semnt.dll 
   29-Jul-2003  20:13  2000.80.819.0    492,096  Semobj.dll 
   31-May-2003  18:27  2000.80.818.0    172,032  Semobj.rll 
   02-Jan-2004  19:42  2000.80.904.0     53,832  Snapshot.exe 
   09-Dec-2003  20:07                   117,834  Sp3_serv_uni.sql 
   05-Feb-2004  00:46  2000.80.913.0     28,672  Sqlagent.dll 
   05-Feb-2004  00:47  2000.80.913.0    311,872  Sqlagent.exe 
   19-Feb-2004  18:02  2000.80.916.0    168,001  Sqlakw32.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0  4,215,360  Sqldmo.dll 
   07-Apr-2003  17:44                    25,172  Sqldumper.exe 
   29-Jan-2004  23:17  2000.80.911.0     28,672  Sqlevn70.rll 
   05-Mar-2004  17:13  2000.80.922.0    180,792  Sqlmap70.dll 
   03-Sep-2003  02:56  2000.80.857.0    188,992  Sqlmmc.dll 
   02-Sep-2003  23:03  2000.80.857.0    479,232  Sqlmmc.rll 
   22-Oct-2003  00:08  2000.80.871.0    401,984  Sqlqry.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     57,920  Sqlrepss.dll 
   09-Mar-2004  19:54  2000.80.922.0  7,614,545  Sqlservr.exe 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    590,396  Sqlsort.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     45,644  Sqlvdi.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    106,588  Sqsrvres.dll
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     33,340  Ssmslpcn.dll
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     82,492  Ssnetlib.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     25,148  Ssnmpn70.dll 
   28-Oct-2003  04:21  2000.80.873.0    123,456  Stardds.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0    158,240  Svrnetcn.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     76,416  Svrnetcn.exe 
   30-Apr-2003  23:52  2000.80.816.0     45,132  Ums.dll 
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     98,872  Xpweb70.dll
メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのこれらを含むファイルにはその他ファイルです。

回避策

この問題を回避するには、「を構成する必要がありますINSERT コマンド、UPDATE コマンド、または DELETE コマンドをレプリケートするためにストアド プロシージャを使用するのには対応するサブスクライバーにします。これを行うには、次の手順を実行します、。発行元:
  1. アーティクルにサブスクリプションをすべて削除するのには、次のコードを実行します。
    USE Publication Database
    GO
    
    EXEC sp_dropsubscription 
    	@publication=N'Publication Name', 
    	@subscriber = N'all', 
    	@article = N'Article Name', 
    	@destination_db = N'all'
    GO
    
  2. 「現在のトランザクションを削除するのには、次コードを実行します。パブリケーション:
    USE Publication Database
    GO
    
    EXEC sp_droparticle 
    	@publication = N'Publication Name', 
    	@article = 'Article Name',
    	@force_invalidate_snapshot = 1
    GO
    
  3. 記事、現在のトランザクション パブリケーションに追加します。INSERT コマンドをレプリケートするのには、「ストアド プロシージャを使用できるように[更新] または [削除] コマンドは、対応するサブスクライバーに。これを行うには、次のコードを実行します。
    USE Publication Database
    GO
    
    EXEC sp_addarticle 
    	@publication = N'Publication Name', 
    	@article = N'Article Name', 
    	@source_owner = N'dbo', 
    	@source_object = N'Source Table Name', 
    	@destination_table = N'Destination Table Name', 
    	@type = N'logbased', 
    	@creation_script = null, 
    	@description = null, 
    	@pre_creation_cmd = N'drop', 
    	@schema_option = 0x00000000000000F3, 
    	@status = 16, 
    	@vertical_partition = N'false', 
    	@ins_cmd = N'sp_MSins_Article Name', 
    	@del_cmd = N'sp_MSdel_Article Name', 
    	@upd_cmd = N'sp_MSupd_Article Name', 
    	@filter = null, 
    	@sync_object = null, 
    	@auto_identity_range = N'false'
    GO
    
    メモ 前に、次のパラメーターを変更することを確認します。Transact SQL ステートメントを実行します。
    • @ 文書: 現在の文書の名前を
    • @ 資料。 新しいアーティクルの名前
    • @ source_object: 基になるテーブルの名前新しい記事で表されます
    • @ destination_table: 変換先テーブルの名前そのサブスクライバーで作成します。
    • @ ins_cmd: 電話サブスクライバー側でアーティクルの名前
    • @ del_cmd: 電話呼び出さアーティクルの名前
    • @ upd_cmd: MCALL sp_MSupd_アーティクルの名前
    • @ force_invalidate_snapshot: スナップショットの場合は 1、文書の生成
    さらに、記事が含まれているかどうかは、id 列、および、SQL サーバーが id 範囲の処理を管理するために、パラメーターを設定する必要があります。 auto_identity_range @ するには true.
  4. 追加されるアーティクルにサブスクリプションを追加、トランザクション パブリケーション:
    • 加入して各プッシュ サブスクリプションは、Transact SQL 文の実行の現在のトランザクション パブリケーションSQL クエリ アナライザーは、パブリッシャー側で次のようにパブリケーション データベース:
      USE Publication Database
      GO
      
      EXEC sp_addsubscription 
      	@publication = N'Publication Name', 
      	@article = N'Article Name', 
      	@subscriber = N'Subscriber Name', 
      	@destination_db = N'Destination Database', 
      	@sync_type = N'automatic', 
      	@update_mode = N'read only', 
      	@offloadagent = 0, 
      	@dts_package_location = N'distributor'
      GO
      メモ 実行する前に、次のパラメーターを変更することを確認してください、Transact SQL ステートメント:
      • @ 文書。 現在の名前を文書
      • @ 資料。 新しいアーティクルの名前
      • @ サブスクライバー。 サブスクライバーの名前
      • @ destination_db。 宛先の名前データベースは、サブスクリプションが含まれています。
      さらに、ことを確認、パラメーター可能性があります変更、既存のサブスクリプションのプロパティではないです。変更します。
    • 資料では、プル サブスクリプションを追加するのにはトランザクションの既存のすべてのサブスクライバーのサブスクリプション文書は、次のような Transact SQL ステートメントを実行パブリッシャー側でパブリケーション データベースの SQL クエリ アナライザー内で。
      USE Publication Database
      GO
      
      EXEC sp_refreshsubscriptions 
      	@publication = N'Publication Name'
      GO
  5. 現在に対応するスナップショット エージェントを実行します。ディストリビューターでパブリケーション。
  6. それぞれに対応するディストリビューション エージェントを実行します。現在トランザクションにサブスクライブするサブスクリプションパブリケーションです。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684説明するために使用される一般的な用語の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム

プロパティ

文書番号: 837231 - 最終更新日: 2011年7月18日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB837231 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:837231
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com