Project Server 2003 Service Pack 1 について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 837241 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Office Project Server 2003 用の Service Pack をリリースしました。以下の「この資料の内容」に、この資料に含まれている Service Pack に関する情報を示します。

はじめに

Microsoft Office Project Server 2003 Service Pack 1 (SP1) には、Microsoft Office Project Server 2003 用の最新の更新プログラムが含まれています。Project Server 2003 SP1 を適用することにより、セキュリティが大幅に強化され、安定性とパフォーマンスがさらに向上します。Project Server 2003 SP1 に含まれる更新プログラムの一部は、個別の更新プログラムとして既にリリースされています。これらの更新プログラムは 1 つにまとめられて、この Project Server 2003 SP1 に収録されています。

詳細

Service Pack の詳細

この Service Pack で修正される問題の一覧

Project Server 2003 SP 1 を適用することにより、以下の修正プログラム パッケージに関する資料に記載されている問題が修正されます。
830810 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2003 年 10 月 24 日)
830820 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2003 年 11 月 7 日)
832872 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2003 年 12 月 5 日)
832898 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2003 年 12 月 12 日)
833849 Microsoft Office Project 2003 修正プログラム パッケージ (2003 年 12 月 22 日)
834696 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 1 月 16 日)
835217 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 1 月 22 日)
834717 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 1 月 14 日)
835736 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 2 月 13 日)
837248 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 2 月 28 日)
838881 Microsoft Office Project Server 2003 修正プログラム パッケージ (2004 年 3 月 23 日)
Project Server 2003 SP1 をインストールすることにより、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) にこれまで記載されていなかった以下の問題が修正されます。

日付の形式を週単位にすると、予期しない現象が発生する


プロジェクトでタスクの開始日を指定するときに日付の形式を週単位にすると、予期しない現象が発生することがあります。たとえば、タスクの開始日が、指定した日付と異なって表示される場合や、以下のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
無効な日付です。

日付が正しくないか、1984年1月1日から 2049年12月31日の範囲内にありません。

日付の形式は「98/6/1」や「1998年6月1日」のように、正しい形式で入力してください。


[サーバーのエクストラネット アドレス] ボックスの内容を削除しても空欄にならない


Microsoft Project Web Access の [サーバーの構成] ページで、[サーバーのエクストラネット アドレス] ボックスの内容を削除し、[変更の保存] をクリックしても、[サーバーのエクストラネット アドレス] ボックスの内容が空欄にならず、このボックスに空白文字が含まれます。


管理用プロジェクトで懸案事項、リスクまたはドキュメントにタスクをリンクできない


Microsoft Project Web Access の [リソース割り当ての表示] ページで以下のいずれかのオプションをクリックしたときに、管理用プロジェクトのタスクに懸案事項、リスク、またはドキュメントをリンクできません。
  • リスクのリンク
  • 懸案事項のリンク
  • ドキュメントのリンク
懸案事項、リスク、またはドキュメントをリンクしようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
次の理由により、Item に懸案事項をリンクできません :
- 指定したタスクは、管理用時間のエントリです。
: 上記のエラー メッセージで、Item は懸案事項、リスク、またはドキュメントのいずれかです。

[自分のタスクの表示] ページまたは [プロジェクト センタ] ページで、懸案事項、リスク、またはドキュメントを管理用グループのタスクにリンクする場合は、この現象は発生しません。


ユーザーに割り当てられた懸案事項とリスクが Microsoft Project Web Access のホームに一覧表示されない


懸案事項とリスクが割り当てられているにもかかわらず、Microsoft Project Web Access の [ホーム] ページで、以下のメッセージが [懸案事項] または [リスク] に表示されることがあります。
アクティブなリスクの割り当てはありません。
または
ユーザーに割り当てられているアクティブな懸案事項はありません。


この問題は、ワークグループ環境で発生することがあります。たとえば、Project Server 2003、Microsoft SQL Server、Microsoft Windows SharePoint Services が 1 つのワークグループに配置されていて、Microsoft Office Project Professional 2003 および Microsoft Project Web Access が異なるワークグループに配置されている場合に、この問題が発生することがあります。


プロジェクトを Project Professional 2003 で開くと、[ドキュメントの表示とアップロード] ページに Microsoft Project Web Access ナビゲーション バーが表示される


Project Professional 2003 を使用して、Project Server 2003 に保存されているプロジェクトを開き、[共同作業] メニューの [ドキュメント] をクリックし、[共有ドキュメント] をクリックし、[すべてのドキュメント ライブラリ] をクリックすると、[ドキュメントの表示とアップロード] ページに Microsoft Project Web Access ナビゲーション バーが表示されます。

また、再度 [共有ドキュメント] をクリックし、[すべてのドキュメント ライブラリ] をクリックするか、または [自分のタスクの表示] ページでタスクを表示し、[リンクしている懸案事項へ移動] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
ページが正しくないか、ナビゲーションが停止しました

Project は、ページ URLOfPage を使用してこのプロジェクトのプロジェクト ガイドを表示することができませんでした。このプロジェクトを既定のプロジェクト ガイドを使用して開くか、またはページ URLOfPage を使用して再試行することができます。


プロジェクトを保存すると "一意インデックス 'I_MSP_ASSIGNMENT_BASELINES' を持つオブジェクト 'MSP_ASSIGNMENT_BASELINES' には重複するキー行を挿入できません" というエラー メッセージが表示される


基準計画の情報を含むプロジェクトを Project Server 2003 に保存したときに、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
[Microsoft]{ODBC SQL Server Driver][SQL Server]一意インデックス 'I_MSP_ASSIGNMENT_BASELINES' を持つオブジェクト 'MSP_ASSIGNMENT_BASELINES' には重複するキー行を挿入できません。
この問題は、同じ基準計画の情報を含むプロジェクトが以前保存されており、そのプロジェクトを削除した直後にプロジェクトを保存した場合に発生することがあります。この場合、MSP_ASSIGNMENT_BASELINES テーブルから情報を削除するストアド プロシージャは、削除を正常に実行できません。



Microsoft Project Server 2002 を Project Server 2003 にアップグレードするとポートフォリオ分析のビューでデータが失われる


Microsoft Project Server 2002 を Project Server 2003 にアップグレードした後、Microsoft Project Web Access の [ポートフォリオ分析] ページでプロジェクトのポートフォリオ分析のビューを表示したとき、アップグレード前に発行された特定のデータが失われていることがあります。この問題は、Microsoft Project Server データベースにある MSP_VIEW_PROJ_ASSN_TP_BY_DAY テーブルの AssignmentTimeStart 列の日付および時刻の項目がアップグレード中に正常に処理されなかった場合に発生します。OLAP (オンライン分析処理) キューブによって指定されていたデータの範囲の最終日に発生した割り当てを含むプロジェクトのデータが失われることがあります。


プロジェクトを Project Server 2003 に発行した後、Windows SharePoint Services の Web サイトが作成されない


Project Server 2003 にプロジェクトを発行した後、そのプロジェクトの Windows SharePoint Services の Web サイトが作成されず、以下の現象が発生することがあります。
  • Microsoft Project Web Access にログオンし、[管理] をクリックし、[Windows SharePoint Services の管理] をクリックしたとき、[プロジェクト名] の下にプロジェクト名が表示されますが、[サイト アドレス] の下にサイトのアドレスが一覧表示されません。
  • プロジェクト名をクリックし、[サイトの作成] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    サイトの作成中にエラーが発生しました。サイトが存在していないと考えられます。
この問題は、プロジェクト名にアンパサンド (&) 文字が含まれている場合に発生することがあります。


[差出人アドレス] ボックスに 1 つ以上の空白文字が含まれていると電子メールの通知が送信されない


Microsoft Project Web Access の [通知および事前通知] ページにある [差出人アドレス] に 1 つ以上の空白文字が含まれていると、Project Server 2003 によって電子メールの通知が送信されません。この問題が発生しても、エラー メッセージは表示されません。


プロジェクト センタ ページでプロジェクトを開いて編集中、タスクで指定した特定の値が予期せず空白になる


Microsoft Project Web Access のプロジェクト センタ ページでプロジェクトを編集中に、プロジェクトのタスクで指定した特定の値が、プロジェクトの変更の保存後に予期せず空白になることがあります。たとえば、プロジェクト センタ ページでプロジェクトを開き、アウトライン コードを変更し、変更内容を保存すると、プロジェクトのタスクにある [期間] ボックスが空白になることがあります。


タスクに対して表示される "Project Web Access 割り当てメモ" で、新しい情報を保存できないことがメモの履歴領域に通知されない


Microsoft Project Web Access の [自分のタスクの表示] ページで、タスクに追加したメモを開き、[Project Web Access 割り当てメモ] ダイアログ ボックスの [メモの履歴] 領域にテキストを入力して [OK] をクリックしたときに、入力したテキストがメモに保存されません。[メモの履歴] 領域が読み取り専用であるために、この領域に新しい情報を保存できないことが [Project Web Access 割り当てメモ] ダイアログ ボックスに表示されません。


Microsoft Project Web Access の [プロジェクトのビュー] ページにある基準計画バーに実績作業時間が正常に表示されない


プロジェクトのタスクに対応する実績作業時間を入力し、更新された情報を Project Server 2003 に発行したとき、基準計画バーに表示される情報が正しくないことがあります。Microsoft Project Web Access の [プロジェクトのビュー] ページで、[タスクの進捗管理] ビューを使用してプロジェクトを表示すると、プロジェクトの基準計画バーで実績作業時間が正常に表示されません。


ResourcesAdd メソッドを使用して、同一の要請で同一のユーザー名を使用するリソースを 2 つ追加すると、Project Server 2003 データベースの一貫性が失われる


ResourcesAdd メソッドを使用して、同一のユーザー名を使用する 2 つのリソースを、同一の要請に含まれる Project Server 2003 のエンタープライズ リソース共有元に追加すると、エラー メッセージが表示されず、操作の完了が成功したように見えます。しかし、実際に追加されたのは 1 つのリソースのみです。Project Server 2003 データベースを参照すると、MSP_RESOURCES テーブルと MSP_TEXT_FIELDS テーブルには 2 つの項目が作成されていますが、MSP_WEB_RESOURCES テーブルには 1 つの項目のみが作成されています。このため、データベースの一貫性が失われます。この問題は、対応する Microsoft Windows ユーザー アカウントが同じであるかどうかにかかわらず発生します。


Microsoft Project Web Access で Administrators グループのカテゴリのアクセス権限を設定できない (淡色表示される)


Microsoft Project Web Access でカテゴリに関する作業を行っているとき、既存のカテゴリの [カテゴリの変更] ページまたは新規カテゴリの [カテゴリの追加] ページで、[アクセス権のあるユーザーおよびグループ] の下にある [Administrators] をクリックしても、[アクセス権限] テーブルに表示されているアクセス権限を設定できません (淡色表示されます)。Administrators グループのどのカテゴリについてもアクセス権限を変更できません。


Project Server 2003 スウェーデン語版のドキュメント ライブラリを Microsoft Project Web Access を使用して検索すると "ページが見つかりません" エラー メッセージが表示される


Microsoft Project Web Access を使用して、Project Server 2003 スウェーデン語版のドキュメント ライブラリを検索できないことがあります。ドキュメント ライブラリに接続し、[検索] ボックスに検索文字列を入力し、[実行] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
ページが見つかりません
この問題は、検索機能で使用される文字列が正しくローカライズされておらず、誤った URL が返されるために発生します。


Project Server 2003 のカーソルで前方のみの読み取り専用カーソル機能が使用されない


Project Server 2003 のカーソルでデフォルトのカーソル宣言が使用され、前方のみの読み取り専用カーソル機能の使用時にカーソルが最適化されません。


Project Server 2003 日本語版で、[ユーザー] ページに不完全な情報が含まれている


Project Server 2003 日本語版の Microsoft Project Web Access で、[ユーザー] ページの一部に不完全な情報が表示されます。Microsoft Project Web Access にログオンし、[管理] をクリックし、[ユーザーとグループの管理] をクリックしたときに表示される文が不完全です (文は以下のボタンの下に表示されます)。
  • ユーザーの追加
  • ユーザーの修正
  • ユーザーの無効化
  • ユーザー アカウントのマージ
この文は正しくローカライズされておらず、次のようには表示されません
プロパティを表示するユーザー、または追加、修正、マージの対象となるユーザーを選択します。


Microsoft Project Web Access の [更新] ページにプロジェクトのアウトライン レベルが表示されない


Microsoft Project Web Access の [更新] ページに、プロジェクトのアウトライン レベルが表示されません。[更新] ページに表示されるのがトップレベルのサマリー タスクと特定のタスクのみであるため、異なるアウトライン レベルにある同じ名前のタスクを区別できません。


Microsoft Project Web Access で [グリッドを Excel にエクスポートする] をクリックすると、"グリッド データを Excel にエクスポート中にエラーが発生しました" というエラー メッセージが表示される


プロジェクト グリッドを Microsoft Excel にエクスポートするために、Microsoft Project Web Access のプロジェクト センタ ページで [グリッドを Excel にエクスポートする] をクリックすると、以下のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
グリッド データを Excel にエクスポート中にエラーが発生しました。このエラーのため、XML データをクリップボードにコピーすることしかできません。

続行しますか?
この問題は、プロジェクトに含まれるアウトライン レベルが 8 を超えている場合に発生します。


Microsoft Project Web Access でプロジェクトを更新した後に、リソースの [自分のタスクの表示] ページに誤った割り当てが含まれる


Microsoft Project Web Access の更新ページで [更新] をクリックして、新しい割り当てでプロジェクトを更新した後、リソースが [自分のタスクの表示] ページで割り当てを参照すると、リソースが正しいタスクに割り当てられていないことがあります。この問題は、以下の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • リソースが Microsoft Project Web Access を使用して自分自身をタスクに割り当てた後、[自分のタスクの表示] ページにあるタイムシートを更新しました。
  • そのタスクに既存の割り当てがあります。
このとき、[自分のタスクの表示] ページに表示されるリソースのタスク一覧が正しくないことがあります。

Project Server 2003 でビューの処理に予想以上に時間がかかる


特定の状況で、Project Server 2003 でプロジェクトのビューを生成するのに予想以上に時間がかかることがあります。Project Server Views Processing Service のパフォーマンスが低下することがあります。


Microsoft Project Web Access の [プロジェクトのビュー] ページで [既定の設定に復元] をクリックすると、タスクのグループ化が元の状態と異なる


Microsoft Project Web Access の [プロジェクトのビュー] ページを表示し、[グループ化] をクリックして好みのオプションでタスクを構成し、[既定の設定に復元] をクリックすると、タスクのグループ化の設定が元どおりになりません。

たとえば、プロジェクトのタスクが数値順で並んでおり、[グループ化] ボックスの [タスク名] をクリックしてタスクをタスク名順に並べ替え、次に [既定の設定に復元] をクリックすると、タスクは元の数値順に並びません。


エンタープライズ リソース共有元を Active Directory と同期させると、リソースが期待どおりに平準化されない


Microsoft Project Web Access でエンタープライズ リソース共有元を Active Directory と同期させると、プロジェクトに含まれるリソースが期待どおりに平準化されません。Project Professional 2003 で、[ツール] メニューの [リソースの平準化] をクリックし、[平準化の実行] をクリックしたとき、リソースに割り当てられたタスクが再スケジュールされません。この問題は、同期操作によってエンタープライズ リソース共有元に追加されたリソースで、平準化が正しく設定されないために発生します。


Microsoft Project Web Access でタスクを非表示にしようとすると "以下のいずれかの理由により、このタスクを非表示にできません" というエラー メッセージが表示される


管理者が管理用プロジェクトでタスクからリソースを削除すると、リソースが Microsoft Project Web Access にログオンして [自分のタスクの表示] ページを表示したときに黒い "X" がタスクの横に表示されます。これは正常な動作です。しかし、リソースはこのタスクを非表示にできません。リソースがこのタスクをクリックし、[非表示] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
以下のいずれかの理由により、このタスクを非表示にできません :
  • * 自分がリーダーになっている委任されたタスク
  • * 既存のサブタスクを含むサマリー タスク
  • * サーバー管理者に定義された非プロジェクト時間のタスク
  • * Outlook からインポートされたタスク


Microsoft Project Web Access のタイムシート ビューにリソース名フィールドを追加するオプションが表示されない


Microsoft Project Web Access の [タイムシート ビューの変更] ページでタイムシート ビューを変更するときに、プロジェクトのタスクに割り当てられているすべてのリソースの名前を表示できるフィールドをビューに追加するオプションが表示されません。Microsoft Project Server 2002 にはリソース名というフィールドがありますが、Project Server 2003 の [使用可能なフィールド] の一覧にはこのフィールドがオプションとして表示されません。


進捗状況報告の電子メール メッセージにある URL をクリックすると、進捗状況報告ではなく承認待ちタスクが [自分のタスクを表示] Web ページに表示される


チーム メンバが進捗状況の報告依頼の電子メール メッセージを開き、電子メール メッセージに含まれている URL をクリックして進捗の更新が必要なタスクを表示しようとすると、[管理者の承認待ちタスク] の一覧に表示されているタスクのみが Microsoft Project Web Access の [自分のタスクの表示] ページに表示されます。この問題は、Project Server 2003 で進捗の更新が必要なタスクを表示するフィルタに誤りがあるために発生します。ここで使用されているフィルタは管理者の承認待ちタスクを表示するものであり、進捗の更新が必要なタスクを表示するものではありません。


Microsoft Project Web Access の [カテゴリの変更] ページで [変更の保存] をクリックすると "処理の実行中にエラーが発生しました" というエラー メッセージが表示される


Microsoft Project Web Access の [カテゴリの変更] ページで [変更の保存] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
処理の実行中にエラーが発生しました。
この問題は、アカウント状況が [無効] になっているユーザーが、[カテゴリの変更] ページの [アクセス権のあるユーザーおよびグループ] ボックスに表示されている場合に発生することがあります。


Project Server 2003 で発行操作中のエラー コードが正しく処理されない


Project Server 2003 で、発行操作中に発生する可能性のある特定のエラーについて、エラー コードが誤って処理されます。この問題が発生すると、Project Server 2003 にプロジェクトを発行したときに Project Professional 2003 にエラー コードが返されません。


ID パラメータが指定されていないと、ProjectTasksCreate メソッドを使用してプロジェクトにタスクを追加できない


ProjectTasksCreate メソッドを使用してプロジェクトにタスクを追加したとき、プロジェクトにタスクが追加されないことがあります。この問題は、タスクの ID パラメータが指定されていない場合に発生します。


削除されたタスクを通知する電子メール メッセージの URL をクリックすると、削除されたタスクではなく新規タスク割り当てが [自分のタスクの表示] ページに表示される


管理者がプロジェクトからタスクを削除し、プロジェクトにおける割り当ての変更を発行すると、チーム メンバが受信する電子メール メッセージに含まれる URL が正しくないことがあります。チーム メンバがこの電子メール メッセージに含まれる URL をクリックしても、プロジェクトから削除されたタスクが Microsoft Project Web Access の [自分のタスクの表示] に正常に表示されません。この問題は、電子メール メッセージに含まれる URL で使用されているフィルタが正しくないために発生します。ここで使用されているフィルタは、チーム メンバに新規に割り当てられたタスクを一覧表示するものであり、管理者によって削除されたタスクを一覧表示するものではありません。


新たにプロジェクトの管理者になると、[リソースによるタスクの変更を表示] ページで承認待ちタスクのメモの内容が失われる


[これらの割り当てに対して管理者になる] を使用してプロジェクトにおける割り当てを再度発行し、Microsoft Project Web Access の [リソースによるタスクの変更を表示] ページで承認待ちのタスクを表示すると、管理者になる前にタスクに追加されたメモの内容が失われていることがあります。この内容はメモに表示されないため、このメモの内容を承認することができません。


リソースのカレンダーに対して行った変更が保存されない


エンタープライズ リソースのカレンダーを 2 回以上変更すると、以後カレンダーに対して行った変更が保存されません。他のエンタープライズ リソースのカレンダーに対して行った変更が保存されない場合があります。この問題は、たとえば以下の状況で発生する可能性があります。
  1. エンタープライズ リソースをチェックアウトし、カレンダーで特定期間の日付の稼働時間を変更し、変更を保存してリソースを閉じました。
  2. 同じエンタープライズ リソースをチェックアウトし、手順 1. で変更を行ったのと同じ期間の日付の稼働時間を変更し、変更を保存してリソースを閉じました。



Service Pack に追加された強化機能

Project Server 2003 SP1 インストール後の Project Server 2003 における変更点の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
875304 [PSVR2003] Project Server 2003 Service Pack 1 の通知と事前通知でサポートされる文字セットの一覧

既知の問題

この Service Pack のインストール中に発生する可能性のある既知の問題



アップグレード処理中の特定の部分でメッセージがまったく表示されなくなることがある


Project Server 2003 データベースのサイズが大きい場合、Project Server 2003 を Project Server 2003 SP1 にアップグレードするときに、アップグレード処理中の特定の部分で、アップグレード処理が進行中であることを示すメッセージがまったく表示されなくなることがあります。このとき、アップグレード処理が応答を停止 (ハング) しているように見えることがあります。画面にメッセージは表示されませんが、実際にはアップグレード処理は実行されています。データベースのサイズによっては、アップグレード処理の完了までに数時間かかることがあります。たとえば、5 GB のデータベースをアップグレードする処理は、2 時間程度かかることがあります。この間、画面にはメッセージがまったく表示されません。



この Service Pack のインストール後に発生する可能性のある既知の問題



最初にリリースされたバージョンの Microsoft Office Project Professional 2003 と Project Server 2003 SP1 を同一のサーバーで実行していると、サーバーに接続できない


サーバーに Project Server 2003 SP1 をインストールした後、Project Professional 2003 を使用してサーバーに接続できないことがあります。この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します。
  • Project Server 2003 SP1 と Project Professional 2003 が同一のサーバーにインストールされています。
  • そのサーバーの Project Server 2003 は Project Server 2003 SP1 にアップグレードされていますが、そのサーバーの Project Professional 2003 は Project Professional 2003 Service Pack 1 (SP1) にアップグレードされていません。
サーバーに接続するには、Project Server 2003 と Project Professional 2003 の両方が、同じバージョンの Microsoft Office Project 2003 を実行している必要があります。たとえば、Project Server 2003 SP1 と Project Professional 2003 SP1 を同一のサーバーにインストールする必要があります。



マルチスレッドのビュー通知を使用するように構成され、すべてのオフロード サーバー上で Project Server Scheduled Process Service サービスが実行されていると、OLAP キューブが正常に生成されない場合がある


Project Server 2003 がマルチスレッドのビュー通知を使用するように構成されており、Project Server Views Notification Service サービスが複数のサーバーにオフロードしていると、Project Server Scheduled Process Service サービスを実行できるのはオフロードしているサーバーのうちの 1 つのみとなります。オフロードしているすべてのサーバーが Project Server Scheduled Process Service サービスを実行していると、OLAP キューブが正常に生成されず、以下の現象が発生することがあります。
  • Microsoft Project Web Access の [リソース テーブルと OLAP キューブの更新] ページで OLAP キューブの生成の更新スケジューリングを指定しても、OLAP キューブが構築されません。
  • OLAP キューブを処理するコンピュータのアプリケーション イベント ログに以下のようなイベントが出力されます。

    ソース : Microsoft Project Server
    分類 : なし
    種類 : エラー
    イベント ID : 2
    ユーザー : NT Authority\Local Service

    イベント ID (2) (ソース Microsoft Project Server Tracing Eventlog Provider 内) に関する説明が見つかりませんでした。リモート コンピュータからメッセージを表示するために必要なレジストリ情報またはメッセージ DLL ファイルがローカル コンピュータにない可能性があります。この説明を取得するために /AUXSOURCE= フラグを使用することができる可能性があります。詳細については、ヘルプとサポートを参照してください。次の情報はイベントの一部です:
    コンポーネント: MSP Resource Availability Refresh and OLAP Cube Creation
    Component (ProjOLAP)
    ファイル: PROJOLAPProcess
    行: 1
    説明: DSO.Server.Connect failed with error message 'Cannot connect to the Analysis server on computer 'psapps'. Connection to the server is lost' Error Number : '-2147221387



インストールの詳細

この Service Pack を入手してインストールする

以下の情報は、「Microsoft ダウンロード センター」で参照できます。
  • Project Server 2003 SP1
  • Project Server 2003 SP1 のインストール手順
  • Project Server 2003 SP1 の配布計画
「Microsoft ダウンロード センター」からこの Service Pack をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5DEA5862-D534-4F17-AB08-7C9B790C5B15

この Service Pack がインストールされているかどうかを確認する

ProjectServer2003-KB837241-FullFile-JPN.msp ファイルに含まれる更新されたファイルは以下のとおりです。
   ファイル名           バージョン
   -------------------------------
   Adjacts.asp
   Atlconv.dll         11.1.2004.1707
   Build.inc
   Comcont.js
   Comtsktr.asp
   Custpage.asp
   Dldrilld.asp
   Homepage.asp
   Issshell.asp
   Linkissu.asp
   Linkrisk.asp
   New4task.asp
   Notedlg.asp
   Notify.asp
   Owc11.exe           11.0.6362.0
   Pcsviews.dll        11.2004.0.1707
   Pds.dll             11.2004.0.1707
   Permgrid.asp
   Pj11od11.dll        11.1.2004.1707
   Pj11tm11.dll        11.1.2004.1707
   Pjbusobj.dll        11.1.2004.1707
   Pjclient.cab
   Pjintl.dll          11.1.2004.1707
   Pjintlc.dll         11.1.2004.1707
   Pjintlw.dll         11.1.2004.1707
   Pjmsghlr.dll        11.1.2004.1707
   Pjnpe.dll           11.1.2004.1707
   Pjoledb.dll         11.1.2004.1707
   Pjreport.asp
   Pjsvradc.dll        11.2004.0.1707
   Pjsvrsecurity.dll   11.1.2004.1707
   Pjsvrutl.dll        11.1.2004.1707

この表に記載されているバージョンよりも新しいファイルがインストールされている場合には、この Service Pack をインストールする必要はありません。

サーバーにインストールされている Project Server 2003 のバージョンとビルド番号を確認するには、Microsoft Project Web Access にログオンし、[ヘルプ] の上にポインタを置きます。Project Server 2003 のビルド番号がポップ ヒントに表示されます。

コンピュータにインストールされている Office 2003 のバージョンを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
821549 [OFF2003] Office 2003 のバージョンを確認する方法


: ProjectServer2003-KB837241-SQLFile-JPN.exe ファイルに含まれる更新されたファイルは以下のとおりです。
   Insdeflp.sql
   Secviews.sql
   Upgpj111.sql
   Upgdb111.cmd
   Websps.sql

.msp ファイルに関する管理者向け情報

管理者用 Service Pack は、フルファイルの Microsoft Windows インストーラ修正プログラム ファイル (.msp file) で構成されており、実行可能ファイルにパッケージされています。この Service Pack では、以下の .msp ファイルが配布されます。

元に戻す全体を表示する
.msp ファイル名説明
ProjectServer2003-KB837241-FullFile-Language.msp Project Server 2003 に適用されます。

: 上記の表の Language は、使用している Project Server 2003 の言語を表す 3 文字の略語です。

エラー署名の詳細

Project Server 2003 SP1 の実行中に、以下のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
問題が発生したため、Microsoft Project Server 2003 を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。
エラー報告のデータを参照すると、以下のようなエラー署名が表示されます。これらのエラー署名は、Service Pack で修正されています。
Application name  Application version  Module name  Module version  Offset
----------------------------------------------------------------------------
Vwnotify.exe      11.0.2003.816        Msvbvm60.dll 6.0.96.90       000250e3
Pjschsvc.exe      11.0.2003.816        Pjnpe.dll    11.0.2003.816   00004fb9
表示されるプログラム バージョン、モジュール バージョン、およびオフセットは異なる場合があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 837241 (最終更新日 2004-07-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 837241 - 最終更新日: 2005年5月24日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Server 2003
キーワード:?
kbfix kbupdate kbservicepack KB837241
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com