検索し、SMS 2003 のクライアントが重複して Guid の詳細をクリーンアップする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 837374 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でを検索し、同じ SMS 固有 ID (戻します) とも呼ばれますは、グローバル一意識別子 (GUID) を持つ Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年アドバンスト クライアントを削除する方法について説明します。戻します個々 の SMS 2003 クライアントを識別するために使用し、各 SMS 2003 アドバンスト クライアントと SMS 2003 レガシ クライアントとは異なります。

はじめに

SMS 2003 が重複の SMSIDs クライアントの詳細がある場合は、予期しないイベントが発生する可能性があります。たとえば、不適切なインベントリ レポートが表示されます可能性があります、不適切な SMS 2003 アドバンスト クライアントが提供情報を実行可能性があります。重複する SMSIDs 頻繁に「Guid の重複」呼ばれる

SMS 2003 環境に重複する SMSIDs 場合が SMS 2003 アドバンスト クライアントが含まれている可能性があります。 または複数、次の条件に該当します。
  • アドバンスト クライアントを SMS 2003 にアップグレードする前に重複して戻します問題 SMS 2.0 環境で存在します。
  • アドバンスト クライアントを SMS 2003 にアップグレードする前に戻します、重複の問題は、SMS 2003 レガシ クライアントに存在します。



重複した SMSIDs を持つ SMS 2003 アドバンスト クライアントがある場合は、予期しないイベントをなど発生可能性があります。
  • SMS 管理コンソールは、発見されたの最後のクライアント GUID を共有するこれらのクライアントを表示します。多数のコンピューターが、同じ GUID がある場合は、それら他のコレクションに置き換えます。これは、探索レコードが処理されるためです。
  • 間違ったコンピューター上か、まったく実行することができます。
  • 同じ GUID を持つコンピューターからのインベントリ レコード (Mif) が処理されると、コンピューターのインベントリ プロパティをマージできます。
  • インベントリは、インベントリ データ ローダー コンポーネントは、CPU を独占することができます、多くのメモリ、またはその両方を使用することができます。セットは大規模が原因となって、特定の GUID に関連付けられているレコードに対してクエリを実行したときに返されます。インベントリ データ ローダーは、大量の RAM を消費します。場合は、メモリを解放するのには、インベントリ データ ローダーを停止する、または CPU 使用率が正常に返された場合は、重複した Guid が原因の可能性が高いです。
  • SMS クライアント プッシュ インストールでは、SMS クライアントはインストールされません。
  • 過剰在庫 Resyncs を生成できます。重複する SMSIDs 頻繁に「Guid の重複」呼ばれる

詳細

次の条件に該当する場合は、アップグレードされたアドバンスト クライアントが含まれている、戻しますを使用して、 %windir%\Smscfg.ini ファイルには、SMS 2003 アドバンスト クライアントの一意の識別子。
  • Microsoft Systems Management Server (SMS) 2.0 クライアントまたは SMS 2003 レガシ クライアントはアドバンスト クライアントを SMS 2003 にアップグレードします。
  • すでにアップグレードしているコンピューターには Smscfg.ini ファイルが含まれています。
通常、このシナリオでは、問題は発生しません。ただし、次の条件のいずれかが true 場合は、SMS 2003 環境に戻します、重複の問題が発生します。
  • Smscfg.ini ファイルが各コンピューターに一意ではありません。
  • Smscfg.ini ファイルを含んでいるコンピューターのイメージを複製します。
通常、アドバンスト クライアント、SMS 2003 はそれが最初にインストールされたコンピューターで動作していることを検出するのに設計されています。これは、開始時に比較することによってします前の起動時にこれらのプロパティの値を持つ、ハードウェアを識別する特定のプロパティ。検出処理が完了すると、SMS 2003 アドバンスト クライアントは、新しい SMSID 自体を生成します。SMS 2003 アドバンスト クライアントは、比較の起動時に実行してこれを行います。SMS 2003 アドバンスト クライアントは、以前のスタートアップからこれらのプロパティの値を持つ、ハードウェアを識別する特定のプロパティを比較します。大幅にこれらのプロパティを変更する場合は、新しい戻しますが生成されます。さらに、古い戻し、戻します再生されていた日が保存されます。以前戻し、変更日付で、探索データ レコード (SMS 2003 サイト サーバーに送信された DDR) が報告されます。この情報には、次のシステム リソースのプロパティにも表示されます。
  • SMS の以前の UUID
  • SMS の UUID の変更日
SMS 2003 アドバンスト クライアントで変更がのみが検出された場合は、このプロセスを動作します。場合は SMS 2003 アドバンスト クライアントは、一意でない Smscfg.ini ファイルがある、変更が検出されないと、SMS 2003 アドバンスト クライアントが引き続き、元の戻しますを使用します。

Smscfg.ini ファイルは、次の情報を格納します。
  • 現在戻します
  • 特定のハードウェアのプロパティ
  • その前に戻します
Smscfg.ini ファイルが Windows ディレクトリにあります。

プロパティの検出、および再生の手順については、ClientIDManagerStartup.log ファイルにあります。クライアント ・ ログ ・ ディレクトリにこのファイルを検索することができます。

ハードウェアの検出のしくみ

SMS Agent host (Ccmexec.exe) を起動すると、3 つの値に対して、ハードウェア id の情報を検索します。これらの値のいずれかが変更されている場合は、SMS クライアントは、新しい SMSID 生成されます。値は次のとおりです。
  • Smbios のシリアル番号
    変更した場合、新規の戻しますが作成されます。
  • コンピューター SID
    変更した場合、新規の戻しますが作成されます。
  • ハードウェア id
    ハードウェア ID のメカニズムは 10 コンピューターのプロパティを検査し、ID プロパティ プロパティのハッシュは、1 つの ID を結合することによって生成されます。いくつかのこれらのプロパティを変更すると、コンピューター、とし、新しい戻しますが作成されます。プロパティの数は、10 のうち 3 のデスクトップ コンピューターとノート パソコン 7 の 2 です。

    メモ 変化率の係数を指定できます。次のシナリオを検討してください。6 プロパティ変更が、変更は均等に 3 の計算は、ハードウェア id を分散されました。SMS これはハードウェアの変更と考えていないと、新しい戻しますを作成します。

    使用するプロパティは、windows 製品のライセンス認証に使用するプロパティと同じです。プロパティは次のとおりです。
    • FirstDriveSerial
    • MACAddress
    • CDROMDevice
    • DisplayAdapter
    • HwidVersion
    • ProcessorSerial
    • DiskDevice
    • SCSIAdapter
    • DiskAdapter
    • ProcessorType
    • RAMSizeMb
    • ドッキング可能
値を変更し、ClientIDManagerStartup.log ファイルを見る、新しい ID を作成することの原因となった参照してくださいすることができます。

SMS 2003 が重複した SMSIDs を処理する方法

クライアントのオペレーティング システム イメージの再作成、クライアント探索データを異なる戻します、SMS サイト サーバーにあるレコード (Ddr) レポートが開始され、以前の SMS クライアントと SMS コンピューター認識しません。ここでは、データ探索マネージャー (DDM) はデータベースに新しいクライアント レコードを作成します。

ただしこの現象が発生する前に、データ探索マネージャーはクライアントによって別の方法を見つけるしようとします。

同じコンピューターの名前と MAC アドレスの 1 つ以上残っている場合は、SMS がキー プロパティを使用して、既存のクライアントとしてコンピューターを認識することができるし、新しい戻しますと、古いレコードを更新します。戻しますの移行を完了するためには、長時間をかかることが、その間に、クライアントにアドバタイズされるプログラム使用できなくなります。

クライアントからの DDR 以前戻します値が含まれている場合はこの名前の一致を回避できます。DDM を使用してキーのプロパティに基づいて、レコードを検索しようとすると、場所を戻します、DDR 戻しますの以前の値と一致する、データベースのレコードを明示的に除外されます。これは、新しい戻しますがクライアントによって生成された場合、そのサーバーの新しい識別情報が表示されますを確認します。

既存の SMS 2.0 クライアントをアップグレードする前に重複した ID がある既にと、重複した ID が保持されます確認し、手動でクリーンアップする必要があります。

重複の SMSIDs しているクライアントの SMS 2003 を検索する方法の詳細

環境を戻します、重複の問題があるを確認するのには、同じSMS 固有 IDレポートを共有できます、コンピューターを実行する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには システムの管理サーバープロパティ SMS 管理コンソール.
  2. SMS 管理コンソールでは、展開します。 サイト データベースを展開 レポート作成プロパティ レポート.
  3. SMS 管理コンソールの右側のウィンドウで右クリックします。 同じ SMS 固有 ID を共有するコンピューター、しをクリックして すべてのタスク].
  4. クリックしてください。 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できないプロパティ SiteServerNameは、 SiteServerName SMS 2003 サイト サーバーの名前です。
『 SMS 2.0 管理者ガイド 』 には、重複を識別するのには、次の SQL クエリが含まれています。
select * from sms_g_system_SYSTEM as g INNER JOIN sms_gh_system_SYSTEM as h on g.ResourceId = h.ResourceId where g.Name <> h.Name
サポート Web キャストおよび関連のドキュメントの「重複データの処理システムでは、SMS 2.0」重複を識別するため追加メソッドが含まれています。

新しい戻しますを作成する方法

同じ SMS 固有 ID レポートを共有できます、コンピューターが表示される場合、アドバンスト クライアントは SMS 2003 が同じ戻しますでを使用して、問題を解決するのには、SMS ID の転送ツール (Tranguid.exe) を使用することをお勧めします。SMS ID の転送ツールは、SMS 2003 Toolkit 1 で利用可能です。

SMS ID の転送ツールを戻しますを含む Smscfg.ini ファイルの部分を抽出します。SMS ID の転送ツール、戻します情報のみを含む新しい Smscfg.ini ファイルを作成します。さらに、SMS ID の転送ツールに戻しますファイルまで戻しますプロパティに追加 Smscfg.ini ファイルを作成できます。このプロセスは、クライアントがデータベースに新しいレコードを持っていることを確認します。

SMS ID の転送ツールは、新しい戻しますを生成し、データベースに新しいレコードを受信するクライアントを強制的します。このプロセスは、クライアントがインストールされているし、の報告を開始した後に発生します。

次のすべての条件に該当する場合は、SMS ID の転送ツールを/rスイッチ付きで実行し、SMS クライアント サービスを再起動する必要があります。
  • コンピューターは、SMS 2.0 クライアントからアップグレードされました。
  • SMS 2.0 クライアントの SMSID 他のコンピューターと共有。
SMS ID の転送ツールを/rスイッチ付きで実行し、SMS クライアント サービスを再起動するのには、次の手順を実行します。

メモ 重複する戻します SMS 2003 アドバンスト クライアントの SMS ID の転送ツールを実行する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Tranguid.exe ユーティリティは、SMS 2003 Toolkit 1 の SMS 2003 クライアントにコピーします。
  2. SMS 2003 クライアントをクリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd 続いて と入力して [ ].
  3. コマンド プロンプトで、Tranguid.exe ユーティリティをコピーしたフォルダーに変更します。
  4. コマンド プロンプトに入力します。 tranguid/R、し、ENTER キーを押します。
  5. コマンド プロンプトに入力します。 exit、し、ENTER キーを押します。
  6. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには 管理ツールプロパティ サービス.
  7. サービスの一覧で、右クリックします。 SMS エージェントのホストプロパティ 再起動.
代わりに、次のメソッドを使用する、新しい戻しますを割り当てます。
  1. SMS アドバンスト クライアントが重複して戻します 2003 では、削除します。 %windir%\Smscfg.ini ファイル。
  2. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには 管理ツールプロパティ サービス.
  3. サービスの一覧で、右クリックします。 SMS エージェントのホストプロパティ 再起動.
SMS Agent Host サービスを再起動すると、新規の戻しますを含む新しい Smscfg.ini ファイルが生成されます。古い戻し、戻します再生されていた日は保存されません

新しい戻しますに明示的に生成されたクライアントは、新しいレコードの前に戻しますプロパティ戻しますプロパティの以前のレコードと照合することによって簡単に識別できます。

次の SQL クエリは、孤立したレコードと、クライアントが、新しい戻しますに生成時間をリストすることによってこれを示します。
select distinct sysold.ResourceID, sysold.Netbios_Name0,
                SMS_UUID_Change_Date0
from v_R_System sysold
join v_R_System sysnew
  on sysold.SMS_Unique_Identifier0 = sysnew.Previous_SMS_UUID0
order by sysold.Netbios_Name0, sysold.ResourceID

関連情報

クライアント プッシュ インストールの高度なトラブルシューティングの詳細については、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

928282 高度なクライアント プッシュ インストールの問題では、Systems Management Server 2003 とシステム センター構成マネージャー 2007年のトラブルシューティングを行う方法

プロパティ

文書番号: 837374 - 最終更新日: 2013年6月28日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 2003 Enterprise Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB837374 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:837374
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com