Systems Management 2003 サイトは、クライアント プッシュ インストールを準備する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 838436
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

SMS クライアント ソフトウェアを展開するのには、クライアント プッシュ インストール メソッドを使用することがあります。この資料では、Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年のサイトのこの種の SMS クライアント ソフトウェアの展開を準備する方法について説明します。かどうかアドバンスト クライアントまたはレガシ クライアント インストールするに応じて、適切なアクションを実行します。
  • アドバンスト クライアントのインストールを構成し、少なくとも 1 つの管理ポイントを既定として設定することを確認します。

    メモ Active Directory 以外の環境でのアドバンスト クライアントのインストールは、アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントを指定します。
  • レガシ クライアントのインストールでは、クライアント接続アカウントを指定します。
  • いずれかの種類のクライアントのインストールは、クライアント プッシュ インストール アカウントを指定します。

詳細

アドバンスト クライアントは、SMS 2003 管理ポイントを構成します。

クライアント プッシュ インストール方法を使用して、SMS 2003 アドバンスト クライアント ソフトウェアを展開することができます前を管理ポイントとして、SMS 2003 サイト システム コンピューターを構成し、サイトの既定の管理ポイントが指定されているかどうかを確認する必要があります。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラムをクリックして Systems Management Server、し SMS 管理コンソール.
  2. 展開 サイト データベースを展開 サイト階層を展開 サイト コードとサイト名を展開 [サイトの設定をクリックして サイト システム、右側のウィンドウでサーバー名を右クリックし、をクリックして プロパティ.
  3. で、 管理ポイント タブには サイト システムのプロパティ ダイアログ ボックスで、確認してください、 管理ポイントとしてこのサイト システムを使用します。 チェック ボックスが選択されています。
  4. クリックしてください。 [OK].

既定の SMS 2003 管理ポイントを構成します。高度なクライアント

  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラムをクリックして Systems Management Server、し SMS 管理コンソール.
  2. 展開 サイト データベースを展開 サイト階層を展開 サイト コードとサイト名を展開 [サイトの設定をクリックして [コンポーネントの構成を右クリックして 管理ポイント 右側のウィンドウで、クリックで プロパティ.
  3. で、 全般 タブには 管理ポイントのプロパティ ダイアログ ボックス、クリックして 管理ポイント 下にあります。 既定の管理ポイントは、ドロップ ダウン リストの横にクリックして サーバー名、し、SMS 2003 サイト システム コンピューター名の一覧からをクリックします。
  4. クリックしてください。 [OK].

従来のクライアント接続アカウント

セキュリティが有効な拡張が、新しいサイトをインストールすると、SMS は、SMS クライアント接続アカウントを自動的には作成されません。レガシ クライアントは、SMS クライアント接続アカウントを使用する、クライアント アクセス ポイント (探索データ レコード (Ddr)、インベントリ、ステータス メッセージなどの情報を送信する CAP) に接続します。SMS 提供情報の構成の変更などの情報を受信するのにキャップも使用します。高度なセキュリティの SMS サイトでレガシ クライアントを使用する場合は、レガシ クライアントをインストールする前に、少なくとも 1 つの SMS クライアント接続アカウントを作成する必要があります。

SMS クライアント接続アカウントは、クライアント コンピューターへのアクセス許可があるないし、クライアント上のすべてのグループのメンバーでする必要はありません。CAP を設定するとき、標準セキュリティ サイト、クライアント接続アカウント CAP にローカル アカウントとして自動的に作成します。クライアント接続アカウントをドメイン アカウントとして作成し、複数の Cap で共有することができます。これを行うと、クライアント接続アカウントを作成する必要があり、維持し、各クライアントの接続アカウントのセキュリティを拡大の数最小限に抑えます。可能な限りローカル アカウントを使用することをお勧めします。

SMS 2003 レガシ クライアント接続アカウントの構成

  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラムをクリックして Systems Management Server、し SMS 管理コンソール.
  2. 展開 サイト データベースを展開 サイト階層を展開 サイト コードとサイト名を展開 [サイトの設定を展開 接続アカウントを右クリックして クライアントをクリックして 新しい、し Windows のユーザー アカウント.
  3. で、 接続アカウントのプロパティ ダイアログ ボックス、クリックして セット.
  4. で、 Windows のユーザー アカウント ダイアログ ボックスでは、次の形式でアカウントの種類:
    CAP サーバー \user またはドメイン \ ユーザー
  5. クリックしてください。 [OK] 2 つの時刻。

クライアント プッシュ インストール アカウント

クライアントのインストールを実行しているユーザー ローカル管理者権限を持たない場合、クライアント プッシュ インストール アカウントを使用して、クライアント ソフトウェア コンピューターにインストールできます。クライアント プッシュ インストールを使用して、次のオペレーティング システムに、SMS 2003 クライアント ソフトウェアを展開できます。
  • Microsoft Windows NT 4.0 (レガシ クライアント)
  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows Server 2003
複数のクライアント プッシュ インストール アカウントを作成することができます。ドメインのメンバーでないクライアントは、ドメイン アカウントを認証できません。これらのクライアントは、クライアントに対してローカルなアカウントを使用できます。たとえば、管理目的のため、各コンピューターに標準ユーザー アカウントを設定し、すべてのアカウントに同じパスワードがある場合は、クライアント プッシュ インストール アカウントとして定義できます。 %machinename%\account。

このアカウント管理者資格情報をコンピューターにクライアント コンポーネントをインストールする必要があります。ユーザーが管理者権限とアクセス許可 (サイト標準セキュリティ モードで実行している場合) は、SMS サービス アカウント、または定義、クライアント プッシュ インストール アカウントを付与するすべての潜在的なクライアント コンピューター、クライアント プッシュ インストールが必要です。

SMS 2003 クライアント プッシュ インストール アカウントを構成します。

  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラムをクリックして システムの管理サーバー、し SMS 管理コンソール.
  2. 展開 サイト データベースを展開 サイト階層の 展開 サイト コードとサイト名を展開 サイトの設定、し クライアントのインストール方法.
  3. 右クリックします。 クライアント プッシュ インストール、し プロパティ.
  4. で、 アカウント タブで、クリックしてください 追加.
  5. で、 Windows のユーザー アカウント ダイアログ ボックスでは、次の形式でアカウントの種類:
    ドメイン \ ユーザー
  6. クリックしてください。 [OK] 2 つの時刻。

クライアントのネットワーク アクセス アカウントの詳細

Active Directory 以外の環境では、格納されているコンピューター上の SMS 2003 アドバンスト クライアント ソフトウェアを展開するのには、クライアント プッシュ インストール方法を使用する前に、SMS 2003 アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウント、SMS 2003 サイトを構成する必要があります。アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントは、アドバンスト クライアントの作成は、ドメイン レベルのアカウントです。Active Directory 以外の環境では、アカウントを定義する場合は、SMSClient は、管理ポイントから、Client.msi ファイルと関連するインストールファイルにアクセスするのには、アカウントが使用されます。アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントが使用できない場合は、SMS、現在ログオンしているユーザー、ローカル システム アカウント、またはセットアップ先のコンピューターのコンピューター アカウントを使用して、接続を確立します。この構成では、高度なクライアントのネットワーク アクセス アカウントはクライアント接続アカウント、レガシ クライアントの役割を果たしますアドバンスト クライアントでの同様の目的を機能します。

アドバンスト クライアント ネットワーク アクセス アカウントは、常にドメイン名を含める必要があります。パススルー セキュリティは、このアカウントに対してはサポートされていません。ユーザーは複数のドメインからリソースを使用することができますので、アカウントは複数のドメインに使用しなければならない場合は、ドメイン上のすべてのドメイン アカウントを使用できるようにするには、互いを信頼するように設定しなければなりません。

メモ 提供プログラムが配布ポイント以外のサーバー上の共有にアクセスする必要がある場合、アドバンスト クライアントもこのアカウントを使用します。したがって、このアカウントのアクセス許可を提供プログラムがアクセス、共有が必要です。

SMS 2003 クライアントのネットワーク アクセス アカウントの詳細設定を構成します。

  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラムをクリックして Systems Management Server、し SMS 管理コンソール.
  2. 展開 サイト データベースを展開 サイト階層を展開 サイト コードとサイト名を展開 [サイトの設定をクリックして [コンポーネントの構成を右クリックして ソフトウェアの配布 右側のウィンドウで、クリックで プロパティ.
  3. で、 全般 タブの ソフトウェアの配布のプロパティ ダイアログ ボックス、クリックして セット 下にあります。 クライアントのネットワーク アクセス アカウントの詳細.
  4. で、 Windows のユーザー アカウント ダイアログ ボックスで、次の形式でアカウント名を入力します。
    ドメイン \ ユーザー
  5. クリックしてください。 [OK] 2 つの時刻。

関連情報

クライアント プッシュ インストールの詳細については、「第 5 章「SMS セキュリティについて」を参照してください。「第 10 章"SMS 計画の展開と構成」で、 SMS 2003 コンセプト、計画、および 『 導入ガイド 』.番組ガイドを表示するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179958.aspx
クライアント プッシュ インストールの高度なトラブルシューティングの詳細については、マイクロソフト サポート技術、次の資料を参照してください。

928282 高度なクライアント プッシュ インストールの問題では、Systems Management Server 2003 とシステム センター構成マネージャー 2007年のトラブルシューティングを行う方法

プロパティ

文書番号: 838436 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB838436 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:838436
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com