修正: 作成または、awe が有効になっている構成オプションを使用してインデックスを再構築すると、bpool::map 警告受け取ることがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 838459
# をバグ: 471227 (SHILOH_BUGS)
Microsoft SQL Server 2000年の修正プログラムの 1 つとして配布されます。ダウンロード可能なファイルです。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースが含まれています。すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ修正プログラムに付属している、SQL Server 2000年修正プログラムの以前のリリース。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

CREATE INDEX ステートメントまたは DBCC DBREINDEX を実行するとSQL Server を実行しているコンピューター上のステートメントと、 awe が有効になっています。 1 には、次の bpool::map の構成オプションが設定されて警告と DBCC MEMORYSTATUS ステートメントへの SQL Server を書き込むことができます。エラー ログ:
2004-02-26 07:36:21.10 spid52 bpool::map: なしremappable のアドレスが見つかりません。
2004-02-26 07:36:21.24 spid52 バッファーします。配信: 盗まれた 149242 = 空き 389930 プロシージャを = 2 Inram = 0 = ダーティ保持 92791 を = = 0I O = 0、ラッチ/= 10、その他 264025 =
2004-02-26 07:36:21.24 spid52 バッファーします。カウント: コミット 896000 ターゲット = ハッシュ 896000 = 356826 InternalReservation = = 104ExternalReservation 280 分 = 224 を = 無料
2004-02-26 07:36:21.24 spid52プロシージャ キャッシュ: TotalProcs 1 TotalPages = 2 InUsePages = 2 =
2004-02-2607:36:21.24 spid52 の動的メモリ マネージャー: 盗まれた 921 = 予約済み OS 1600 OS =コミット 1559 OS 使用中の = 1557年クエリ プランを = = 13 オプティマイザー = 0 の [全般] = 1712年 =ユーティリティ = 23 接続 58 =
2004-02-26 07:36:21.24 spid52 のグローバル ・ メモリオブジェクト: リソース 1495年ロック = 671 SQLCache = 69 レプリケーション = 2 LockBytes = 2 =ServerGlobal 43 Xact を = = 21
2004-02-26 07:36:21.24 spid52 クエリ メモリマネージャー: 許可 1 待機中の = 0 の最大値 = 150588 = 使用可能な 1992年 =
メモ インデックスを作成しているデータベース内に置く必要があります。単純な復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルに設定します。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、最新を取得します。Microsoft SQL Server 2000年の service pack。詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降) 次の表に記載されています。日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) に一覧表示されます。場合、ファイル情報を表示するには、ローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ[日付と時刻] ツール コントロール パネルのします。
   Date         Time   Version            Size    File name
   ----------------------------------------------------------------------------
   31-May-2003  18:45  2000.80.818.0      78,400  Console.exe      
   28-Oct-2003  04:21  2000.80.873.0     315,968  Custtask.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      33,340  Dbmslpcn.dll     
   25-Apr-2003  02:12                    786,432  Distmdl.ldf
   25-Apr-2003  02:12                  2,359,296  Distmdl.mdf
   30-Jan-2003  01:55                        180  Drop_repl_hotfix.sql
   12-Sep-2003  03:26  2000.80.859.0   1,905,216  Dtspkg.dll       
   26-Aug-2003  20:16  2000.80.854.0     528,960  Dtspump.dll      
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0   1,557,052  Dtsui.dll        
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0     639,552  Dtswiz.dll       
   24-Apr-2003  02:51                    747,927  Instdist.sql
   03-May-2003  01:56                      1,581  Inst_repl_hotfix.sql
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      90,692  Msgprox.dll      
   01-Apr-2003  02:07                      1,873  Odsole.sql
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      62,024  Odsole70.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      25,144  Opends60.dll     
   30-Jan-2004  16:28  2000.80.911.0      57,904  Osql.exe         
   02-Apr-2003  23:15  2000.80.797.0     279,104  Pfutil80.dll     
   04-Aug-2003  18:17                    550,780  Procsyst.sql
   12-Sep-2003  00:37                     12,305  Qfe469315.sql
   22-May-2003  22:57                     19,195  Qfe469571.sql
   30-Jan-2004  01:16                  1,090,380  Replmerg.sql
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     221,768  Replprov.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     307,784  Replrec.dll      
   29-Jan-2004  23:24  2000.80.911.0     159,813  Replres.rll
   06-Sep-2003  00:00                  1,087,150  Replsys.sql
   13-Aug-2003  16:28                    986,603  Repltran.sql
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     287,304  Rinitcom.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      57,916  Semnt.dll        
   29-Jul-2003  20:13  2000.80.819.0     492,096  Semobj.dll       
   31-May-2003  18:27  2000.80.818.0     172,032  Semobj.rll
   02-Jan-2004  19:42  2000.80.904.0      53,832  Snapshot.exe     
   09-Dec-2003  20:07                    117,834  Sp3_serv_uni.sql
   05-Feb-2004  00:46  2000.80.913.0      28,672  Sqlagent.dll     
   05-Feb-2004  00:47  2000.80.913.0     311,872  Sqlagent.exe     
   19-Feb-2004  18:02  2000.80.916.0     168,001  Sqlakw32.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0   4,215,360  Sqldmo.dll       
   07-Apr-2003  17:44                     25,172  Sqldumper.exe    
   29-Jan-2004  23:17  2000.80.911.0      28,672  Sqlevn70.rll
   05-Mar-2004  17:13  2000.80.922.0     180,792  Sqlmap70.dll     
   03-Sep-2003  02:56  2000.80.857.0     188,992  Sqlmmc.dll       
   02-Sep-2003  23:03  2000.80.857.0     479,232  Sqlmmc.rll
   22-Oct-2003  00:08  2000.80.871.0     401,984  Sqlqry.dll       
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      57,920  Sqlrepss.dll     
   09-Mar-2004  19:54  2000.80.922.0   7,614,545  Sqlservr.exe     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     590,396  Sqlsort.dll      
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      45,644  Sqlvdi.dll       
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     106,588  Sqsrvres.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      33,340  Ssmslpcn.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      82,492  Ssnetlib.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      25,148  Ssnmpn70.dll     
   28-Oct-2003  04:21  2000.80.873.0     123,456  Stardds.dll      
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0     158,240  Svrnetcn.dll     
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      76,416  Svrnetcn.exe     
   30-Apr-2003  23:52  2000.80.816.0      45,132  Ums.dll          
   30-Jan-2004  16:29  2000.80.911.0      98,872  Xpweb70.dll      
メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのこれらを含む、ファイル可能性があります追加ファイルが含まれているも。

メモ この修正プログラムを有効にするには、トレースを有効する必要があります。フラグ 3940 です。動的にトレース フラグを有効にするには、実行、 DBCC TRACEON(-1,3940)だけで、インデックスを再構築する前にコマンドです。実行することにより、トレース フラグを無効に DBCCTRACEOFF(-1,3940) コマンドです。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

この問題を最初にされました。Microsoft SQL Server 2000年の Service Pack で修正[4]。

詳細

データベースで単純な復旧モデルまたは一括を使用するときログの復旧モデルは、すべてのダーティ ページ必要がある前にディスクに書き込む、トランザクションがコミットされます。ダーティ ページはまだ変更されてがないページはディスクへの書き込み。SQL Server 非同期書き込みを実行するためのメカニズムを使用してください。特定のページ数を変更したら、要求もする前に、トランザクションがコミットされます。コミット ロジックでは、データベース エンジンがすべての待機します。非同期の書き込み要求を完了します。ただし、SQL Server のいずれかを使いません未処理の非同期の数に制限する調整メカニズムの種類要求を作成します。

この問題が発生、する場合は、CREATE INDEX 操作された新しい非クラスター化インデックスの作成後すぐに操作、クラスター化インデックスを作成し、テーブルがキャッシュに収まります。また、インデックスの作成プロセスを実行するのには、表のサイズを許可します。メモリ内の並べ替えを行います。中間の並べ替え実行を記述する必要がないディスクにします。そのため、インデックスの作成処理できます読み取り、並べ替え、およびダーティ ページが非常に高いレートで。並べ替えには使用されていた多くの盗難バッファーの組み合わせと書き込み操作を実行するのには、スロットルの欠如は、全体が可能性があります。アドレス スペースのマッピング可能なバッファーを一時的に使用できなくします。

するにはフラグ 3940 が追加されたトレースは、この問題を解決します。トレース フラグ 3940 スロットル、1,024 に同時実行の非同期書き込み要求の数です。場合このトレース フラグを設定有効になっているトランザクションを待機する場合のダーティ ページをフラッシュするコードその他のコードの問題の前にすべて 1,024 番目より書き込み操作の完了要求を作成します。この調整理論的には非常に小さい可能性があります。パフォーマンスが低下します。非常にまれに発生するため、マイクロソフトではすべてのトレース フラグを使用してこの問題を解決することにしましたbpool::map 警告が受信しない顧客がによる影響はありませんが可能性のあるパフォーマンスの差。

理論上はこの問題が発生する可能性があります。ための操作は、CREATE INDEX 操作がその他の原因検出されません。この問題の原因であることを確認するのにはBpool::map の警告、次の追加現象 DBCC からの詳細についてMEMORYSTATUS は、SQL Server のエラー ログに出力します。
  • バッファーの配布: 盗まれた大きな値があるとは、通常、アカウントのマッピング可能なバッファーの 1/3 以上。正確なマップMicrosoft Windows を実行しているかどうかなど、さまざまな要因の数に依存します。で、 /3 GB スイッチおよびコンピューターの物理メモリ。一般に、マップの数を 200 千約 2 GB のアドレス空間および 320 の周りです。桁に 3 GB のアドレス空間にします。
  • クエリ メモリ マネージャー間での違い: 最大値とクエリ メモリ マネージャー: 使用可能な値は、通常はいくつかに桁の盗まれた値。
  • バッファーの配布: ダーティ大、している通常は 80 を超える数千のバッファー。
詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
824684説明するために使用される一般的な用語の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム

プロパティ

文書番号: 838459 - 最終更新日: 2011年7月18日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB838459 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:838459
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com