Office プログラムをインストールするか、Office プログラムまたはドキュメントを開くときにエラー メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 838687 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft のインストール時に
fice のプログラムが表示されます、次のエラー メッセージのいずれか中またはインストール プロセスの最後に。
エラー 1401年: セットアップはレジストリ キーを作成できません。
エラー 1402年: セットアップはレジストリ キーを開くことができません。
エラー 1406年: 値を書き込めません、レジストリ キー
エラー メッセージが表示されるエラー発生の原因となっているレジストリ サブキーを一覧表示します。

インストール後、Office プログラムを起動しようとするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
マイクロソフト プログラム 現在のユーザーに対してインストールされていませんが。アプリケーションをインストールするセットアップを実行してください。
注意してください。 プログラム Office プログラムを起動しようとしているの名前です。

原因

次のシナリオのいずれかが true の場合、この問題が発生します。
  • プログラムをインストールしているユーザー、またはユーザーに isopening、プログラムやファイルはありません modifysections に十分なアクセス許可、レジストリの操作を実行する必要があるの。エラー メッセージに記載されているレジストリ サブキーの Everyone グループの permissionfor は、notset をフル コントロールです。
  • システムにサード パーティのアプリケーションは、その isdenying のレジストリ サブキーには、必要なアクセス。ほとんどの場合、WebRoot Spysweeper 現象は発生します。
  • コンピューター上の管理者以外のユーザー アカウントには、Office 2003 セットアップ プログラムまたは Office XP セットアップ プログラムによって使用されている特定のファイルを変更する権限はありません。これらのファイルは、Office プログラムへのアクセスを別のアカウントを登録する、Office 2003 セットアップ プログラムまたは Office XP セットアップ プログラムによって使用されます。高セキュリティ テンプレートは、次のファイルにアクセスを制限する場合と、コンピューターにグループ ポリシーの高度なセキュリティ テンプレートが適用された場合、この問題が発生します。
      Windows XP または Windows Server 2003
      • Office 2007
        C:\Documents と別のバックアップ Data\Microsoft\Office\Data\Opa12.dat
      • Office 2003
        C:\Documents と別のバックアップ Data\Microsoft\Office\Data\Opa11.dat
      • Office XP
        C:\Documents と別のバックアップ Data\Microsoft\Office\Data\Data.dat

      Windows Vista または Windows 7
      • Office 2007
        C:\Users\All Users\Microsoft\Office\Data\Opa12.dat
      • Office 2003
        C:\Users\All Users\Microsoft\Office\Data\Opa11.dat
      • Office XP
        C:\Users\All Users\Microsoft\Office\Data\Data.dat

    管理者以外のユーザー アカウントでこのファイルを変更できない場合は、ユーザーはコンピューターで Office 2007 プログラム、2003年プログラムまたは Office XP プログラムを開始できません。Opa12.dat、Opa11.dat ファイルおよび Data.dat ファイルは特定のハードウェアです。さらに、これらのファイルは、Office のインストール中にコンパイルされます。

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

フル コントロールには、エラー メッセージに記載されているレジストリ サブキーのEveryoneグループのアクセス許可を設定します。使用して、' 修正 '、KB 資料に記載されている手順に従ってください
詳細についてはのマイクロソフトの修正プログラムをマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックして方法。
313222 セキュリティ設定を既定の設定に復元する方法

方法 2

サード パーティのアプリケーションを無効にします。たとえば、WebRoot Spysweeper を無効にするには以下の手順を実行します。
  1. タスク バーの右端にある通知領域に配置されている WebRoot Spysweeper のアイコンを右クリックします。
  2. シャット ダウンオプション] をクリックします。
  3. Office インストール エラー 1406年のダイアログで、[再試行] をクリックします。
  4. Office セットアップが完了したら、コンピューターを再起動し、から WebRoot Spysweeper を再度有効にします。

方法 3

システムを「クリーン ブート」状態では、考慮し、Office セットアップを実行します。サード パーティ製のアプリケーションを無効にします。レジストリ サブキーへのアクセスを拒否するサードパーティのアプリケーションがアクセスを拒否されなくできます。

システムを「クリーン ブート」状態にする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
310353 Windows XP が「クリーン ブート」状態で起動するように構成する方法


システムを「クリーン ブート」状態にする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
950093 システム構成ユーティリティを使用して Windows Vista では、構成エラーのトラブルシューティング方法


この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

方法 4

いくつかのライセンス認証の問題は、ライセンス ファイルが破損していることを示しています。ライセンス ファイルが破損している場合を削除してから Office 製品を再インストールこの問題を解決できません。Office 製品を削除すると、ライセンス ・ ファイルは削除されません。さらに、Office 製品を再インストールすると、ライセンス ファイルは上書きされません。ライセンス ファイルが破損している場合は、ライセンス ファイルを削除するには、次の方法のいずれか使用します。

メモ 方法 4 は、Office 2007、Office 2003 および Office XP の場合にのみ適用されます。Office 2010 は、OPA のライセンス ファイルを使用しません。

Fix it で解決する

破損したライセンス ・ ファイルを自動的に削除するには、問題を修正] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、続けて Fix it ウィザードの手順に従います。

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50302
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2


メモ このウィザードは英語版のみ提供されています。ただし、自動修正他言語バージョンの Windows でも動作します。

メモ 問題のあるコンピューターと、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で自分で解決します。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

Windows XP または Windows Server 2003
  1. 管理者のユーザー アカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. Microsoft Windows エクスプ ローラーを起動します。
  3. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
  4. 表示] タブをクリックします。
  5. [隠しファイルとフォルダー隠しファイルとフォルダーを表示するをクリックします。
  6. 既知のファイルタイプの拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  7. 次のフォルダーを開く: C:\Documents と別のバックアップ Data\Microsoft\Office\Data\
  8. Office 2007 を実行している場合はOpa12.datを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。Office 2003 を実行している場合は、 Opa11.datを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。Office XP を実行している場合は、 Data.datを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  9. [セキュリティ] タブをクリックします。
  10. [詳細] をクリックします。
  11. アクセス許可] タブをクリックします。
  12. アクセス許可エントリ] ボックスの一覧で、[ Everyone ] を選択する] をクリックし、[編集] をクリックします。
  13. フル コントロールのチェック ボックスをオンをクリックします。
  14. [Ok]を 3 回クリックします。次の手順でこの問題が解決しない場合、次のフォルダーから、Opa11.dat ファイルまたは Data.dat ファイルを削除して、Office 2003 プログラムまたは Office XP プログラムを再起動し。
    C:\Documents ともバックアップ名を指定して
Windows Vista または Windows 7
  1. 管理者のユーザー アカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. Microsoft Windows エクスプ ローラーを起動します。
  3. [整理] メニューの [フォルダーと検索のオプションをクリックします。
  4. 表示] タブをクリックします。
  5. [隠しファイルとフォルダー隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示するをクリックします。
  6. 既知のファイルタイプの拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。
  7. [保護されたオペレーティング システム ファイル (推奨) を非表示にする] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[OK] をクリックします。
  8. [警告] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。
  9. 次のフォルダーを開く: C:\Users\All Users\Microsoft\Office\Data\
  10. Office 2007 を実行している場合は、 Opa12.datまたは Office 2003 を実行しているかどうかは右クリックし、 Data.datを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  11. [セキュリティ] タブをクリックします。
  12. [詳細] をクリックします。
  13. アクセス許可] タブをクリックします。
  14. アクセス許可エントリ] ボックスの一覧で、[ Everyone ] を選択する] をクリックし、[編集] をクリックします。
  15. フル コントロールのチェック ボックスをオンをクリックします。
  16. [Ok]を 4 回クリックします。次の手順でこの問題が解決しない場合は、Opa12.dat、Opa11.dat ファイルまたは、次のフォルダーから Data.dat ファイルを削除して、Office 2007 のプログラムや、Office 2003 プログラムを Office XP プログラムを再起動し、
    C:\Users\All Users\Microsoft\Office\Data

プロパティ

文書番号: 838687 - 最終更新日: 2014年3月3日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2003
  • Microsoft Visio Professional Version 2002
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Visio Standard Version 2002
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business 2007
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Standard 2010
  • Microsoft Office Home and Business 2010
  • Microsoft Office Home and Student 2010
  • Microsoft Office Academic 2010
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbsetup kbtshoot kbmt KB838687 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:838687
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com