[FIX] "エラー 1053: そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした" がマネージ Windows サービスを停止または一時停止すると表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 839174 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

マネージ Microsoft Windows サービスを停止または一時停止するときに、停止処理に既定の設定時間より長い時間がかかり、以下のエラー メッセージが表示されます。
ローカル コンピューターの Windows サービスの名前 サービスを停止できません。
エラー 1053: そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。
注: Windows サービスの名前には、作成した Windows サービスの名前が入ります。

原因

ServiceBase クラスは、Advapi32.dll ファイルの ScDispatcherLoop で定義されている Service コマンド ハンドラーから直接 OnStop メソッドを呼び出します。30 秒後、ScDispatcherLoop スレッドがサービス コントロール マネージャーから新しいサービス コマンドを受け取る準備ができていない場合、Windows サービス コントローラーは、サービスを "タイムアウト" したと見なします。このため、このエラー メッセージが表示されます。

解決方法

この問題を解決するには、Microsoft .NET Framework 1.1 の最新の Service Pack を入手し、適用します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
885055 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 の入手方法

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 で最初に修正されました。

詳細

現象の再現手順

  1. Windows サービス プロジェクトを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Visual Basic .NET を使用して、Windows サービス プロジェクトを作成します。Windows サービスに SampleWS という名前を付けます。
    2. SampleWS のプロパティ ウィンドウで、CanPauseAndContinue プロパティ、CanShutDown プロパティ、および CanStop プロパティを True に設定します。
    3. ServiceName プロパティを、SampleWS に設定します。
    4. Service1.vb ファイルのコード ビューで、ファイルの先頭に次のコードを追加して、System.Threading 名前空間をプロジェクトにインポートします。
      Imports System.Threading
    5. Service1.vb ファイルに OnPause メソッドを追加します。
    6. 次のコードを OnStop メソッドと OnPause メソッドに追加します。
      Thread.Sleep(40000)
    7. ServiceProcessInstaller1 インストーラーと ServiceInstaller1 インストーラーを SampleWS プロジェクトに追加します
    8. ServiceProcessInstaller1 インストーラーのプロパティ ウィンドウで、ServiceProcessInstaller1 インストーラーの Account プロパティを LocalSystem に設定します。
    9. ServiceInstaller1 インストーラーのプロパティ ウィンドウで、StartType プロパティを Automatic に設定します。
    10. SampleWS アプリケーションをビルドします。
  2. Setup プロジェクトを作成し、SampleWS アプリケーションの出力を Setup プロジェクトに追加します。
  3. SampleWS ソリューションをビルドします。
  4. Setup1.msi ファイルを見つけます。このファイルは、手順 2. で作成された Setup1 プロジェクト フォルダー内にあります。
  5. Setup1.msi ファイルをダブルクリックし、SampleWS Windows サービスをインストールします。
  6. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに「services.msc」と入力し、[OK] をクリックします。Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインが表示されます。
  7. 右側のウィンドウで、SampleWS サービスを見つけ、サービスを開始します。
  8. SampleWS サービスを停止または一時停止します。
「現象」に記載されている問題が発生します。

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

関連情報

Windows サービスの作成方法の詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/aa983583(VS.71).aspx
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 839174 - 最終更新日: 2013年10月30日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 1.1
キーワード:?
kbqfe kbhotfixserver kbnetframe110sp1fix kbserviceprocess kbservice kbbug kbfix kbnetframe110presp1fix KB839174
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com