Outlook Web Access クライアントの HTTP 接続を HTTPS にリダイレクトする方法と、Exchange 仮想ディレクトリをポイントする既定の Web サイトをリダイレクトする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 839357 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料は、Microsoft Office Outlook の Web アクセス ユーザーは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) コンソールでは、HTTPS 接続に自動的に HTTP 接続をリダイレクトする方法について説明します。この資料では、クライアントが Outlook Web Access のログオン ページだけを入力してアクセスできるように、IIS の既定の Web サイトを変更する方法についても説明します。 http://<server name=""></server> 入力する代わりに http://<server name=""></server>/exchange.

Outlook Web Access ユーザーに対して Secure Sockets Layer (SSL) 接続を要求することをお勧めします。SSL 接続に送信または、Microsoft Exchange Server から受信される情報を暗号化します。ただし、Outlook Web Access のすべての受信要求に SSL を要求する IIS を構成するときに Outlook Web Access ユーザーが HTTP を使用して接続しよう、次のエラー メッセージが表示されます。
HTTP 403.4 - アクセス不可:
SSL が必要です。
インターネット インフォメーション サービス
ユーザーが手動で入力する必要があります、Outlook Web Access ユーザーは、エラー メッセージを受信した後 https:// Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューターへの接続には、URL の先頭にあります。Outlook Web Access ユーザーの HTTP 要求を HTTPS と SSL のすべての着信要求が有効であるかどうかを確認するユーザーとのやり取りを最小限に抑えるに自動的にリダイレクトする IIS を構成することができます。

詳細

IIS を構成する自動的に HTTP 要求を HTTPS 要求にリダイレクトする、次の手順を実行します。

重要次の条件に該当する場合をマウントして、これらの手順を正常に完了することができます前に、メールボックス ストアを開始する必要があります。
  • Microsoft Exchange 2000 Server または Microsoft Exchange Server 2003年は、フロント エンド サーバー上にインストールされます。
  • メールボックス ストアがマウント解除されます。
メモ Exchange フロント エンド サーバーと通信する、クラスター化された Exchange バックエンド サーバーで、次の手順を実行します。
  1. 次のコードを含む、Active Server Pages (ASP) web ページを作成します。
     <%
    
    If Request.ServerVariables("HTTPS")  = "off" Then
    						Response.Redirect "https://" & Request.ServerVariables("HTTP_HOST") & "/Exchange"
    End If 
    
    	%> 
    
  2. Web ページの名前を次のようにします。
    Owahttps.asp
  3. Windows エクスプ ローラーで、Inetpub\Wwwroot\CustomErrors フォルダーを作成し、Owahttps.asp web ページのファイルをそのフォルダーに保存します。
  4. IIS コンソールを起動します。
    • Windows NT server 4.0 (IIS 4.0)

      メモ Windows NT 4.0 Option Pack および Windows NT 4.0 のサーバーで Microsoft Exchange Server 5.5 の Outlook Web Access を実行している場合は、次の手順を実行します。Exchange Server 5.5 のメールボックス サーバーがある場合と、Outlook Web Access コンポーネントは、専用の web サーバーに個別にインストールする場合は、以下の手順は web サーバーだけにします。
      1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントWindows NT 4.0 Option Pack] をポイントおよび、 Microsoft インターネット インフォメーション サービスをポイントし、インターネット サービス マネージャー] をクリックします。
      2. インターネット インフォメーション サービスを展開して、コンピューター名を展開し、Exchange サーバーへのアクセスに Outlook Web Access のユーザーが使用している web サイトを展開します。既定では、この web サイトは、既定の Web サイトになります。
      3. 手順 5 に進みます。
    • Windows 2000 server (IIS 5.0)

      メモ Windows 2000 Server で Exchange Server 5.5、Exchange 2000 または Exchange 2003 の Outlook Web Access を実行している場合は、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよび、インターネット サービス マネージャー] をクリックします。
      2. コンピューター オブジェクトのコンピューター名をダブルクリックします。
      3. Exchange サーバーへのアクセスに Outlook Web Access のユーザーが使用している web サイトを展開します。既定では、この web サイトは、既定の Web サイトになります。
      4. 手順 5 に進みます。
    • Windows server 2003 (IIS 6.0)

      メモ Windows Server 2003 上で Exchange 2003 の Outlook Web Access を実行している場合は、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよび、インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
      2. コンピューター名を展開し、 Web サイトを展開し、します。
      3. Outlook Web Access ユーザーが Exchange サーバーへのアクセスに使用する web サイトを展開します。既定では、この web サイトは、既定の Web サイトになります。
      4. 手順 5 に進みます。
  5. CustomErrors ] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [アプリケーションの設定] セクションで、[作成を] をクリックします。

    [アプリケーション名] ボックスにCustomErrorsが表示されるかどうかを確認します。

    メモ IIS 6.0 上で実行される Exchange Server 2003 で、[アプリケーション プール] ボックスの一覧でExchangeApplicationPool ] クリックします。
  7. ドキュメント] タブをクリックし、Owahttps.asp ファイルの既定のコンテンツを有効にする] ページに追加します。リストの一番上に、Owahttps.asp ファイルを移動します。
  8. [ディレクトリ セキュリティ] タブをクリックし、[認証とアクセス制御] の [編集] をクリックします。
  9. 匿名アクセスを有効にするを選択する] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  10. セキュリティ保護された通信] の下の [編集] をクリックします。
  11. クリックすると、セキュリティで保護されたチャネル (SSL) が必要] チェック ボックスをオフにし、[ ok]をクリックして.
  12. Exchangeの仮想ディレクトリを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  13. [カスタム エラー ] タブをクリックし、[ 403.4] をダブルクリックし、します。
  14. メッセージの種類] ボックスの一覧で [ URLを] をクリックします。
  15. [ URL ] ボックスで、次のように入力します。 /CustomErrors/Owahttps.asp、し [ OK] をクリックします。
  16. [ディレクトリ セキュリティ] タブをクリックします。
  17. [セキュリティ保護された通信] の [編集] をクリックします。
  18. セキュリティで保護されたチャネル (SSL) を要求する] チェック ボックスをオンをクリックします。

    メモ 128 ビット暗号化を要求する場合、 128 ビットの暗号化チェック ボックスをオンをクリックします。
  19. [Ok]を 2 回クリックします。

    メモ Exchange 仮想ディレクトリとパブリック仮想ディレクトリは、SSL を要求するように構成するために、各仮想ディレクトリです。他の仮想ディレクトリが SSL を要求する場合は、SSL で有効にする仮想ディレクトリごと個別にします。
これらの手順を実行した後、http://を参照してください。<server_name></server_name>/exchange web サイト。このアドレスは、 サーバー名 Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) サーバーの名前です。

Https://を自動的にリダイレクトしてください。<server_name></server_name>Logon.asp ページし、交換します。

さらに、クライアントが Outlook Web Access のログオン ページだけを入力してアクセスできるように、IIS の既定の Web サイトを変更する場合 http://<server name=""></server> 入力する代わりに http://<server name=""></server>/exchange、次の手順に従います。



メモ Microsoft Windows にはバージョンが複数あるため、コンピューターによって次の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。
  1. Microsoft 管理コンソール (MMC) の IIS スナップインを起動します。
  2. 既定の Web サイトを右クリックし、プロパティをクリックして、ホーム ディレクトリ] タブをクリックし、
  3. このリソースに接続するときに、コンテンツは、[ URL へのリダイレクト] をクリックします。
  4. [リダイレクト先] ボックスで、次のように入力します。 /exchange.
  5. [クライアントに送信されますが、この 1 つ下のディレクトリ] をクリックします。
  6. 停止し、[既定の Web サイトを開始します。

関連情報

Outlook Web Access の URL を簡略化する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=130623

IIS 7 と IIS 7.5 の IIS のリダイレクトを構成する方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732969 (WS.10).aspx

プロパティ

文書番号: 839357 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt KB839357 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:839357
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com