"接続エラー: 10057"エラー メッセージ Lacerte Web site への接続または SBS 2000 または SBS 2003 で Lacerte Tax プログラムの更新をダウンロードするとき

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 839503 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Lacerte Web サイトに接続するか、コンピューター上は、ISA Server が実行されてバージョン 2000年またはバージョン 2003 Microsoft Small Business Server (SBS) のいずれかに基づくを Lacerte 税金プログラムの更新をダウンロードするとき、エラー メッセージ、表示されます。 この問題は、個々 のポート番号が、受信および送信プロトコルに対して定義されていない場合に発生します。 このシナリオでは、各 IP アドレスが定義もされていません例外のプロキシ設定。 この資料でローカル エリア ネットワーク (LAN) 設定します、個々 のポート番号と、個々 の IP アドレスを定義する方法について説明します

現象

Lacerte 税金プログラムがインストールされているとマイクロソフト、アクセラレータの設定 (ISA) サーバーが、実行をされ、いずれかが、コンピューターで構成 SBS 2000 ベースまたは SBS 2003 ベースがします。 Lacerte Web サイトに接続するか更新をダウンロードすると、次のエラー メッセージが表示されます。
接続エラー: 10057

原因

この問題は、Lacerte 税金プログラムを使用するカスタマイズされた設定に ISA Server のために発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. 受信および送信プロトコルを定義します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックして、 プログラム をポイントし、 Microsoft ISA Server] をポイントし、[ ISA の管理 ] をクリックします。
    2. [、使用中の ISA Server サーバーとアレイ ] を展開しと展開 ISA Server を実行してはコンピューターします。
    3. ポリシーの要素 を展開する プロトコルの定義 を右クリックして、 新規作成 ] をポイントして [ 定義 ] をクリックします。
    4. 新しいプロトコルの定義ウィザード の最初のページで、[ プロトコルの定義名 ] ボックスで必要な名前を入力し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    5. 設定を編集します。
      元に戻す全体を表示する
      アイテム 設定
      ポート番号10010
      プロトコルの種類TCP
      方向着信
    6. 次へ] を [「をしますかセカンダリ接続を使用しますか?」メッセージへの応答 なし をクリックします。
    7. [完了] をクリックします。
    8. 右ウィンドウに、新しいプロトコルのエントリが表示されます。 新しいプロトコルを右クリックし、 プロパティ を実行します。 [全般 ] タブは、[ 説明 (省略可) ] ボックスでのプロトコルの説明を入力し、[ OK ] をクリックします。
    9. 〜 d 手順受信プロトコルに対して、次のポート番号を定義します。
      1275
      1277
      1278
      10020
      10030
      10040
      10050
      10051
      10052
      10060
      10070
      10099
    10. 〜 d 手順 i が 送信 する各プロトコルの定義の 方向 の設定を構成します。
  2. アプリケーション フィルター 設定を確認します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックして、 プログラム をポイントし、 Microsoft ISA Server ] をポイントし、[ ISA の管理 ] をクリックします。
    2. [、使用中の ISA Server サーバーとアレイ ] を展開しと展開 ISA Server を実行してはコンピューターします。
    3. 見つけて 拡張機能 を展開します。
    4. [ アプリケーション フィルター ] をクリックします。
    5. 右側のウィンドウで HTTP リダイレクター フィルター ] を右クリックして、[ プロパティ ] をクリックします。
    6. [ オプション ] タブをクリックして [ Web サーバーの要求への送信 を、] をクリックして [ OK] をクリックします。
    7. 右側のウィンドウで SOCKS V4 フィルター ] を右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
    8. [ 全般 ] タブの [ このフィルターを有効にする ] チェック ボックスをオン] をクリックします。
    9. [ オプション ] タブをクリックして、 1080年 [ ポート ] ボックスに入力します。
  3. Web 要求の送信 接続設定を構成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [、使用中の ISA Server は、ISA Server を実行しているコンピューターを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
    2. [ 発信方向の Web 要求 ] タブをクリックしてを 識別するための認証されていないユーザーに求める チェック ボックスをオフ [ OK] をクリック します。
  4. 個々 の IP アドレスを LAN の設定でプロキシ例外リストとして構成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft インターネット エクスプローラーを起動します。
    2. [ ツール ] の [ インターネット オプション ] をクリックします。
    3. [ 接続 ] タブをクリックし、 LAN の設定 を実行します。
    4. ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定 ] ダイアログ [詳細設定] [ プロキシ サーバー
    5. [ プロキシの設定 ] ダイアログ] ボックスに、[ 例外 ] の次の IP アドレスを入力します。
      198.31.208.130;
      198.31.208.131;
      198.31.208.132;
      198.31.208.133;
      198.31.208.134;
      198.31.208.135;
      198.31.208.136;
      198.31.208.137;
      198.31.208.138;
      198.31.208.139;
      198.31.208.140;
      198.31.208.141;
      198.31.208.142;
      198.31.208.143;
      198.31.208.144;
      198.31.208.145;
      208.240.240.200
      メモ 17 すべての IP アドレスを入力し、セミコロン (;) を使用する必要があります各エントリの後にします。
    6. [OK を] を 3 回クリックします。

詳細

Lacerte 税金プログラムの詳細については、ご覧次 Lacerte 下さい。
http://www.lacertesoftware.com/support/lacerte_tax/index.aspx
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先の情報をサード パーティを提供します。 この連絡先の情報は通知なしに変更可能性があります。 マイクロソフトは、このサードパーティの連絡先情報の正確さを保証しません。 この資料で説明するサードパーティ製品が他社はマイクロソフトとは無関係です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性に関するします。

プロパティ

文書番号: 839503 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbtshoot kbprb kb3rdparty kbmt KB839503 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:839503
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com