Outlook 2003 Service Pack 1 の修正プログラム パッケージの説明: 2004 年 8 月 21 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 839629
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office Outlook 2003年、2004 年 8 月 21 日、Service Pack 1 の Outlook 2003 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

この修正プログラム パッケージで修正される問題

次の問題は、この修正プログラム パッケージで修正されます。
  • 841455 クリア テキストで送信されるデジタル署名付きのメッセージを指定するときに、青色のアイコンでは、Outlook 2003

以下の問題もこの修正プログラム パッケージで修正されますが (Microsoft Knowledge Base) の資料にこれまで記載されていませんでした。
  • 設定したら、
    S emove
    Outlook 2003 で特定のファイルには、レジストリ エントリの種類は、Outlook 2003 に少なくとも 1 つの英数字が含まれていない添付ファイルをブロックし続けます。たとえば、構成、
    S emove
    添付ファイルを許可するのには、レジストリ エントリ、"します。 #!"Outlook 2003 ファイル名の拡張子を引き続きブロックします。
  • プライベートとマークされている outlook 2003 のアイテムを代理人にアクセスできることがあります。代理ユーザーをドラッグして、フォルダーをコピーすると、プライベートとしてマークするアイテムをコピーしたフォルダーにプライベートできなく可能性があります。
  • Outlook 2003 は、トランスポート層セキュリティ (TLS) を使用するように構成された SMTP サーバーへのセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) 接続を確立することができません。
  • 本文では、Outlook 2003 で、大きなカスタム プロパティを含むメッセージを表示できます。
  • Access ファイルまたは Microsoft Excel ブックには、Outlook 2003 の予定表をエクスポートすると、エクスポートの予定時刻が正しく場合があります。予定の時刻が 1 時間増分で正しくないです。以下のオーストラリアのタイム ゾーンのいずれかを使用するとこの問題は不定期の予定を発生します。
    • ホバート
    • シドニー、キャンベラ、メルボルン
    • アデレード

  • 場合 Outlook 2003 でカスタムの連絡先フォームを作成、 内容を改訂します。 表示されません、 編集 メニューです。
  • Outlook 2003 で連絡先データにスマート クォートが含まれている場合は、その連絡先の差し込み印刷を実行できません。
  • 代理人の校閲者のアクセス権を持つユーザーを以前のバージョンの Outlook を使用して、Outlook 2003 の予定表アイテムを表示できない可能性があります。
  • オフライン モードで Outlook 2003 を使用するときの Outlook 2003 フォルダーを構成するルールが機能しません。また、オフライン モードでのルールを変更できません。
  • 定期的な会議から参加者を削除した場合の通知はすべての会議参加者に再送信されます、会議の取り消し通知が重複してください。
  • 2 つ以上の証明書がない場合、最新の失効日を Outlook 2003 が証明書使用できません。
  • 月ビューを使用して、Outlook 2003 の予定表を印刷すると、色が正しく予定のラベルの印刷されないことがあります。
  • プログラムによって電子メールを送信すると、スタイル シートが適用されず、添付ファイルが電子メール メッセージに表示されません。
  • Outlook 2003 でユーザー設定の連絡先フォーム、フォームのコードが含まれている場合拡張文字表示されません。
  • プログラムによって、Outlook 2003 の WordMail メッセージ内に埋め込まれている Microsoft Word 文書を保存するができない場合があります新しいメッセージを作成します。この問題が発生すると、次の現象が発生する可能性があります。
    • 新しい電子メール メッセージを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
      Microsoft WordMail を起動できませんでした。Word のダイアログ ・ ボックスを閉じてからやり直してください。
    • Outlook 2003 を終了すると、次のメッセージを受け取ることがあります。
      ダイアログ ボックスがアクティブであるため Microsoft Word を閉じることができません。最初に Microsoft Word を切り替える、ダイアログ ボックスを閉じます。
    • タスク マネージャーを使用して以外 Word を終了できません。
  • Outlook が実行されていないときに、サード ・ パーティ製 Outlook 2003 アドインで使用すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    Outlook は、この問題が発生したため終了します。当社は、ご不便を申し訳ありません。
    エラー メッセージの詳細を表示する場合は、次のようなエラー署名が表示されます。 Application Name Application Version Module Name Module Version Offset ---------------------------------------------------------------------------- outlook.exe 11.0.5510.0 msmapi32.dll 11.0.5601.0 3f2cc673
  • 上のパブリック フォルダーが常駐する、Outlook 2003 の連絡先に電子メール メッセージを送信しようとすると、パブリック フォルダーに書き込みアクセス許可を持たない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    このオブジェクトで操作を実行する権限はありません。フォルダーの連絡先か、システム管理者を参照してください。

  • 閉じるまたは、電子メール メッセージに含まれているアラームの再通知するときに、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    アラームをオフにすることはできません。再度通知します。
    次の条件がすべて満たされている場合この問題が発生する可能性があります。
    • アラームを含む電子メール メッセージが暗号化されます。
    • アラームを含む電子メール メッセージがデジタル署名されています。
    • は、 署名されたメッセージを送信すると、クリア テキスト署名付きメッセージを送信します。 チェック ボックスがオンでない、 セキュリティ タブには オプション ダイアログ ボックスです。

  • Outlook 2003 のメールボックスに電子メール メッセージをインポートしようとすると、Outlook メールボックスがサイズ制限に達した後に各メッセージをインポートしようとします。
  • ローカル フォルダーまたはネットワークの場所に Outlook からメッセージをコピーすると outlook 2003 はメモリ リークが発生します。
  • カスタム アクションを含む Outlook 2003 フォームを開こうとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    カスタム アクションをインストールできませんでした。
  • Outlook 2003 が突然終了をクリックすると、 スケジュール 個人を含む会議出席依頼] タブ配布リスト (PDL)。
  • 読み取り専用の状態で添付ファイルを開くことができます。次の順序で、次の操作を実行する場合この問題が発生する可能性があります。
    • Outlook 2003 では、閲覧ウィンドウから添付ファイルを開きます。
    • 開いている電子メール メッセージ ウィンドウ内の添付ファイルを開きます。

  • キャッシュ モードで Outlook 2003 を使用中に他のユーザーの予定表を表示する場合は、しばらくすると、予定表から非表示にするには、繰り返しの予定開始します。Outlook 2003 の起動時にこの問題が発生する可能性があります、 /cleanfreebusy スイッチです。
  • デジタル署名と開いている添付ファイルを持つメッセージを移動すると、デジタル署名を上書き可能性があります。添付ファイルが変更または保存されていない場合でもこの現象が発生する可能性があります。
  • マップされたドライブは、クリックした場合は利用できません。 参照 Outlook 2003 でフォーム テンプレートを開くしようとします。
  • フォルダーは、Outlook 2003 では表示されません。 Outlook Today 約 130 文字より長いフォルダー名の場合のウィンドウです。
  • メッセージは完全にマークされている場合、別のフォルダーにメッセージをコピーすることができない場合があります。
  • Outlook 2003 の予定表ビューで複数のタイム ゾーンを表示すると、時刻が正しく表示されます。次の条件に該当する場合この問題が発生する可能性があります。
    • 1 日または 5 日間のレイアウトでは、Outlook 2003 の予定表ビューを使っています。
    • 2 つのタイムゾーンは予定表] ウィンドウに表示されます。
    • 時間は 60 分間隔で表示されます。
    • タイム ゾーンのいずれかからの時差は 1 時間とは異なります。たとえば、次のタイム ゾーンから 1 つの 30 分でニューファンドランド島のタイム ゾーンとは異なります。ニューファンドランド島のタイム ゾーンで - 03: 30 に世界協定時刻 (グリニッジ標準時) を調整します。
  • Outlook 2003 の予定表の稼働日で、連続していない日を選択すると、いくつかの稼働日、稼働日ビューでは表示されません。
  • 既定のメッセージ形式がテキスト形式またはリッチ テキストに設定されている場合、Outlook 2003 の受信トレイの"ようこそ"電子メール メッセージが誤って表示されます。
  • デジタル署名または暗号化 Outlook 2003 電子メール メッセージに Outlook のアドインを使用して変更すると、変更任意の効果があります。
  • 新しい outlook アイテムを開いたときに、Outlook 2003 で設定するキーボード入力言語が予期せず変更可能性があります。
  • 使用すると、サードパーティへのアクセスに、Outlook 2003 のストア アドインには、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    メモリまたはシステム リソースが不足します。いくつかのウィンドウを閉じてもう一度やり直してください。
    次の条件がすべて満たされている場合この問題が発生する可能性があります。
    • Outlook キャッシュ モードではありません。
    • オフライン フォルダー ファイル (.ost) が無効になっています。
    • サード ・ パーティ製ストアは、以前の Outlook セッションから拡張されています。
    • くださいアクセス] をクリックして、新しいメッセージを作成 新しいをクリックして 高度なオプション で、 その他の Outlook のタブ オプション ダイアログ ボックスです。
  • Outlook 2003 で予定表アイテムをエクスポートすると、選択した日付の範囲外にあるアイテムもエクスポートできます。
  • 代理人ユーザーに、以前のバージョンの Outlook を使用して参照者のアクセス許可を付与する場合は、そのユーザーは、Outlook 2003 にアップグレードした後、予定表のアイテムにアクセスできる可能性がありますできません。
  • Outlook 2003 の会議を更新しようとすると、会議の場所が消えることがあります。
  • 0 か月の空き/予約済み情報を公開するのには、Outlook 2003 を構成すると、Outlook は、空き/予約済み情報はまだ公開されてことを示す赤いマークを表示するのではなく、空き時間とビジー時間報告します。
  • 電子メール エディターとして Word 2003 を使用して HTML 形式の電子メールを送信するを Outlook 2003 電子メール自動署名に画像ファイルを挿入できません。

詳細

この問題は、最初が service pack に含まれている修正プログラムで修正されました。最新の Office 2003 service pack をインストールする場合は、修正プログラムをインストールしていません。

サービス パックの情報

この問題は、Office 2003 Service Pack 2 で修正されています。

この問題を解決するには、Office 2003 の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
870924 Office 2003 の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

  • この修正プログラムの最適化バージョンは、post-Office 2003 Service Pack 1 (SP1) の修正プログラムです。修正プログラムをインストールするには、Office 2003 SP1 をインストールする必要があります。 Office 2003 SP1 の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    842532Office 2003 Service Pack 1 の説明

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以降の修正プログラムによって置き換えられます。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
883942Outlook 2003 Service Pack 1 の修正プログラム パッケージの説明: 2004 年 9 月 2 日


レジストリ情報

作成またはこのパッケージに含まれる修正プログラムのいずれかを使用すると、レジストリ キーを変更する必要があります。 作成または変更する必要があります、レジストリ キーの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
867807Microsoft Office Outlook 2003年クライアント Outlook をオフライン モードで使用することはできません。


修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要のファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。

情報をダウンロードします。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   23-Aug-2004  15:51  5.0.2919.6304   5,258,272  Office2003-kb839629-glb.exe  

Microsoft Windows インストーラー MSP ファイル情報:
   Date         Time       Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   21-Aug-2004  00:07   8,669,696  Outlookff.msp
   20-Aug-2004  18:58   3,433,984  Outlookop.msp

この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります、次のとおり。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   18-Aug-2004  07:25  11.0.6400.0        76,488  Dlgsetp.dll      
   18-Aug-2004  07:26  11.0.6400.0       132,296  Envelope.dll     
   18-Aug-2004  07:18  11.0.6400.0       345,800  Exsec32.dll_0001
   18-Aug-2004  07:31  11.0.6400.0       122,056  Impmail.dll      
   18-Aug-2004  07:55  11.0.6400.0       158,912  Oladd.fae
   18-Aug-2004  07:58  11.0.6400.0       152,256  Olappt.fae
   18-Aug-2004  07:58  11.0.6400.0       117,952  Oljrnl.fae
   18-Aug-2004  07:55  11.0.6400.0       113,344  Olmail.fae
   18-Aug-2004  07:58  11.0.6400.0       104,640  Olnote.fae
   18-Aug-2004  07:41  11.0.6400.0       146,624  Oltask.fae
   18-Aug-2004  07:28  11.0.6400.0     7,572,680  Outllib.dll      
   28-Apr-2004  06:10  11.0.6353.0       196,296  Outlook.exe      
   18-Aug-2004  07:18  11.0.6400.0       140,480  Outlph.dll       
   18-Aug-2004  07:24  11.0.6400.0        44,744  Outlvbs.dll_0001
   11-Mar-2004  22:01  11.0.6254.0        74,936  Rm.dll           
   18-Aug-2004  07:41  11.0.6400.0       100,552  Transmgr.dll 

注意事項

  • この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、パッケージが含まれている Readme.txt ファイルを参照してください。
  • 2 つの MSP ファイルの違いの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://office.microsoft.com/en-us/orkXP/HA011525711033.aspx

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
この問題は Office 2003 Service Pack 2 で修正されました。

関連情報

Microsoft リリース後のソフトウェアを修正するときに使用される用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 839629 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup kboffice2003presp2fix kbhotfixserver kbonenote2003sp2fix kboffice2003sp3fix kbautohotfix kbmt KB839629 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:839629
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com