ISCSI テクノロジ コンポーネントの Exchange Server のサポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 839686
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料でインターネット小規模コンピューター システムを説明します。インターフェイス (iSCSI) です。ISCSI の互換性と iSCSI サポートこの資料について説明します。Microsoft Exchange 2000 Server および Microsoft Exchange 2003サーバーです。

詳細

iSCSI の概要

iSCSI は、インターネット プロトコル (IP ベースの) メソッドです。小規模コンピューター システム インターフェイス (SCSI) コマンドを送信するように設計されて。IP パケットを TCP/IP ネットワーク経由でをカプセル化します。ユーザーとアプリケーションの要求標準を介して高性能データ ストレージ デバイスからデータを受信し、スイッチ上の IP ルーターをネットワークします。ISCSI は IP ベースであるため、データことができます。ローカル エリア ネットワーク (Lan)、ワイド エリア ネットワーク (Wan) 経由での送信リモート記憶域の場所にインターネットを経由して。マイクロソフトのオペレーティング システムiSCSI ハード_ディスク ユーザーと Exchange Server 2003年などのプログラムを表示します。Exchange 2000 Server ユーザーに直接の接続されているハード ディスクとして、またはコンピューターです。

iSCSI の導入

Microsoft Exchange を展開するときに注意することを推奨します。Server 2003 では、iSCSI または Exchange 2000 Server では、iSCSI を使用します。ISCSI を使用するためTCP/IP ネットワークでは、ブロックのデータを転送するのには、SCSI 転送プロトコル、従来にはないコンポーネントは、ネットワークの関与が生じることがあります。高速な入出力パスとしての思考の。最大限に活用するには、ことを確認、データ ・ パスに関連するネットワーク コンポーネントに適していますiSCSI ディスクの帯域幅を転送します。いることを確認するのには、帯域幅を確実です。ディスクの転送は、また、ディスクを共有していないおI/O パスが他のネットワーク トラフィック。

ハードウェアの選択

場合は、ネットワーク (SAN) ハードウェアのファイバ チャネル記憶域またはiSCSI SAN のハードウェア設計を Windows ロゴ プログラムの iSCSI を渡しましたExchange Server 2003年で、ハードウェア デバイスは、ハードウェアがサポートされてもExchange 2000 サーバー。ない追加認定は、つまり、Server 2003 または Exchange 2000 サーバーので、このように提供されていますWindows ロゴ プログラムです。下で修飾されてハードウェア コンポーネントを表示することができます。Microsoft Windows 2000 および Windows のロゴの設計プログラムWindows Server カタログの Microsoft Windows Server 2003。詳細についてはWindows Server カタログの詳細については、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/evaluation/suppapps/wscatalog.mspx
詳細については、直接接続型ストレージ(DAS)、ネットワーク接続ストレージ (NAS) またはストレージ エリア ネットワーク (San) で Exchange Server、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしています。
317173Exchange Server とNAS
Microsoft する必要がありますそのストレージ ・ システムExchange Server のクラスターでクラスター化されたサーバー上のデータを限定します。実装および Exchange Server データをサポートするように設計されて。ストレージ ・ システム実行では、クラスター化されていない環境が使用に適してことがありますクラスター内でします。クラスター化された Exchange の SAN または iSCSI ソリューションを使用する場合環境は、強くお勧めことを確認を完了クラスター化ソリューションは、ハードウェア互換性を渡しました「限定受信したクラスター"ソリューション ロゴ (HCT) をテストし、、テストします。場合は、個々 のコンポーネントを組み合わせると、デバイス、マイクロソフトでは保証しません特定の配置では、クラスター構成でだ. します。これです。Windows Server では、真の個人の場合でもコンポーネントが一覧表示されます。カタログです。

マイクロソフトも特定の検討をすることをお勧め機能の要件を使用しているハードウェアを選択するとします。たとえば、オンラインボリューム シャドウ コピー サービスを使用するとスナップショット ・ バックアップはサポートされて適切なボリューム シャドウ コピー サービスのハードウェアを持つ iSCSI ハードウェアプロバイダーです。 ボリューム シャドウ コピー サービスの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822896Exchange Server 2003年データのバックアップボリューム シャドウ コピー サービス
クラスター化された Exchange サーバーを構成する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
317173Exchange Server とNAS
ISCSI ハードウェアに関する詳細については目的の Windows ロゴ プログラムが経過、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://www.microsoft.com/windowsserversystem/storage/technologies/iscsi/default.mspx
マイクロソフトは、ギガビット イーサネットを使用することをお勧めします。ギガビットイーサネットは、ファイバ ・ チャネルのようなエラー率があります。場合は、ストレージファイバ ・ チャネルを使用する Exchange 環境をサポートしているエリア ネットワーク (SAN)または iSCSI SAN ストレージ ベンダーに問い合わせることおパフォーマンスと構成の推奨事項

ハードウェアのパフォーマンスの評価

Microsoft が提供しているパフォーマンスを使用することをおSAN、DAS 構成をテストするのには、Jetstress などの評価ツール構成、または NAS の構成構成を満たしていることを確認するのにはパフォーマンスの要件。

Jetstress の詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
ドキュメントですか。FamilyID = の 94b9810b ・ 670e ・ 433a ・ b5ef ・ b47054595e9c & displaylang = en

Microsoft iSCSI イニシエーター サービス

永続的なターゲットはデバイスによって識別される、同じ IP またはメディア アクセス制御 (MAC) アドレスでは、各セッションで。使用永続的なターゲットが必要な Exchange サービスに依存である、Microsoft iSCSI イニシエーター サービス (msiscsi)。イニシエータ サービスはサービスであります。管理するすべての iSCSI イニシエーターを持ち、ネットワーク アダプターやホスト バスなどオペレーティング システムのためのアダプター (Hba)。ISCSI イニシエーター サービス探索の情報を集計し、セキュリティを管理します。

確認するのには永続的なボリューム iSCSI コマンド ・ ラインを使用することおインターフェイス (iscsicli を使用)] コマンド persistentlogintarget またはiSCSI 開始側のコントロール パネルのツールです。ISCSI サービスを許可するにはiscsicli を使用コマンドを使用することができます、永続的なボリュームの一覧を構成します。 bindpersistentvolumes または、iSCSI 開始側のコントロールパネルのツールです。

メモ すべてのサービスを Microsoft iSCSI に依存する場合は、開始側のサービスをする必要があります手動で、サービスの停止、アップグレードする前に、またはMicrosoft iSCSI イニシエーター パッケージを削除します。

その他の情報

Exchange 2007: ストレージ ・ テクノロジー
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb738146 (EXCHG.80)

Exchange 2010: 理解の記憶域の構成
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee832792.aspx

ISCSI テクノロジと Microsoft のサポートに関する詳細はiSCSI は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserversystem/storage/technologies/iscsi/default.mspx

プロパティ

文書番号: 839686 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB839686 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:839686
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com