Windows Small Business Server 2003 ネットワーク上に Office Live Communications Server 2003 をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 840415 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

インストールし、Microsoft Windows Small Business Server 2003 ベースのネットワークで Microsoft Office Live Communications Server 2003 を構成する方法について説明します。

詳細

マイクロソフトは、Microsoft Windows Server 2003 を実行するはするが実行していないも Windows Small Business Server コンピューター上で Live Communications Server をインストールすることを推奨します。 この構成は、Windows Small Business Server のリソースを解放し、Live Communications Server ソフトウェアのアップグレードを将来簡単可能性があります。 ただし、別のサーバーを利用できない場合は Windows Small Business Server を実行するコンピューターに Live Communications Server をインストールすることができます。

Windows Small Business Server 2003 を実行してはコンピューターまたは Windows Small Business Server 2003 ネットワーク上にある Windows Server 2003 ベースのコンピューターは、Live Communications Server をインストール、次の手順に従います。
  1. 確認する Microsoft Exchange Server の外部の電子メール ドメイン名、構成する Windows Small Business Server を実行しては、コンピューターで電子メールの構成とインターネット接続ウィザードを実行がしてください。 たとえば、example のような電子メール ドメインよう構成していることを確認します。 com

    メモ このプロシージャはデフォルト ドメイン名に対して、セッション開始プロトコル (SIP) 統一リソース識別子 (URI) 各ユーザーに対して構成します。
  2. Live Communications Server をインストールします。 これを行うには、Microsoft Office Live Communications Server 2003 セットアップを実行、[ ホーム サーバー ] をクリックし、 インストール します。 Live Communications Server のセットアップ ウィザード Live Communications Server のインストールを完了する手順を実行します。

    メモ Live Communications Server セットアップ プログラムを実行すると、リアルタイム通信 (RTC) サービスのユーザー アカウントを作成する必要があります。 このアカウント用の強力なパスワードを作成することお勧めします。
  3. Live Communications Server を起動します。 これを行うには、 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ Live Communications Server ] をクリックします。
  4. ユーザー サービス グローバル設定 ] を右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. [ ドメイン ] タブで、外部の電子メール ドメインが表示されない場合、[ 追加 ] をクリックし、外部の電子メール ドメインを入力 [OK] をクリックします。 たとえば、入力 examplecom
  6. [ [OK] をクリックして終了 Live Communications Server。
  7. 外部の電子メール ドメインの新しい前方参照ゾーンを作成します。 たとえば、example 新しい前方参照ゾーンを作成します。 com。 これを行うには、手順は Windows Small Business Server を実行して、コンピューター。
    1. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ DNS ] をクリックします。
    2. 前方参照ゾーン ] を右クリックして、[ 新しいゾーン ] をクリックします。
    3. [ 次へ ] をクリックして [ プライマリ ゾーン ] をクリックして、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    4. Active Directory フォレスト example.local 内のすべての DNS サーバーに example.local は、ドメインの名前にはクリックします。
    5. 次へ] をクリックして [ ゾーン名 ]、外部の電子メール ドメインの名前を入力し、[ 次へ] </a0> をクリックします。 たとえば、入力 examplecom、し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    6. 許可だけ安全な動的更新 (Active Directory に推奨) 次へ] [完了] をクリックします。
  8. 作成した新しい前方参照ゾーンを展開、新しい前方参照ゾーンを右クリックして [ その他の新しいレコード ] をクリックします。
  9. リソース レコード種類の選択 </a0>] はして レコードの作成 [ サービスの場所 (SRV) をクリックします。
  10. サービス リストをで _sip を入力します。
  11. プロトコル 、[ボックスの一覧 _tcp このオプションが選択されていない場合。
  12. [ ポート番号 ] ボックスに、 5060 を入力します。
  13. ホストはこのサービスを提供 ] ボックスに、[Live Communications Server を実行しているコンピューターの内部ホストの完全修飾名前を入力します。
  14. [OK ] をクリックし、 終了 します。
  15. Live Communications Server を再起動します。 これを行うには、手順 Live Communications Server を実行しているコンピューターで。
    1. Live Communications Server を起動します。
    2. サーバー を展開し、サーバーを右クリックし [ 停止 ] をクリックします。
    3. サーバー] を右クリックし、 開始 します。
  16. 2 つのネットワーク アダプターをされている Windows Small Business Server コンピューターで Live Communications Server を実行している場合は Windows Small Business Server を実行しているコンピューターの内部 IP アドレスのみをリッスンする Live Communications Server を構成することを推奨します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Live Communications Server を起動します。
    2. サーバー を展開し、サーバーを右クリックし [ プロパティ ] をクリックします。
    3. [ 接続 ] タブ すべて には、 接続 の一覧から [し、[ 編集 ] </a0> をクリックします。
    4. この IP アドレス Windows Small Business Server を実行しているコンピューターの内部 IP アドレス、[ OK] を 2 回クリック します。
    5. Live Communications Server を再起動します。
  17. Live Communications Server へのユーザー アクセスを有効、には、ユーザーのプロパティで、SIP アドレスとホーム サーバーを指定します。 これを行うには、手順は Windows Small Business Server を実行して、コンピューター。
    1. Windows Small Business Server の Server、[ユーザーの追加ウィザード] を使って新しいユーザーを作成します。
    2. 作成した新しいユーザーを右クリックし、 プロパティ を実行します。
    3. [ ライブ コミュニケーション ] タブをクリックして] をオン、 このユーザーのライブ コミュニケーションを有効にする ] チェック ボックス [ことを確認し sip: usernameexample. com [ SIP URI ] ボックスに表示します。
    4. ホーム サーバー ] には、Windows Small Business Server 2003 コンピューターの完全修飾ドメイン名前をクリックします。
    5. [ 適用 ] をクリックし、 [OK] を実行します。
  18. クライアント コンピューター上の Live Communications Server に接続、Microsoft Windows Messenger 5. 0 以降をインストールしてから構成 SIP アカウントを使用してサインインをします。

    メモ MSN Messenger を使用して Live Communications サーバーに接続することはできません。

    Windows Messenger 5. 0 をダウンロードするには次、Web サイトを参照してください。
    Windows Messenger 5.0


    SIP アカウントを使用してサインインする Windows Messenger 5. 0 を構成するには、次の手順に従います。
    1. [ ツール ] メニューの Windows Messenger 5. 0 で [ オプション ] をクリックします。
    2. [ アカウント ] タブ のオプション のダイアログ] をクリックします。
    3. [ 個人用の連絡先を SIP コミュニケーション サービスのユーザーを含める ] チェック ボックスをクリックして、ユーザーのサインイン名 [ サインイン名 ] ボックスに入力します。 たとえば、入力 usernameexample: com
    4. [OK ] をクリックし、 サインインするにはここをクリック します。
ユーザーから内部ドメインに外部リソースにアクセスできない場合、は、以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料の手順この問題トラブルシューティングに役立ちます。
300679内部の Web クライアントは、外部でホストされている Web サイトにアクセスできません。
Live Communications Server のインスタント メッセージをアーカイブする方法については、"展開および IM コンテンツのアーカイブの管理"ライブ通信サーバーのヘルプ トピック。 これを行うには、次の手順に従います。

メモ Live Communications Server コンピューターを通過するすべての会話を保持する場合にのみインスタント メッセージのアーカイブを有効します。 インスタント メッセージをアーカイブするには、Microsoft SQL Server 2000 をインストールしなければなりません。
  1. Live Communications Server を起動します。
  2. メニューの ヘルプ ] をクリックして トピックの検索
  3. Microsoft Office Live Communications Server 2003、Standard Edition の展開を する方法 を展開し 展開と IM コンテンツの管理のアーカイブ を展開します。
  4. 「メッセージ キューのインストール」</a0>」を表示され、「インストール Live Communications サーバー IM アーカイブ サービス」のトピックを参照してください。

プロパティ

文書番号: 840415 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Office Live Communications Server 2003
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbdeployment kbmt KB840415 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:840415
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com