.NET Framework を使用して Office のアドインの設計について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 840585 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office XP とそれ以降のバージョンの Microsoft Office いくつかの Microsoft Visual Studio .NET を使用して作成できるアドインの種類があります。次の種類のアドインを作成できます。
  • オフィス COM アドイン
  • Microsoft Excel のオートメーション アドイン
  • Excel RTD サーバー
  • Microsoft Word WLL
  • Excel の XLLs
この資料、.NET の使用に関する情報が含まれている Office の以前の種類を作成するための開発プラットフォーム アドイン。

詳細

COM アドイン

COM アドイン、オートメーション アドインの場合、RTD サーバー Office コンポーネント オブジェクト モデル (COM) の周囲に作成されたアドインの種類があります。COM 相互運用サービスは、マネージ コードと COM サーバーの間でのラッパーを使用して COM サーバーとの通信に、.NET 環境で実行されるマネージ コードを許可するのには、共通言語ランタイムによって提供されています。このラッパーは、相互運用機能アセンブリ (IA) として知られています。

任意の数の IA する特定の COM 型を記述することがありますが、1 つだけ IA プライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) と見なされます。PIA タイプの発行者によって定義されている型の公式な説明を含むし、も、型、マネージ コードから使いやすく特定のカスタマイズ内容が含まれている可能性があります。COM 型の発行者によって指定されていない任意 IA は、非公式であると見なされ、避ける必要があります。Microsoft は、Office XP 用およびそれ以降のバージョンの Office PIA を提供します。 マネージ コード COM ベース用のアドインの Office を開発する場合は、対象の Office のバージョンに一致するマイクロソフトが提供される PIA を使用する必要がありますアプリケーション。

Office XP PIA を .NET に設計されています Framework 1. 0。Office XP PIA はダウンロード可能なし、.NET ソリューションを再配布することがあります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
328912Microsoft Office XP 用の PIA のダウンロード
Office 2003 およびそれ以降のバージョンの Office PIA は Office がセットアップ プログラム。Office PIA は、コンピューター、.NET Framework 1. 1 またはそれ以降のバージョンの .NET Framework を既に持っている場合は、プログラムをインストールする Office セットアップでインストールされている可能性があります。Microsoft Office プライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) 再配布可能なを使用して Office PIA を配布することができます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
897646Office 2003 アップデート: プライマリ相互運用機能アセンブリを再配布可能パッケージがダウンロード可能です。
マネージ コード Office アドインの開発を行う場合は、次の情報を知っている必要があります。
  • 複数ののバージョン

    Microsoft Office PIA が backwardly 互換になることや、さまざまなバージョンの Office PIA がサイド バイ サイド実行できるように保証しません、Office アプリケーションの同じインスタンスにします。Office XP のマネージ コード アドインを Office XP PIA を構築する必要があります。Office 2003 PIA に対して、Office 2003 のマネージ コード アドインをビルドする必要があります。Office 2007 PIA に対して、Office 2007 マネージ コード アドインをビルドする必要があります。 そのため、いくつかのバージョンの Office で使用するアドイン ソリューションをビルドする場合は、アドインをサポートする Office の各バージョンのバージョンを構築して Microsoft お勧めします。
  • セキュリティ

    マネージ コードがネイティブではないため、.NET ランタイム エンジン (Mscoree.dll) は、アセンブリに対して .NET でビルドを Office コンポーネントに対する、COM のレジストリ エントリをポイントします。Mscoree.dll は、デジタル署名されていない、Office アドイン ベースのデジタル署名は安全であるかどうかを決定するので、ユーザーは、アドインを有効にするか、アドインを無効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます、マクロの警告] ダイアログ ボックスが表示されることがあります。 この現象は、アセンブリに署名する場合でも発生します。このマクロの警告] ダイアログ ボックスが表示されないようにするには、コンポーネントのカスタム"shim"を使用できます。

    マネージ COM アドインでは、Office XP の展開の詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa164016(office.10).aspx
    COM アドイン Shim ソリューションを使用してマネージ COM アドインでは、Office XP を展開する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa140200(office.10).aspx
    COM アドインは、shim を使用して Outlook 2002 の Visual Studio .NET を使用して作成されたアドインを信頼する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa140152(office.10).aspx
    スマート タグ shim ソリューションを使用してマネージ スマート タグでは、Office XP を展開する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa163615(office.10).aspx
  • 分離

    Shim を使用すると、マネージ COM アドインに個別の AppDomain に読み込まれます。これは、利点ですし、シナリオでは特に重要ですが、複数のマネージ COM アドインでは、同じ Office を処理します。アドインは、独自の AppDomain である場合、アドインは、任意のバージョンのアドインに必要な依存アセンブリ使用可能性があります。また、アドインは、大きく分離他の AppDomain で他のアドインがある場合に発生する可能性のある問題からになります。
  • セットアップ

    Visual Studio .NET には COM アドインで作成する場合は、既定のセットアップ プロジェクトをソリューションに追加されます。ソリューション内の既定のセットアップ プロジェクトには、COM アドインによって参照される PIA が含まれています。既定のセットアップ プロジェクトにはセットアップ パッケージに PIA が含まれています。でも、PIA 参照 false と PIA がグローバル アセンブリへのポインターが (GAC) をキャッシュすることは、Path プロパティに、CopyLocal プロパティが設定されている場合です。

    Office XP PIA 再頒布することがあります。Office XP PIA 再頒布すると、Office XP PIA を GAC にインストールする必要があります。ただし、Office 2003 の PIA 展開しない必要があります。その対象の Office 2003 アドインをビルドすると、Office 2003 の PIA をセットアップ プロジェクトから除外する必要があります。アドインのターゲットで Office 2003 アプリケーションが読み込まれると、アドインが正しく PIA を GAC で実行時に使用します。PIA を GAC に存在しない場合は、アドインが正しく失敗します。アドインの他のバージョンの PIA を読み込むフォールバックがありません。

Word の WLL および Excel の XLLs

Word WLL および Excel の XLLs を実装し、特定のメソッドの Word 機能を拡張および機能を Excel にエクスポートする標準の Windows DLL です。Word WLL Excel XLLs 古い CAPI テクノロジに基づいています。 あったない拡張機能となしのドキュメントへの更新 Word WLL は Office 97 以降。Excel では、更新された Excel 2007 XLL SDK http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb687883.aspx で利用できます。マイクロソフトのマネージ コードでこれらの古いテクノロジ テストは完了していません。したがって、Microsoft 表示ソリューションや、XLL ソリューションにマネージ コードを使用して推奨していません。

Office 2003 で導入されたコード ソリューションの種類の管理

Office 2003 は、.NET 開発環境をターゲットには次のようにいくつかの新しい技術が導入されました。

Visual Studio のツールの詳細については、Office のマネージ コード拡張機能の Excel と Word は、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/office/aa905533.aspx
マネージ スマート タグの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=c6189658-d915-4140-908a-9a0114953721
マネージ スマート ドキュメントの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=24A557F7-EB06-4A2C-8F6C-2767B174126F
Microsoft Office Professional Edition 2003、Microsoft Office Word 2003、および Microsoft Office Excel 2003 が特にマネージ コード拡張機能をロードするように設計されています、スマート タグ ソリューションを管理およびスマート ドキュメント ソリューションの管理、ローダーが含まれます。

関連情報

詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の記事を表示するのには、以下資料番号をクリックします。
311452Visual Studio .NET を使用して Microsoft Office ソリューションを開発する
830519BUG: Cancel パラメーター Office イベントに対して Visual Studio .NET 2003 では無視されます。
詳細については、Microsoft Office 開発に Visual Studio は、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa188489(office.10).aspx

プロパティ

文書番号: 840585 - 最終更新日: 2010年4月5日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Small Business 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Students and Teachers Edition 2003
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Students and Teachers
  • Microsoft Office XP Developer Edition
キーワード:?
kbinfo kbexpertisebeginner kbmt KB840585 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:840585
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com