Office サーバー製品と Windows SharePoint Services によって使用されるデータベースへの変更のサポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 841057 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

を「対象」に記載されている Microsoft Office サーバー製品Microsoft SQL Server データベースにデータを格納します。これらの製品がさまざまな格納を使用します。通常の処理の手順します。Microsoft SQL Server では、データベースでは、これらの製品の成功した操作をすることが重要です。

詳細

「対象製品」として記載されている製品は、データベースの構造を使用して SharePoint の開発チームが仕様どおりにテストされておらず、その構造に基づいてリリース承認されました。関係者エージェントは、Microsoft SharePoint の開発チームまたは Microsoft SharePoint サポート、データベース スキーマに変更を加えるは、データを変更または SharePoint データベースに対してアドホック クエリを実行すると Microsoft 確実に効果をこれらの製品の動作を予測できません。例外は「サポートされているデータベースの変更」に記載されています。

サポートされていないデータベースの変更の例が、次のものではないです。
  • データベース トリガーの追加
  • 新しいインデックスを追加またはテーブル内の既存のインデックスを変更します。
  • 追加、変更、または、プライマリまたは外部キーのリレーションシップを削除します。
  • 変更または既存のストアド プロシージャの削除
  • 既存のストアド プロシージャを直接呼び出す、に従って以外、 SharePoint プロトコルのマニュアル
  • ストアド プロシージャの新機能を追加します。
  • 追加、変更、またはデータベースの「対象」に記載されている製品のいずれかの任意のテーブル内のデータを削除します。
  • 追加、変更、または列内のすべてのデータベースは、「対象」に記載されている製品のいずれかのテーブルを削除します。
  • データベース スキーマに変更を加えるをこと
  • データベースは、この資料の「対象」に記載されている製品のいずれかテーブルの追加
  • データベースの照合順序を変更します。
  • (これらのコマンドは、関連付けられているデータベースのインデックスを更新するとただし、DBCC_CHECKDB と REPAIR_FAST と REPAIR_REBUILD を実行して、サポートされます。) REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS で DBCC_CHECKDB を実行しています。
  • SQL Server の変更データ キャプチャ (CDC) の有効化
  • SQL Server のトランザクション レプリケーションを有効にします。
  • SQL Server のマージ レプリケーションの有効化


サポートの問い合わせ時に、サポートされていないデータベースの変更が検出された場合は、お客様には、少なくとも次の手順のいずれかを実行します。
  • データベースの変更が含まれていない、最新のバックアップからのデータベースの復元を実行します。
  • すべてのデータベース変更をロールバックします。

以前のバージョンのサポートされていない変更が含まれていないデータベースが利用できないか、顧客データベースの修正をロールバックすることはできない場合は、お客様のデータを手動で回復する必要があります。Microsoft SharePoint サポート データ移行支援を提供することができます前に、データベースが変更される前の状態に復元しなければなりません。

データベースの変更が必要であると判断された場合は、製品の不具合が存在し、対処する必要があるかどうかを確認するのには、サポート ・ リクエストを開いてください。

サポートされているデータベースの変更

データベースの変更を禁止の例外は、特定の使用シナリオを構成されています。
  • SharePoint 管理用のユーザー インターフェイスから開始された操作
  • 特定の SharePoint ツールおよび Microsoft (たとえば、Ststadm.exe) によって提供されているユーティリ ティー
  • 変更が、プログラムを使用して、SharePoint オブジェクト モデルを使用して、SharePoint SDK のマニュアルに準拠しています。
  • Compliance にする活動、 SharePoint プロトコルのマニュアル
また、サポート インシデントの中にまれに、Microsoft SharePoint サポート担当者顧客がありますが「対象」に記載されている製品で使用されるデータベースを変更するスクリプト。これらのケースでは、SharePoint 開発チームでは、操作の実行中が不安定なまたはサポートされていないデータベースの状態では発生しませんを確認するのにはすべての変更を確認します。Microsoft SharePoint サポート エージェントのガイダンス、サポート インシデントの中で行われたデータベースへの変更はサポートされていないデータベースの状態には発生しません。顧客スクリプトまたは Microsoft SharePoint によって外のサポートインシデント サポートの変更を再適用可能性がありますはありません。

読み取り操作の補遺

SharePoint データベースからプログラムによって、または手動で、Microsoft SQL Server では、パフォーマンスに悪影響を与えることができますの予期しないロック可能性があります。マイクロソフト サポート契約の解像度の障害として確認される場合はサポートされていません、マイクロソフト SharePoint の開発チームやマイクロソフト SharePoint のサポートが提供されていないクエリ、スクリプト、.dll ファイルから、(で) 発信された SharePoint データベースに対する読み取り操作が考慮されます。

読み取り操作がサポートされていない解像度のサポート契約の障害として識別される場合は、データベースがサポートされていない状態であると見なされます。データベースがサポートされている状態に戻るには、すべてのサポートされていない読み取りアクティビティを停止する必要があります。


関連情報

SharePoint で使用され、Office サーバー製品の関連するデータベースへの変更のサポートの詳細については、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報を確認します。
932744 メンテナンス プラン ウィザードでは、SQL Server 2005 および SharePoint データベースに対して管理者が実行できるタスクについて
930887 SQL Server 2005 のメンテナンス プランを作成した後で SharePoint Portal Server 2003年ポータル通知や SharePoint Server 2007 での検索のパフォーマンスの問題が発生します。

プロパティ

文書番号: 841057 - 最終更新日: 2013年3月28日 - リビジョン: 21.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Foundation 2013
  • Microsoft SharePoint Server 2013
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
  • Microsoft SharePoint Server 2010
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft Office Forms Server 2007
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
  • Microsoft Content Management Server 2001 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB841057 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:841057
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com