可用性とは、ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 841290
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ファイル チェックサム整合性検証 (FCIV) を計算し、ファイルの暗号化ハッシュ値を確認するコマンド プロンプト ユーティリティです。FCIV は、MD5 または sha-1 暗号化ハッシュ値を計算できます。これらの値が画面に表示したり、後の使用および検証 XML ファイル データベースに保存できます。

はじめに

この資料では、ファイル チェックサム整合性検証 (FCIV) ユーティリティについて説明します。

警告 Microsoft ファイル チェックサム整合性検証 (FCIV) ユーティリティは、ファイルの MD5 や SHA1 の暗号ハッシュを計算する、サポートされていないコマンド ライン ユーティリティです。マイクロソフトはこのユーティリティのサポートを提供していません。ご自身の責任でこのユーティリティを使用します。Microsoft 製品サポート サービス (PSS) は、ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティについての質問に応答できません。

ファイル チェックサム整合性検証 (FCIV) ユーティリティは、値を既知の適切な値と比較するファイルの MD5 または sha-1 のハッシュ値を生成できます。FCIV は、ファイルが変更されていないことを確認するのには、ハッシュ値を比較できます。

FCIV ユーティリティも重要なすべてのファイルのハッシュを計算して値は、XML ファイル データベースに保存できます。コンピューターが破損している可能性があります、重要なファイルが変更されていることが疑われる場合は、どのファイルが変更されているを確認するには、XML データベースに対してシステム ファイルはファイルの検証を実行できます。

FCIV ユーティリティは、Microsoft Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 上で実行されます。

機能

FCIV ユーティリティは、次の機能があります。
  • (既定値は MD5 です)。 MD5 や SHA1 のハッシュ アルゴリズムをサポートしています。
  • ハッシュ値はコンソールに出力したり、XML ファイルのハッシュ値とファイルの名前を格納します。
  • 再帰的ハッシュ値のすべてのファイルのディレクトリとすべてのサブディレクトリ (たとえば、生成できます。 fciv.exe-r が正しくありません:c:\)
  • ファイルまたはハッシュするディレクトリを指定するのには、例外の一覧を提供します。
  • かかわらず、ファイルの完全なパス ファイルのハッシュ値を格納できます。

インストール

FCIV ユーティリティを入手するには、次の手順を実行します。
  1. Windows エクスプ ローラーで FCIV をという新しいフォルダーを作成します。
  2. 次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティ ・ パッケージをダウンロードします。
    リリース日: 2004 年 5 月 17日

    マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するのに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。
  3. で、 [ファイルのダウンロード ダイアログ ボックス、クリックして 保存をクリックし、ファイルを保存するのには、手順 1 で作成した FCIV フォルダー。
  4. ダウンロードが完了するをクリックします。 閉じる.
  5. FCIV フォルダー内をダブルクリックします。 Windows-KB841290-x 86-しています。.
  6. クリックしてください。 [はい] ライセンス契約に同意します。
  7. クリックしてください。 参照をクリックして、 FCIV フォルダーとクリック [OK].
  8. クリックしてください。 [OK] ファイルを抽出します。
  9. ファイルの展開が完了するをクリックします。 [OK].
  10. システム ・ パスに FCIV フォルダーを追加します。
  11. コマンド プロンプトを開始するには 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  12. 種類 fciv.exe/しますか?、し、ENTER キーを押します。
メモ FCIV が C:\FCIV ディレクトリにインストールされている場合は、入力します。 path=%path%;c:\fciv を設定します。 コマンド ・ シェルでシステム ・ パスに追加します。

使用法

構文

fciv.exe [Commands] <Options>

コマンド

  • -追加 ジョブ | dir: ハッシュを計算し、出力デバイス (デフォルト画面) に送信します。は、 dir パラメーターには、次のオプションがあります。
    • -r: 再帰。
    • ・ タイプ: ファイルの種類を指定します。たとえば、 ・ *.exe を入力します。.
    • ・ exc ファイル: これらのディレクトリを計算できませんの操作を行います。
    • wp-します。 完全パス名を格納しないでください。(既定では、FCIV が完全なパス名を格納)。
    • -接続: 各エントリのパス名から基本パスを削除します。
  • -リスト: データベース内のエントリを一覧表示します。
  • v: ハッシュを確認します。は、 v オプションには、次のオプションがあります。
    • -接続: 各エントリのパス名から基本パスを削除します。
  • -?, -h、または -ヘルプ: 詳しいヘルプを開きます。

オプション

  • -md5, ・ sha1、または -どちらも: ハッシュの種類を指定します。(既定では、MCIV. - md5)
  • xml db: データベースの形式と名前を指定します。

    メモ 使用すると、 v ハッシュ FCIV を確認することも可能にハッシュを検証するかどうかを示すために、リターン エラー コードを送信します。成功、ゼロ (0) を示し、1 はエラーを示します。リターン エラー コードでは、FCIV 自動スクリプト内のハッシュを確認するのには. します。

使用例

  • ファイルの MD5 ハッシュを表示するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    fciv.exe ファイル名
    メモ ファイル名 ファイルの名前です。
  • ファイルのハッシュを計算するには、次のコマンドラインのいずれかをようなコマンドラインを入力します。
    fciv.exe c:\mydir\myfile.dll

    fciv.exe c:\-r exc - exceptions.txt、sha1 の xml dbsha.xml

    fciv.exe が正しくありません:c:\mydir ・ *.exe を入力します。

    fciv.exe が正しくありません:c:\mydir -wp-両方の xml db.xml
  • データベースに格納されているハッシュの一覧を表示するのには、コマンドラインに次のようなコマンドラインを入力します。
    fciv.exe-リスト - sha1 xml db.xml
  • ファイルのハッシュを確認するには、次のコマンドラインのいずれかをようなコマンドラインを入力します。
    fciv.exe v の sha1 の xml db.xml

    fciv.exe-v の bp が正しくありません:c:\mydir ・ sha1 xml db.xml

データベース ・ ストレージの形式

ファイル チェックサム整合性検証 (FCIV) ユーティリティは、XML ファイル データベースにエントリを格納できます。FCIV を XML データベース ファイルのハッシュ値を格納するように構成すると、16 進数のハッシュ値は base64 でエンコードされた形式で格納されます。XML データベースを直接表示すると、ハッシュ値の base64 表現はコンソール表示の 16 進数値を視覚的には一致しません。画面には、データベースの内容を表示すると、base64 でエンコードされたハッシュ FCIV をデコードします。そのため、正しい 16 進値が表示されます。

次の例では、どのように FCIV Ntdll.dll の MD5 ハッシュ値を計算し、コマンド プロンプトが表示されますを示しています。
C:\WINDOWS\system32>fciv -add ntdll.dll
//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
6cbfd919baa7c9e03c8471ae4d8f8bb0 ntdll.dll


Base64 をエンコードして XML ファイルには、次のコマンドを使用して格納されている同じファイルのハッシュ値は、次のとおりです。
C:\WINDOWS\system32>fciv、ntdll.dll の xml c:\temp\ntdll.xml を追加します。
<?XML version="1.0" encoding="utf-8"?>
<FCIV>
	<FILE_ENTRY><name>ntdll.dll</name><MD5>bL/ZGbqnyeA8hHGuTY+LsA==</MD5></FILE_ENTRY></FCIV>


FCIV を使用して内容を表示するのには、XML ファイルに表示される値は次のとおりです。

メモ 最初の例では、計算された値に一致します。
C:\WINDOWS\system32>fciv -list -XML c:\temp\ntdll.XML
//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
Listing entries in database:
----------------------------

                MD5                             Filename
-------------------------------------------------------------------------
6cbfd919baa7c9e03c8471ae4d8f8bb0 ntdll.dll

Number of entries found: 1

検証

生成し、マイクロソフトのダウンロードのハッシュの値を確認する方法

  • ファイルをダウンロードするのには、一時ディレクトリ (C:\Temp) など。
  • ファイルの内容を抽出するを使用して、 /x スイッチです。(C:\Temp\Files など) の入力を求められたら、抽出したファイルの出力ディレクトリを指定します。

    できます、 /extract セットアップを実行せずにファイルを抽出するスイッチです。

    関連情報については、/extract スイッチは、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
    262841Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
    IExpress パッケージのセキュリティ更新プログラムがあります。場合は、次の資料で、マイクロソフト サポート技術、IExpress パッケージを抽出する方法についてを参照してください。

    197147 IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
  • 単一ファイルのデータベースを作成して、C:\Temp ディレクトリに保存するのには、次のコマンドを入力します。
    fciv.exe-c:\temp\files\ を追加します。ファイル名.dll の wp - c:\temp\files の XML c:\temp\ファイル名.XML
  • インストール済みのファイルに対して XML データベースの内容を確認するには、次のコマンドを入力します。
    fciv.exe - v の -bp c:\installeddirectory XML c:\temp\filename。XML
    メモ installeddirectory ファイルのインストール場所です。

    メモ 使用すると、 v 成功 (0) またはハッシュを確認するのには、(1) を失敗を示すリターン エラー コードもハッシュ、FCIV を確認するオプションを提供します。リターン エラー コードのため、FCIV 自動化されたスクリプトでハッシュを確認するのには. します。
  • ファイルのハッシュ値と一致する場合は、XML データベースに格納されている値はコンソールで FCIV を確認します。

Windows ディレクトリおよびすべてのサブディレクトリ内のファイルのハッシュの値を確認する方法

機密ファイルのハッシュ データベースを構築してそれらを定期的に確認することもできます。
  • データベースを作成して、C:\Temp ディレクトリに保存するのには、次のコマンドを入力します。
    fciv.exe-%systemroot%-r XML c:\temp\windows-hashes を追加します。XML
  • コンソールには、データベースの内容を一覧表示するのには、次のコマンドを入力します。
    fciv.exe-XML c:\temp\windows-hashes を一覧表示します。XML
  • 現在のファイル システムのファイルに対して XML データベースの内容を確認するには、次のコマンドを入力します。
    fciv - v の-XML c:\temp\windows-hashes。XML

プロパティ

文書番号: 841290 - 最終更新日: 2011年9月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt kmcustomerservice KB841290 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:841290
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com