クラスター内のサーバーは、Exchange 2000 は、ADPlus または Userdump を使用して、インフォメーション ストアのダンプ ファイルを作成するときにサーバーまたは Exchange Server 2003年可能性します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 841673
この記事は、以前利用可能な次の資料を統合です: 823487 と 841673
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Mad.exe、Store.exe、Emsmta.exe、Inetinfo.exe など、クラスター リソースをホストするプロセスのダンプ ファイルを作成しようとしました。これを行うには、Microsoft Windows 2000 Server ベースのクラスター上または Microsoft Exchange 2000 Server または Microsoft Exchange Server 2003 がインストールされている Windows Server 2003 ベースのクラスターでは、ADPlus または Userdump ユーティリティを使用しています。ただし、Exchange リソースが機能しなくなり、別のクラスター ノードにフェールオーバーします。

解決方法

方法 1: を「グループに影響を与える」リソース オプションをオフに

この問題を解決するには、オフにする、 グループに適用します。 リソース、情報ストアのダンプ ファイルを収集し、再びオンに グループに適用します。 オプションのリソースです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クラスター アドミニストレーターを起動します。
  2. 展開、 サーバー コンテナー、し展開 アクティブなリソース.
  3. クリックして、仮想リソースの適切なインスタンスを右クリックします。 プロパティ.
  4. クリックして、 高度な タブをオフにする] をクリックします。 グループに適用します。、し [OK].
  5. クラスター アドミニストレーターを終了します。
  6. ユーティリティ ADPlus または Userdump ユーティリティを使用して、情報ストアのダンプ ファイルを収集します。
  7. ダンプ ファイルを収集したらを有効にするのには グループに適用します。 クラスター アドミニストレーターでリソースのオプション。

方法 2: Exchange Server のタイムアウト値を大ききます。

この問題を解決するのには 600,000 ミリ秒 (10 分 600 秒) への Exchange Server のタイムアウト値を増やすことができます。既定のタイムアウト値の Exchange 2000 Server であり Exchange Server の 2003年 180,000 ミリ秒 (180 秒または 3 分)。

Exchange 2000 Server

Exchange 2000 Server では、Exchange ストアPendingTimeOut プロパティは、タイムアウトが発生する前に、そのリソースが応答しない状態にしておく時間の長さを制御します。Exchange 2000 Server では、タイムアウト値を大きくには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 表示するのには PendingTimeOut 型のプロパティ設定 クラスターの res「リソース名」/prop、し、キーを押します。 入力してください。.
  3. 値を変更するのには PendingTimeOut プロパティの種類 クラスター リソースの [リソース名]/PendingTimeOut プロパティ 600000:DWORD =、し、キーを押します。 入力してください。.

    この値は、リソースがオンラインになる最初に読み取られます。変更を加えた場合は、リソースをオフラインにして、リソースをオンラインにする必要があります。

Exchange Server 2003

Server 2003、Exchange は Exchange ストアします。 IsAliveTimeOut プロパティは、タイムアウトが発生する前に、そのリソースが応答しない状態にしておく時間の長さを制御します。タイムアウト値を大きくに Exchange Server 2003、次の手順します。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 値を変更するには、入力します。 クラスターの res<resource name="">/priv IsAliveTimeout 600000:DWORD =</resource>、し、キーを押します。 入力してください。.

    この値は、リソースがオンラインになる最初に読み取られます。変更を加えた場合は、リソースをオフラインにして、リソースをオンラインにする必要があります。

詳細

既定では、Exchange インフォメーション ストアなど、すべてのクラスター リソースが属するグループに影響を与える構成されます。クラスター サービスの詳細については上のポリシーが機能しない、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
197047Microsoft Cluster Server 上のフェイル オーバー/フェイル バック ・ ポリシー
Exchange Server クラスターの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
836566Exchange Server 2003年クラスターの IsAlive のプライベート プロパティを構成する方法

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 841673 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB841673 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:841673
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com