配布可能な Access ランタイム アプリケーションの Microsoft Office Access 2003 開発者拡張 を使って、作成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842004 - 対象製品


この資料は Microsoft Access データベース (.mdb)、および Microsoft Access プロジェクト (.adp) について記述したものです。

進める:詳しい指定そして相互とマルチユーザー スキルが必要です。

Microsoft Office 97 Developer Edition バージョンについては、次の資料を参照してください。 180284.
Microsoft Office 2000 Developer については、次の資料を参照してください 247530.
Microsoft Office XP Developer バージョンについては、次の資料を参照してください。 304007.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office Access 2003 開発者拡張 を使って、配布可能な Access ランタイム アプリケーションを作成する場合を考慮する必要がある問題については、説明します。

概要

カスタム配布可能な Access ランタイム アプリケーションを作成するために、 Access 2003 Developer Extensions を使用します。 この Access ランタイム アプリケーションが配布できます。 この Access ランタイム アプリケーションは、 Microsoft Office Access 2003 を実行していないコンピュータで実行できます。 作成する場合、考慮する必要があるミスと必要がある問題を回避するために、使用できるトラブルシューティング手順については、この資料で説明し、この Access ランタイム アプリケーションを配布します。

カスタム配布可能な Access ランタイム アプリケーションの作成方法

Access ランタイム アプリケーションを作成する場合、考慮する必要がある問題については、次に説明します。

計画を作成します。

効率的な配布可能な Access ランタイム アプリケーションを作成するために、 Access ランタイム アプリケーションのデザインを開発する必要があります。 Access ランタイム アプリケーションの設計を開発する場合、次の問題を考慮する必要があります。
  • アプリケーションをセキュリティ保護しなければならないならば、アプリケーションを保護するのを設計します。 また、アプリケーションを保護するのに使用するメソッドを確認します。
  • データベースを分割しなければならないならば、データベースを分割するのを設計します。 また、データベースを分割するために、使用するメソッドを確認します。
  • ネットワークの場所からユーザーがアプリケーションを実行するかどうか確認します。 また、ユーザーがアプリケーションにアクセスするために、ユーザーが使用する方法を確認します。
  • 最も効率的なアプリケーションを配布した後、アプリケーションを更新するために、使えるメソッドを確認します。

フォーム(レコード ビュー)を使って、配布可能な Access ランタイム アプリケーションを作成します。

フォーム(レコード ビュー)を使って、 Access ランタイム アプリケーションを作成するよう勧めます。 Access ランタイム アプリケーションで基になるクエリまたは基になるテーブルを使用する代わり、フォームを使用すると、アプリケーションと Access ランタイム アプリケーションのユーザーが対話する必要があります。 フォーム(レコード ビュー)を使って、アプリケーションを作成するとき、次が制御できます。
  • Access ランタイム アプリケーションでのユーザーに利用できるコマンド
  • Access ランタイム アプリケーションで flow-of-control
  • 外観と Access ランタイム アプリケーションの動作
  • ユーザーが Access ランタイム アプリケーションのデータにアクセスする方法
  • データが Access ランタイム アプリケーションで表示される方法

エラー処理を含みます。

Access 2003 が Access ランタイム アプリケーションで処理されなかった Microsoft Visual Basic ランタイム エラーを検出するとき、 Access 2003 がアプリケーションを閉じます。 Access 2003 は、すべてのエラー メッセージを表示しません。 アプリケーションで定義されるマクロに実行時エラーがある場合、この現象が発生することがあります。

したがってアプリケーションが実行時エラーをトラップするのを確認する必要があります。 これを行うために、 Access ランタイム アプリケーションのMicrosoft Visual Basic for Applications ( VBA )コードでのエラー処理を含める必要があります。 マクロの実行時エラーがトラッピングできないので、マクロを使用する代わり、 Visual Basic プロシージャが使用できます。

注意: 終了ステートメントの Access ランタイム アプリケーションでの使用を避ける必要があります。 トラッピングされた実行時エラーを生成することを使わないで Access ランタイム アプリケーションを閉じます。

カスタム メニュー バーとカスタム ツールバーを作成します。

Access ランタイム環境は、これにより Access ランタイム アプリケーションを変更することからユーザーを防ぐために、メニュー バーからいくつかのメニューを削除します。 たとえば、 Access ランタイム アプリケーションのすべてのウィンドウから以下のすべてのメニューが削除されます。
  • メニュー表示
  • メニュー ツール
  • 書式メニュー
前のメニューは、テーブルとクエリの Datasheet view のメニュー バーから削除されます。

Access ランタイム環境は、これにより Access ランタイム アプリケーションを変更することからユーザーを防ぐために、以下のドロップダウン メニューからコマンドを削除します。
  • 編集メニューのコマンド
  • 挿入メニューのコマンド
  • レコード メニューのコマンド
前のコマンドは、フォームのフォーム ビューとレポートの印刷プレビューに削除されます。

Access ランタイム アプリケーションのユーザーを使用できるメニューと利用できるコマンドが制御できます。 これを行うために、カスタム メニューがあるフォームを使って、アプリケーションを作成します。 Access ランタイム環境が組み込むすべての Access 2003 ツールバーを提供せず、組み込むすべての Access 2003 ツールバーをサポートしません。 ただし、 Access ランタイム アプリケーションに独自のカスタム ツールバーが追加できます。 カスタム ツールバーを作成すると、カスタム ツールバーが Access ランタイム アプリケーションの現在のデータベースに保存されます。 したがって、 Access ランタイム アプリケーションでカスタム ツールバーが自動的に使用できます。

スタートアップ オプションを追加します。

次のカスタム配布可能な Access ランタイム アプリケーションのスタートアップ オプションが設定できます。
  • アプリケーション タイトル
  • プログラム アイコン
  • カスタム メニュー バーの名
  • スタートアップ フォームの名前

強化しなければならないならば、配布可能な Access ランタイム アプリケーションのセキュリティを強化します。

Access 2003 がコンピュータにインストールされるのを持つユーザーへの Access ランタイム アプリケーションを配布すると、データベースを保護するために、いくつかの注意が必要である必要があります。 データベース オブジェクトまたはコードに変更を行うからユーザーを防止するために、以下の推奨事項を考慮する必要があります。
  • <B>コマンド ライン</B>ランタイムがどんなときをオプションする / Access ランタイム アプリケーションを開始するために、コマンドラインを使用する常に指定します

    <B> / Access ランタイム アプリケーションを展開するとき、作成されるショートカットを使って、ランタイム</B>コマンド ライン オプション適用できます。 ランタイムで、(ランタイム モードでの ある アクセス)</UITERM>がこれを行うためにこれを行うためにボックスをオンにする / Package Wizard の Shortcut Properties ページ<UITERM>をオンにします
  • ヘルプをセキュリティと表示するために、 Access データベース内のすべてのデータベース オブジェクトが Access 2003 の提供されたユーザーレベル セキュリティ ウィザードを使用します。
  • 使用がメニューをカスタマイズし、 Access ランタイム アプリケーションでのツールバーをカスタマイズしました。
  • Access ランタイム アプリケーションが開かれるとき、 Shift キーを無効にするために、 虚偽に AllowBypassKey プロパティを設定します。
  • 任意のデータベースにデータベース ウィンドウまたはデザイン ビューでの任意のウィンドウ ユーザー アクセスを潜在的に与えることができるスタートアップ プロパティを設定します。
  • Visual Basic コードがデータベースに含まれる場合、 .mde ファイルとしてデータベースを配布します。
  • VBA マクロ プロジェクトをデジタル署名します。

    VBA マクロ プロジェクトにデジタル署名を追加すると、信頼性と VBA マクロ プロジェクトの整合性のために保証できる検査可能な署名を指定します。

    信頼性があったサードパーティ商用証明書機関についての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    Microsoft ルート 証明書プログラム メンバ
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms995347.aspx
Access 2003 ランタイム アプリケーションにデジタル署名の追加方法の追加詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
832510 Access 2003 ランタイム アプリケーションにデジタル署名を追加する方法

配布可能な Access ランタイム アプリケーションをテストし、デバッグします。

Access ランタイム アプリケーションの開発時にエラーがアプリケーションで発生すると、何が発生するか考慮する必要があります。 エラーは、次のいずれかの原因でのアプリケーションで発生することがあります。
  • アプリケーションが実行される時刻で有効なコードに失敗するのが一部のランタイム条件により、発生することがあります。

    たとえば、アプリケーションのコードがユーザーが削除したテーブルを開こうとすると、エラーが発生します。
  • アプリケーションのコードには、何が欲しいか実行することからコードを防止する不正のロジックが含まれる可能性があります。

    たとえば、コードが 0 で値を除算しようとすると、エラーが発生します。

Visual Basic がプログラムを停止し、エラーがコードで発生すると、アプリケーションでのエラー処理を実装しない場合、エラー メッセージを表示することがあります。 この現象が発生すると、アプリケーションのユーザーが混同できます。 多くの問題アプリケーションで発生するかもしれないすべてのエラーを処理するために、コードで完全なエラー処理ルーチンを組み込むことによって防ぐことができます。 またエラーが発生すると、 Visual Basic プロシージャのルーチンを処理しているエラーを追加すると、プロシージャの実行パスを考慮する必要があります。

エラー ハンドラの Visual Basic プロシージャに実装に手順で On Error ステートメントが使用できます。 エラーが発生すると、プロシージャの実行パスを On Error ステートメントが決定します。 Visual Basic がプログラムを停止し、 On Error ステートメントを指定しない場合、エラー メッセージを表示することがあります。

エラーが有効なエラー ハンドラを含む Visual Basic プロシージャで発生すると、エラー メッセージを表示する代わり、エラー ハンドラにコントロールを Visual Basic が渡します。 アクティブなエラー ハンドラで、発生するエラーの種類が確認でき、エラーの発生でのプロシージャの動作が次にカスタマイズできます。

Access 2003 は、組み込む Access アプリケーションを実行すると、発生するかもしれないエラーに関する情報を含む次のオブジェクトを提供します。
  • Visual Basic Err オブジェクト
  • データ アクセス オブジェクト(DAO) エラー オブジェクト
  • Microsoft ActiveX Data Objects ( ADO ) エラー オブジェクト

ヘルプ ファイルとトピック ファイルを作成します。

重要: セクションまたはメソッドまたはタスクにレジストリを変更する方法を指示する手順が含まれます。 ただし、重大な問題がレジストリを誤って変更する場合、発生することがあります。 したがって、次の手順に慎重に従うことを確認します。 変更する前に、追加された保護にレジストリのバックアップ。 問題が発生する場合、レジストリが次に復元できます。 どのようにバックアップとどのようにレジストリを復元するかについて、詳細は、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
322756 バックアップと Windows でレジストリの復元方法


配布可能な Access ランタイム アプリケーションでは、 Access ランタイム アプリケーションに関する情報を含むカスタム ヘルプ ファイルを使用する必要があります。 そして、 Access ランタイム アプリケーションにヘルプを提供するため、次に設定する必要がある必要なヘルプ ファイルを作成する必要があります。
AppHelpFile
したがって、レジストリがキーします。 Access ランタイム アプリケーションに関連するトピックの状況依存のヘルプを作成するために、関連ヘルプ ファイルのトピック ID を割り当てることができます。

アプリケーションでカスタム ヘルプ ファイルを作成するために、 Microsoft HTML Help Workshop を使用します。

独自作成する方法の詳細については、ヘルプ ファイル 、 サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
828419 Access で HTMLHelp API または HTML ヘルプを使って、 HTML ヘルプ システムを作成する方法
Microsoft HTML Help についての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft HTML は、 SDK に 1.4 ヘルプを表示します。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms670169.aspx

ランタイム環境でアプリケーションをテストします。

クリーン コンピュータのアプリケーションを正常に実行しなければならない必要があるすべてのファイルが Access ランタイム アプリケーションの配布可能なパッケージに含まれることを確認する Access ランタイム アプリケーションをテストする必要があります。 クリーン コンピュータの Access ランタイム アプリケーションをテストするために、以下の手順を実行します。
  1. Access ランタイム アプリケーションをインストールするために、セットアップ プログラムを実行します。

    注意: クリーン コンピュータは、バージョンの newly-installed Microsoft Windows を持つコンピュータです。 また、実行されている他のアプリケーションが何もと実行されている独自のアプリケーションの含まれる他のコンポーネントがクリーン コンピュータにありません。
  2. アプリケーションをテストします。

Package Wizard を使って、配布可能な Access ランタイム アプリケーションのセットアップ ファイルを作成します。

テストする Access ランタイム アプリケーションを作成する後で、とクライアント コンピュータに Access ランタイム アプリケーションをインストールできるセットアップ プログラムを作成する必要があります。 Access 2003 Developer Extensions には、 Access ランタイム アプリケーションのカスタム セットアップ プログラムを作成する Package Wizard を含みます。

Package Wizard を実行すると、すべての Access ランタイム アプリケーションを実行するコンピュータにコピーしたいファイルの詳細を追加する必要があります。 Access ランタイム アプリケーションに必要な Access 機能を指定する必要があります。 Package Wizard に、セットアップ プログラムが Access ランタイム アプリケーションのインストールをカスタマイズする必要がある方法を指定する必要があります。 CD またはネットワーク ドライブにセットアップ ファイルがコピーできるように、仕様が Package Wizard によって基づかれて Package Wizard がアプリケーション ファイルを圧縮し、フォルダのアプリケーション ファイルを次にグループ化する。

Access 2003 が Access ランタイム アプリケーションのユーザーにコンピュータに既にインストールされない場合、 Package Wizard が Access 2003 のランタイム バージョンを含む用インストールを作成できます。

配布可能な Access ランタイム アプリケーションをパッケージ化、配布します。

Access 2003 Developer Extensions を使って、 Access ランタイム アプリケーションのセットアップ プログラムを作成した後に、 Access ランタイム アプリケーションが配布できます。 Access ランタイム アプリケーションをインストールするために、インストール CD またはネットワーク インストール フォルダに含まれるセットアップ プログラムを実行する必要があります。

注意: Access ランタイム アプリケーションをパッケージ化した後、カスタム セットアップ プログラムを変更または Access ランタイム アプリケーションに含まれるファイルを更新する必要があるならば、再度 Package Wizard を実行する必要があります。 Package Wizard の最初のページに既存の以前の Package Wizard セッションでの Access ランタイム アプリケーションの配布可能なパッケージを作成したとき、保存したパッケージ テンプレートを選択します。

関連情報

Access 2003 Developer Extensions についての詳細は、次の MSDN(Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/office/aa905403.aspx
配布可能な Access ランタイム アプリケーションの Access 2003 Developer Extensions を使って、作成方法についての関連情報は、次の MSDN Web サイトを参照してください。

Microsoft Office Access 2003 runtime-based ソリューションの構築の基本
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa167800(office.11).aspx
複雑な Microsoft Office Access runtime-based ソリューションを配置します。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa167832(office.11).aspx
詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
827491 Microsoft Office Access 2003 ランタイム環境は、 Microsoft Access データベース(.mdb)のために、と Microsoft Access Projects(.adp)のために、既定のファイルの関連付けです。
828406 Package Wizard がパスワードで保護されたデータベースに作成するショートカットは、データベースを開かないことがあります。
この資料で説明するサードパーティ製品は、 Microsoft に依存しない会社によって製造されます。 Microsoft は、これらの製品パフォーマンスまたは信頼性に関する暗黙またはさもないとの保証を何も行いません。

プロパティ

文書番号: 842004 - 最終更新日: 2007年5月18日 - リビジョン: 3.6
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2003 Developer Extensions
キーワード:?
kbhowtomaster kbpackaging kbpdwizard kbpackage kbinfo KB842004 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:842004
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com