クライアントが多数の MAPI セッションを開くと、イベント ID 9646 Exchange Server 2003年コンピューターのアプリケーション イベント ログに記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842022
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Exchange Server 2003年を実行しているサーバーでは、アプリケーションでは、次のようなイベントが記録されます。ログ:

イベントの種類:エラー
イベント ソース: MSExchangeIS
イベント カテゴリ: 全般
イベントID: 9646
説明:
Mapi セッションを終了します。"/o =組織/ou =管理グループ/cn 受信者と cn = =受信者"最大 32 のオブジェクトの種類が「セッション」を超えた。

時この問題が発生する、また、次のエラー メッセージが表示されることがあります。Microsoft Office Outlook 2003年:
開くことができません。電子メールのフォルダー。Microsoft Exchange Server コンピューターは利用できません。いずれかネットワークに問題があるまたは Microsoft Exchange Server の下保守します。

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • Microsoft Exchange Server 2003年のサービスがインストールされています。Exchange Server が 1 (SP1) をパックします。
  • クライアント コンピューターで実行されているプログラムの多くが表示されます。Exchange Server のコンピューターへの MAPI セッションです。MAPI セッションの数です。許可されている制限よりも大きくします。
  • Microsoft Office Outlook 2007 年を使用しているしを追加します。大規模なメールボックスをプロファイル。この問題場合に発生たとえば、他のメールボックスには 1000 以上のフォルダーが含まれます。
Exchange Server 2003 SP1 の数の制限を定めています。許可されている MAPI ユーザーごとのセッション。既定では、最大数の許可ユーザーごとの MAPI セッションが、16 進数値 0x20 を適用した後に設定します。Server 2003 SP1 を交換します。

メモ 16 進数値 0x20 を 10 進数の値に変換します。32。

解決方法

この問題を解決するには、最初に確認するおかどうか、MAPI セッションの制限のための潜在的な迷惑行為、ために達する、大規模な追加メールボックスが追加されたのバグのため、クライアント プログラムは、クライアント プログラムの設計のための。

場合の問題Exchange キャッシュ モードのプロファイルでは、大規模なメールボックスが追加されたために発生しますOutlook 2007 と Outlook 2007 の新しいデフォルト機能を無効にできます。この問題をします。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ この手順を実行すると、共有メールボックスにアクセスできません。これらのフォルダーは、Exchange キャッシュ モードを使用して、オフラインで作業中プロファイルです。
  1. で、 ツール メニューをクリックして アカウント設定.
  2. Exchange Server のアカウントをクリックしをクリックしてください変更.
  3. クリックしてください。 その他の設定.
  4. で、 高度な タブで、クリックしてをオフにするのには、共有フォルダーをダウンロード (メール フォルダーを除く) チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。 [OK]をクリックして 次へ,し 終了日.
クライアント プログラムのバグのため、問題が発生するかどうか、またはクライアント プログラムの設計によっては、ハードウェア ベンダーに問い合わせることお勧め次の手順のいずれかを使用できるかどうかを確認します。
  • 修正プログラムを入手します。
  • 許可情報ストア状態の表示のアクセス許可をプログラムを実行するアカウント

    メモ これらのアクセス許可を持つアカウントで実行するプログラムします。MAPI ユーザーごとのセッションの制限による影響はありません。
情報ストアの状態の表示のアクセス許可を付与するには、実行します。以下の手順します。
  1. Exchange システム マネージャーは、右 Exchange Serverオブジェクトまたは、メールボックス ストアのアクセス許可を付与する、をクリックして、 プロパティ.
  2. クリックして、 セキュリティ タブします。
  3. 付与するアカウントをクリックして、アクセスを許可します。

    アカウントが表示されていない場合をクリックします。追加、アカウントの名前をクリックし、 追加、、をクリックして、 [OK].
  4. 下に 許可します。 列を選択する] をクリックします。は、 情報ストアの状態の表示 この場合のチェック ボックスをオンにまだ選択されていません。
  5. されるすべてのアクセス許可のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。ないしをクリックして [OK].

    メモ クリックした場合は、この手順を実行する必要があります。追加 手順 3 で、アカウントを追加します。これはすべてチェックボックス、 許可します。 列を追加するときに選択されて、手順 3 でのアカウントです。
修正プログラムを入手できない場合は、構成できない場合は、情報ストアの状態の表示のアクセス許可と共に実行するのには、行うことができます。構成によって許可されているユーザーごとの MAPI セッションの数を調整します。レジストリの設定。この操作を行う場合は、最小値を決定しようと値クライアント プログラムが問題なく実行できるように、使用できます。場合は、発生高すぎるの制限では、クライアント プログラムのパフォーマンスに影響を与える、Exchange Server に含まれる ◇

インストールした後、この問題が発生した場合、スケーラブルなネットワーク パックまたは Windows 2003 Service Pack 2 が表示、次資料は、マイクロソフト サポート技術。

936594 Windows Server 2003 ベースのコンピューターで Windows Server 2003 SP2 またはスケーラブル ネットワークのパックをインストールした後、ネットワーク関連の問題が発生する可能性があります。

詳細

最大数の値を変更するのには MAPI セッションを許可します。既定のユーザーごとに、最大許容セッションごとに構成できます。ユーザーのレジストリのエントリです。これを行うには、次の手順を実行します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更する場合は、ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリが正しくします。そのため、この手順を実行することを確認します。慎重にします。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリを復元する、次の資料をクリックする方法について数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
322756 Windows でレジストリを復元する方法
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスで、しクリックしてください。 [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem
  3. 場合は、 ユーザーごとのセッションの最大入力します、次の操作を行います。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD 値.
    2. 種類 最大セッション数ユーザー エントリの名前、ENTER キーを押します。
  4. 右クリックし、 最大セッション数ユーザー クリックし、 変更.
  5. クリックしてください。 10 進数、値を入力、設定するか、 [値のデータ ボックスとクリック[OK].
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 services.msc で、 ファイルを開く ボックスで、をクリックして、 [OK].
  8. クリックして、 MSExchange インフォメーション ストアサービス、し サービスを再起動します。.

プロパティ

文書番号: 842022 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB842022 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842022
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com