ツールと Windows Server 2003 ドメインの Exchange Server ドメイン名の変更 Fixup ツールを使用しての補足手順の名前を変更します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842116
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料と、「ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名の変更」のドキュメントの手順を使用してドメイン名前を変更する方法を説明します。この Knowledge Base の資料の手順は、スタンドアロンで使用するものではありません。これらのドキュメントの手順に、「ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名の変更」の補足としてのみ用意されていますいます。ドメインの名前を変更する前に、この記事と、「ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名の変更"のドキュメントがあります。[参照] セクションを参照してください。

XDR fixup.exe ファイル Microsoft Exchange Server 2003年に Exchange ドメイン名前の変更 Fixup ツールです。Exchange Server 2003年コンピューターを含むドメインの名前を変更すると、Microsoft Windows Server 2003 ドメイン名変更ツールと共に Exchange ドメイン名前の変更 Fixup ツールを使用します。

もともと Exchange Server コンピューターを含まない Active Directory ディレクトリ サービス フォレスト内のドメインの名前を変更するのには、Windows Server 2003 ドメイン名変更ツールが設計されました。この制限には、ドメイン名の変更、Exchange 属性の数に影響を与えるため、これらの Exchange 属性を修復する方法はありませんでしたが発生しました。Microsoft Exchange Server 5.5 コンピューターまたは Microsoft Exchange 2000 Server コンピューターを含むフォレストではそのため、ドメインの名前の変更操作はサポートされていません。

Exchange ドメイン名前の変更 Fixup ツールと互換性があるので Exchange Server 2003年ドメイン名前の変更操作をサポートします。ドメインの名前の変更操作が完了した後、Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツール Exchange 属性を修復します。

はじめに

Exchange ドメイン名変更を使用する方法についてを説明します属性修正ユーティリティは Microsoft Windows Server 2003 ドメインでは、ツールを変更します。Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールのファイル名です。XDR の fixup.exe。

ドキュメントとは、ドメインの名前を変更する必要がありますツール

実行するには、ドメイン名の変更が含まれているフォレストでの操作次のドキュメントとは、次が必要 Exchange Server 2003 年ツール:
  • Windows Server 2003 ドメインに名変更ツールとはという名前のドキュメント ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更.これらのツールとドキュメントをダウンロードするのには、以下をご覧下さいMicrosoft の Web サイト:
    http://download.microsoft.com/download/c/f/c/cfcbff04-97ca-4fca-9e8c-3a9c90a2a2e2/Domain-Rename-Procedure.doc
  • このサポート技術情報の記事。情報は、この資料で届けられるに記載されている手順では、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。この資料に固有の手順が含まれています。Exchange Server です。次の手順「Exchange 固有の手順"この名前が付けられます資料です。
  • Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツール。 次に、ファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用センター:
    XDR の訪問 Fixup.exe はこのツールをダウンロードするには、。次のマイクロソフト Web サイト:
    ドキュメントですか。FamilyId = の 24B47D4A-C4B9-4031-B491-29839148A28C & displaylang = en
    リリース日:2004 年 5 月 25 日

    詳細についてはマイクロソフトをダウンロードする方法ファイルのサポートは、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。ファイルにするのに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。ファイルに許可されていない変更を防ぐ。
両方を読むことをお勧めは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメントとこの記事にドメインの名前を変更します。ドメイン名の変更操作を実行する準備がしたら、記載されている手順を開始する、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 スタイルを選択し、それらのプロシージャでは、Exchange を補完記載されているドメインの名前を変更する修正ツールの手順資料です。

Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールでは

交換、Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールを変更します。新しいドメインを反映するためには、Active Directory 内の属性は、名前設定します。ドメイン名の変更操作を実行するのには、Exchange を実行する必要があります。ドメインの名前を変更するフィックス アップ ツールとして、追加の必須手順です。Exchange ドメインRename Fixup ツールを Windows Server 2003 ドメイン名変更ツールに置き換えられない。Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールをさらに拡張しない、Windows Server 2003 ドメインの機能は、ツールを変更します。実行する必要があります。Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールは、Windows Server を実行するたびに2003 ドメイン ツール Rendom.exe を変更します。

どのような Exchange ドメイン名前の変更 Fixup ツールをしません。

いくつか変更が、Exchange には行われない組織の Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールを使用するとします。交換次のドメインの変更 Fixup ツールは実行しません。

電子メールのドメイン名を変更しません

Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールと Windows Server 2003ドメイン名変更ツールで指定されている電子メール ドメインを変更しないように、Exchange 受信者ポリシーまたはユーザー アカウントで指定されています。Active Directory のプロパティです。電子メール ドメインを変更する場合は、これは、ドメイン名の変更操作が完了した後する必要があります。 詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の記事を参照します。
263845Exchange システム マネージャーでの受信者の設定を変更する方法
822447 受信者ポリシーを使用して SMTP 電子メール アドレスを変更する方法

Exchange 組織の名前を変更しないしません。

Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールと Windows Server 2003ドメイン名変更ツールは、Exchange 組織の名前を変更するように注意してください。

Exchange 組織は、マージが行われない

Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツールを使用することはできませんまたは、Windows Server 2003 のドメイン名前を変更する 2 つの Exchange 組織を結合するためのツール異なる Active Directory フォレストを単一の為替にであります。組織です。

ドメインの名前を変更するための前提条件

Windows Server 2003 ドメイン名変更ツールを使用する前に、Exchange ドメイン名前の変更 Fixup ツールは、次の要件を満たす必要があります。
  • Windows Server のすべてのドメイン コント ローラーを実行する必要があります。2003年 Windows Server 2003 フォレストで Active Directory が。 さらに、する必要があります。機能レベルです。フォレストの機能レベルの詳細についてを参照してください、Windows ドメイン名変更ツールのドキュメントおよび Windows Server 2003参照してください。現在の機能レベルを Windows で表示するには、以下を実行します手順:
    1. Active Directory ドメインと信頼関係ツールを起動します。するにはこれを行うをクリックしてください 開始、ポイント 管理ツール、し Active Directory ドメインと信頼関係.
    2. ドメインのコンテナーを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
    3. 上に表示されている情報を表示、 全般 タブします。
    4. フォレストの機能レベルが Windows に設定されていない場合Server 2003 は、フォレストの機能レベルを上げる必要があります。

      メモ までのドメインは、フォレストの機能レベルを上げることができません。Windows Server 2003 ドメインの機能レベルを実行しています。
      詳細についてを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
      322692Windows Server 2003 のドメインとフォレストの機能レベルを上げる方法
  • 組織内のすべての Exchange Server のコンピューターする必要があります。Exchange Server 2003年を実行しています。ドメイン名変更ツールを使用することができ、Exchange ドメイン名の変更 Fixup ツール Exchange Server 2003 のみです。

    重要です Rendom.exe ツールおよび XDR fixup.exe のツールはサポートされていませんExchange Server 5.5 または Exchange 2000 Server で。場合は、Rendom.exe ツールExchange 2000 Server コンピューターは、検出されたドメイン名前の変更操作をしません。続行] します。ただし、Rendom.exe ツールで検出されないかどうか Exchange Server5.5 コンピューターに存在します。ドメインが含まれている場合は、したがって、ドメイン名の変更はありません。Exchange Server 5.5 コンピューターです。また場合は、サイト レプリケーション サービス (SRS)実行しているフォレストでドメインを開始する前に SRS を削除する必要があります操作の名前を変更します。 詳細については、次の資料をクリックします。数値は、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには:
    822450Exchange Server 2003年管理グループから最後の Exchange Server 5.5 コンピューターを削除する方法
    260781 Exchange Server 5.5 Service Pack 3 または Exchange Server 2003年に Exchange 2000 Server にアップグレードした後、モードの変更]、[組織のプロパティ] ダイアログ ボックスでが利用できません。
  • ドメイン名の変更操作を使用するには、Exchange Server する必要があります。すべてのドメイン コント ローラーにインストールされていません。ドメイン コント ローラーが実行されている場合Exchange Server のドメイン コント ローラーから Exchange データを移動する必要があります、Exchange Server を削除します。
  • 実行するのには、ドメイン名の変更手順は、そのアカウントは必要がありますを使用してエンタープライズ管理者のユーザー権利があります。使用するアカウントをする必要があります。Exchange 管理者 (完全) のアクセス許可があるも。

ドメイン名の変更の準備をしています。


実行するタスクの一覧を次に示しますドメインの名前を変更する前にします。
  • 必要なショートカットの信頼をおよびドキュメントを作成します。信頼しています。
  • DNS ゾーンを作成します。
  • 分散ファイル システム (DFS) 変更をします。
  • メンバーのコンピューターを準備します。
  • 証明機関を準備します。


XDR fixup.exe コマンド オプション

XDR の fixup.exe を使用する方法についての詳細な手順についてコマンド ライン ツールは、ドメイン名の変更操作の一部としては含まれています、"XDR fixup.exe のドメインを使用します。ツールの名前を変更します。"この資料の「。使用、XDR fixup.exe コマンド ライン ツールは次のとおりです。

XDR fixup.exe を実行するコマンドラインの使用法

XDR fixup.exe/s:start_domainlist.xml されたとおりend_domainlist.xml [/ユーザー。ユーザー名 /pwd:パスワード |*] [/トレースします。tracefile/変更点:changescript.ldf/restore。restorescript.ldf [/しますか?]
メモ このコマンドは 1 行です。読みやすいように囲まれました。

法を XDR fixup.exe を確認するのには

次のコマンドラインを使用して、変更を確認するのにはXDR で行われた、fixup.exe。
XDR-FIXUP の実行と確認してください。restorescript.ldf/changes。verifycorrections.ldf
次の表は、このオプションは、使用できます、 XDR fixup.exe コマンド:
元に戻す全体を表示する
オプション パラメーター説明
/s: start_domainlist.xmlこのオプションを指定します。開始するトポロジ構成します。は、 スタート domainlist.xml ファイルであり、最初のファイル使用して作成、 Rendom.exe/list コマンドです。
されたとおり end_domainlist.xmlこのオプションを指定する、トポロジの構成を終了しています。は、 end_domainlist.xml ファイルを変更したバージョンのです。は、 domainlist.xml ファイルを使用して、 Rendom/アップロード コマンドです。
/user:ユーザー名このオプションドメインへの接続に使用するユーザー アカウントを指定します。いずれかを使用します。UNC フォーマットなど ドメイン\ユーザー名、、またはを使用してUPN 形式など ユーザー名@ドメイン.com.このオプションを指定しない場合は、XDR fixup.exe コマンドは、接続、現在ログオンしているユーザーです。
/pwd:パスワードこのオプション使用して、指定したユーザー アカウントのパスワードを指定する、 /user:ユーザー名 オプションです。アスタリスクを指定した場合 * で、 /pwd オプション、XDR fixup.exe ツールが正しいを求めるパスワードです。
/trace。tracefileこれXDR fixup.exe のデバッグ情報を書き込むファイルのオプションの指定します。します。
/changes:changescript.ldfこれオプションで必要な変更のスクリプトを生成する、 changescript.ldf で LDIF コマンド。これらのコマンドXML 入力ファイルからのデータに基づいています。
[/restore]:restorescript.ldfこれオプションに必要な変更のスクリプトを生成する、 restorescript基づく LDIF コマンドとして .ldfxml データ ファイルを入力します。指定したファイル名も使用する必要があります。検証プロシージャにします。
確認してください。restorescript.ldfこれオプションを使用、検証の手順で確認するのには restorescript.ldf ファイル中に作成された、XDR-FIXUP の実行の操作です。
/changes:verifycorrections.ldfこれオプションで必要な変更のスクリプトを生成します。 verifycorrections.ldf 検証中にプロシージャです。これら追加の変更をアクティブにできる必要がありますです。ディレクトリです。

ツールの使用の XDR fixup.exe ドメインの名前を変更します。

ドメインの名前の変更操作を実行するには、手順、「実行するには、ドメイン名の変更手順の手順」セクション、手順、プロシージャ"は、ドメイン名の変更後"のセクションでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 記載されている手順の補足ドキュメントこの資料のこのセクションでは。この資料のこのセクションの手順を示しますから、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 新しい手順とをサポートするために必要Exchange Server の名前を変更したドメインでは。手順を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 文書で、元のステップ番号とタイトルの一覧表示します。そのドキュメント。Exchange Server をサポートするために実行する必要があります、新しい手順この資料には、特定の各を実行する必要があります場所が表示されます。な手順です。さらに、新しい手順を実行する必要がありますここで名前を変更したドメインで使用という言葉を"New Exchange Server をサポートします。Exchange 固有の手順"のタイトル。新しい Exchange 固有の手順が含まれますすべて、次:
  • 前に実行する必要があります 2 つの準備作業ドメインの名前を変更します。
  • 中に実行する必要があります 2 つの追加の手順は、ドメイン名の変更操作。
  • 後に行う必要があります 3 つの追加の手順は、ドメイン名の変更操作を完了します。
ドメインの名前を変更するには、Exchange 固有の手順を実行します。ドメインのツールの手順の順番を変更します。

ドメイン コント ローラーからの新しい Exchange 専用のステップ a: Exchange の削除

Exchange Server のすべてのドメイン コント ローラーが実行されている場合は、行う必要があります。これらのドメイン コント ローラーから、すべての Exchange データを移動し、削除Exchange ドメインとを続行する前にサーバーの操作の名前を変更します。行うにはこれは、ほかの Exchange を Exchange データを移行することをお勧めサーバー コンピューターとドメイン コント ローラーから削除 Exchange Server。

メモ 特定のドメイン コント ローラーを降格させるのには十分ではありません。メンバー サーバーの役割をします。Exchange Server からを削除する必要があります、特定のコンピューター。

Exchange の他のサポートについてサーバー 2003 年「Exchange Server 2003年技術ドキュメント ライブラリで、次のマイクロソフト Web サイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123872.aspx

新しい Exchange 固有の手順 b: 停止 Exchange Server の構成の変更

Exchange 関連のサービスで使用できない場合がありますので、ドメイン名の変更処理、Exchange Server のすべての管理操作を停止します。ドメインの名前を変更する前にします。場合は、任意の Exchange Server を加えた構成の変更を待つ全体でそれらの変更がレプリケートされるまで、ドメインを開始する前にドメイン名の変更操作。ドメイン名の変更時に操作はいない作成、削除、名前の変更、またはいずれかの移行メールボックス。

ドメイン名前の変更操作が完了した後と後Exchange Server の名前の変更操作が正常に確認して、行うことができます。Exchange Server のすべての管理作業を再開します。

手順 1: すべてのドメイン コント ローラーをバックアップします。

"ステップ 1:: 再びすべてドメインのセットアップの指示をに従ってください。コント ローラー」の ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 2: コントロール ステーションをセットアップを設定します。

「ステップ 2:: 設定を「Control Station」の指示には、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 3: 現在のフォレストの説明を生成します。

使用して、現在のフォレストの説明を生成、 Rendom.exe/list コマンドです。これを行うには、"ステップ 3:: 生成の指示に従ってください。フォレストの現在の説明」の ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 4: 新しいフォレストの説明を指定します。

組織で新しいフォレストの説明を指定します。行うにはこれは、「ステップ 4:: を指定、新しいフォレスト説明」の指示のは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 5: ドメイン名変更指示を生成します。

使用して、ドメイン名変更指示を生成、 Rendom.exe/upload コマンドです。これを行うには、「ステップ 5:: 生成手順を実行します。ドメイン名変更の指示」を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 6: ドメイン名変更指示をすべてのドメイン コント ローラーにプッシュし、DNS を確認してください。

「ステップ 6:: プッシュ ドメイン名変更指示を実行します。指示をすべての Dc と DNS の準備を確認"を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 7: ドメイン コント ローラーの対応状況を確認してください。

使用して、ドメイン コント ローラーの状態を確認、 Rendom.exe/準備 コマンドです。これを行うには、「ステップ 7:: 確認の指示に従ってください。ドメイン コント ローラー"の準備を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 8: ドメイン名変更指示を実行します。

使用して、ドメイン名変更指示を実行、 Rendom.exe を実行/ コマンドです。これを行うには、「ステップ 8:: 実行の指示に従ってください。ドメイン名変更の指示」を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

Exchange に固有の新しい Exchange Server 構成 c: 更新の手順します。

Exchange Server を更新するのには、xdr-fixup コマンドを実行します。構成します。手順の手順 8 では、ドメインの名前を変更し、ドメインを実行フォレスト内のすべてのドメイン コント ローラーの名前を変更します。実行するのにはドメイン名の変更命令スクリプトをリモート コントロール ステーションのコンピューターの問題します。各フォレスト内のドメイン コント ローラーへのプロシージャ呼び出し (RPC)。この RPC が各ドメイン コント ローラーにドメイン名前の変更の指示を実行して、[自動的に再起動します。すべてのドメイン コント ローラーの再起動後、実行、XDR fixup.exe ツールを使用して、Exchange Server の構成を更新できません。

前提条件

すべてのプロシージャから"手順 8: ドメイン名の変更を実行します。この手順では、再起動、すべてのドメイン コント ローラーのいずれかを含む」この手順を実行する前に名前が変更されたドメインを完了する必要があります。

必要な承認レベル

この手順を完了するには、Exchange のすべてが必要管理者のアクセス許可。

アクション

Xdr-fixup ツールを実行するには、次の手順を実行します。
  1. 再起動するすべてのドメイン コント ローラーを待つ名前を変更したドメイン全体を完了するドメイン コント ローラー複製します。
  2. コントロール ステーションのコンピューターでは、xdr-fixup ツールがインストールされている場合をクリックします。 開始、ポイント すべてプログラム、ポイント Microsoft Exchange、ポイントExchange ドメイン名変更ツール、し Exchangeドメイン名変更ツール.
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Xdr-fixup/s:start_domainlist.xml されたとおりend_domainlist.xml/trace。tracefile/changes:changescript.ldf/restore。restorescript.ldf
    既定値を使用して、XML ファイルを構成する場合の例については、指定された名前は、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 文書化、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    xdr-fixup/s:c:\domainrename\domainlist-save.xml/e:c:\domainlist.xml/trace:tracefile/changes:changescript.ldf/restore:restorescript.ldf
    メモ フォレストでは、1 回だけこの手順を実行することを必要としません。1 回の各コンピューターに Exchange Server です。
  4. Xdr-fixup コマンドが正常に完了すると、コントロール ステーション コンピューターをログオフし、再びログオンします。

    メモ 元のドメインにあります、 ログオンします。コンピューターにログオンするとき] ボックスの一覧します。このシナリオでは、新しく名前変更されたをクリックします。ドメイン名を ログオンします。 ログオンするとき] ボックスの一覧します。場合、開き、 ログオンします。 一覧で、元のドメイン名は表示されます。
  5. クリックしてください。 開始、ポイント すべてプログラム、ポイント Microsoft Exchange、ポイントExchange ドメイン名変更ツール、し Exchangeドメイン名変更ツール.
  6. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    LDIFDE ? i ? f changescript.ldf
  7. 名前を変更したドメイン内の各サーバー クラスターで実行、次のコマンド:
    クラスターの/priv MSExchange_Domain =DNS_Name_of_renamed_domain
  8. すべてのクラスター ノード コンピューターで用のログオン アカウントをリセットします。クラスター サービスです。これを行うには。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ services.msc で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. ダブルクリック クラスター サービス、し、クリックして、 ログオンします。 タブします。
    3. 下にあります。 ログオンします。、ユーザー アカウントを入力します。新しい参照は、UNC 形式を使用してドメインの名前を変更します。たとえば、は、 このアカウント ボックスで、[クラスター サービスのユーザー アカウントに入力次の形式:
      RenamedDomain\Clusteraccountname
    詳細については、次の資料をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
    307532コンピューター オブジェクト変更時のクラスター サービス アカウントのトラブルシューティング方法

Exchange に固有の新しいは Exchange Server のすべてのコンピューターに手順 d: を再起動します。

前提条件

すべての手順の「新しい Exchange 固有の手順 c:実行する前に Exchange Server 構成を更新する」を完了する必要があります。ここでは。

必要な承認レベル

この手順を完了するには、Exchange のすべてが必要管理者のアクセス許可。

アクション

誰が次のコンピューターを 2 回再起動します。
  • Exchange Server のコンピューター。
  • Exchange システムを実行しているコンピューターマネージャーです。
どちらのようなコンピューターを 2 回再起動する必要があります。これです。サーバーから元のドメイン名の情報を完全にフラッシュするために必要なキャッシュと、new を使用して開始するのには、Exchange 関連のサービスを有効にするのには名前を変更したドメイン名です。

メモ 「メンバーのコンピューターを再起動」のトピックでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント サーバーのすべてのメンバー コンピューターを再起動するよう指示します。2 つの時刻。ただし、既にすべてのいずれかが再起動しているので、サーバー コンピューターとすべての 1 つを実行しているコンピューターを交換します。Exchange システム マネージャー 2 倍、それを再起動する必要はありませんが2 回で、"再起動、手順を実行する場合は、その他コンピューター"のトピックでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 9: フォレスト構成への変更を許可します。

指示を使用して、フォレストへの変更を許可します。「ステップ 9: フォレスト構成を解除」の ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

手順 10: 外部の信頼を再確立します。

「手順 10:: 再確立外部信頼」の指示に従ってのは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

ステップ 11: 分散ファイル システム トポロジを修復します。

「ステップ 11:: 修正分散ファイル システムの指示をに従ってください。(DFS)トポロジー」を ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

12 のステップ: 修復グループ ポリシー オブジェクトとのリンク

指示に従います"12 のステップ: 修正プログラムのグループ ポリシー オブジェクトとリンク"に ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。

ドメインの名前を変更すると、処理が完了しました。

「後、ドメイン名の変更手順」のトピックでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 特定の検証手順と、必要なタスクを掲載します。ドメイン操作が正常に完了しました名前を変更するかどうかを確認するのには、次のように実行します。確認するのには次の 3 つ追加 Exchange 関連手順を実行する必要があります、手順は、ドメイン名の変更後の Exchange Server のインストールを完了します。次に、"後、ドメインの 1 つの見出しを表示します。プロシージャの名前を変更」のトピックでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメントおよびその他の Exchange 固有の手順行う必要があります。次の手順をする必要があるの順序で一覧表示されます。それらを実行します。
  • ドメインの名前を変更した後の証明書のセキュリティを確認してください。
  • その他のタスク
  • ドメイン コント ローラーをバックアップします。
  • メンバー コンピューターを再起動します。
  • 新しい Exchange 固有の手順 e: Exchange Server の確認操作の名前を変更します。



    メンバー コンピューターを再起動した後と後ドメイン全体のレプリケーションが完了、Exchange Server を確認します。サフィックスで更新の設定をコンピューターのプライマリ DNS がいない、ドメイン名変更のプロセス。既定では、ドメイン メンバーがそのプライマリ DNS サフィックスがあります。ドメインのメンバーシップが変更された場合は、自動的に更新します。ただし、特定プライマリ DNS サフィックスをしないようにコンピューターを構成することができます。ドメインのメンバーシップが変更されたとき、またはときに自動的に変更、自分のドメイン名前を変更します。これらの構成設定の詳細については、「どのようにする決定プライマリ DNS サフィックス設定する」のトピックを参照してください、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。この手順は検証の Exchange Server のコンピュータードメイン内で動的に構成されたプライマリ DNS サフィックスがあります。確認するのにはExchange Server の名前を変更、フォロー アップの手順を実行、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント すべてプログラム、ポイント Microsoft Exchange、ポイント Exchange ドメイン名変更ツール、し Exchangeドメイン名変更ツール.
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      Xdr-fixup の/verify:restorescript.ldf/changes:verifycorrections.ldf
      メモ ここでなかった Exchange Server コンピューターを識別します。ドメイン名変更後プロシージャの名前を変更します。この手順をのみ実行する必要があります。フォレスト内の 1 つに、各 Exchange Server の 1 時ではなくコンピューターです。
    3. 場合は、xdr-fixup ツールという結果を返します1 つ以上の Exchange Server コンピューターにされていないプライマリ DNS サフィックスがあります。ドメイン メンバーシップの変更を使用する場合のいずれかを自動的に更新、次のメソッド。
      • Exchange Server コンピューターのままにする場合そのプライマリ DNS サフィックスを自動的に変更されないようにすることを構成します。ドメイン メンバーシップを変更すると、設定は次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
        ldifde-i-f verifycorrections.ldf
      • Exchange Server が必要な場合プライマリを自動的に更新する DNS サフィックスとドメインのメンバーシップ変更は、次の手順を実行します。
        1. Exchange Server のコンピューターをクリックします。開始を右クリックして マイ コンピューター、し、クリックしてください。 プロパティ.
        2. クリックして、 コンピューター名 タブし 変更.
        3. クリックしてください。 よりを選択する] をクリックします。は、 ドメインのメンバーシップが変更されたときにプライマリ DNS サフィックスを変更します。チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
        4. 2 回コンピューターを再起動し、実行すべてのレプリケーションが完了するのに十分な時間。コンピューター後が2 回を再起動し、レプリケーションが完了したら、実行して、 XDR-FIXUP の実行 手順 1 から再度コマンド。場合、このコマンドを再実行、コマンドは、以前に作成した LDF ファイルを無視します。
        メモ Xdr-fixup ツールは、示されている場合、Exchange Server のコンピューター割り当てられている場合は、静的なプライマリ DNS サフィックスが、 プライマリ DNSサフィックスのドメインのメンバーシップが変更されたとき チェック ボックスがオンに、 [DNS サフィックスと NetBIOS コンピューター名 ダイアログ ボックスで、いることを確認コンピューターの再起動した後の 2 回、 Rendom/execute ドメイン、およびそのための十分な時間の名前を変更するのには、コマンドを実行レプリケーションを完了するを許可するように行われました。
    4. すべての RPC HTTP プロキシ サーバー経由では、名前の変更、ValidPorts レジストリ エントリで指定されているコンピューターです。これを行うには。
      1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK]. 重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
        322756 Windows でレジストリを復元する方法
      2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Rpc\RpcProxy
      3. 右側のペインでダブルクリックします。 ValidPorts.
      4. で、 [値のデータ ボックスで、変更する、ドメインをクリックし、新しいを反映するようにコンピューター エントリの名前を変更 [OK].
  • Exchange に固有の新しいステップ f: 更新は、Active Directory コネクタ

    該当する場合は、Active Directory コネクタ (ADC) でを更新、組織です。ADC を使用する場合の ADC のインストール先ドメインの名前を変更します。2 つの組織を接続します。ドメインの名前を変更するための操作はサポートされていません場合は、フォレスト Exchange Server 5.5 コンピューターまたはサイト レプリケーションを含むサービスは、Exchange に接続するために ADC が使用するドメインを変更できません。5.5 Exchange Server 2003年にします。ADC を組織間で実行する場合接続許可書を信頼しているログオン アカウントを更新する必要があります。組織間の接続許可書で、名前を変更した後を使用、ドメイン。これを行うには。
    1. 既存のドメインへの信頼を削除する位置の交換組織があるし、新しいを反映する新しい信頼の作成ドメインの名前を変更します。
    2. 新しいを反映するために、ADC サービス アカウントを更新します。ドメインと Active Directory コネクタ サービスを再起動します。これを行うには。
      1. ADC がインストールされているコンピューターをクリックします。 開始をクリックして 実行、タイプ services.msc で、 ファイルを開く ボックスで、しクリックしてください。 [OK].
      2. ダブルクリック Microsoft Active Directoryコネクタ、し、 ログオンします。 タブします。
      3. 下にあります。 ログオンします。、変更、参照を新しい名前の書式を設定、UNC を使用して、サービス アカウントドメイン。

        たとえば、 このアカウント ボックス、タイプ次の形式でサービス アカウント:
        RenamedDomain\ServiceAccountName
      4. クリックしてください。 [OK]を右クリックして Microsoft Active Directory コネクタ、し 再起動.
    3. すべて組織間の接続許可書、Active Directory のアカウント情報を更新します。これを行うには。
      1. ADC がインストールされているコンピューターをクリックします。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft Exchange、し Active Directoryコネクタ.
      2. クリックしてください。 Active Directory コネクタ(サーバー名).
      3. 右側のウィンドウで右クリックし、組織間の接続許可書をし プロパティ.
      4. クリックして、 接続 タブをしをクリックして、 変更 下にあります。 Windows Server情報.
      5. で、 として接続します。 ボックスに、入力、新しい名前が変更されたドメイン アカウントの資格情報は UNC 形式を反映します。の例では、 として接続します。 ボックスで、アカウントの資格情報を入力します。次の形式では。
        RenamedDomain\アカウント名
      6. アカウントのパスワードを入力、 パスワード ボックスとクリック [OK] 2回。
    4. すべての接続許可書を元の両方を更新します。コンピューター コンテナーと送信先コンピューター コンテナー。これを行うには。
      1. ADC がインストールされているコンピューターをクリックします。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft Exchange、し Active Directoryコネクタ.
      2. クリックしてください。 Active Directory コネクタ(サーバー名).
      3. 右側のウィンドウで、接続を右クリックします。契約をし、 プロパティ.
      4. レプリケーションの方向が含まれる場合、 Windows から Exchange へ 方向をクリックして、 からWindows タブ、およびメモに表示される組織単位ので、 Windows 組織単位 リストです。クリックしてください。 削除 各組織単位 (ou) を削除するのにはクリックしてください。 追加 各する組織単位を追加するのには新しい名前が変更されたドメインを使用します。クリックしてください。 [OK] 閉じるには、組織間の接続許可書のプロパティを指定します。
      5. レプリケーションの方向が含まれる場合、 Exchange から Windows へ 方向をクリックして、 からExchange タブで、クリックしてください 変更は、[組織] をクリックして新しい名前を変更したドメインからを使用して、クリックする単位 [OK] 2 つの時刻。
  • (ドメイン名の変更後の属性のクリーンアップRendom.exeクリーン/).この手順を実行する前に、前提条件を確認します。「属性クリーン ・ アップとドメイン名の変更」のセクションでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。
  • (省略可能) のドメイン コント ローラーの名前を変更します。
  • 新しい Exchange 固有の手順 g: ドメイン コント ローラーの名前を変更操作のフォロー アップ

    "名前変更の手順に従って、ドメイン コント ローラーを変更した場合ドメイン コント ローラー (省略可能)」トピックでは、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメントは、次の手順を実行します。
    1. 変更する受信者更新サービスに接続するのには新しく Active Directory 内のオブジェクトを更新するのには、ドメイン コント ローラーの名前を変更します。 詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
      288807受信者更新サービスのをトラブルシューティング
    2. として任意のドメイン コント ローラーが静的に割り当てられている場合ディレクトリ サービス (DSAccess) サーバーを指定する、レジストリ キーを修復します。これらの DSAccess ドメイン コント ローラー。 詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
      250570ディレクトリ サービス サーバーの検出と DSAccess の使用法
    3. 電子メール メッセージのいずれかのメッセージ キューに残っている場合Exchange Server コンピューターのと"保持する"のようですコンピューターを再起動、簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービス影響を受けるコンピューター。簡易メール転送プロトコル (SMTP) を再起動するのにはサービス:
      1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ services.msc で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
      2. 右クリックします。 簡易メール転送プロトコル(SMTP)、し 再起動.

エラーとイベント ログ

プロセス内のすべてのドメイン コント ローラーでドメイン名を変更します。フォレストを再起動します。Exchange Server のコンピューターでこれを実行している場合時間、いくつかの次のイベントを記録可能性があります。それらを無視することができます。エラー イベントです。
  • イベント ソース: DSAccess
    イベント Id: 2102年、2103、および2104
  • イベント ソース: MSExchangeAL
    イベント Id: 8206 と8260
  • イベント ソース: MSExchangeSA
    イベント Id: 9154 と9188
通常は、イベント ログのエラーは注意すべきドメイン全体の名前の変更処理をした後が表示されます。完了します。

実行時に生成されるトレース ファイルにさらに、xdr-fixup コマンドでに役立つ追加情報が含まれている可能性があります。エラー状態のトラブルシューティングを行います。通常、これらのエラーを含むスペル ミスがあるか無効なユーザーの資格情報。このシナリオでは、ログオフし、xdr-fixup コマンドを実行する前に、コンピューター上にログインします。さらに、すぐに、ドメイン名変更ツール実行後、xdr-fixup コマンドを実行します。しません。長時間、ドメイン名変更ツールを実行するまでの時間を渡すことを許可します。XDR fixup.exe ツールを実行する時刻。

関連情報

詳細については、Windows の使用方法Server 2003 ドメイン名変更ツールは、次の両方のドキュメントを参照してください。
  • は、 ドメイン名変更のしくみを理解すること ドキュメント。
  • は、 ステップ バイ ステップ ガイドに実装ドメイン名前の変更 ドキュメント。
これらのドキュメントを入手するのには、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/windowsserver/bb405948.aspx


プロパティ

文書番号: 842116 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbexchange2003sp1fix kbmt KB842116 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842116
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com