Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) のインストールに関するよく寄せられる質問

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842193 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) データへのユニバーサル アクセスを可能にする主要なテクノロジが含まれています。これらのテクノロジには、Microsoft ActiveX データ オブジェクト (ADO)、リモート データ サービス (RDS、旧アドバンス データ コネクタまたは ADC と呼ばれる)、OLE DB、またはオープン データベース コネクティビティ (ODBC) などがあります。

よく寄せられる質問

Q1: MDAC は何ですか。

A1:MDAC にはキーが含まれています。汎用的なデータ アクセスを可能にするテクノロジー。データ ドリブン クライアント/サーバーWeb 上またはローカル エリア ネットワーク (LAN) 上に配置されるアプリケーションことができます。これらのコンポーネントを使用して、さまざまなソースからの情報を統合するために両方とも、などの SQL は、リレーショナルおよび非リレーショナルを。Microsoft のコンポーネントを含むActiveX のデータ (ADO)、OLE DB、および ODBC オブジェクトです。

Q2: は、この資料の「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールするためのシステム要件は何か

A2:最小システム要件はインストールする必要がする必要があり、「対象製品」に記載されている MDAC バージョンを使用してセクションいます。
  • 486 以上のプロセッサ。
  • Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、MicrosoftWindows NT 4.0 Service Pack 5 以降、Windows 2000、または MicrosoftWindows Millennium Edition
  • Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2、または後で。
  • 分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM 95)Internet Explorer 4.01 Service Pack 2 で提供されて最初。
  • (使用可能な場合は、コンピューター上の管理者のアクセス許可Windows NT または Windows 2000 を使用して)。
  • システム上のディスクの空き領域の約 20 メガバイト (MB)ドライブします。
  • 使用している MDAC のバージョンに応じて、追加の要件があります。
第 3 四半期: は、この資料の「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールする方法をか。

A3:MDAC_Typ.exe 実行可能ファイルを実行して、この資料の「対象」セクションに記載されている MDAC バージョンをインストールするにはプログラムです。MDAC_Typ.exe ファイルで使用できるスイッチがあるもさまざまな要件を満たしています。次の表は、スイッチ利用可能です。
元に戻す全体を表示する
スイッチ説明
/qサイレント モードで示すファイルの抽出] ダイアログ ボックスでインストールします。
/q: を自動モードのダイアログ ボックスは表示されませんをインストールします。表示します。
/t: のディレクトリ指定したディレクトリにセットアップ ファイルを抽出します。
/c:コマンド指定されたコマンドを実行します。データを特定のフォルダーに抽出して実行するのには、 /tスイッチでこのスイッチを使用します。command.
Q4: Dasetup.exe ファイルは何ですか。

A4:Dasetup.exe は MDAC 2.5 で使用される、セットアップ エンジンでください。「対象」に記載されている MDAC のバージョン。Dasetup.exe はすべての依存関係チェックを実行し、レジストリ値の設定とファイルをインストールします。によっては、インストールの状態を Dasetup.exe を返しますでの値、次の表。
元に戻す全体を表示する
エラー コード説明
0ERROR_SUCCESSセットアップ プログラムを完了しました正常にします。
3010ERROR_SUCCESS_REBOOT_REQUIREDセットアップ正常に完了しましたが、コンピューターに MDAC を再起動する必要があります。完全にインストールします。
0x8000 04005E_FAILセットアップ プログラムでした。正常に完了しました。
1223ERROR_CANCELLEDユーザーによって取り消されましたセットアップ プログラムします。
112ROR_DISK_FULLないための十分ですディスク領域を使用して、セットアップ プログラムを完了します。
Q5: が Dasetup.exe ファイル インストールされているか。

A5:Dasetup.exe は、次のフォルダーにインストールされます。
システム ドライブ:\Program Files\Common 名 Shared\Dasetup

Q6: スイッチ Dasetup.exe を教えてください。

A6:次の表は、使用可能なスイッチを示しています。Dasetup.exe は。
元に戻す全体を表示する
スイッチ説明
/qサイレント インストール モードです。
/q:dサイレント モード インストール モード使用中ファイルの検出] ダイアログ ボックスの MDAC ファイルが使用されている場合。
/n自動的に、コンピューターと再起動しません。サイレント モードで実行します。既定の再起動場合に通常のモードです。
Q7: Dasetup.exe これらのすべてのスイッチを使用してインストールする方法?

A7:これらのスイッチを使用する方法の例を次に示します。
  • 伴わない「対象」セクションでインストールしたときには、記載されている MDAC バージョンを実行するにはダイアログ ボックス、次のコマンドラインを使います。
    MDAC_TYP。EXE/q: を/c:"dasetup.exe/q"
  • 「対象」セクションでインストールしたときに自動的に記載されている MDAC バージョンを実行することなく自動的にコンピューターの再起動、次のコマンドラインを使用します。
    MDAC_TYP。EXE/q: を/c:"dasetup.exe/q"
Q8: ロールバックとは何ですか。

注意ロールバックは、既存のアプリケーションが正しく動作しない可能性があります。

A8:MDAC セットアップ プログラムでは、ロールバック機能ようになりました。これ機能された MDAC の以前のバージョンにロールバックすることができます。この資料の「対象」セクションに記載されている MDAC バージョンをインストールする前システムにインストールします。この資料の「対象」セクションのセットアップ プログラムに記載されている MDAC のバージョンを実行すると、セットアップ プログラム次を行います。
  1. 新しいファイルをインストールする前に、システムをスキャンする.MDAC ファイルが現在インストールされているを確認します。
  2. 現在インストールされているすべての MDAC ファイルのコピーをキャッシュします。新しいバージョンで置き換えられます。
  3. 新しいファイルがインストールされます。
ロールバックが必要になった場合は、キャッシュされたバージョンを復元できます、以前の MDAC ファイル。

Q9: 私は、以前のバージョンの MDAC にロールバックの必要がある場合は、すればよいですか。

注意ロールバックは、既存のアプリケーションが正しく動作しない可能性があります。

A9:ロールバックを開始するのには、次のコマンド ・ ラインで Dasetup.exe ファイルを実行します。
dasetup.exe/u

メモ Dasetup.exe ファイルです。既にコンピューターにインストールされて。質問 5 を参照してください。Dasetup.exe ファイルがインストールされているを確認します。

Q10 ロールバックは常に記載されている MDAC のバージョンが、"適用"で問題なく以前のバージョンにロールバックできます。注意ロールバックは、既存のアプリケーションが正しく動作しない可能性があります。

A10:必要ありません。再インストールした後、ロールバックが失敗しますいる MDAC のバージョンで、「適用する」の 2 回目に記載。

Q11: ロールバックが失敗し、「対象」セクション内 Dll に記載されている MDAC のバージョンが破損している場合は、すればよいですか。

注意ロールバックは、既存のアプリケーションが正しく動作しない可能性があります。

A11:適切なメソッドをオペレーティング システムを選択します。次情報をに基づいてください。
  • Microsoft Windows 2000Microsoft Windows 2000 Service Pack 1 (SP1) をインストールします。Windows 2000 SP1 では、MDAC 2.5 SP1 をインストールします。Windows 2000 SP1 をインストールした後に、「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールすることができます。Windows 2000 SP1 をダウンロードするのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/Search.aspx
  • Microsoft Windows NT 4.0、Microsoft Windows 95、または Microsoft Windows 98Component Checker ツールを使用して、バージョンを再設定するのにはMDAC。後は、この資料の「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールできます。 します詳細についてはコンポーネントチェックおよびツールをダウンロードし、以下のマイクロソフトを参照してくださいする方法開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイト。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937695.aspx
  • Microsoft Windows Millennium EditionWindows Millennium のサービス パック、現在まで使用可能なオプションだけを再インストールするか、操作を修復するのにです。システムです。どちらのオプションでも MDAC 2.5 がインストールされます。MDAC 2.5 をインストールすると、この資料の「対象」セクションに記載されている MDAC バージョンをインストールできます。次の Microsoft ダウンロードおよびダウンロード] の service pack についての最新情報についてを参照してください。センターのウェブサイト。
    http://www.microsoft.com/downloads/Search.aspx
    .
Q12: ロールバックが必要になった場合は、どのようにアプリケーションの登録ロールバック時に役立ちますか。

メモ 展開する前に質問 8 〜 11 を参照してください。「対象」に記載されている MDAC のバージョンをバックアップしてください。

A12:アプリケーションの登録は、この資料の「対象」に記載されている MDAC のバージョンを組み込みます。この機能がアプリケーションの場合は正常に動作して停止するリスクを軽減します。MDAC のロールバックを実行します。これは、現在インストールされているアプリケーションをすることができます。セットアップ プログラムで登録されます。MDAC セットアップ プログラムのリスト、登録済みのアプリケーション、およびフラグが機能可能性があります、アプリケーション正しくロールバック後。

Q13: 方法は、この資料の「対象」セクションのセットアップ プログラムに記載されている MDAC のバージョンを使用して、オペレーティング システムのファイル処理方法

A13:この資料の「対象」セクションに記載されている MDAC のバージョン、使用中ファイルを検出する機能が含まれます。時セットアップこの資料の「対象」セクションに記載されている MDAC バージョンを実行します。 セットアップ プログラム次を行います。
  • 中に使用される MDAC ファイルを検出します。インストールします。
  • プロセスは、システムのクエリを実行します。ファイルを使用します。
  • 避けるためにこれらのプロセスをシャット ダウンするように求められますインストールが完了したら、コンピューターを再起動する必要が。
Q14: 使用中ファイルの検出機能サポート バージョンの確認教えてください。

A14:必要ありません。使用中ファイルの検出機能は、不必要なシャット ダウンを求めることがありますがアプリケーションを再起動しないようにするのには。「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールしているときなど、新しいバージョンのバージョンよりも新しい、インストールされている Oledb32.dll を搭載するコンピューターアプリケーションで OLE DB を使用している場合は、2.6 では、セットアップ プログラムがシャット ダウンを求める可能性があります。そのアプリケーション。ここでを閉じますがない、アプリケーションです。Dasetup.exe エンジン バージョン チェックを使用するためこの現象が発生します。MDAC ファイルのインストール中にします。バージョン チェック、以前のバージョンのファイルをように最新の対応する上でをインストールします。

メモ 質問 4 を参照してください。Dasetup.exe プログラムの詳細については。

Q15: すべてのプロセスのインストール中にシャット ダウンするか。

A15:必要ありません。セットアップ プログラムを続行するには、をクリックします。 次へ.ただし、インストールの成功後は、コンピューターを再起動する必要があります。

Q16: 重要なシステム ファイルを Windows ファイル保護 (WFP) 使用します。私は、この資料の「対象」に記載されている MDAC のバージョンをインストールするときに問題にされますか。

A16:必要ありません。「適用」セクションのセットアップ プログラムで記載されている MDAC のバージョンがシームレスになります。実行しているコンピューターで MDAC のシステム保護ファイルのインストールWindows 2000 または Windows Millennium Edition。さらに、する MDAC のバージョンで、「適用する」セットアップ記載コンピューターが Windows NT を実行している場合は、上書きされない、「適用」セクション ファイルに記載されている MDAC のバージョンがプログラムを妨げる4.0 では、Windows 95 または Windows 98 を実行しているコンピューターを Windows 2000、または Windows をアップグレードする場合Me。

Q17: ソフトウェア開発キット (SDK) MDAC 2.6 がありますか。

A17:[はい] します。これは、MDAC SDK を使用しての最初のリリースで、Windows インストーラー。SDK セットアップ プログラムには、SDK を作成するのには、汎用のセットアップが含まれていますモジュールをマージします。この機能は、標準形式別の SDK を確保します。組み合わせ。MDAC 2.6 の SDK やプラットフォーム SDK は、MSXML 2.5 SDK のさまざまな組み合わせが含まれます。SDK。

Q18: 何が MDAC 2.6 スタックから除外されています。

A18:次のコンポーネントが MDAC に含まれる2.6。
  • Microsoft Jet ODBC デスクトップ データベース ドライバーは、Jet OLE DB プロバイダーです。
    メモ に 5 ジェット式サービスの Dll がまだ表示されます。MSDataShape プロバイダーと OLE DB カーソル サービスはその Dll に依存します。を含まれている 5 つの DLL ファイルは次のとおりです。
    • Vbajet32.dll
    • Expsrv.dll
    • Msjtes40.dll
    • Mswdat10.dll
    • Mswstr10.dll
  • Microsoft Visual FoxPro の ODBC ドライバー。
  • OLE オートメーションの Dll。
Q19: 他の新機能は MDAC 2.6 に含まれますか。

A19:次の新しい機能は、MDAC 2.6 に含まれています。
  • 数を減らすために、セットアップ プログラムの依存関係を最小化します。時間は、コンピューターを再起動する必要があります。
  • [使用許諾契約書 (EULA) を提供するのにはリッチ テキスト形式 (.rtf)。
  • MDAC セットアップのインスタンスは 1 つだけすることを保証プログラムを同時に実行できます。

詳細

MDAC に関する最新の情報についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
データ アクセスおよびストレージのホーム
http://msdn.microsoft.com/en-us/data/default.aspx
ActiveX データ オブジェクト 2.8
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms805098.aspx
リモート データ サービス (RDS)
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms807731.aspx
OLE DB
http://msdn2.microsoft.com/en-gb/library/ms713643.aspx
ODBC
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms710252.aspx

プロパティ

文書番号: 842193 - 最終更新日: 2013年3月21日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Data Access Components 2.6
  • Microsoft Data Access Components 2.7
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB842193 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842193
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com