文書番号: 842242
中小企業のお客様は、中小企業向けのサポート サイトで問題解決や学習に関する他のリソースを参照できます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows XP Service Pack 3 (SP3) のインストール後、一部のプログラムが機能しないように見えることがあります。既定で、Windows ファイアウォールは有効にされ、ユーザーが要求していないコンピューターへの接続はブロックされます。この資料では、例外を作成し、例外一覧に追加することによってプログラムを実行可能にする方法を説明します。この手順によって、プログラムが Service Pack のインストール前と同様に機能できるようになります。

はじめに

Windows XP SP3 ベースのコンピューターのセキュリティを強化するために、Windows ファイアウォールによって、コンピューターへのユーザーが要求していない接続がブロックされます。場合によっては、例外を作成して、他のユーザーによるコンピューターへの接続を許可する必要が生じることもあります。たとえば、次の状況では、コンピューターへの接続を可能にする必要が生じる場合があります。
  • インターネットを使用してマルチプレイヤー ゲームに参加している。
  • インスタント メッセージ プログラムで送信されたファイルの受信を想定している。
Windows XP SP3 をインストールした後、クライアント プログラムで、サーバーからのデータの受信に失敗することがあります。以下に例を示します。
  • FTP クライアント
  • マルチメディア ストリーミング ソフトウェア
  • 一部の電子メール プログラムの新着メール通知
また、Windows XP SP3 ベースのコンピューターで実行されているサーバー アプリケーションで、クライアントの要求に応答しないことがあります。以下に例を示します。
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) などの Web サーバー
  • リモート デスクトップ
  • ファイル共有

Windows セキュリティの警告

場合によっては、Windows ファイアウォールでプログラムがブロックされると、[Windows セキュリティの警告] ダイアログ ボックスが表示されます。

解決策

[Windows セキュリティの重要な警告] ダイアログ ボックスを使用してプログラムを有効にする

詳しい知識のあるユーザーの場合

以下の内容は、上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに不安がある場合は、サポート担当者にお問い合わせください。問い合わせ方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus?ln=ja#tab0

Windows XP SP3 がインストールされる以前のように、プログラムで通信可能にし、実行する必要のあるプログラムを有効にするには、以下の方法のいずれかを使用します。
詳しい知識のあるユーザー向けの方法 1: Windows ファイアウォールを使用してプログラムを有効にする
詳しい知識のあるユーザー向けの方法 2: ポートを特定して開く
Netstat.exe を使用してポートを特定する
Windows ファイアウォールを使用してポートを手動で開く
Windows ファイアウォールの構成方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
875357 Windows XP Service Pack 2 における Windows ファイアウォールの設定のトラブルシューティング

詳細

ポートを手動で開く必要が生じることのあるプログラム
次の表に、プログラムを正常に機能させるためにポート (複数の場合もあり) を手動で開く必要が生じることのあるプログラムおよびゲームを示します。

プログラム

ゲーム

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

ハードウェア製造元の情報については、次の Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors/ja-jp
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。



注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 842242 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 1.2
キーワード:?
kbresolve kbgraphxlink kbnomt kbscreenshot kbtshoot kbconfig kbsecurity kbappcompatibility kbfirewall kbsmbportal KB842242
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com