リリースのマニフェストは、MDAC 2.7 の更新 (2.70.9001.0)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842280
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) のリリース ノートは、インターネットのリリースの MDAC 2.7 は MDAC 2.7 更新として (2.70.9001.0) を参照です。
インストールの詳細についてをアンインストールアップグレード、および MDAC のリリースをダウン グレードは、次のマイクロソフトを参照してください。開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイト。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms810805.aspx
MDAC リリースのダウンロード方法の詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937730.aspx

リリース日付とバージョン番号

MDAC の 2.70 (2.70.9001.0)、2002 年 4 月

リリースの機能

同じバージョンの MDAC がリリースされたこのリリースが用意されていますMicrosoft Windows XP。唯一の違いは、スタンドアロンの WebMDAC と、オペレーティング システムに付属しているバージョンのリリースです。バージョン番号。

リリース形態

Microsoft ユニバーサル データ アクセスの Web サイト
http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937695.aspx

ローカリゼーション情報

MDAC 2.7 を更新 (2.70.9001.0) 英語では、中国語 (繁および簡略化された) のドイツ語、日本語、韓国語、ブラジルポルトガル語、チェコ語、デンマーク語、ギリシャ語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、フィンランド語、フランス語、ハンガリー語、イタリア語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語とトルコ語。

メモ ヘブライ語およびアラビア語をスタンドアロンで使用できません。再配布可能なパッケージです。これらの言語は Windows XP で利用できます。

サポートされる最小構成

  • Microsoft Windows 98 の 2000 年対応アップデート 2 と MicrosoftInternet Explorer 4.01 Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 5 以降、Internet Explorer 4.01 SP2 以降
  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Windows XP
インストールのサポート、スタンドアロンのリリースについては提供されていませんシステムが動作しているため、Windows XP ではこの同じバージョンの MDAC にはWindows XP に含まれています。Windows で MDAC service pack を入手するが最適です。XP オペレーティング システムの service pack をリリースしています。

新機能

このリリースで追加された主な機能はサポートされて64 ビット オペレーティング システム用です。

MDAC 2.7 についてよく寄せられる質問

  • Q1: ユーザーは、特定のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 場所します。MDAC 2.7 のオリジナル リリース版の記事ですか。

    A1: 元のマイクロソフト サポート技術を検索することができます。リリースのバージョンを使用して、"kbmdac270「キーワードです。マイクロソフト サポート技術を検索するを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
    http://support.microsoft.com/gp/gsssearchhelp
    メモ で、 検索結果 一覧では、特定の技術を持つアーティクルのみを検索します。元のリリース バージョンのバグに関連する問題の詳細については。
  • Q2: が MDAC セットアップの詳細については、場所、依存関係、サポートされるオペレーティング システム、およびロールバックを含むでしょうか。

    A2: MDAC 2.7 のセットアップの詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト
    842193 MDAC 2.6 および MDAC 2.7 のセットアップに関するよく寄せられる質問
    :メモ この資料は MDAC 2.6 用に作成した元でした。ただし、資料は、MDAC 2.7 にも適用されます。
  • Q3: Microsoft Jet アプリケーションする必要がありますが、Jet なしMDAC で表示されなく。場所ユーザーは Jet を入手できますか。

    A3: Microsoft Jet のコンポーネントは MDAC 2.6 から削除されてし、はMDAC 2.7 には含まれていません。 Jet に関連する問題の詳細については、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
    271908MDAC Version 2.6 またはそれ以降では、Jet またはデスクトップの ODBC ドライバーが格納されません。
    メモ この資料は MDAC 2.6 で行われた変更について説明します。Jet コンポーネントに関連します。
  • Q4: Microsoft Visual FoxPro アプリケーションする必要があります。ODBC ドライバーが MDAC に含まれなく。Visual FoxPro は、ユーザーが取得できる場所ODBC ドライバー。

    A4: Visual FoxPro の ODBC ドライバーの開発が含まれてです。FoxPro、Microsoft Windows 2000 Microsoft Office 2000 は、MDAC 2.5。表示されません。MDAC 2.7 または Windows XP に含まれます。

MDAC の 2.70 (2.70.9001.0) の既知の問題

この MDAC のリリースの既知の問題は、次のとおりです。
  • クラスター化されたサーバーでバージョン管理の問題
    Microsoft SQL Server 6.5 は、クラスター化されたサーバーが動作しているか、またはSQL Server 7.0 は、MDAC 2.6 または MDAC 2.7 をインストールするサーバーがクラスター化クラスター全体の接続の問題。現在、回避策はありません。SQL を実行している場合は、MDAC 2.6 または MDAC 2.7 は、クラスター化されたサーバーにインストールしないでください。Server 6.5 か 7.0 の SQL Server。SQL Server 2000年クラスターで問題はありません。MDAC 2.6 または MDAC 2.7 を使用します。クライアント上の MDAC 2.7 を使用して問題がないことSQL Server 6.5 のクラスター化サーバーまたは、SQL Server に接続しています。クラスター化されたサーバー。
  • DSN の問題
    作成または ODBC データ ソース名 (Dsn) を構成します。SQL Server の ODBC ドライバーを使用すると、次の問題が発生する可能性があります。
    • Net-library のプロトコルが切り替え可能性があります。
    • 古い Dsn または副に新しい DSN のプロトコルを使用する可能性があります。逆。
    の詳細については、「を表示するには、次の資料番号をクリックします。マイクロソフト サポート技術。
    289573PRB: SQL Server net-library で Dsn を構成します。
  • Windows xp の接続の問題
    コンピューターに Windows XP をインストールした後、使用可能性があります。発生するあるサーバー コンピューターへの接続を確立できません。SQL Server を実行します。ネットワーク ライブラリをチェックするとの難しさを発生、コンピューター上の証明書。証明書をコンピューターから削除するかSQL Server Service Pack 1 をインストールし、防ぐことができます、レジストリ キーを適用します。証明書の検証。 詳細については、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
    309398PRB: SQL Server 2000年インストールまたはローカル接続に失敗する"SSL セキュリティ エラー: ConnectionOpen (SECDoClientHandshake())"エラー メッセージ
  • 分析サービス 2000年の問題
    キューブを参照するか、マイニングを処理することができない可能性があります。Analysis Services のオリジナル リリース版をインストールした後のモデル2000。詳細についてを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
    297232FIX キューブまたはマイニング モデルの処理、後インストール分析サービス 2000 RTM を参照ことはできません。
  • MDAC 2.6 または MDAC 2.7 をインストールした後、SQL Server への接続が失敗しました。
    既定のネットワーク ライブラリは、SQL Server に接続しました変更します。 詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
    289573PRB: SQL Server Net-library で Dsn を構成します。
  • Banyan Vines のサポート
    以前のバージョンの MDAC は、Banyan Vines サポートネットワーク プロトコルです。MDAC 2.7 を開始、このサポートを切断されています製品です。Banyan Vines のサポートはこの問題の原因をされてWindows XP。Banyan Vines ファイルを MDAC 2.7 に含まれているし、インストールWindows 2000 およびそれ以前。ファイルも Windows XP に含まれています。プロフェッショナル ・が、そのオペレーティング システム上のファイルは使用できません。
  • 入れ子になったトランザクション エラー
    実装すると、エラーが発生する場合は、入れ子になったSQL Server のトランザクションは、OLE DB プロバイダーがこれらのエラーがあります。xact_abort ON の設定によって発生します。 のこの問題は、解決方法この問題に関する追加情報をクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号ベース:
    306649PRB: OLE DB プロバイダーがネストしたトランザクション SQL プロバイダーを実装するときのエラー
  • MSXML3 および 64 ビットのインストール
    MSXML3.dll のインストールいくつかの違いがあります。ファイル システムで 64 ビットと 32 ビット システムです。具体的には、MSXLM3.dllファイルは、64 ビット システム上で完全な置換モードでインストールされます。並べて表示するモードです。32 ビット システム用のデフォルト モードです。 詳細については、の違いサイド バイ サイド 〜 全置換モード、次の資料番号をクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには:
    303207情報: MSXML パーサーのインストールを実行モードに与える影響します。
  • Odbc データ ソース アドミニストレーターの [ドライバー] タブで over-localized の ODBC ドライバー名
    以前のバージョンの Microsoft Office は、Windows インストーラーでローカライズされた ODBC ドライバーの名前を正しくを検索します。そのため、多くの ODBCドライバーはフランス語、ドイツ語、およびポルトガル語にローカライズされています。しない操作を行いますどのような状況を使用するか、他のプログラムでこれらのドライバーを参照します。これら将来のバージョンの MDAC コンポーネントとドライバーが削除されます。Windows の将来のバージョン。
  • 問題が Windows のロールバック
    Windows 98、または Windows を実行しているコンピューターで以前のインストールをロールバックしようとした場合の Meバージョンでは、コンピューター、ファイルことはできません混在状態でままになりますすべては、同じバージョンの MDAC をします。これは、問題が原因で、このバージョンのオペレーティング システムに付属しているセットアップ技術です。 の詳細については、「を表示するには、次の資料番号をクリックします。マイクロソフト サポート技術。
    311720PRB: Windows 95、Windows 98、および Windows Millennium Edition で MDAC のロールバックを失敗可能性があります。
  • 32 ビットおよび 64 ビット環境の間でファイル一覧の違い
    次の 32 ビット MDAC のファイルがインストールされていない、64 ビット MDAC をインストールします。
    元に戻す全体を表示する
    dbmsgnet.dll dbmsrpcn.dll dbmssnet.dlldbmsvinn.dll
    dbrstprx.dll ds16gt.dll mscpx32r.dllmscpxl32.dll
    msdadc.dll msdaenum.dll msdaer.dllmsdaora.dll
    msdaorar.dll msdasc.dll msdatt.dllmsdaurl.dll
    msjro.dll msorc32r.dll msorcl32.dllodbc16gt.dll
  • 64 ビット互換性ライブラリ
    旧バージョンとの互換性ライブラリが含まれていますなし、64 ビット オペレーティング システムです。これらのライブラリは、64 ビット動作は削除されましたシステムが意図的に存在しないため実行を以前のバージョンの MDAC には、64 ビット オペレーティング システムです。次のファイルが削除されました: msado20.tlb、msado21.tlb、msado25.tlb、msado26.tlb。
  • Windows XP を実行しているが、2.6 または 2.7 の MDAC_TYP.exe を実行します。
    MDAC 2.6 の MDAC_TYP.exe ファイルまたは MDAC を実行しようとした場合2.7 の MDAC_TYP.exe ファイルを Windows XP では、プロセスを完了するに表示されます。正しく、MDAC コンポーネントのインストールが正常に報告されます。ただし、ファイル システム上で更新されません。Windows XP にアップグレードする場合新しいサービス パック レベルの MDAC コンポーネントに、入手するが最適ですがWindows XP のサービス パックのリリースです。このリリースにはで、新しいサービス パックが含まれていますMDAC のレベルです。
は、この資料で説明するサードパーティ製品が他社はマイクロソフトと関連のあります。マイクロソフト、黙示の保証がありませんまたはそれ以外の場合は、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関連します。

重要な修正プログラムは、MDAC 2.7 の更新 (2.70.9001.0)

この更新のリリースにはから以下の重要な修正プログラムが含まれています。MDAC の 2.70 のオリジナル リリース バージョン。
  • 2.7 スタックの 2.70.9001.0 に 2.70.7713.2 から復帰
    この変更は、MDAC 2.7 を更新することができるようにしました2.62 の MDAC リリースの上部を正しくインストールします。 詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
    320778情報: は、MDAC 2.7 に更新のリリースについて

ファイルの一覧については、MDAC 2.7 の RTM (2.70 9001.0) 32-ビット。

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン (x86)説明
cliconfg.dll 2000.80.380.0 クライアント構成ユーティリティ
cliconfg.exe 2000.80.380.0 クライアント構成ユーティリティ
cliconfg.rll 2000.80.380.0 クライアント構成ユーティリティ
DBmsadsn.dll 2000.81.9001.0 ADSP Netライブラリ
DBmsgnet.dll 2000.81.9001.0 WinsockNet ライブラリを指向
DBmslpcn.dll 2000.81.9001.0 ローカル IPC Netライブラリ
DBmsrpcn.dll 2000.81.9001.0 RPC ネットワーク ライブラリ
DBmssnet.dll 2000.81.9001.0 Net のソケットライブラリ
DBmsvinn.dll 2000.81.9001.0 Net の VINES します。ライブラリ
Dbnetlib.dll が 2000.81.9001.0 WinsockNet DLL を指向
dbrstprx.dll 2.70.9001.0 OLE DB インターフェイスリモート スタブ
ds16gt.dll 3.510.3711.0 16 ビットの ODBC ドライバーセットアップのジェネリック サンク
DS32GT.dll 3.520.9001.0 ODBC ドライバーのセットアップジェネリック サンク
expsrv.dll 6.0.0.8540 式サービス
mdac_typ.exe 27.0.9001.0 インストールパッケージ
msadce.dll 2.70.9001.0 OLE DB カーソル エンジン
msadcer.dll 2.70.9001.0 OLE DB カーソルエンジン リソース
msadcf.dll 2.70.9001.0 リモート データ サービスデータ ファクトリ
msadcfr.dll 2.70.9001.0 リモート データサービス データ ファクトリ リソース
msadco.dll 2.70.9001.0 リモート データ サービスデータ コントロール
msadcor.dll 2.70.9001.0 リモート データサービスのデータ コントロール リソース
msadcs.dll 2.70.9001.0 リモート データ サービスISAPI ライブラリ
msadds.dll 2.70.9001.0 OLE DB データ シェイププロバイダー
msaddsr.dll 2.70.9001.0 OLE DB データ シェイププロバイダー リソース
msader15.dll 2.70.9001.0 ADO リソース
msado15.dll 2.70.9001.0 ADO
msado20.tlb 2.70.9001.0 ADO 2.0 を入力します。ライブラリ
msado21.tlb 2.70.9001.0 ADO 2.1 を入力します。ライブラリ
msado25.tlb 2.70.9001.0 ADO 2.5 を入力します。ライブラリ
msado26.tlb 2.70.9001.0 ADO 2.6 を入力します。ライブラリ
msadomd.dll 2.70.9001.0 ADO MD
msador15.dll 2.70.9001.0 ADO
msADOX.dll 2.70.9001.0 ADO の拡張機能
msadrh15.dll 2.70.9001.0 ADO 行セット ヘルパー
mscpx32r.dll 3.520.9001.0 ODBC コード ページ翻訳者のリソース
mscpxl32.dll 3.520.9001.0 ODBC コード ページ翻訳者
msdadc.dll 2.70.9001.0 OLE DB のデータ変換のスタブ
msdaenum.dll 2.70.9001.0 OLE DB ルート列挙子のスタブ
msdaer.dll 2.70.9001.0 OLE DB のエラーコレクションのスタブ
msdamg9x.dll 2.70.9001.0 Win98 移行DLL
msdaora.dll 2.70.9001.0 OLE DB プロバイダーOracle
msdaorar.dll 2.70.9001.0 OLE DB プロバイダーOracle リソース
MSDAOSP.dll 2.70.9001.0 OLE DB 単純なプロバイダー
msdaprsr.dll 2.70.9001.0 OLE DB の永続化サービスの参照情報
msdaprst.dll 2.70.9001.0 OLE DB の永続化サービス
msdaps.dll 2.70.9001.0 OLE DB インターフェイスプロキシ/スタブ
msdarem.dll 2.70.9001.0 OLE DB リモートプロバイダー
msdaremr.dll 2.70.9001.0 OLE DB リモートプロバイダー リソース
msdart.dll 2.70.9001.0 OLE DB ランタイムルーチン
msdasc.dll 2.70.9001.0 OLE DB サービスコンポーネントのスタブ
msdasql.dll 2.70.9001.0 OLE DB プロバイダーODBC ドライバー
msdasqlr.dll 2.70.9001.0 OLE DB プロバイダーODBC ドライバーのリソース
msdatl3.dll 2.70.9001.0 OLE DB実装サポート ルーチン
msdatt.dll 2.70.9001.0 OLE DB 一時テーブルのサービス
msdaurl.dll 9.1.9001.0 OLE DB RootBinderスタブ
msdfmap.dll 2.70.9001.0 データ ファクトリハンドラー
msjro.dll 2.70.9001.0 Jet およびレプリケーションオブジェクト
msjtes40.dll 4.0.2927.8 ジェット式サービス
msorc32r.dll 2.573.9001.0 ODBC ドライバーOracle リソース ライブラリ
msorcl32.dll 2.573.9001.0 ODBC ドライバーOracle
Msvcirt.dll が見つかりませんでした 6.0.8168.0 (R) C++ ランタイムライブラリ
msvcrt.dll 6.0.8397.0 (R) c ランタイム ライブラリ
mswdat10.dll 4.0.3829.2 Jet 並べ替えテーブル
mswstr10.dll 4.0.3829.2 Jet 並べ替えライブラリ
msxactps.dll 2.70.9001.0 OLE DB トランザクションプロキシ/スタブ
msxml3.dll 8.20.8730.1 MSXML3
msxml3a.dll 8.20.8730.1 MSXML3 リソースジョブ
msxml3r.dll 8.20.8730.1 MSXML3 リソースジョブ
mtxdm.dll 1999.6.902.0 MTS 接続プール、ODBC ドライバ ・ マネージャー
mtxoci.dll 1999.6.854.0 MTS が Oracle OCI
odbc16gt.dll 3.510.3711.0 ODBC 16 ビットジェネリック サンク
ODBC32.dll 3.520.9001.0 ODBC ドライバ ・ マネージャー
ODBC32GT.dll 3.520.9001.0 ODBC ドライバージェネリック サンク
odbcad32.exe 3.520.9001.0 ODBC管理者
odbcbcp.dll 2000.81.9001.0 ODBC の SQL Serverドライバーの BCP ライブラリ
odbcconf.dll 3.520.9001.0 ODBC ドライバープログラムの構成
odbcconf.exe 3.520.9001.0 ODBC ドライバープログラムの構成
ODBCCP32.cpl 3.520.9001.0 ODBC コントロールパネル
ODBCCP32.dll 3.520.9001.0 ODBC インストーラー
ODBCCR32.dll 3.520.9001.0 ODBC のカーソルライブラリ
ODBCCU32.dll 3.520.9001.0 ODBC のカーソルライブラリ
ODBCINT.dll 3.520.9001.0 ODBC リソース
ODBCP32R.dll 3.520.9001.0 ODBC コントロールパネルのリソース
ODBCTRAC.dll 3.520.9001.0 ODBC ドライバーマネージャーのトレース
oledb32.dll 2.70.9001.0 OLE DB コアサービス
oledb32a.dll 2.70.9001.0 OLE DB コアサービス ANSI リソース
oledb32r.dll 2.70.9001.0 OLE DB コアサービスの参照情報
oledbjvs.inc 該当なし OLE DB JavaScript を含めるジョブ
oledbvbs.inc 該当なし OLE DB VBS インクルード ファイル
psapi.dll 4.0.1371.1 プロセス状態ヘルパー
sqloledb.dll 2000.81.9001.0 OLE DB プロバイダーSQL Server
sqloledb.rll 2000.81.9001.0 OLE DB プロバイダーSQL Server リソース ライブラリ
SQLSRV32.dll 2000.81.9001.0 ODBC の SQL Serverドライバー
SQLSRV32.rll 2000.81.9001.0 ODBC の SQL Serverドライバーのリソース ライブラリ
sqlunirl.dll 2000.80.380.0 SQL ServerUnicode リソース層のライブラリ
sqlxmlx.dll 2000.80.382.0 XML の拡張機能SQL Server
sqlxmlx.rll 2000.80.382.0 XML の拡張機能SQL Server リソース ライブラリ
vbajet32.dll 6.0.1.8268 式サービスローダー

プロパティ

文書番号: 842280 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB842280 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842280
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com