Windows Small Business Server 2003 セットアップ プログラムを実行する時に「ドメイン管理者、スキーマ管理者、およびエンタープライズ管理者のメンバーである」のエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842694 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Small Business Server 2003 セットアップ プログラムを実行することがありますメッセージ、次 のセットアップ要件 ] ウィンドウで。
ドメイン管理者、スキーマ管理者、およびエンタープライズ管理者グループのメンバーでする必要があります。
ただし、管理者アカウントのグループ メンバーシップを表示する場合は表示、アカウントが既にドメイン管理者、スキーマ管理者、およびエンタープライズ管理者グループのメンバーであります。

メモ 管理者アカウントのグループ メンバーシップを表示するには、Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインの管理者アカウントをダブルクリックして、[ 所属するグループ ] タブをクリックします。

表示この問題が発生するがされることも、次のメッセージのいずれか。
すべてのドメイン コントローラーを接続できません。
Windows Small Business Server 2003 をインストールできません、操作マスターの役割の割り当てではないドメイン コントローラーにします。
Windows Small Business Server 2003 は、操作マスターの役割が割り当てられていないドメイン コントローラーにインストールできません。
メモ これらのメッセージの場合、ブロックが解決されるまでは、セットアップ プログラムを続行できないことを示す赤い X 印が付きます。

原因

この問題は 1 つ場合に発生する可能性があります。 または複数、次の条件に該当します。
  • 場所とはしようとサーバー Windows 小規模ビジネス Server 2003 をインストール所有していないすべての操作マスターの役割です。
  • 以前削除されたドメイン コントローラーから、Active Directory に孤立したドメイン コントローラー オブジェクトがあります。 具体的には、このシナリオ場合に発生の dcpromo/forceremoval コマンドを実行してドメイン コントローラーを強制的に降格します。
  • ドメイン コントローラー セキュリティ グループは、ユーザーの組織単位 (OU) の出力移動されました。
  • ドメイン内の存在を複数のドメイン コントローラーし、それらの間の通信問題があります。
  • 開始または SBS サーバーを再起動するしてレプリカ ドメイン コントローラーが SBS ドメインに存在します。

解決方法

この問題を解決をするに Windows Small Business Server 2003 をインストールする場所をサーバーにすべての操作マスターの役割を転送して、Active Directory から、孤立したドメイン コントローラーを削除しの User OU に、ドメイン コントローラー セキュリティ グループが格納されている </a0> いるを確認します。 手順は問題が解決しない場合は、 dcdiag/v コマンドのドメイン コントローラー間で通信問題の特定を実行します。

Windows Small Business Server を起動した後に、初期のインバウンド複製がレプリカ ドメイン コントローラーから発生したことを確認します。

  1. [スタート ] をクリックして、[ 管理ツール ] をクリックして、[ Active Directory サイトとサービス
  2. 展開 サイト 、[Default-First-Site-Name を展開、 サーバー を展開、Server-name] を展開して、[ NTDS Settings ] をクリックします。
  3. 自動的に生成された接続オブジェクトを右クリックして 今すぐレプリケート し、ください。
  4. 手順 2 および 3 ドメイン内の各ドメイン コントローラーを繰り返します。
  5. 開始 コントロール パネル] 、[ アプリケーションの追加と削除 ] をクリックして、 Windows Small Business Server 2003 ] をクリックして [小規模ビジネス サーバーのセットアップの Windows を実行する 変更と削除 ] をクリックします。

コンピューターの Windows 小規模ビジネス Server 2003 を実行はすべての操作マスター役割を担ってを確認します。

  1. 開始 実行 cmd 、入力 [Enter キーを押します。
  2. 以下のコマンドを入力します。 各コマンドの後 Enter キーを押します。

    ntdsutil
    ドメインの管理
    接続
  3. サーバー ServerName への接続 、サーバー名はサーバーの場所を Windows Small Business Server 2003 をインストールし、Enter キーを押して名前を入力します。
  4. 終了 を入力して Enter を押します。
  5. 以下のコマンドを入力します。 各コマンドの後 Enter キーを押します。

    操作対象の選択
    接続されているサーバーのロールをリスト
A list is displayed that is similar to the following:
Server "ServerName" knows about 5 roles
Schema - CN=NTDS Settings,CN=ServerName,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=Domainname,DC=local
Domain - CN=NTDS Settings,CN=ServerName,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=Domainname,DC=local
PDC - CN=NTDS Settings,CN=ServerName,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=Domainname,DC=local
RID - CN=NTDS Settings,CN=ServerName,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=Domainname,DC=local
Infrastructure - CN=NTDS Settings,CN=ServerName,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=Configuration,DC=Domainname,DC=local
Verify that the server where you are trying to install Windows Small Business Server 2003 owns all five of the operations master roles. サーバーがこれらの役割をすべて、所有していない場合、 Ntdsutil コマンドを使用をサーバーの役割を転送するをします。 これを行うには、手順、サーバー上で Windows Small Business Server 2003 をインストールします。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 ntdsutil と入力して [OK] をクリックします。
  2. 以下のコマンドを入力します。 各コマンドの後 Enter キーを押します。

    ロール
    接続
  3. サーバー ServerName への接続 ServerName はサーバーの場所を Windows Small Business Server 2003 をインストールし、Enter キーを押して名前を入力します。
  4. サーバー接続: 、確認、 q 、入力を Enter キーを押します。
  5. role を強制 role が、役割を強制するを入力します。 たとえば、する相対 ID (RID) マスターの役割を強制、入力 RID マスターを強制 します。 1 つの例外は、プライマリ ドメイン コントローラー エミュレーターの役割です。 構文はこのロールの pdc を強制する"およびされません「強制 pdc エミュレーター」します。
  6. Enter キーを押します。
Ntdsutil を使用する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
255504Ntdsutil.exe を使用して転送するドメイン コントローラーに FSMO の役割を強制します。

孤立したドメイン コントローラーのオブジェクトが存在しないことを確認します。

Active Directory サイトとサービス] を開き、以前削除されたドメイン コントローラーのサーバー オブジェクトがあるかどうかをし特定します。 孤立したサーバー オブジェクトが存在する場合次の削除する手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ Active Directory サイトとサービス ] をクリックします。
  2. サイト の展開を 既定値に-サイト名 ] を展開 [ サーバー ] をクリックします。
  3. 右側のウィンドウ] でこれらのすべてのサーバーがあることを確認するサーバーの一覧を確認します。 表示する場合であるサーバーがなったネットワーク上のドメイン コントローラーをサーバーを右クリックし、 削除 します。、

    注意が必要です。 最近に、ドメイン コントローラー、降格する場合はこの手順を実行する前に発生する完全なレプリケーション待機することをお勧めします。 変更は、残りのドメイン コントローラーにレプリケートされるまで、降格したドメイン コントローラーは、Active Directory サイトとサービス] スナップインで表示されている残ります。
  4. を受け取った場合、エラー メッセージ、孤立したサーバー オブジェクトを削除するときに手動でサーバー オブジェクトを削除する必要があります。
Active Directory 内の孤立したオブジェクトを削除する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
216498ドメイン コントローラの降格に失敗した後、Active Directory のデータを削除する方法

User OU に、ドメイン コントローラー セキュリティ グループが格納されているいるを確認します。

  1. [スタート ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
  2. DomainName] を展開し、 ユーザー を実行します。
  3. ユーザー、OU 内のドメイン コントローラー セキュリティ グループを探します。
  4. ドメイン コントローラー セキュリティ グループが、ユーザーの OU 内にない場合、このセキュリティ グループがある、場所を検索し、ユーザーの OU に移動します。 セキュリティ グループを検索 DomainName を右クリックし、 検索 します。 セキュリティ グループを移動するには、グループを右クリックして [ 移動 ] をクリックします。

    メモ 一般的な誤りは、ドメイン コントローラー セキュリティ グループをドメイン コントローラー OU に移動によってにします。

Active Directory 通信問題を特定します。

  1. Windows Small Business Server をドメイン コントローラーである Windows Server 2003 サポート ツールをインストールするプログラム SupTools.msi を実行します。 サポート ツールには、Windows 小規模ビジネス サーバーの 2003 CD 上の Support\Tools フォルダーにあります。
  2. Windows Small Business Server を実行しているコンピューターにログオンします。
  3. 開始 実行 cmd 、入力 [Enter キーを押します。
  4. dcdiag/v/a/f:dcdiag1.txt を入力します。 このコマンドは、ドメイン コントローラーの状態を分析し、この情報を報告します。 このコマンドも、ドメイン内のサーバー間での通信をテストし、テスト結果をテキスト ファイルに送信します。
  5. メモ帳の dcdiag1.txt を入力します。 このコマンド、 dcdiag コマンド テストの結果を含むファイルを開きます。
  6. 問題の出力をテストの失敗を示す場合は、確認問題し、修正関連するサーバーとします。

プロパティ

文書番号: 842694 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
キーワード:?
kbtshoot kbfsmo kbprb kbdomain kbmt KB842694 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842694
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com