管理用共有が見つからない場合に発生する問題の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842715
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料は 1 つ場合に発生する現象について説明または、コンピューター上の非表示の管理用共有がないです。この問題を解決する方法についても紹介します。

管理用の隠し共有を 1 つ以上足りないことが決定した場合は、「原因」と「解決方法」のセクションを参照してください。管理用共有が存在しないを対象のコンピューターに悪意のあるソフトウェアによって侵害されていることは、通常に示すことを認識してください。ユーザーは書式設定やセキュリティを侵害されたサーバー上で Windows を再インストールをお勧めします。

現象

管理用共有が削除されるか、そうでないコンピューターから不足している場合は、次のようなさまざまな問題があります。

MPSReports、 net shareコマンドを使用すると、コンピューターが、ipc$、admin$、または c$ 共有が不足しています、出力が表示されます。存在しない共有を再作成する場合は、もう一度、次のスタートアップまたはログオン時にのみがあります。ゼロおよび AutoShareWks のレジストリ DWORD 値 1 に設定している場合でもこの問題が発生する可能性があります。

または、[スタートアップ] フォルダーから起動する不明なプロセスを見つける可能性があります、
Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない
レジストリのキーです。ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬やバックドア検出可能性があります。または、不明なファイルを Web サーバー上の FTP ルートを入力可能性があります。

この問題が発生する可能性があります、問題のある動作の包括的な一覧を次に示します。
  • 影響を受けるコンピューターは、ドメイン コント ローラーの場合は、エラー メッセージをクライアント コンピューターにネットワークへのログオン時に、または、ドメインに参加するときは、時間帯があります。場合によっては、Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows XP を実行しているクライアント コンピューターにログオンできますが、Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、または Microsoft Windows Millennium Edition を実行しているクライアント コンピューターにログオンできません。Windows 9x ベースのコンピューターには、次のいずれかに類似したエラー メッセージが表示されます。
    • 入力されたドメイン パスワードが正しくないまたはログオン サーバーへのアクセスが拒否されました。
    • ログオン サーバーがドメイン パスワードを認識しなかったか、サーバーへのアクセスが拒否されました。
    ネットワーク上に Windows 2000 ベースまたは Windows XP ベースのコンピューターにログオンしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示するされます。
    ログオン要求を処理できるログオン サーバーはありません。
    ドメインに参加しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示するされます。
    ドメインに参加するのには、次のエラーが発生しました 'ドメイン名':ネットワーク名が見つかりませんでした。
  • アクセスするか、UNC パス、マップされたドライブ、 net useコマンドは、 net viewコマンドを使用して、または、ネットワークを [ネットワーク コンピューター] または [マイ ネットワーク] を参照して、影響を受けるコンピューターをリモートで表示するときに、次のいずれかに類似したエラー メッセージが表示される可能性があります。
    • サーバーは、トランザクションには構成されていません。
    • システム エラー 53 が発生しました。ネットワーク パスが見つかりませんでした。
    • ドメイン名 アクセス可能ではありません。
  • ドメイン コント ローラーで管理タスクを実行しようとするとエラーを受信する可能性があります。たとえば、Active Directory ユーザーとコンピューターまたは Active Directory サイトとサービスなどの MMC スナップインが起動せず、し、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
    名前付け情報が見つかりませんため: ログインの試行が失敗しました。
  • セキュリティ グループにユーザーを追加しようとするは次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。
    オブジェクトを選択する場所が見つからないために、オブジェクト ピッカーを開くことができません。
  • Windows 2000 のサポート、FSMO の役割を検索するツールから Netdom.exe を実行しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示するされます。
    パスワードを更新できませんでした。現在のパスワードとして指定された値が正しくありません。
  • Windows 2000 サポート ツールから Dcdiag.exe を実行しようとするは次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。
    67 で失敗しました: ネットワーク名が見つかりません。
    Dcdiag.exe の結果も、次のような LDAP バインド エラーがリストされます。
    1323 エラーで LDAP bind に失敗しました。
  • Netdiag.exe は、Windows 2000 サポート ツールから実行しようとするは次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。
    DC 一覧テスト登録。 失敗
    ブラウザーを使用して Dc を列挙できませんでした。[NERR_BadTransactConfig]
  • 次のような結果は、影響を受けるコンピューターに接続しようとすると、ネットワーク トレースを実行すると、発生することがあります。
    C session setup & X, Username = username, and C tree connect & X, Share = \\<Server_Name>\IPC$
    R session setup & X - DOS Error, (67) BAD_NET_NAME
    
  • サーバーで、WINS サービスが開始されなかったりまたは WINS コンソールに赤い X、またはその両方を表示可能性があります。
  • イベント ビューアーで、次のような NetBT 4311 イベントを記録があります。

    イベント ID: 4311
    イベント ソース: NetBT
    イベントの種類: エラー
    説明: ドライバー デバイスを作成できなかったため初期化に失敗しました

  • ターミナル サービス ライセンス コンソールが起動せず、し、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
    • ターミナル サービス ライセンス サーバーが現在のドメインまたはワークグループに利用できるはありません。別のライセンス サーバーに接続するには、ライセンスをクリックし、接続し、サーバー名をクリックします。
    • ネットワーク アドレスが無効です。
  • Services for Macintosh が起動せず。サービスを開始しようとすると、イベント ビューアーで、次のようなイベントを記録があります。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: MacFile
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 10021
    ユーザー: 該当なし
    説明:Macintosh 用ファイル サーバーは、ドメイン情報を取得するには、[ドメイン コント ローラーに接続できませんでした。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: MacFile
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 10027
    ユーザー: 該当なし
    説明:Macintosh 用ファイル サーバーを初期化中にエラーが発生しました。サーバーのヘルパー スレッドを初期化できませんでした。特定のエラー コードはデータです。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: MacFile
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 10001
    ユーザー: 該当なし
    説明:Macintosh 用ファイル サーバーを開始できませんでした。システム固有のエラーが発生しました。エラー コードはデータです。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 7024
    ユーザー: 該当なし
    説明:Macintosh 用ファイル サーバー サービス固有エラー 1722年が終了します。

原因

Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000、または Windows NT 4.0 を実行しているコンピューター上の管理共有は、悪意のあるプログラムを削除した後この問題が発生する可能性があります。

多くの場合、悪意のあるユーザーこれら管理の共有への接続、弱いパスワードを利用して不足しているセキュリティの更新、インターネット、または、これらの要因の組み合わせをコンピューターの危険度を直接します。悪意のあるユーザー、その影響は、コンピューターとコンピューターのネットワークの残りの部分を展開する、悪意のあるプログラムをインストールします。多くの場合、これらの悪意のあるプログラムは、他の競合する悪意のあるユーザーがウイルスに感染したシステムの制御を防ぐために、守備の移動管理用共有を削除します。

感染によってこれらの悪意のあるプログラムの 1 つは、インターネットから直接、または別のコンピューターから感染している場合、ローカル ネットワーク上でもかまいません。一般的に、ネットワークのセキュリティが脆弱であることを示します。したがって、これらの現象を確認する場合は、ウイルス対策ソフトウェアやスパイウェアの検出ツールを使用して、悪意のあるプログラムをネットワーク上の他のすべてのコンピューターを確認することをお勧めします。また、ネットワーク上の脆弱性を識別するために、セキュリティの分析を実行することをお勧めします。悪意のあるプログラムを検出する方法、およびネットワークのセキュリティを分析する方法の詳細については、「解決方法」を参照してください。

管理用共有を対象とする悪質なプログラムの例としては、win32.agobot です。このプログラムの動作方法の技術の詳細については、次のコンピューター関連付けますウイルス情報センターの Web サイトを参照してください。
http://www3.ca.com/securityadvisor/virusinfo/virus.aspx?id=37776
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。Win32.agobot は、単なる例です。ウイルス対策ソフトウェア ベンダーそれらを検出し、ウイルス定義を追加すると、悪意のあるプログラムは無効になります。ただし、悪意のあるユーザーが頻繁に新しいプログラムおよびウイルス対策ソフトウェアによって検出を回避するには、バリアント型を開発します。

解決方法

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


コンピューターこの問題の影響を受けますかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. 0 に設定されていないことを確認するのには、ゼロおよび AutoShareWks のレジストリ値を調べます。
    1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、、し、ENTER キーを押します。
    2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。 探して、
    3. 場合は、ゼロと AutoShareWks DWORD 値で、
      LanmanServer\Parameters
      サブキーが、0 値のデータで構成されている、その値を 1 に変更します。

      これらの値が存在しない場合は、管理用共有が自動的に作成するのには、既定の動作をであるために、それらを作成する必要はありません。
    4. レジストリ エディターを終了します。
  2. コンピューターを再起動します。通常、Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000、または Windows NT 4.0 が自動的に実行しているコンピューターの起動時に、管理用共有を作成します。
  3. コンピューターの再起動後は、管理用共有がアクティブになっていることを確認します。共有を確認するを使用して、 net share コマンドです。以下が手順例となります:
    1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd、し、ENTER キーを押します。
    2. コマンド プロンプトで net share、し、ENTER キーを押します。
    3. Admin$、c$、および IPC$ 管理用の共有の共有の一覧を参照してください。
管理用共有が表示されていない場合は、コンピューターが起動中に、共有を削除する悪質なプログラム実行可能性があります。悪意のあるプログラムを検索するには、次の手順を実行します。
  1. 最新のウイルス定義を使用すると、コンピューターで完全なウイルス対策スキャンを実行します。ウイルス対策ソフトウェアを使用したり、インターネット上で使用可能ないくつか無料のウイルス スキャン サービスのいずれかを使用することができます。無料のオンライン スキャンをウイルス対策ソフトウェア ベンダーからウイルス定義の更新プログラムにリンクの「関連情報」を参照してください。

    重要: 悪意のあるコードに感染している疑いがある場合は、ネットワークから、できるだけ早く削除することをお勧めします。これは、悪意のあるユーザー、ウイルスに感染したコンピューター迷惑な商用電子メールを送信する、または違法コピーのソフトウェア、音楽、およびビデオを共有するには、分散サービス拒否攻撃 (DDoS) 攻撃を開始するを使用可能性がありますのでお勧めします。
  2. システム上の悪意のあるプログラムをウイルス対策スキャンを示している場合は、ウイルス対策ベンダーの取り外しの手順を使用します。さらに、脅威の評価と技術的な詳細については、ウイルス対策ソフトウェア ベンダーの Web サイト上のプログラムを確認してください。特に、プログラムにバックドア機能が含まれているを参照してくださいするのには次のように確認してください。バックドア機能は、プログラムが検出され、削除される場合は、システムの制御を回復するのには、悪意のあるユーザーは、プログラムを提供することを意味します。

    技術的な詳細については、プログラムにバックドア機能があることを示す場合は、コンピューターのハード_ディスクをフォーマットし、安全に Windows を再インストールすることをお勧め。Windows ベースのコンピューターとサーバーのセキュリティを向上する方法の詳細については、次のマイクロソフト セキュリティ ガイダンス センター Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc184906.aspx
  3. ウイルス対策スキャンは、システム上の悪質なプログラムを識別しない場合は、コンピューターが悪意のあるプログラムが感染していないわけではありません。多くの場合、悪意のあるプログラムが、新しいプログラムまたはバリアントであるし、最新のウイルス定義で検出していないことがあります。この例では、問題を報告するのには、ウイルス対策ソフトウェアのベンダーにお問い合わせください。 またはを調査するのには Microsoft 製品サポート サービス (PSS) にサポート インシデントを開きます。
  4. ウイルス対策のスキャンが完了したら、コンピューターの他の悪意のあるプログラム、スパイウェアや悪意のあるユーザーのツールなどを確認します。リンクするスパイウェアおよび悪意のあるユーザーの検出ツールには、「関連情報」を参照してください。
  5. 悪意のあるプログラムをネットワーク上の他のすべてのコンピューターを確認し、ネットワーク上の脆弱性を識別するために、セキュリティの分析を実行します。ネットワークのセキュリティを分析するには、Microsoft ベースライン セキュリティ アナライザーのバージョン 1.2.1 のツールを使用することをお勧めします。このツールの詳細については、次のマイクロソフトの基準セキュリティ アナライザーの Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/security/cc184924.aspx

詳細

技術の情報のネットワークをセキュリティ保護する方法については、次の Microsoft TechNet セキュリティ Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/security/default.mspx
ウイルス対策ソフトウェア ベンダーからウイルス定義の更新プログラムを入手するには、次のサードパーティの Web サイトのいずれかを参照してください。無料のオンライン スキャンをウイルス対策ソフトウェアの製造元から入手するには、次のサードパーティの Web サイトのいずれかを参照してください。スパイウェアおよび悪意のあるユーザーの検出ツールを入手するには、次のサードパーティの Web サイトのいずれかを参照してください。Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

プロパティ

文書番号: 842715 - 最終更新日: 2012年3月29日 - リビジョン: 0.1
キーワード:?
kbtshoot kbprb kb3rdparty kbmt KB842715 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842715
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com