Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000 用のバックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 2.0 および WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842773 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、システムの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 2.0 は、Microsoft Windows Update と自動更新サービスの新しいバージョンおよびその他のプログラムでファイルの転送に使用されます。BITS 2.0 は Microsoft Windows HTTP サービス (WinHTTP) 5.1 の新しい更新プログラムと共に使用されます。BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 更新プログラムの両方を含む更新プログラム パッケージは、Windows Update Web サイトまたは「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。また、Microsoft Software Update Services (SUS) を使用してダウンロードすることもできます。インストール後にこの更新プログラムを削除する場合は、コントロール パネルのプログラムの追加と削除を使用できます。更新プログラムがコンピュータにインストールされているかどうかを確認するには、ファイル属性の表に記載されている情報とコンピュータにインストールされているファイルの属性とを比較します。または、KB842773 のレジストリ サブキーを参照して、Installed という名前の値が存在し、その値が 1 に設定されていることを確認します。

はじめに

BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージが Microsoft Windows XP 用に公開されています。この更新プログラムは、Microsoft Windows Update と自動更新サービスの今後のバージョン、および BITS を使用して未使用のネットワーク帯域を利用したファイル転送を行うその他のプログラムで必要になります。

BITS 2.0 の新機能は、WinHTTP 5.1 更新プログラムに含まれる、ユーザーの識別と分離に関する機能強化と連携して、BITS を使用したデータ転送のセキュリティと柔軟性を強化します。

詳細

BITS 2.0

BITS 2.0 は、ファイル転送をフォアグラウンドとバックグラウンドで同時に行うための Windows システム コンポーネントです。このようなファイル転送には、アップロードやダウンロードが含まれます。BITS では、空いているネットワーク帯域を使用してファイル転送を完了します。BITS 2.0 は、自動更新サービス、Microsoft Windows Update、およびその他のプログラムでファイル転送に使用されます。BITS 2.0 の機能には、ファイルの指定した範囲のダウンロードのサポート、サーバー メッセージ ブロック (SMB) のサポート、帯域の使用量を制限する機能、フォアグラウンドでの同時ファイル転送などがあります。 BITS 2.0 の新機能、およびこの更新プログラムのインストールによって BITS 1.0 と 1.5 に加えられる変更の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
842309 Windows XP のバックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 2.0 用の更新プログラム

WinHTTP 5.1

WinHTTP は、HTTP/1.1 インターネット プロトコルをサポートする API を提供します。WinHTTP は、HTTP サーバー、システム サービスおよび HTTP ベースのクライアント アプリケーションと通信するサーバー アプリケーションで使用することを目的としています。BITS では、HTTP 要求の送信および応答の処理を行うために WinHTTP を使用します。

WinHTTP 5.1 の更新では、以下の点が強化されています。
  • ファイル転送を開始したユーザーの識別機能の強化。
  • 特定のユーザーが認証を受けた接続の分離機能の強化。これにより、別のユーザーによる ID スプーフィングを防止できます。
  • ユーザーがプロキシ サーバーと通信しているときにセキュリティ ポリシーが確実に適用されるようにする機能強化。

Windows Server 2003 用の BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージのダウンロードとインストールの方法

: コンピュータで BITS サービスを無効にしている場合、BITS 2.0 をインストールすると BITS サービスが自動的に有効になります。

BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 は、KB842773 という名前の更新プログラム パッケージに含まれています。KB842773 のダウンロードとインストールを行うには、Microsoft Windows Update Web サイトにアクセスしてください。
http://update.microsoft.com/
管理者は「Microsoft ダウンロード センター」からもこの更新プログラムをダウンロードできます。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsServer2003-KB842773-x86-jpn.exe パッケージ
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

また、管理者は Microsoft Software Update Services (SUS) を使用してこの更新プログラムを展開することもできます。 SUS の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
810796 [White Paper] ホワイト ペーパー『Software Update Services の概要』

Windows XP 用の BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージのダウンロードとインストールの方法

: コンピュータで BITS サービスを無効にしている場合、BITS 2.0 をインストールすると BITS サービスが自動的に有効になります。

BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 は、KB842773 という名前の更新プログラム パッケージに含まれています。KB842773 のダウンロードとインストールを行うには、Microsoft Windows Update Web サイトにアクセスしてください。
http://update.microsoft.com/
管理者は「Microsoft ダウンロード センター」からもこの更新プログラムをダウンロードできます。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsXP-KB842773-v2-x86-jpn.exe パッケージ
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

また、管理者は Microsoft Software Update Services (SUS) を使用してこの更新プログラムを展開することもできます。 SUS の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
810796 [White Paper] ホワイト ペーパー『Software Update Services の概要』

Windows 2000 用の BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージのダウンロードとインストールの方法

: コンピュータで BITS サービスを無効にしている場合、BITS 2.0 をインストールすると BITS サービスが自動的に有効になります。

BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 は、KB842773 という名前の更新プログラム パッケージに含まれています。KB842773 のダウンロードとインストールを行うには、Microsoft Windows Update Web サイトにアクセスしてください。
http://update.microsoft.com/
管理者は「Microsoft ダウンロード センター」からもこの更新プログラムをダウンロードできます。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows2000-KB842773-x86-JPN.EXE パッケージ
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

また、管理者は Microsoft Software Update Services (SUS) を使用してこの更新プログラムを展開することもできます。 SUS の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
810796 [White Paper] ホワイト ペーパー『Software Update Services の概要』

BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージを削除する方法

インストール後に更新プログラムを削除するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。appwiz.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧の [Windows XP ホットフィックス - KB842773] をクリックし、[削除] をクリックします。
  3. Windows XP KB842773 削除ウィザードの指示に従って、コンピュータから更新プログラムを削除します。
  4. Windows XP KB842773 が削除されたら、コンピュータを再起動します。
管理者は、Spuninst.exe ユーティリティを使用して、このパッケージを削除することもできます。Spuninst.exe のプログラム ファイルは、Windows\$NTUninstallKB842773$\Spuninst フォルダにあります。

Windows Server 2003 に BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージがインストールされていることを確認する方法

更新プログラムがインストールされていることを確認するには、コンピュータ上のファイルと以下の一覧のファイルを比較します。これらのファイルは Windows\System32 フォルダにあります。

: Qmgr.dll ファイルは Windows\System32\Bits フォルダにも含まれている場合があります。

更新プログラム (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付          バージョン          サイズ    ファイル名 
   --------------------------------------------------------------
   10-20-2004  6.6.3790.220      7,680  bitsprx2.dll
   09-30-2004  6.6.3790.220      7,168  bitsprx3.dll
   10-20-2004  6.6.3790.220    364,032  qmgr.dll
   10-20-2004  6.6.3790.220     18,944  qmgrprxy.dll
   10-20-2004  5.2.3790.218    339,456  winhttp.dll
   09-19-2004  5.2.3790.212    439,296  xpob2res.dll  

また、更新プログラムがインストールされていることは、レジストリを調べることによっても確認できます。確認するには、次の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix\KB842773
    更新プログラムがインストールされている場合、このサブキーに Installed という値があり、その値が 1 に設定されています。

Windows XP に BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージがインストールされていることを確認する方法

更新プログラムがインストールされていることを確認するには、コンピュータ上のファイルと以下の一覧のファイルを比較します。これらのファイルは Windows\System32 フォルダにあります。

: Qmgr.dll ファイルは Windows\System32\Bits フォルダにも含まれている場合があります。

更新プログラム (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付          時刻     バージョン          サイズ    ファイル名         フォルダ
   ---------------------------------------------------------------------
   2004/07/31  08:44  6.6.2600.1580     27,136  bitsinst.exe    sp1qfe
   2004/07/02  07:08  6.6.2600.1569      7,680  bitsprx2.dll    sp1qfe
   2004/07/02  07:08  6.6.2600.1569      7,168  bitsprx3.dll    sp1qfe
   2004/06/30  17:00  5.1.2600.1570    144,896  obrs0411.dll    sp1qfe
   2004/07/02  07:08  6.6.2600.1569    360,448  qmgr.dll        sp1qfe
   2004/07/02  07:08  6.6.2600.1569     17,408  qmgrprxy.dll    sp1qfe
   2004/07/02  07:08  5.1.2600.1557    331,776  winhttp.dll     sp1qfe

また、更新プログラムがインストールされていることは、レジストリを調べることによっても確認できます。確認するには、次の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix\KB842773
    更新プログラムがインストールされている場合、このサブキーに Installed という値があり、その値が 1 に設定されています。


Windows 2000 に BITS 2.0 と WinHTTP 5.1 を含む更新プログラム パッケージがインストールされていることを確認する方法

更新プログラムがインストールされていることを確認するには、コンピュータ上のファイルと以下の一覧のファイルを比較します。これらのファイルは Windows\System32 フォルダにあります。

: Qmgr.dll ファイルは Windows\System32\Bits フォルダにも含まれている場合があります。

更新プログラム (日本語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付         バージョン          サイズ    ファイル名
   --------------------------------------------------------------
   10-05-2004  6.6.2600.1596      7,680  bitsprx2.dll
   10-05-2004  6.6.2600.1596      7,168  bitsprx3.dll
   10-05-2004  6.6.2600.1596    362,496  qmgr.dll
   10-05-2004  6.6.2600.1596     17,408  qmgrprxy.dll
   10-11-2004  5.1.2600.1557    331,776  winhttp.dll
   06-04-2004  5.1.2600.1557    439,296  xpob2res.dll  

また、更新プログラムがインストールされていることは、レジストリを調べることによっても確認できます。確認するには、次の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix\KB842773
    更新プログラムがインストールされている場合、このサブキーに Installed という値があり、その値が 1 に設定されています。



既知の問題

以下のいずれかの問題が発生します。
  • BITS 2.0 と WinHTTP を含む更新プログラム パッケージをインストールするとき、インストールが失敗し、Windows Update.log ファイルにエラー 80070643 が出力される場合があります。
  • BITS 2.0 と WinHTTP を含む更新プログラム パッケージをインストールするとき、"デジタル署名が見つかりませんでした" というエラー メッセージが表示されます。
この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822798 プログラムや更新プログラムをインストールできない

関連情報

BITS の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa362827.aspx
WinHTTP の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa382925.aspx

修正された問題

BITS 2.0 と WinHTTP を含む更新プログラム パッケージのインストール後、バックアップ プログラムが正常に実行されないことや、一部のファイルがバックアップから除外されることがあります。

この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
883357 Windows XP でバックアップ プログラムが正常に実行されないことや、一部のファイルがバックアップから誤って除外されることがある

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 842773 (最終更新日 2004-12-29) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 842773 - 最終更新日: 2011年5月18日 - リビジョン: 12.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
キーワード:?
kbhotfixserver kbinfo KB842773
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com