SQL Server 2000年レポート サービス sp1 の Readme.txt ファイル

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 842857
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、機能の強化、ダウンロード情報、および Microsoft SQL Server 2000年報告サービス サービス パック 1 (SP1) のインストール情報について説明します。この資料には次の情報が含まれます。
  • 「はじめに」セクションについて主要機能の強化、サービス SP1 のレポート、およびレポート サービス Books Online への更新のインストールの概要について説明します。
  • [レポート サービスの SP1 のセットアップ ファイルのダウンロード] のセクションには、レポート サービスの SP1 のセットアップ ファイルをダウンロードする場所が含まれます。
  • 「インストール SQL Server 2000 サービス SP1 レポート」セクションにはにコンピューターおよび Web ファーム上でサービス SP1 レポートをインストールするため手順が含まれます。このセクションでは、再配布、削除、およびレポート サービスの SP1 を再構築する方法についても含まれます。

はじめに

サービス SP1 が適用できる更新プログラムのレポートを作成します。Reporting Services の既存のインストールをコンピューター上では。インストールするのにはサービス SP1 のレポートを作成、自己解凍形式の実行可能ファイルをダブルクリックします。、サービス SP1 のレポート ファイルを抽出してインストールすることもでき、コマンド プロンプトでレポート サービスの SP1 のセットアップ プログラムを実行します。レポート作成サービスの SP1 は、現在インストールされているコンポーネントのみアップグレードします。場合は、Reporting Services の追加のコンポーネントをインストール、セットアップを再実行する必要があります。プログラムは、対応するコンポーネントを更新します。セットアップ プログラムを実行、次の作業:
  • 以下のエディションの Reporting Services をアップグレードします。
    • Microsoft SQL Server 2000年報告サービス事業エディション
    • Microsoft SQL Server 2000年報告サービス開発エディション
    • Microsoft SQL Server 2000年サービス標準レポートエディション
    • Microsoft SQL Server 2000年レポート サービスの評価エディション
  • Reporting Services のすべてのインストールをアップグレードします。クライアント専用の構成は、サーバーのみを含む構成構成、およびクライアントとサーバーを構成します。
  • SQL Server 2000 の最終的な製品版をアップグレードします。レポート サービス (8.00.0743.00)。

    メモ SQL Server 2000年報告する、セットアップ プログラムがアップグレードされません。サービスの Beta 2。
レポート サービスの SP1 は、SQL Server 2000 の影響を受けないサービス パック 4 (SP4)。ただし、した後レポート サービスの SP1 をインストールする場合SQL Server 2000 SP4 をインストールは、サービスをインストールすることをお勧めしますpack は次の順序で。
  1. SQL Server 2000 SP4
  2. レポート サービス SP1
レポートをインストールするとの非互換性の問題が発生する可能性があります。SP1 は、初期のベータ版の Microsoft Windows XP SP2 のサービスです。ただし、Windows XP の最新のベータ版での非互換性の問題が解決されました。SP2。したがって、コンピューターに Reporting Services をインストールした場合Windows XP SP2 を実行して、リリース版を適用することをお勧めは、Reporting Services をインストールする前に、コンピューター上の Windows XP SP2SP1。

レポート サービスの SP1 のリリースにはいくつかの機能が含まれています拡張機能は、Reporting Services の製品版での不具合の修正、パフォーマンスを向上します。次の機能の拡張機能します。レポート サービス SP1 には、次のとおりです。
  • 改善された Microsoft Excel の表示拡張機能: を使用して新しい Excel 表示拡張機能を表示できるようにレポートを表示できます。以前のバージョンの Excel で修正します。たとえば、レポートを表示できます。表示および Excel 2000 で変更します。
  • 堅牢な PDF レンダリング拡張子: のパフォーマンス、PDF 表示拡張機能でサービス SP1 のレポートが改善されます。
  • 表示スタイルを変更するのには、機能の強化、グラフ コントロールでレポート デザイナー。
  • イメージを外部の Url への参照をサポートしてレポート内のリソース。
  • データのキャッシュのレポートをプレビューするのには、動作をサポートします。
  • 改行文字のサポート式。
  • HTML ビューアーのツールバーのスタイルを変更する機能スタイル シートを使用します。
  • 新しいパラメーターを URL、その他のオプションを提供していますへのアクセスします。実行時にレポートをカスタマイズします。
  • レポート マネージャー プロキシが認証 cookie これが続くカスタム セキュリティで認証 cookie を使用できること拡張します。
  • 非表示のレポート パラメーターのサポート
  • 一時スナップショットを圧縮して保存をサポートファイル ・ システムのスナップショット。
  • 統合されたセキュリティのサポートを無効にすることをサポートレポートのデータ ソースにアクセスします。


Reporting Services のバージョンを識別します。

Reporting Services がインストールされているのバージョンを確認するにはコンピューター、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Internet Explorer を起動します。
  2. で、 アドレス バーの URL を入力、レポート サーバーでし 移動.

    たとえば、する場合は、コンピューターの名前が TestServer、タイプです。http://TestServer/reportserver で、アドレス バーです。

    メモ Reporting Services のバージョン情報が表示されます、ページの下部にあります。レポートの最終的なリリースのバージョン番号サービスは、8.00.0743.00 です。


サービス Books Online のレポートを更新します。

レポートのバージョンは、セットアップ プログラムは更新されません。レポートの最終リリースでインストールされたオンライン ブック サービスします。サービスです。レポート サービス Books Online の更新版をダウンロードするのには次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 5e550d73 ・ 8f35 ・ 435e ・ bb71 ・ c8573a1cdbdb


レポート サービスの SP1 のセットアップ ファイルをダウンロードします。

セットアップ プログラムは、自己解凍形式のファイルとして配布します。Microsoft の Web サイトからダウンロードできます。詳細についてはダウンロード場所は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/sql/reporting/


SQL Server 2000年レポート サービスの SP1 をインストールします。

レポート サービスの SP1 をインストールするには、この手順を実行します。セクションです。Reporting Services の製品版をインストールする必要があります、コンピューターのレポート サービスの SP1 をインストールする前にします。インストールレポート サービス SP1 が発生して失敗すると、以前のバージョンのコンポーネントレポート サービスは、コンピューターにはインストールされていません。停止する必要はありません。または、レポート サービスの Windows サービスまたは、レポート サービスの Web を一時停止します。レポート サービスの SP1 をインストールする前にサービスします。さらに、レポートを作成サービス SP1 では、リモート インストールすることはできません。

セットアップ プログラムSQL Server 2000年と同じ言語で利用可能です。したがって、セットアッププログラムをコンピューターで使用されている言語を指定すると、Reporting Services の最終リリースをインストールします。セットアップのユーザー インターフェイスとエラー メッセージは、その言語で表示されます。

レポート サービスSP1 の変更は、以下のファイルとコンポーネントがインストールされている、最終的なリリースの Reporting Services:
  • サービス データベースに報告します。
  • レポート サーバーでレポート デザイナーなどのプログラム ファイルをレポート マネージャー、およびコマンド ライン ユーティリティを使用します。
  • すべてのプログラム ファイルのファイル バージョン情報。は、ファイルのバージョンをプログラムのすべてのファイルの形式に変更されます。8.00.085n.nn.
サービス SP1 のレポートを作成、次のアイテムを変更しません。サービスを報告します。
  • 構成ファイル。セットアップ プログラムの読み込み、構成ファイルが、セットアップ プログラムは変更されません、追加、または削除、構成ファイルで指定されている設定です。
  • 仮想ディレクトリと Microsoft インターネット インフォメーションサービス (IIS) の設定します。
  • 構成ファイル、プログラム ファイルのアクセス許可ファイル、または、インストール フォルダー。

    メモ プログラム ファイルを含むフォルダーをインストールします。フォルダー表示されます。デフォルトでは、インストール フォルダーにあります、インストール ドライブ\Program Files\Microsoft SQLServer\SQL Server のインスタンス\Reporting サービスフォルダーです。
  • イベント ログ エントリおよびパフォーマンス カウンターを使用します。
  • レポート サービス オンライン ブック。
  • ライセンス情報です。
  • AdventureWorks のサンプル データベースです。
  • サンプル、レポート、スナップショット、およびその他のユーザーデータです。


Reporting Services のデータベースをバックアップします。

レポート サービスの SP1 をインストールする前に、バックアップする必要があります、データベースのレポート サービス データベースと Reporting Services の一時SQL Server のインスタンスがインストールされています。既定では、 レポート サーバー Reporting Services データベースですし、 ReportServerTempDb Reporting Services の一時データベースです。

は、Reporting Services のデータベースを変更のレポート サービスの SP1 をインストールします。Reporting Services の一時データベースとします。したがって、レポートサービス データベースと Reporting Services の一時データベースです。これらのデータベースの以前のバージョンと互換性がありません。再インストールする必要がある場合最終版の Reporting Services レポート サービスの SP1 をせずにReporting Services のデータベースと、レポート サービスをバックアップする必要があります。一時的なデータベースです。

暗号化のコピーを作成することもする必要があります。Reporting Services をインストールするときに作成されたキー。詳細については暗号化キーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa972238 (SQL.80)


レポート サービスの SP1 をインストールします。

レポート サービスの SP1 をインストールするを実行する必要があります。セットアップ プログラムのいずれかの次の場所:
  • 抽出したを含む、コンピューター上のフォルダーservice pack のファイルはレポート サービスの SP1 の自己解凍形式のセットアップ ファイル(SP1Setup.exe)。
  • 抽出したを含むネットワーク共有上のフォルダーservice pack のファイルはレポート サービスの SP1 の自己解凍形式のセットアップ ファイル(SP1Setup.exe). Reporting Services サーバー コンポーネントをインストールするのには共有ネットワークは、次の方法のいずれかを使用します。
    • 抽出したを含むネットワーク共有をマップします。サービス パック ファイルをコンピューターに使用可能なドライブ文字には、検索、SP1Setup.exe を含み、実行、マップされたドライブ上のフォルダーSP1Setup.exe。
    • サービス SP1 のレポートでのインストールを開始します。SP1Setup.exe ファイルをネットワーク共有上で実行の抽出を含むservice pack のファイルします。SP1Setup.exe ファイル内にある、 ネットワーク共有\フォルダーのパス、展開した service pack のファイルが含まれています。\X86\Setup フォルダー上ではネットワーク共有です。
エンド ユーザー ライセンス契約に同意するように求められます(EULA)、し [、レポート サービスの SP1 をインストールするように求められます。
アカウントの資格情報
セットアップ プログラムは、Windows ログオン アカウント資格情報を使用してください。(レポート サービス データベースをアップグレードするのには、Windows 統合セキュリティ) とReporting Services の一時データベースです。アップグレードは、Windows を実行するのにはコンピューターにログオンするために使用するユーザー アカウントのメンバーでなければなりません、 db_owner Reporting Services のデータベースの固定データベース ロールとは、レポート サービスの一時的なデータベースです。

メモ 別の資格情報を使用する場合は、セットアップを実行する必要があります。コマンド プロンプトでプログラム。
ログ ファイル
報告されたときに作成されるログ ファイルを表示することができます。サービス SP1 がインストールされています。これらのログ ファイルを使用してのトラブルシューティングを行うことができます。インストール時に問題またはレポート サービスの SP1 をインストールすることを確認します。は、セットアップ プログラムは、状態メッセージ、エラー、および警告、次のように書き込みますログ ファイル (場所 N ファイルのバージョン番号です)。
  • Rssp1stpN.log:Rssp1stpN.log ファイルを含む情報については、システムおよび前提条件の確認の状態。
  • Rssp1MSPN.log:Rssp1MSPNエラー メッセージ、.log ファイルを収集します。アップグレード プロセスで生成される警告します。
クリックしてログ ファイルを検索するには 開始をクリックして 実行、タイプ %temp%、し [OK].ログ ファイルは Temp フォルダーに検索できます。
Reporting Services のアップグレードしたインスタンスを確認して、Reporting Services データベースをバックアップします。
レポート サービスの SP1 をインストールすると、これらに従ってください。手順説明します。

メモ セットアップ プログラムは、コンピューターを再起動するように求められます場合、次の手順を完了する前に、コンピューターを再起動する必要があります。
  1. レポート サービスの Windows サービスであることを確認します。実行しています。
  2. そのレポート サービスの SP1 が動作していることを確認するのにはレポート マネージャーでは、既存のレポートを正しく表示します。
  3. Reporting Services のデータベースと、レポートのバックアップします。サービスの一時データベースです。
メモ 新しいバックアップの暗号化キーを作成する必要はありませんかすべての設定を調整します。サービス SP1 のレポートの接続は変更されません。情報、または暗号化機能の以前のバージョンを無効にします。レポート サーバー。



レポート サーバー Web ファーム上でサービス SP1 のレポートをインストールします。

Reporting Services の Web ファームに展開する場合は、実行する必要があります、Reporting Services コンポーネントをホストする各コンピューター上のプログラムをセットアップします。セットアップ プログラムを実行する必要があります内の各レポート サーバー ノードのために、クラスター化し、共有レポート サービスをホストするコンピューター上でデータベースです。

レポート サーバーでレポート サービスの SP1 をインストールする前にWeb ファームで、レポート サーバー ノード Web ファームは、するまでオフラインで行う必要があります。すべてのレポート サーバー ノードと、Reporting Services データベースがアップグレードされます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 各コンピューター上で IIS を停止します。
  2. レポート サービスの Windows サービスを停止します。コンピューターです。
レポート サービスの SP1 のインストールの順序は、重要レポート サーバーです。レポート サービスの SP1 は、次のようにインストールします。順序:
  1. ホスト コンピューターでセットアップ プログラムを実行、サービス データベースのレポートを作成します。

    データベースの形式をレポートの作成サービス データベースと Reporting Services の一時データベース更新されます。レポート サービスの SP1 と互換性のあること。
  2. [その他のレポート サーバー ノードでセットアップ プログラムを実行します。どのような順序。

    最初のレポートのレポート サービスの SP1 を適用した後サーバーのノードは、アップグレード後のデータベースの形式を使用することができます、レポート サーバーのすべてのノードがアップグレードされるまで他のレポート サーバー ノードサービス SP1 のレポートを作成します。
Reporting Services にレポート サーバー クラスターをアップグレードした後SP1 は、セットアップ プログラム自動的に新規のレポートをポイントすることはできません。サーバー インスタンスまたはレポート サーバーのノードを既存のレポート サービスデータベースです。

レポート サーバーに、新しいレポート サーバーのノードを作成するのにはクラスターのノード上で、次の手順を実行します。
  1. 新規にインストールするのには、レポート サービスのセットアップ プログラムを実行します。レポート サーバーのインスタンスです。
  2. アップグレードするのには、レポート サービスの SP1 のセットアップ プログラムを実行、レポート サーバーのインスタンスです。
  3. [レポート サーバー インスタンスには、Rsconfig ユーティリティを実行します。使用する Reporting Services データベースへの接続を構成します。使用します。レポートをアップグレードしたサービスへの接続を構成する必要があります。レポート サービスの SP1 と互換性のあるデータベースです。
  4. レポート サーバーを初期化するのには、Rsactivate ユーティリティを実行します。レポート サーバーのクラスター内のインスタンスです。


コマンド ライン パラメーターを使用してレポート サービスの SP1 をインストールします。

サイレント インストールを実行するのには、またはデフォルト以外を指定するのにはReporting Services のデータベースをアップグレードするのには、セットアップを実行することができます。コマンド プロンプトでプログラム。既定では、Windows セットアップ プログラムを使用してください。コンピューターにログオンするために使用するユーザー アカウントです。使用できます、次のレポートのインストールを開始する、コマンド ライン パラメーターコマンド プロンプトで SP1 をサービスします。
  • は、 /x コマンド ライン パラメーターは、すべてのファイルを抽出するが動作しない、プログラムをセットアップします。
  • は、 /x:パス コマンド ライン パラメーターが場所のすべてのファイルを抽出します。パラメーターは、セットアップ プログラムが実行されないを指定します。
  • は、 /q コマンド ライン パラメーター セットアップ プログラムをサイレント モードで実行してユーザー インターフェイスを表示しません。
  • は、 RSSETUPACCOUNT コマンド ライン パラメーターを持つ SQL Server のアカウントを指定します。ロールのデータベースを作成するのには、作成する新しいログインを作成するアクセス許可されユーザーにアクセス許可を割り当てます。
  • は、 RSSETUPPASSWORD コマンド ライン パラメーターは、SQL Server のパスワードを指定します。アカウントです。
コマンド ・ ラインを指定するのには、次の構文を使用することができます。パラメーター:
SP1Setup.exe /q RSSETUPACCOUNT=DomainName\UserName RSSETUPPASSWORD=Password


サービス SP1 のレポートを再配布します。

独立系ソフトウェア ベンダー (Isv) がこのサービスを再頒布できます。パックに統合されている Reporting Services コンポーネントをアップグレードするのにはマイクロソフト以外の製品。



サービス SP1 のレポートを削除します。

レポート サービスの SP1 を削除するは、まずレポートを削除する必要があります。サービスをコンピューターからし、なしの Reporting Services を再インストールレポート サービス SP1 にレポート サーバー インスタンスをアップグレードしています。適用した場合レポート サーバー インスタンスに修正プログラムを修正プログラムを再適用する必要があります、レポート サーバーのインスタンスです。

Reporting Services データベース削除するときに互換性のあるサービス SP1 のレポートは削除されません。サービスをコンピューターからレポートを作成します。手動で、アップグレードされた削除する必要があります。サービス データベースは、レポートを作成し、Reporting Services データベースを復元レポート サービスの SP1 をインストールする前に、バックアップされています。

するにはReporting Services を使用してコンピューターから削除します。 追加または削除します。プログラム コントロール パネルのします。

メモ レポートを削除することができる別のプログラムがありません。SP1 のサービスです。



Reporting Services のインストールを再構築します。

アップグレードする、Reporting Services のインストールを再構築するにはサービス SP1 のレポートを作成、次の手順を実行します。
  1. SQL Server 2000年の Reporting Services コンポーネントをインストールします。ください。
  2. SQL Server 2000 Reporting Services SP1 をインストールする、コンピューターです。
  3. Reporting Services のデータベースと、レポートを削除します。サービスの一時データベースです。
  4. Reporting Services のデータベースと、レポートを復元します。Reporting Services と互換性のある一時データベースをサービスします。SP1。
  5. 構成するのには、レポート サーバーでは、Rsconfig ユーティリティを実行します。互換性のある、Reporting Services データベースへの接続サービス SP1 のレポートを作成します。
  6. コンピューター名または、サービス アカウントが変更された場合は、バックアップしたキーを適用するのには、Rskeymgmt ユーティリティを実行します。


関連情報

詳細については修正されるバグサービス sp1 のレポートを作成、表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。資料は、マイクロソフト サポート技術。
839796SQL Server 2000年レポート サービスによって修正されるバグの service pack
詳細については、SQL Server への追加2000 レポート サービスの Readme ファイル、クリックの数を表示するのには、次の記事資料は、マイクロソフト サポート技術。
843369に加えて、SQL Server 2000年報告サービス S SQL Server 2000年報告サービス Readme ファイルの Readme.htm ファイルへの追加について
詳細については、コマンド ・ ライン次に、ユーティリティは、レポート サーバーを管理することができる参照してください。Microsoft の Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa179657 (SQL.80)

プロパティ

文書番号: 842857 - 最終更新日: 2011年7月18日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbupgrade kbreadme kbsetup kbreport kbarttypeinf kbmt KB842857 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:842857
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com