Windows XP Service Pack 2 を実行しているコンピュータでポップアップ ブロックを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 843016 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows XP Service Pack 2 を実行しているコンピュータでポップアップ ブロックを構成する方法について説明します。ポップアップ ブロックは Internet Explorer の新機能です。この機能により、不必要なポップアップ ウィンドウのほとんどが表示されなくなります。デフォルトでは、ポップアップ ブロックが有効になっています。ポップアップ ブロックが有効な場合、自動的に表示されるポップアップ ウィンドウおよびバックグラウンドに表示されるポップアップ ウィンドウはブロックされますが、ユーザーにより開かれるポップアップ ウィンドウは通常どおりに表示されます。

詳細

ポップアップ ブロックを有効にする方法

: ポップアップ ブロックはデフォルトで有効になっています。有効にする必要があるのは、この機能が無効になっている場合のみです。

ポップアップ ブロックは、次の方法で有効にすることができます。
  • メッセージが表示されたとき
  • [ツール] メニュー
  • [インターネット オプション] ダイアログ ボックス

メッセージが表示されたとき

ポップアップ ウィンドウが初めて表示される前にメッセージが表示されます。このときに、ポップアップ ブロックを有効にすることができます。

[ツール] メニュー

[ツール] メニューでポップアップ ブロックを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [ポップアップ ブロック] をポイントし、[ポップアップ ブロックを有効にする] をクリックして、ポップアップ ブロックを有効にします。または、[ポップアップ ブロックを無効にする] をクリックして、ポップアップ ブロックを無効にします。

[インターネット オプション] ダイアログ ボックス

[インターネット オプション] ダイアログ ボックスでポップアップ ブロックを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [プライバシー] タブをクリックし、[ポップアップをブロックする] チェック ボックスをオンにしてポップアップ ブロックを有効にします。または、[ポップアップをブロックする] チェック ボックスをオフにしてポップアップ ブロックを無効にします。
  4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

ポップアップ ブロックの設定を構成する方法

構成可能なポップアップ ブロックの設定は以下のとおりです。
  • 許可する Web サイトの一覧
  • すべてのポップアップ ウィンドウのブロック
  • ポップアップを表示するキー
  • 音の構成

許可する Web サイトの一覧

[許可されたサイト] ボックスの一覧に Web サイトを追加することにより、特定の Web サイトにポップアップ ウィンドウの表示を許可することができます。この設定を行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [ポップアップ ブロック] をポイントし、[ポップアップ ブロックの設定] をクリックします。
  3. [許可する Web サイトのアドレス] ボックスに Web サイトのアドレスを入力し、[追加] をクリックします。
  4. [閉じる] をクリックします。

すべてのポップアップ ウィンドウのブロック

ユーザーによって開かれるポップアップ ウィンドウを含め、ポップアップ ウィンドウをすべてブロックするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [ポップアップ ブロック] をポイントし、[ポップアップ ブロックの設定] をクリックします。
  3. [フィルタ レベル] ボックスの一覧の [高: すべてのポップアップをブロックする (Ctrl キーでポップアップを表示できます)] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ポップアップを表示するキー

フィルタ レベルを [高: すべてのポップアップをブロックする (Ctrl キーでポップアップを表示できます)] に設定している場合、ポップアップ ウィンドウを手動で開くには、Ctrl キーを押しながらポップアップ ウィンドウを開きます。

音の構成

ポップアップ ウィンドウがブロックされたときに音を鳴らすには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [ポップアップ ブロック] をポイントし、[ポップアップ ブロックの設定] をクリックします。
  3. [ポップアップのブロック時に音を鳴らす] チェック ボックスをオンにし、[閉じる] をクリックします。

安全だと見なされるゾーンでのポップアップ ブロックを構成する方法

Web コンテンツ ゾーンのうち、信頼済みサイト ゾーンおよびローカル イントラネット ゾーンは安全だと見なされているため、これらのゾーンではポップアップ ウィンドウがブロックされません。これらのゾーンでのポップアップ ブロックを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし、[Internet Explorer] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックし、[Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスの一覧の [イントラネット] をクリックします。
  4. [レベルのカスタマイズ] をクリックし、[ポップアップ ブロックの使用] の下の [有効にする] をクリックしてポップアップ ブロックを有効にします。または、[無効にする] をクリックしてポップアップ ブロックを無効にします。
  5. [OK] を 2 回クリックします。
  6. 手順 1. 〜 2. を繰り返します。
  7. [セキュリティ] タブをクリックし、[Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する] ボックスの一覧の [信頼済みサイト] をクリックします。
  8. [レベルのカスタマイズ] をクリックし、[ポップアップ ブロックの使用] の下の [有効にする] をクリックしてポップアップ ブロックを有効にします。または、[無効にする] をクリックしてポップアップ ブロックを無効にします。
  9. [OK] を 2 回クリックします。
Windows XP SP2 の Internet Explorer の情報バーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
843017 Windows XP SP2 の Internet Explorer の情報バーについて

レジストリ キーを使用してポップアップ ブロックを構成する方法

完全なポップアップ ブロックの構成

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_WEBOC_POPUPMANAGEMENT
  3. [Iexplore.exe] をダブルクリックします。
  4. 完全なポップアップ ブロックを無効にするには、[値のデータ] ボックスに 0 を入力して [OK] をクリックします。または、完全なポップアップ ブロックを有効にするには、[値のデータ] ボックスに 1 を入力して [OK] をクリックします。

ゾーンごとのポップアップ ブロックの構成

次の各レジストリ サブキーの下の番号はそれぞれ、異なるゾーンを表します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones
  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones
各ゾーンの下の 1809 で、3 というデータの値は、ポップアップ ブロックが無効であることを示します。0 というデータの値は、ポップアップ ブロックが有効であることを示します。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
182569 Internet Explorer のセキュリティ ゾーン関連のレジストリ エントリについて

グループ ポリシーを使用してポップアップ ブロックを構成する方法

完全なポップアップ ブロックの構成

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ユーザーの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント] を順に展開し、さらに [Internet Explorer] を展開します。
  3. [ポップアップ管理を無効にする] を目的の値に設定します。この変更を適用するには、ポリシーを更新するか、コンピュータを再起動する必要があります。

ゾーンごとのポップアップ ブロックの構成

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ユーザーの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Internet Explorer]、[インターネット コントロール パネル]、[セキュリティ ページ] を順に展開し、ポップアップ ブロックを構成するゾーンを展開します。
  3. [ポップアップ ブロックの使用] を目的の値に設定します。この変更を適用するには、ポリシーを更新するか、コンピュータを再起動する必要があります。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/maintain/sp2brows.mspx

プロパティ

文書番号: 843016 - 最終更新日: 2006年4月26日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)
キーワード:?
kbnetwork kbsecurity kbconfig kbconnectivity kbbrowsing kbperformance kbhowto KB843016
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com