Windows XP SP2 の Internet Explorer の情報バーについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 843017 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Internet Explorer の情報バーは、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) に含まれる新しいユーザー インターフェイス (UI) です。情報バーは、Web ページ上の危険性のあるアクションがブロックされたときに、Internet Explorer のツール バーとコンテンツ ウィンドウの間に表示されます。情報バーは、ブロックされたコンテンツを通知する Outlook 2003 の通知領域に似ています。 Windows XP SP2 では、ユーザーに情報を提供するコモン ダイアログ ボックスの多くが情報バーに置き換えられます。ユーザーによる確認や操作が必要な情報が、より見やすい場所に表示されます。たとえば、ActiveX のインストール、ポップアップ ウィンドウ、ダウンロード処理、アクティブ コンテンツのブロックに関するダイアログ ボックスは、Windows XP SP2 では情報バーに置き換えられます。

重要 : デフォルトのセキュリティ設定を低く設定することによって Internet Explorer の情報バーを非表示にすることができます。ただし、セキュリティ設定は、デフォルトのレベルのままにしておくか、デフォルトより高く設定することを強くお勧めします。Internet Explorer のデフォルトのセキュリティ設定は、コンピュータをインターネット上のウイルスや攻撃から保護するのに役立ちます。

詳細

情報バーの外観と機能は、Outlook 2003 のブロックされたコンテンツの通知領域に似ています。通知があれば、ツール バーとコンテンツ ウィンドウの間に情報バーが表示され、別の場所にアクセスすると情報バーは消えます。情報バーに表示されるテキストは、通知される内容によって異なります。通知領域の範囲を超える場合、テキストは 2 行に折り返されます。以下に、一般的に表示される通知メッセージの例を示します。
現在のセキュリティの設定では、このページの ActiveX コントロールは実行できません。そのため、このページは正確に表示されない可能性があります。
ブラウザ内の他のオブジェクトから情報バーにフォーカスを移動するには、Tab キーを押します。

情報バーをクリックまたは右クリックすると、現在の通知に関連するメニューが表示されます。このメニューには、通知の詳細情報を表示する [情報バーのヘルプ] が必ず含まれています。管理者によって使用できないように設定されている情報バーのコマンドは淡色表示されます。

情報バーが表示されるときにサウンドを再生するように構成することができます。デフォルトでは、このサウンド設定が有効です。情報バーが表示される場合、"ページでエラーが発生しました" という通知ではなく、ステータス バーに Windows 信頼アイコンが表示されます。

場合によっては、複数のアクションがブロックされることもあります。たとえば、ポップアップ ウィンドウがブロックされると同時に、アドインのインストールがブロックされることがあります。このような場合、情報バーにはより一般的なテキストが表示され、メニューにブロックされた各アクションが両方とも表示されます。ブロックされたアクションごとにサブメニューが表示されます。

情報バーのセキュリティ ゾーン設定をカスタマイズできます。ファイルとコードのダウンロード処理に関する通知を情報バーで受け取るか、重要度の低い通知として受け取るかを選択できます。この機能は、Windows XP SP1 にも含まれています。

Windows XP SP2 の情報バーの機能

アドインをインストールするかどうかの確認

Windows XP SP1 では、Web ページで現在コンピュータに存在しない ActiveX コントロールが参照されると、ActiveX コントロールをダウンロードするかどうかを確認するメッセージが表示されます。Windows XP SP2 では、このメッセージは情報バーに表示されます。次の表に、情報バーに表示されるテキストとメニューから選択できるアクションを示します。
元に戻す全体を表示する
情報バーの要素 表示
情報バーのテキスト セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへの ActiveX コントロールのインストールが Internet Explorer により停止されました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください...
短いテキスト インストールのブロック
メニュー項目 ActiveX コントロールのインストール...

危険性の説明

ポップアップのブロックの通知

Windows XP SP2 では、ポップアップ ウィンドウがブロックされると、情報バーに通知が表示されます。情報バーでは、ポップアップ ウィンドウの再表示、"許可されているサイト" の一覧への Web サイトの追加、ポップアップ ブロックの設定などのポップアップ ブロック機能を使用できます。ポップアップ イベントにまで通知を使用する必要はないと判断した場合は、ポップアップ ウィンドウに対する情報バー機能を無効にすることもできます。次の表に、情報バーに表示されるテキストとメニューから選択できるアクションを示します。
元に戻す全体を表示する
情報バーの要素 表示
情報バーのテキスト ポップアップがブロックされました。このポップアップまたは追加オプションを参照するには、ここをクリックしてください...
短いテキスト ポップアップのブロック
メニュー項目 ポップアップを一時的に許可

このサイトのポップアップを常に許可...

ポップアップ ブロックを無効にする

ポップアップ情報バーの表示 (チェック マークが付きます)

追加の設定...

自動ダウンロードを許可するかどうかの確認

Windows XP SP2 では、自動起動するファイルのダウンロードを許可するかどうかの確認が情報バーに表示されます。

情報バーにはアクションが実行された理由を説明するテキストが表示されます。また、通知に対する応答で使用できる状況依存のメニューも表示されます。次の表に、情報バーに表示されるテキストとメニューから選択できるアクションを示します。
元に戻す全体を表示する
情報バーの要素 表示
情報バーのテキスト セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードが Internet Explorer によりブロックされました。オプションを表示するには、ここをクリックしてください...
短いテキスト ファイルのダウンロードをブロック
メニュー項目 ファイルのダウンロード

危険性の説明

アクティブ コンテンツのブロック

Windows XP SP2 では、マイ コンピュータ ゾーン内でのアクティブ コンテンツの実行がブロックされると、情報バーが表示されます。

情報バーにはアクションが実行された理由を説明するテキストが表示されます。また、通知に対する応答で使用できる状況依存のメニューも表示されます。次の表に、情報バーに表示されるテキストとメニューから選択できるアクションを示します。
元に戻す全体を表示する
情報バーの要素 表示
情報バーのテキスト セキュリティ保護のため、コンピュータにアクセスできるアクティブ コンテンツは表示されないよう、Internet Explorer で制限されています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください...
短いテキスト アクティブ コンテンツのブロック
メニュー項目 ブロックされているコンテンツを許可

危険性の説明

セキュリティ設定による ActiveX のブロック

Windows XP SP2 では、"現在のセキュリティの設定では、このページの ActiveX コントロールは実行できません" というメッセージが表示されなくなりました。この通知は Internet Explorer の情報バーに表示されます。

情報バーにはアクションが実行された理由を説明するテキストが表示されます。また、通知に対する応答で使用できる状況依存のメニューも表示されます。次の表に、情報バーに表示されるテキストとメニューから選択できるアクションを示します。
元に戻す全体を表示する
情報バーの要素 表示
情報バーのテキスト セキュリティの設定により、Web サイトによる、このコンピュータにインストールされている ActiveX コントロールの実行は許可されません。そのため、ページは正確に表示されない可能性があります。オプションを表示するには、ここをクリックしてください…
短いテキスト ソフトウェアのブロック

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 843017 (最終更新日 2004-08-25) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 843017 - 最終更新日: 2005年7月11日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)
キーワード:?
kbnetwork kbconnectivity kbbrowsing kbmaintenance kbperformance kbconfig kbsecurity kbhowto kbinfo KB843017
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com