マイクロソフトのサポート担当者のサポート案件がレポート ライター、SSRS、Word テンプレート、SmartList のビルダー/デザイナー、ビジネスの警告、VB スクリプト、修飾子と VBA & Configurators の SQL スクリプトをコンサルティング ・ サービスを判断を使用するためのガイドライン

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 850201 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は、マイクロソフトのサポート担当者のサポート案件が、コンサルティング ・ サービス、次の項目を判断を使用するためのガイドラインについて説明します。
  • Microsoft Dynamics GP でレポート ライター
  • Microsoft SQL Server の Reporting Services (SSRS)
  • Microsoft Dynamics GP で Word テンプレート
  • Microsoft Dynamics GP で SmartList のビルダー
  • Microsoft dynamics GP 2013 SP2 SmartList デザイナー
  • SQL スクリプト (ビジネスの警告)
  • 統合マネージャー VB スクリプトのカスタマイズ
  • 修飾子と VBA のカスタマイズ
  • EBanking のモジュール (RM EFT、EFT の午後、SafePay、ロック ボックス、電子調整) の構成ファイルのセットアップ
  • Microsoft dynamics のエクステンダー

詳細

レポート ライター

  • サポート案件では、次の関数をステップ バイ ステップの支援を提供します。
    • レポートごとの 1 つのテーブルのリンク
    • 1 つの集計フィールド
    • 1 つのヘッダーまたはフッター
    • レポートごとに 1 つの制限
    1 つ以上の各関数のヘルプを確認する場合は、サポート ・ リクエスト、コンサルティング契約になります。
  • レポートからの一時テーブルの削除が必要なサポート案件に自動的に、コンサルティング ・ サービスと見なされます。頻繁にこれらのテーブルの削除には、フィールド、および集計フィールドの制限の削除が含まれます。これらのテーブルの削除にはまた頻繁に、テンポラリ ・ テーブルを完全に削除するリンクを追加するテーブルが含まれます。などに関連するサポート案件のリストを編集または仕訳帳の転記が自動的に、コンサルティング ・ サービス。
  • レポートをテストし、説明する 30 分以上を取る質問は、コンサルティング ・ サービスと見なされます。
  • カスタム レポート、レポートのニーズに必要な場合は、次のサポート提供します。
    • 私たちは、メイン テーブルを判断できます。
    • ファイルがメイン テーブルにリンクされている必要があります私たちが説明できます。
    • 情報の並べ替え、ヘッダー、フッター、および制限を追加する必要がありますを提供できます。
    ただし、すべての要求の詳細についての詳細な手順は、コンサルティング契約になります。

Microsoft SQL Server の Reporting Services (SSRS)

  • サポート案件では、次の関数をステップ バイ ステップの支援を提供します。
    • 既存のデータセットからのレポートのデータ フィールドを追加します。
    • パラメーターの既定値を変更します。
    ヘルプを既存のデータセットから 1 つ以上のデータ フィールドを追加するか、キャンド ・ レポートに必要な形式では、データセット内に存在しないレポートに余分なデータを追加するため、必要な場合、サポート案件、コンサルティング契約になります。
  • パラメーターの追加または変更する必要がありますサポート ・ リクエストは、コンサルティング ・ サービスと見なされます。
  • レポートをテストし、説明する 30 分以上を取る質問は、コンサルティング ・ サービスと見なされます。
  • カスタム レポート、レポートのニーズに必要な場合は、次のサポート提供します。
    • 私たちは、どのテーブルには、メインのデータを判断できます。
    • テーブルをリンクする必要がある私たちが説明できます。
  • ただし、すべての要求の詳細についての詳細な手順は、コンサルティング契約になります。


Word のテンプレートが Microsoft dynamics GP 2010

  • サポート案件では、次の関数をステップ バイ ステップの支援を提供します。
    • 1 つのフィールドをフィールド リストから、Word テンプレートを追加する方法。
    • Word テンプレート (Word のチームへの紹介を必要とする可能性があります) の 1 つのフィールドの書式を設定する方法。
    • 1 つの画像をテンプレートに追加する方法。
    • Word テンプレート (Word のチームへの紹介を必要とする可能性があります) の 1 つのセルを分割する方法です。
    • テンプレート (Word のチームへの紹介を必要とする可能性があります) に 1 つの行や列を追加または削除する方法です。
    場合は、各関数の 1 つ以上のヘルプする必要があります、サポート ・ リクエストは、コンサルティング契約またはその他の各フィールドに対して新しい要求を作成することができますをご覧ください。
  • サポート案件を必要とする追加、削除、または Word の表やテンプレートのセクションの配置、コンサルティング ・ サービスは自動的に考慮されます。
  • テンプレートにカスタムの Word 機能が必要なサポート案件は、自動的に、コンサルティング ・ サービスと見なされます。
  • テンプレートをテストについて説明し、約 30 分を取る質問は、コンサルティング ・ サービスと見なされます。これはレポートの作成レポートを参照してくださいレポート ライターのセクション上の支援の時間は含まれません。
  • 場合は、テンプレートは、カスタム テンプレートを必要とする必要があります、次のサポートを提供します。
    • レポート ライターで Word テンプレートにデータを挿入するための必要なテーブルを決定することができます支援します。
    • レポート ライターで追加/変更で既存のテンプレートを使用できるように、xml データ ファイルを再作成する方法について説明できます。
    ただし、すべての要求の詳細についての詳細な手順は、カスタム テンプレートには、コンサルティング契約になります。


SmartList のビルダーや Smartlist のデザイナー

サポート案件では、次の関数をステップ バイ ステップの支援を提供します。
  • SmartList のビルダーのクエリに 1 つのテーブルのリンク

    注: エクステンダーから SmartList のビルダーのクエリにデータをリンクする場合は、次の 2 つのテーブルへのリンクを追加するあります。ここでは両方の表のリンクを追加するステップ バイ ステップの支援を提供します。
  • SmartList のビルダーのクエリの 1 つの [移動先] 要素
  • SmartList のビルダーのクエリの 1 つの制限要素
  • SmartList のビルダーのクエリの 1 つの計算の要素
私たちも SmartList のビルダーのセキュリティを構成する際にステップ バイ ステップの支援を提供します。

1 つ以上の各関数のヘルプを確認する場合は、サポート ・ リクエスト、コンサルティング契約になります。

SmartList のビルダー サービス、コンサルティング ・ サービスが含まれているは、1 時間の最小の費用です。サポート担当者は、要求しているカスタマイズを作成しようとしています。ただし、一部のカスタマイズまたは SmartList のビルダーに制限があるため、データベース テーブル内のデータの格納方法を作成できません。したがって、一部のカスタマイズ可能性があります、正確な仕様を満たしていません。

SmartList のビルダーのクエリは、カスタマイズを Microsoft Dynamics GP および Microsoft Dynamics GP でを統合する辞書の使用がサポートされます。これらのディクショナリは、次のとおりです。
  • 人事管理
  • 製造
  • 固定資産
私たちは、辞書、テーブル、ビューなどのサード ・ パーティ製品のカスタマイズをサポートしません。マイクロソフトは、サード パーティ製品でテーブルの構造を理解できない場合がありますのでサード ・ パーティ製品のカスタマイズはサポートされません。


SQL スクリプト、ビュー、およびビジネスの警告

サポートの場合は、私たちに関する情報は、次の属性が独自の SQL のスクリプト、ビュー、およびビジネスの警告を作成します。
  • テーブル名
  • 列の名前
  • フィールドの値
ただし、SQL スクリプト、ビュー、警告のビジネスの作成のヘルプを使用する場合、サポート案件、コンサルティング契約になります。要求を受け取るをテストし、説明に 30 分以上は、コンサルティング ・ サービスと見なされます。


統合マネージャー VB スクリプトのカスタマイズ

私たちは、サポート ケース内の次の提供しています。

  • 私たちは統合マネージャー ユーザー ガイドやマネージャーの統合スクリプト ライブラリでは、スクリプトの問題解決に役立ちます。
  • テストは 30 分以上を必要とするスクリプトでは、コンサルティング ・ サービスと見なされます (customscript、または既存のスクリプトの編集では、マネージャーの統合スクリプト ライブラリ)


修飾子と VBA のカスタマイズ


私たちは、サポート ケース内の次の提供しています。

  • お客様の CustomerSource と PartnerSource のサンプルのダウンロード ページで利用できる任意のサンプルと問題解決を支援します。
  • 私たちは最大 30 分間を実行するカスタムの変更の問題解決のトラブルシューティングに役立ちます。以上の詳細なトラブルシューティングまたはコードのデバッグが必要な問題は、コンサルティング ・ サービスと見なされます。
  • カスタマイズのサポート コミュニティのフォーラムに見られる方法やブログは、マイクロソフト テクニカル サポートではサポートされていません。この種の問題の詳細については、フォーラムやブログの作成者に問い合わせてください。


EBanking モジュールの構成ファイルの設定

EBanking 構成ファイルは次のとおりです。
  • 電子決済 (Eft) 買掛金管理
  • 電子決済 (Eft) 債権管理のため
  • 安全な支払い
  • 債権管理のためのロック ボックス
  • 電子銀行調整の調整

サポート案件では、以下のお客様を支援します。

  • サポート ケースごとの構成ファイル内の 1 つの特定のフィールドを設定する手順のヘルプでの手順します。
  • トラブルシューティング Microsoft Dynamics GP から 1 つの特定のエラー messagegenerated
  • 理解する、銀行からのメッセージの意味は 1 つの特定のエラー情報か、銀行のトラブルシューティングします。

サポート ・ リクエストは、コンサルティング契約になります。
  • 構成ファイル内の 1 つ以上の特定のフィールドを構成するステップ バイ ステップの支援が必要な場合
  • ステップ バイ ステップの支援を設定する必要がある場合は、構成ファイルを最初からか銀行の要件ドキュメントの解釈
  • アシスタンスのステップ バイ ステップのトラブルシューティングよりも 1 つの特定のエラー メッセージ Microsoft Dynamics GP から生成される必要がある場合
  • アシスタンスのステップ バイ ステップのトラブルシューティングよりも、銀行からの 1 つの特定のエラー メッセージする必要がある場合
  • Microsoft Dynamics GP のサポート エンジニア、電話をご利用の銀行に取り組む必要がある場合
  • 場合は、アシスタンスは、サポートされていない、またはユーザー定義の形式またはフィールドに 30 分を超えています。

エクステンダー

私たちは、サポート ケース内の次のサポートを提供します。
  • レポート ライターでは、1 つのレポートには、1 つの集計フィールドを作成します。
  • 既存のエクステンダー オブジェクトを構成します。
  • Smartlist のエクステンダー オブジェクトをリンクします。
  • 拡張ビューを作成します。

サポート ・ リクエストは、コンサルティング契約になります。
  • データを修正することが必要です。
  • レポート ライターでは、1 つのレポートに 1 つ以上の集計フィールドを構成します。
  • 開始から終了までのエクステンダー オブジェクトを作成します。

その他の情報

レポート ライターや SmartList のビルダー、SQL スクリプトのカスタマイズに関連するより多くの情報 aboutconsulting 契約、顧客またはパートナーかどうかは、次の方法のいずれかを使用します。
お客様:
詳細については aboutconsulting サービス、レコードのパートナーにお問い合わせください。パートナーのレコードがあるない場合は、パートナーを識別するのには、次の web サイトを参照してください。マイクロソフトの特定.

パートナー:
コンサルティング サービスについての詳細については、マイクロソフト アドバイザリー サービスに問い合わせてください 800 MPN 解決または電子メールにaskpts@microsoft.com

プロパティ

文書番号: 850201 - 最終更新日: 2013年10月16日 - リビジョン: 2.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics GP 2013
  • Microsoft Dynamics GP 2010
  • Microsoft Dynamics GP 10.0
  • Microsoft Dynamics GP 9.0
  • Microsoft Business Solutions?Great Plains 8.0
  • Bank Reconciliation?を以下の環境でお使いの場合
    • Electronic Reconciliation Management
  • General Ledger
  • Receivables Management?を以下の環境でお使いの場合
    • Electronic Funds Transfer for Receivables Management
  • Sales Order Processing
  • Payables Management?を以下の環境でお使いの場合
    • Electronic Funds Transfer for Payables Management
    • Safe Pay
  • Purchase Order Processing
  • Inventory Control
  • Payroll - U.S?を以下の環境でお使いの場合
    • Safe Pay
キーワード:?
kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB850201 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:850201
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com