Microsoft Dynamics GP で、債権管理のための年度末決算手続き

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 857444 - 対象製品
注: この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元できるデータベースの完全バックアップ コピーがあることを確認します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

債権管理は、Microsoft Dynamics GP で年度末決算プロセスのためのチェックリストを記載しています。この資料では、年度末決算プロセスの各手順の詳細情報も含まれます。この資料は 12 月および 1 月の顧客向け明細書を今年から財務料金情報を追加する方法について説明します。

はじめに

Microsoft Dynamics GP で、債権管理のための推奨の年度末決算手順を説明します。1 つ以上の手順を実行する前に、この記事を読みます。

詳細

テクニカル サポートを受ける

手順を実行する方法について質問があれば、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに問い合わせてください。サポート依頼を作成するには以下の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx
  2. カテゴリの一覧で、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
  3. サブカテゴリの一覧、債権管理を [次へ] をクリックします。
または、(888) 477-7877 での電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡します。

年度末決算のチェックリスト

このチェックリストを使用するには、会計年度の終わりおよび暦年の終わりの。

メモ 売掛金の管理は重要な日ですが、売掛金の管理の終了に基づく、以下の項目が更新されます。
  • SmartList オブジェクト
  • 債権管理の概要レポート
  • [金額から最終表示を閉じる顧客の概要] ウィンドウ
したがって、SmartList、債権管理の概要レポート、および、額から最終表示を閉じるが、正しい情報が含まれるように、これらの手順に従うことをお勧めします。
  1. 年のすべての売り上げ高および債権トランザクションを転記します。
  2. 閉じる、pre-year-end のバックアップを作成します。
  3. 年を終了します。
  4. 会計年度の期間を終了します。(この手順は省略可能) です。
  5. 課税年度を閉じます。
  6. 閉じる、post-year-end のバックアップを作成します。

手順 1: 年のすべての売り上げ高および債権トランザクションを転記します。

年の年を閉じる前にすべての売り上げ高および債権トランザクションを転記します。年を終了する前に、将来の期間の売り上げ高および債権トランザクションを入力する場合は、トランザクションに含まれているバッチを作成します。次に、バッチを保存します。年を閉じた後に、バッチを転記します。

Microsoft Dynamics GP の一部の領域は、重要な日付ではないために、年を閉じる必要があります。2013 のすべてのトランザクションを入力した後、および 2014年のすべてのトランザクションを入力する前に、年を終了しない場合は、これらの領域は誤った情報が含まれます。ただし、情報を変更する場合は、金額から最終表示を閉じる顧客財務雑費の概要] ウィンドウで顧客の概要] ウィンドウに情報を変更できます。次の領域は、Microsoft Dynamics GP の重要な日付ではない分野です。
  • [金額から最終表示を閉じる顧客の概要] ウィンドウ

    金額から最終表示を閉じる、顧客の概要ウィンドウに開くには、次の手順を実行します。
    1. [カード] メニューの [販売をポイントし、[概要] をクリックします。
    2. 顧客の概要ウィンドウで、[顧客 ID ] ボックスに、顧客 ID を入力します。
    3. 概要ビューの一覧の金額から最後閉じるクリックします。
  • 顧客の財務費用の概要] ウィンドウ

    顧客の財務費用の概要] ウィンドウを開くには、以下の手順を実行します。
    1. [カード] メニューの [販売をポイントし、[概要] をクリックします。
    2. 顧客の概要ウィンドウで、[顧客 ID ] フィールドには、顧客 ID を入力します。
    3. 財務の請求金額をクリックします。
  • SmartList オブジェクト

    列を表示するには、SmartList を受けるは、これらの手順に従います。
    1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [] をクリックしてSmartList営業を展開、顧客の展開をダブルクリックし、[追加] をクリックします。
    2. 使用可能な列] ボックスの一覧で、次の項目を選択します。

      メモ アスタリスクが付いている項目は、カレンダー年度末決算の影響を受けます。その他の項目は、会計年度末決算の影響を受けます。
      • 支払の年平均日数
      • 財務の請求金額 CYTD*
      • 財務雑費 LYR カレンダー*
      • 高バランス LYR
      • 高残高の累計
      • ADTP ドキュメント - LYR の数
      • ADTP ドキュメント - 年の数
      • 年初来の NSF のチェックの数
      • FC LYR の合計*
      • FC 年初来の合計*
      • 請求書の合計 LYR
      • 年初来の合計請求書
      • NSF のチェック年初来の合計金額
      • 集計貸倒 LYR
      • 貸倒年初来の合計数します。
      • 現金の合計受信 LYR
      • YTD を受け取った現金の合計
      • 利用可能な年初来の合計割引
      • 割引合計取得 LYR
      • 取得の年初来の合計割引
      • 合計財務費用 LYR*
      • 年初来の合計財務料金*
      • LYR の合計を返します
      • 年初来の合計を返します
      • 販売の合計 LYR
      • 売上合計の累計
      • 合計の免除された FC LYR*
      • 年初来の合計放棄した FC*
      • 合計 Writeoffs LYR
      • Writeoffs の年初来の合計数します。
      • 未払利息累計*
      • トレードオフ LYR を記述します。
      • 年初来のトレードオフを作成します。
    3. [Ok]をクリックします。
    4. [Ok]をクリックします。

手順 2: を閉じる、pre-year-end バックアップを作成します。

年を終了する前にバックアップを作成します。バックアップは安全で永続的なストレージに配置します。このバックアップは、年の最後に、会社の財務状態の永続的な記録があることを確認します。必要がある場合は、このバックアップから情報を復元できます。たとえば、このバックアップは年度末閉じる処理中に、電力の変動または別の問題が発生した場合、迅速に回復を使用できます。

バックアップを作成すると、Microsoft Dynamics GP で、以下の手順を実行します。
  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [管理] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。
  2. 企業のバックアップ] ウィンドウで、[会社名] ボックスの一覧で会社名を選択します。
  3. それが必要な場合、バックアップ ファイルのパスを変更し、[ OK] をクリックします。

    メモ このバックアップの PreYearEndClosingBackup2013 名前をことをお勧めします。

手順 3: 年度を決算します。

  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [ツール] をポイントし、ルーチンをポイント売り上げ高、および年度末閉じる] をクリックします。
  2. 会計年度とカレンダー年の両方、同時に、終了する場合は、[すべて] をクリックします。カレンダー年だけを終了する場合は、[カレンダー] をクリックします。会計年度だけに終了する会計年度の] をクリックします。
  3. [レポートの印刷] チェック ボックスをオンにし、年を閉じる] をクリックします。

    メモ 紙のレポート、期末、年度末の永続的な監査レコードを保持することをお勧めします。
1 年間の詳細

カレンダー年度末処理では、Microsoft Dynamics GP では、顧客の概要ウィンドウには、次のフィールドをクリアします。
  • 財務の請求金額 CYTD
  • 年初来の合計 # FC
  • 年初来の合計財務料金
  • 年初来の合計の免除された FC
  • 未払利息累計
予定表の期末処理金額には、次のフィールドを更新します。
  • 財務雑費 LYR カレンダー
  • FC LYR の合計
会計年度の詳細

会計期末処理では、Microsoft Dynamics GP では、顧客の概要ウィンドウには、次のフィールドをクリアします。
  • 支払の年平均日数
  • 高残高の累計
  • ADTP ドキュメント - 年の数
  • 年初来の NSF のチェックの数
  • 年初来の合計請求書
  • NSF のチェック年初来の合計金額
  • 貸倒年初来の合計数します。
  • YTD を受け取った現金の合計
  • 利用可能な年初来の合計割引
  • 取得の年初来の合計割引
  • 年初来の合計を返します
  • 売上合計の累計
  • Writeoffs の年初来の合計数します。
  • 年初来のトレードオフを作成します。
会計の期末処理は、次のフィールドの金額を更新します。
  • 高バランス LYR
  • ADTP ドキュメント - LYR の数
  • 請求書の合計 LYR
  • 集計貸倒 LYR
  • 現金の合計受信 LYR
  • 割引合計取得 LYR
  • LYR の合計を返します
  • 販売の合計 LYR
  • 合計 Writeoffs LYR
  • トレードオフ LYR を記述します。

手順 4: (この手順は省略可能です) の会計期間を閉じる

誤って間違った期間または間違った年にトランザクションを転記されないように、年に開かれたままであるすべての会計期間を閉じるには、会計期間のセットアップ] ウィンドウを使用します。会計期間を閉じるには前に、の期間と年のすべてのモジュールのすべてのトランザクションを転記したを確認します。必要があります後でトランザクションを転記する会計期間にある場合は、既に閉じた、会計期間のセットアップ] ウィンドウに戻ることができますトランザクションを転記することができますように、期間を再度開く。

会計期間を閉じるには、以下の手順を実行します。
  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [ツール] をポイントし、[設定] をポイントし、会社をポイントおよび [会計期間] をクリックします。
  2. 期間を閉じるに販売する] チェック ボックスをオンをクリックします。

手順 5: 課税年度を終了します。

メモ 期末決算手続きのすべての販売と購入のモジュールを完了するは、次の手順を実行します。

税年を閉じるには、以下の手順を実行します。
  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [ツール] をポイントし、会社ルーチン、ポイントおよび税年度末閉じる] をクリックします。
  2. 年を閉じる] チェック ボックスをオンをクリックし、[レポートの印刷] チェック ボックスをオンにをクリックします。
  3. [プロセス] をクリックします。

    メモ 紙のレポート、期末、年度末の永続的な監査レコードを保持することをお勧めします。

手順 6: を閉じる、post-year-end バックアップを作成します。

年の終了後、バックアップを作成します。バックアップは安全で永続的なストレージに配置します。このバックアップは、年の最後に、会社の財務状態の永続的な記録があることを確認します。必要がある場合は、このバックアップから情報を復元できます。たとえば、このバックアップは年度末閉じる処理中に、電力の変動または別の問題が発生した場合、迅速に回復を使用できます。

バックアップを作成すると、Microsoft Dynamics GP で、以下の手順を実行します。
  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [管理] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。
  2. 企業のバックアップ] ウィンドウで、[会社名] ボックスの一覧で会社名をクリックします。
  3. それが必要な場合、バックアップ ファイルのパスを変更し、[ OK] をクリックします。

    メモ このバックアップの PostYearEndClosingBackup2013 名前をことをお勧めします。

12 月および 1 月の顧客向け明細書上の今年に財務の請求金額

今年に財務の請求金額は自動的に印刷されませんお客様のステートメントで 12 月および 1 月の。

12 月のステートメント

ステートメントは、12 月に、今年の財務の請求金額を追加、以下の手順を実行します。
  1. 、Microsoft Dynamics GP で、 Microsoft Dynamics GPの] メニューの [ツール] をポイントを設定する、レポート ライター] をクリックします。
  2. [製品] ボックスで、 Microsoft Dynamics GPを [ OK] をクリックします。
  3. [レポート] をクリックします。
  4. 適切なメソッドを使用します。
    • 以前ステートメントのフォームを変更していない場合、ステートメント フォームを元のレポートの一覧で、印刷の挿入] をクリックして、変更するレポートの一覧で、ステートメントのフォーム] をクリックをクリックします。
    • ステートメントのフォームを変更している場合は変更されたレポートの一覧で、ステートメントのフォームをクリックします。
  5. 開くをクリックします。
  6. レポートの定義] ウィンドウで [テーブル] をクリックします。
  7. レポートのテーブル間のリレーションシップ ウィンドウで、 RM 顧客 MSTRを [新規] をクリックします。
  8. 関連テーブル ウィンドウで顧客マスターの概要を [ OK] をクリックします。
  9. [閉じる] をクリックします。
  10. [レイアウト] をクリックします。
  11. リソース リスト ボックスツールボックスで、[顧客マスターの概要をクリックします。
  12. フィールド リストでレポートのレイアウトを財務雑費 CYTDをドラッグします。このフィールドは、レポートのどのセクションに配置できます。
  13. [ファイル] メニューで、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  14. このレポートを既に変更していない場合、レポートするセキュリティを与える必要があります。これには、次の手順を使用します。

    1. [スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、ポイントシステム、し代替と変更済みのフォームとレポート] をクリックします。
    2. [ ID ] ボックスに、ユーザー ID を入力してください。
    3. [製品] ボックスで、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
    4. [種類] ボックスで、[レポート] をクリックします。
    5. 販売を展開し、変更されたフォームのノードを展開します。
    6. Microsoft Dynamics GP の (変更)] をクリックします。

1 月のステートメント

このステートメントは、1 月に、今年の財務の請求金額を追加、以下の手順を実行します。
  1. 1 〜 11 年 12 月指数」セクションで手順に従います。
  2. フィールド リストでレポートのレイアウトを財務雑費 LYR の予定表をドラッグします。このフィールドは、レポートのどのセクションに配置できます。
  3. 13、14 年 12 月指数」セクションで手順に従います。

プロパティ

文書番号: 857444 - 最終更新日: 2013年10月23日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics GP 2013
  • Microsoft Dynamics GP 2010
  • Microsoft Dynamics GP 10.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Receivables Management
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbexpertiseadvanced kbinfo kbtshoot kbmbsmigrate kbmt KB857444 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:857444
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com