Microsoft Dynamics GP を総勘定元帳の年を終了した後のアカウントの転記タイプを変更します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 864913 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

転記タイプ、アカウント残高 Microsoft Dynamics GP の総勘定元帳で年度末の終了処理中に処理方法を決定します。貸借対照表勘定は進む次の年には、ロールバックされ、損益勘定、利益剰余金アカウントにロールバックされます。

原因

この問題は発生する Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳のアカウントを設定すると、アカウントのメンテナンス ウィンドウに誤った転記タイプのアカウントを選択すると、2 つのオプション 転記タイプ: バランス シート または 利益と損失.

解決方法

翌年の転記タイプを修正するには、次の方法のいずれかを使用します。利益と損失のアカウントに、アカウントが思われる場合は、方法 1 を使用します。アカウントは、貸借対照表の勘定であるべきです、方法 2 を使用します。

この資料の手順を実行する前にに問題が発生した場合に復元できるデータベースの完全バックアップ コピーがあることを確認します。

方法 1: アカウントは、利益と損失のアカウントでできるのか

年度末の終了処理が完了するとバランス シートのアカウントとしては、開始残高アカウントを必要があります。利益と損失のアカウントにするアカウントを変更するのには、残高を逆にするには、次の手順を実行します。
  1. で、 カード メニューのポイント 財務プロパティ アカウント.アカウントをアカウントの管理] ウィンドウで、入力、 アカウント フィールドです。確認してください、 転記タイプ 領域を設定するには バランス シートプロパティ 保存.型は受け継がれた、残高を相殺し、今すぐ RE アカウントは影響を受けませんので、バランス シートの種類をこの時点でする必要があります。
  2. 各国通貨での登録か未登録かに応じて、以下の方法のいずれかを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP での各国通貨の管理を登録している場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 複数通貨.
      2. で、 履歴を保持します。 エリア、オフにし、 [全般] の元帳アカウントチェック ボックス。
    • 複数通貨の管理に登録されていない場合は、次の手順を実行します。
      1. 次の方法のいずれかを使用して SQL Server を開きます。
        • Microsoft SQL Server 2005年を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2005プロパティ SQL Server Management Studio.
        • Microsoft SQL Server 2008年を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2008プロパティ SQL Server Management Studio.
        • Microsoft SQL Server 2008 R2 を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2008 R2プロパティ SQL Server Management Studio.
      2. 次のステートメントは、会社のデータベースに対して実行します。
        UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 0
  3. 変更、 履歴を保持します。私たちに作成された、BBF をオフセットすると前年度には、実際の仕訳帳のエントリを保持しないため、[全般] の元帳セットアップ ウィンドウで設定します。設定を変更するには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 総勘定元帳
    2. で、 履歴を保持します。 エリア、オフにし、 アカウント チェック ボックスと、 トランザクション チェック ボックス。
  4. で、 許可します。 エリアをオンにし、 履歴に投稿チェック ボックス。前年度の日付を使用して、相殺のジャーナル エントリーを投稿することがします。クリックしてください。].
  5. 前会計年度の期間を再度開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 会社プロパティ 会計期間.
    2. 会計期間のセットアップ] ウィンドウで、財務、最近終了した 1 年の期間が開いていることを確認します。
  6. 不適切な残高をオフセットするのには、履歴の項目を入力します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. で、 トランザクション メニューのポイント 財務プロパティ 全般.
    2. トランザクション エントリ] ウィンドウで、逆に、利益と損失のアカウントの不適切な残高、トランザクションを入力します。
    3. で、 トランザクションの日付これは、12/31/201 x などの閉じたの会計年度の日付を入力してください。

      たとえば、間違った借方残高 100.00 ドルの利益と損失のアカウントを持つ場合は、$100.00 で、利益の損失のクレジット アカウントのトランザクションを作成し、利益剰余金 $100.00 の口座します。
    4. クリックしてください。 投稿.(一般的な転記仕訳帳エントリが一覧に 2 回が表示されます。最初の元のエントリが、当社の設定により、私たちは、保存することはありません、2 番目のセット残高が相殺される BBF のエントリです。)

      トランザクションは現在の年の更新、 履歴を保持します。 設定は無効です。
  7. 変更、 履歴を保持します。どのようにされた一般的なの元帳設定ウィンドウで設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 総勘定元帳.
    2. で、 履歴を保持します。 エリアをオンにし、 アカウント チェック ボックスと、 トランザクション チェック ボックス。
    3. トランザクション履歴にトランザクションを転記するをクリックして、 履歴に投稿 下のチェック ボックス 許可します。.トランザクション履歴にトランザクションを転記しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。次に、クリックします。 ].
  8. 戻る最初、かどうか各国通貨が使用によって元に、複数通貨の設定を変更するには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 複数通貨の管理に登録されている場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft Dynamics GP の上で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント ツール、ポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 複数通貨.
      2. で、 履歴を保持します。 エリアをオンにし、 [全般] の元帳アカウント チェック ボックス。
    • 複数通貨の管理に登録されていない場合は、次の手順を実行します。
      1. 次の方法のいずれかを使用して SQL Server を開きます。
        • Microsoft SQL Server 2000年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Serverプロパティ クエリ アナライザー.
        • Microsoft SQL Server 2005年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2005プロパティ SQL Server Management Studio.
        • Microsoft SQL Server 2008 R2 を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2008プロパティ SQL Server Management Studio.
      2. 次のステートメントは、会社のデータベースに対して実行します。
        UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 1
  9. 会計期間のセットアップおよび前年度からの会計期間を閉じるには、マークに戻ります。
  10. 残高を確認できますので、GL アカウント $0.00 あり [アカウントの種類を利益と損失を変更できます。この操作を行うにはカード メニューのポイント 財務プロパティ アカウント.アカウントをアカウントの管理] ウィンドウで、入力、 アカウント フィールドです。で、 転記タイプ 領域をクリックして 利益と損失プロパティ 保存.

方法 2: アカウントは、貸借対照表アカウントでできるのか

年度末の終了処理が完了すると、利益と損失のアカウントとしてこのアカウント開始残高はありません。バランス シートのアカウントにするアカウントを変更するのには、残高を作成するのには、次の手順を実行します。
  1. で、 カード メニューのポイント 財務プロパティ アカウント.アカウントをアカウントの管理] ウィンドウで、入力、 アカウント フィールドです。で、 転記タイプ 領域をクリックして バランス シートプロパティ 保存.選択 バランス シート 修正するエントリのステップ 6 の後でこのセクションは正しく、残高当期の更新します。
  2. 複数通貨に使用されるかどうか、次の方法のいずれかを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP での各国通貨の管理を登録している場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 複数通貨.
      2. で、 履歴を保持します。 エリア、オフにし、 [全般] の元帳アカウント チェック ボックス。
    • 複数通貨の管理に登録されていない場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft SQL Server を開くには、次の方法のいずれかを使用します。
        • Microsoft SQL Server 2000年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Serverプロパティ クエリ アナライザー.
        • Microsoft SQL Server 2005年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2005プロパティ SQL Server Management Studio.
        • Microsoft SQL Server 2008 R2 を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2008プロパティ SQL Server Management Studio.
      2. 次のステートメントは、会社のデータベースに対して実行します。
        UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 0
  3. 変更、 履歴を保持します。次の手順を使用して、[全般] の元帳セットアップ ウィンドウでの設定:
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 総勘定元帳.
    2. で、 履歴を保持します。 エリア、オフにし、 アカウント チェック ボックスと、 トランザクション チェック ボックス。
  4. で、 許可します。 エリアをオンにし、 履歴に投稿 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
  5. 会計期間は前年度を投稿できるように開いていることを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 会社プロパティ 会計期間.
    2. 会計期間のセットアップ] ウィンドウで、財務、最近終了した 1 年の期間が開いていることを確認します。
  6. 開始残高のアカウントを作成するのには、履歴の項目を入力します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. で、 トランザクション メニューのポイント 財務プロパティ 全般.
    2. トランザクション エントリ] ウィンドウでは、貸借対照表の勘定の残高を正しく作成するトランザクションを入力します。
    3. で、 トランザクションの日付 これは、閉じたの会計年度の日付を入力してください。

      たとえば、開始残高 100.00 ドルの借方、貸借対照表アカウント必要があるある場合は、$100.00 にクレジット、貸借対照表の勘定の 100.00 ドルとは、剰余アカウントを借用することは、トランザクションを作成します。
    4. クリックしてください。 投稿.

      トランザクションは現在の年の更新、 履歴を保持します。 設定は無効です。
  7. ウィンドウで [全般] の元帳セットアップ保守履歴設定を変更するをどのようにされたに。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 総勘定元帳.
    2. で、 履歴を保持します。 エリアをオンにし、 アカウント チェック ボックスと、 トランザクション チェック ボックス。
    3. トランザクション履歴にトランザクションを転記するをクリックして、 履歴に投稿 下のチェック ボックス 許可します。.トランザクション履歴にトランザクションを転記しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。次に、クリックします。 ].
  8. 会計期間のセットアップし、前年度からの会計期間を閉じるには、マークに戻る
  9. 戻る最初、複数通貨の使用かどうかによって状態に、複数通貨の設定を変更するには、次の方法のいずれかを使用またはではないです。
    • 複数通貨の管理に登録されている場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft Dynamics GP では、ポイントします。 ツール で、 Microsoft Dynamics GP メニューのポイント セットアップ、ポイント 財務プロパティ 複数通貨.
      2. で、 履歴を保持します。 エリアをオンにし、 [全般] の元帳アカウント チェック ボックス。
    • 複数通貨の管理に登録されていない場合は、次の手順を実行します。
      1. Microsoft SQL Server を開くには、次の方法のいずれかを使用します。
        • Microsoft SQL Server 2000年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Serverプロパティ クエリ アナライザー.
        • Microsoft SQL Server 2005年を使用している場合をクリックします。 スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2005プロパティ SQL Server Management Studio.
        • Microsoft SQL Server 2008 R2 を使用している場合をクリックします。スタート、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server 2008プロパティ SQL Server Management Studio.
      2. 次のステートメントは、会社のデータベースに対して実行します。
        UPDATE MC40000 SET MNSUMHST = 1

プロパティ

文書番号: 864913 - 最終更新日: 2012年12月20日 - リビジョン: 0.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics GP 2013
  • Microsoft Dynamics GP 2010
  • Microsoft Dynamics GP 10.0
  • Microsoft Dynamics GP 9.0?を以下の環境でお使いの場合
    • General Ledger
キーワード:?
kbmbssqlserver kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB864913 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:864913
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com