Exchange Server 2003 SP1 に含まれるコードを修正する新しいエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 867626 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) は、新しいエラー修正コード (ECC) アルゴリズム、Exchange データベースで生じる -1018年エラーを解決する紹介します。

-1018年エラーでは、Exchange 2003 の問題によっての原因がありません。 -1018年エラー、コンピューターのハード ディスク サブシステム中に、問題が発生したことし、この問題は、Exchange データベース ファイルに影響するを示します。

-1018年エラーの一般的な原因は、データベース ページに「反転」、1 ビットです。 このシナリオでは、[0 ビットは、いずれかに変更されますか、1 つのビットはゼロに変更します。 Exchange 2003 SP1 に含まれている、ECC アルゴリズムはされていますこの特定の問題を解決します。

バックアップまたは Exchange 2003 SP1 データベース ファイルを復元する場合を考慮する特定の問題はこの ECC アルゴリズムにより自動的に、Exchange データベース内のシングルビット エラーを修復中、:
  • シングルビット エラーを含むファイルをバックアップする、エラーは、バックアップ メディア上に固定自動的がハード_ディスクにままになります
  • を Exchange 2003 のオリジナル リリース版を実行しているコンピューターに、Exchange 2003 SP1 データベース ファイルを復元することはできません:
データベース ファイルに書き込み操作中には、 シングルビット エラーを修復してのみ。 シングルビット エラーを含むファイルからの読み取り操作が実行される場合、ハード_ディスク上の元のファイルは修復されません。 Exchange 2003 SP1 で 2 つの新しいイベントは、シングルビット エラーの修正を記録する記録

概要

ここでは Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) に導入したするエラー修正コード (ECC) アルゴリズムについて説明します。 Exchange 2003 SP1 で Extensible Storage Engine (ESE) はこのアルゴリズムを使用してエラー -1018年の発生を解決を JET_errReadVerifyFailure 。 -1018年エラーの詳細についてをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
314917-1018年、-1019、および -1022 Exchange データベースのエラーを理解および分析

詳細

Exchange の組み込みの整合性検証コンポーネントで Exchange が正しく保存しないまたは正しくデータ取得できませんでした Exchange データベース ファイルのハード_ディスクからすると判断エラー-1018 エラーが生成されます。 この問題が発生すると、Exchange データベース ファイルを修復または最新のバックアップからデータベース ファイルを復元必要です。

今回の調査がまで -1018年の 40% にエラーが発生、シングルビット エラーによって発生するデータベース破損のため終了します。 エラーのとも呼ばれる、「ビット フリップ」をシングルビット エラーになります。 シングルビットまたはビット反転エラーは、ハードウェア レベルのアイテムを 1、0 からまたはを 0 に、1 からのデータの 1 ビットは変更です。 パリティ ビットは、ビット反転の問題の発生を検出するコンピューターのデータに追加できます。 ただし、パリティ システムのみこの問題を検出できます、それを修復できません。 ECC アルゴリズムに自動的に検出し、シングルビット エラーを修復できます。 Exchange 2003 SP1 は、ECC アルゴリズム Extensible Storage Engine (ESE) データベースを検出して自動的にシングルビット エラーを修正するには実装します。

Exchange データベース ファイルは、4 キロバイト (KB) ブロック (ページとも呼ばれます) に分割されます。 各ページは、独自の ECC データ。 Exchange 2003 SP1 には各ページにシングルビット エラーを修正できます。 したがって、シングルビット エラーによって、データベース内の複数のページが破損している Exchange 2003 SP1 の各ページ修正できます。 ただし、1 つのデータベース ページには複数のエラーが含まれる場合、Exchange 2003 SP1 できません、修正します。 このシナリオでは、データベース ファイルを修復または最新のバックアップからデータベース ファイルを復元ください。

シングルビット エラーの修復に自動的に、Exchange 2003 SP1 最も頻繁にデータベースの破損の種類から回復できます。 典型的な -1018年エラーは今すぐ"self-healing"データベース ファイルを修復することまたは最新のバックアップからデータベース ファイルを復元すること不要になった.

メモ Exchange 2003 SP1 は、自動的に一般的なのシングルビット エラーを修復、お勧めします -1018年エラーの発生を無視しないでください。 -1018年エラーは、ハードウェア コンポーネントに障害が発生しているまたはが破損していることを示します。 単一ビット-1018年エラーの修復はエラーの原因となったハードウェアの問題を解決されません。 このハードウェアの問題が、Exchange データベース ファイルに加えコンピューター上の他のファイルを影響します。 また、シングルビット エラーがのみ -1018年エラーの約 40% の勘定します。 発生する可能性のあるその他の -1018年エラーは修復をか、Exchange データベース ファイルを復元することを必要します。

データベースのアップグレードの問題

Exchange 2003 SP1 に Exchange 2003 のオリジナル リリース版をアップグレードすると、データベース ファイルは新しい ECC 形式にすぐにアップグレードされません。 これはこと、既存のデータベースで、シングルビットの -1018年エラーが発生した場合、エラーがいない自動的に修復 Exchange 2003 SP1 でを意味します。 データベース ページはそのページ内のデータが変更されるときにのみ新しい ECC 形式にアップグレードされます。 データベース ページが、データベースから読み取られるだけとは変更されませんの場合は、元のデータベース形式のままそのデータベース ページ。 そのページは、新しい ECC 形式にアップグレードされません。

週間経過は、データベース内のページの大部分またはすべてに書き換えることがあり、一般的な Exchange 操作中に自動的にアップグレードします。 すべてのデータベース ページを同時にアップグレードする場合を可能性重要と予期しない遅延サービス Exchange コンピューターからがあります。

アップグレードする、データベースのすべてのページと同時に、Exchange 2003 SP1 のインストールには、データベースをオフラインして、次のコマンドを実行して、データベース ファイルを最適化します。
eseutil/D databaseFile
Exchange データベースを最適化する方法については、クリック次資料、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
328804Exchange データベースを最適化する方法
重要です Exchange データベース ファイルを最適化する場合は前方のトランザクション ログ ファイルを再生できるこの影響します。 このシナリオでは、以前のバックアップがある場合のみ再生できますログ フォワードまでファイル、データベースを最適化する点。 したがって、後で、データベースを最適化する前に実行されたバックアップからデータベース ファイルを復元する必要がある場合に、データベースを最適化した後に追加されたすべてのデータ失われます。

データベースを最適化後は、バックアップすることに、Exchange データベース ファイルをお勧めします。 トランザクション ログ ファイルからロール フォワードを使用不可として、以前のバックアップを検討することもお推奨します。

データベースのバックアップとデータベースの復元の問題

Exchange 2003 のオリジナル リリース版にデータベース ファイル内、-1018年エラー場合、オンライン バックアップ操作を使用してそのデータベースをバックアップできません。 オンライン バックアップ操作にはデータベースのバックアップ内の破損を防ぐため利用できません。 つまり、オンライン データベースのバックアップ操作が正常に完了される場合破損したページに存在、データベースのバックアップしません。 つまり、データベース、データベースがバックアップされた後に作成されたトランザクション ログ ファイルを使用して転送し、データベースのバックアップが完了した後、データベースで発生した -1018年エラーを削除するバックアップ、ロールを復元できます。

Exchange 2003 SP1、シングルビット エラーがデータベースで発生した場合、オンライン バックアップ操作報告、このエラーがデータベースのバックアップが成功します。 このシナリオでは、シングルビット エラーがバックアップ セットに修正します。 ただし、シングルビット エラーは、ハード_ディスク上に存在するデータベース内は修正されません。 一般的なデータベース操作中にそのページが生じますになるまで、ハード_ディスク上に存在するデータベースのページでシングルビット エラーは修正されません。

メモ 複数ビット-1018年エラー [データベース] ページで場合は、エラーは、Exchange 2003 SP1 で correctible ではありません、バックアップが失敗します。

バックアップ セットの Exchange 2003 と Exchange 2003 SP1 問題

Exchange 2003 データベースを復元する場合は、次要因を考慮します。
  • バックアップ、Exchange 2003 SP1 コンピューターに Exchange 2003 のオリジナル リリース バージョンからセットを復元できます。

    Exchange 2003 SP1 は、Exchange 2003 のオリジナル リリース版が実行するコンピューターから作成したデータベースのバックアップを正しく認識します。
  • バックアップする Exchange 2003 のオリジナル リリース版実行しているコンピューターに Exchange 2003 SP1 からセットを復元できません。

    Exchange 2003 のオリジナル リリース版には、データベース ページに含まれる ECC データ認識しません。 したがって、Exchange 2003 は、データベース ページが破損しているを判別します。
これらの理由から、Exchange コンピューターを Exchange 2003 SP1 にアップグレード後にすぐには、Exchange 2003 データベース ファイルの完全バックアップを作成することをお勧めします。

ESE イベント

Exchange 2003 SP1 をインストールした後、次 2 新しいアプリケーション ログ イベント ID 番号は、ESE のソースから見えます。

メモ これら 2 つのイベントは、Exchange 2003 のオリジナル リリース版に表示されません。
  • イベント ID 398

    このイベントほとんど一般的に発生します。 このイベントは、シングルビット エラーを修復する Exchange 2003 SP1 が場所のエラーが修正後のページ論理の有効性のテストが失敗した場合にのみ発生します。 このイベントは、この問題が発生した場合、ではまれなので問題をマイクロソフト製品サポート サービス (PSS) に報告することと、このエラーが発生するデータベースを保持することを要求します。 PSS に連絡する方法の追加についてには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com
  • イベント ID 399

    このイベントは、シングルビット エラーが検出されたことおよびこのエラーがメモリ内で正常に修正されたことを示します。 このシナリオでは、このエラーが発生しているページ可能性がありますか可能性がありますがされている修正されない物理ハード_ディスク上。 シングルビット エラーは、ページに書き込まれた場合を除き、物理ハード_ディスクに修正されません。 したがって、データベース ページの読み取りのみが、シングルビット エラーは、メモリで修正されて物理ハード_ディスク上のシングルビット エラーは修正されません。

イベント ID: 399

通常が表示イベント ID 399 されますには、次のような。

イベントの種類: 警告
イベント ソース: ESE
イベント カテゴリ: データベース ページのキャッシュ
イベント ID: 399
日付: date
時刻: time
ユーザー : N/A
コンピューター: computername
説明: インフォメーション ストア (1532) ストレージ グループ 1: 4096 (0x00001000) バイト検証に失敗のオフセット 102400 (0x0000000000019000)"、Files\Exchsrvr\MDBDATA\Storage グループ 1\MDB2.edb"ファイルからデータベース ページを読み取る。 128 ビットが破損しているが修正されました. この問題は、ハードウェアの障害が原因で発生することがあり、再度発生する可能性があります。 このような一時的なエラーは、このファイルを含んでいるストレージ サブシステムに致命的なエラーが発生する前兆を示していることがあります。 問題をより詳しく診断するには、ハードウェアの製造元に連絡してください。

イベント ID: 474

回復不能な (または複数ビット) エラーはまだとして報告イベント 474 で Exchange 2003 SP1 されます。 通常が表示イベント ID 474 されますには、次のような。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: ESE
分類 : Logging/Recovery
イベント ID: 474
日付: date
時刻: time
ユーザー : N/A
コンピューター: computername
説明: インフォメーション ストア (1532) ストレージ グループ 1: データベース ページ読み取りファイル オフセット 12611584"、Files\Exchsrvr\MDBDATA\Storage グループ 1\MDB2.edb"から (0x0000000000c07000) 4096 (0x00001000) バイトに失敗しましたページのチェックサムが一致しないのための検証します。 予想されるチェックサムが 8700524288068713684 (0x78be78be1dfe7cd4) と、実際のチェックサムが 564489450306895060 (0x07d5782a0cff7cd4) をされました。 読み取り操作は、エラー-1018 エラー (0xfffffc06) で失敗します。 この状態が続く場合は、以前のバックアップ からデータベースを復元してください。 この問題はハードウェアの障害が原因であると思われます。 問題をより詳しく診断するには、ハードウェアの製造元に連絡してください。

Exchange の以前のバージョンでイベント ID 475 は、-1018年エラーの発生を報告するも使用されます。 Exchange 2003 SP1 には、イベント ID 475 は使いません。 Exchange 2003 SP1 では、イベント ID 474 を使用して、回復可能な -1018年エラーの発生を報告するには、回復不能な -1018年エラーとイベント ID 399 の発生を報告します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
836993Exchange Server 2003 用の最新の更新プログラムと Service Pack の入手方法

プロパティ

文書番号: 867626 - 最終更新日: 2007年10月30日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1
キーワード:?
kbinfo kbfilesystems kbenv kbeventlog kbbackup kbdiskmemory kbmt KB867626 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:867626
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com