インテリジェント メッセージ フィルターのリリース ノート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 867633 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この README アンインストール Microsoft Exchange インテリジェント メッセージ フィルター、既知の問題についての説明し、次のセクションでよく寄せられる質問への回答:

詳細

追加情報

『、Microsoft Exchange インテリジェント メッセージ フィルター デプロイメント ガイド 』 が http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=27922 にあります。

Microsoft Exchange の Web サイト (http://www.microsoft.com/exchange) は製品およびホワイト ペーパー、製品資料、Exchange に関連するイベント、Service Pack、および詳細を含む、Exchange のライセンス情報を提供します。 サイトに新規または更新されたコンテンツのことがよくあります。

Exchange Server 2003 テクニカル ドキュメント ライブラリ (http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123872.aspx) は、ワンストップ ソースの Exchange Server 2003 に関する技術的なドキュメントのです。 ライブラリは技術の Exchange コンテンツのレビューおよびマイクロソフトでは Exchange 製品チームによる承認がのカタログです。

前提条件

インテリジェント メッセージ フィルターには、次のソフトウェアが必要です。
  • Microsoft Windows Server 2003 で、サーバー、または Windows 2000 Server に Windows 2000 高度な。 Windows 更新プログラムおよびサービス パックの詳細については http://www.microsoft.com/windows を参照してください。
  • Microsoft Exchange Server 2003。 Exchange の更新プログラムおよびサービス パックの詳細については http://www.microsoft.com/exchange を参照してください。

インテリジェント メッセージ フィルターのアンインストール

インテリジェント メッセージ フィルターをアンインストールするには [ コントロール パネル] の [ プログラムの追加と削除 を使用します。 フィルターをアンインストールするインテリジェント メッセージ フィルターのインストールに使用されたアカウントを使用するもする必要があります。 その他のアカウント表示されません プログラムの追加と削除 ] のインテリジェント メッセージ フィルター。

インテリジェント メッセージ フィルターの削除を最初のフィルターのインストール中に作成された Active Directory オブジェクト削除しません。

インテリジェント メッセージ フィルターの既知の問題

リリースの次は時点問題インテリジェント メッセージ フィルターを使用します。

.NET Framework の依存関係

Exchange システム管理コンソールでインテリジェント メッセージ フィルターの管理ツールをインストールするには、.NET Framework 1. 1 のインストールしなければなりません。 .NET Framework の詳細については http://www.microsoft.com/net を参照してください。

統合されたヘルプ ファイルが英語でのみ

インテリジェント メッセージ フィルターの常に管理ツールと統合のヘルプを英語、先に関係なくの言語固有の MSI パッケージがインストール済み表示します。

インストールが完了したら、FTP 発行サービスを再起動しません。

インテリジェント メッセージ フィルターのインストールは、IIS Admin サービスを停止します。 次のサービスがインストールが完了した後に再起動されます。
  • 簡易メール転送プロトコル) サービス (smtpsvc)
  • ネットワーク ニュース転送プロトコル) サービス (nntpsvc)
  • Microsoft Exchange のポスト オフィス プロトコル バージョン 3 サービス (pop3svc)
  • Microsoft Exchange ルーティング エンジン サービス (対応する resvc)
  • Microsoft Exchange インターネット メッセージ アクセス プロトコル サービス (imap4svc)
FTP 発行サービスは再起動されません。 既に無効にされたサービスは再起動されません。

ストアのしきい値が変更されたゲートウェイのしきい値を変更誤って報告します。

ゲートウェイのしきい値は、変更が行われた際は、Exchange ストア レポートが変更されていない場合でも、ストアのしきい値イベント ログに変更されてことにします。 イベントの説明を次に示します。

迷惑な商用電子メール (UCE) の既定のフィルタ レベルが更新されました。 新しい値は n です。

このイベントは、ユーザー インターフェイス (UI) ストアのしきい値が変更されているかどうかにかかわらず Active Directory 内で両方の値を書き換えるために記録されます。 Exchange ストアの変更が通知され、イベント エントリを書き込みます。

しきい値が 0 より大きい数値に設定されているにもかかわらずすべてのインターネット メッセージは Outlook 迷惑メール] フォルダーに移動中

インテリジェント メッセージ フィルターをインストールした後は、ゲートウェイおよびストアのしきい値で Active Directory 更新されます。 ストアに登録されてこれらの値を変更できるように、MSExchangeIS サービスを再起動する必要があります。 これは、Exchange Server 2003 内には、SCL インフラストラクチャを使用するがインストールされているアプリケーションに適用されます。

Exchange インテリジェント メッセージ フィルターのパフォーマンス カウンターはシステム モニターに表示されません。

インテリジェント メッセージ フィルターのシステム モニターのカウンターのみ、メッセージがインテリジェント メッセージ フィルターによって処理された後にシステム モニター表示します。

UI のストアのしきい値の誤ったの SCL が次の値評価テキストを含む

UI のインフォメーション ストアに対する迷惑メールの構成"セクションが誤って移動メッセージ」とする以上の SCL を示す 次にが正しいテキスト (太字のテキストを修正する):"、SCL 評価 より大きい値 を持つメッセージを移動]

『、Microsoft Exchange インテリジェント メッセージ フィルター デプロイメント ガイド 』 の既知の問題

ゲートウェイのしきい値によって SCL レベルの評価が正しくありません。

次の正しくないステートメントは、[「インテリジェント メッセージ フィルターしくみ」] セクションでされます:「メッセージ、評価、ゲートウェイのしきい値を超える場合、インテリジェント メッセージ フィルターは指定されたアクション」。

次のテキスト (太字) では、正しいテキスト:「場合は、メッセージに評価 する以上 は、ゲートウェイのしきい値、インテリジェント メッセージ フィルター処理を行います指定します」。

「方法インテリジェント メッセージ フィルターの動作と Exchange 2003 と Outlook のフィルター機能」の「項目 6 の SCL レベルの評価が間違っています。 次のテキスト (太字) では、正しいテキストは。

6. ...
  • インテリジェント メッセージ フィルターがメッセージの SCL が する以上 ゲートウェイのしきい値を割り当てた場合インテリジェント メッセージ フィルターは適切なゲートウェイ処理を行います。
  • インテリジェント メッセージ フィルターがメッセージの SCL が より低い ゲートウェイのしきい値を割り当てた場合、メッセージがユーザーのメールボックス ストアを使用して Exchange サーバーに渡されます。

UI のスクリーンショットのストアのしきい値の不適切なの SCL が次の値の評価テキストを含む

UI のインフォメーション ストアに対する迷惑メールの構成"セクションが誤って移動メッセージ」とする以上の SCL を示す 次にが正しいテキスト (太字のテキストを修正する):"、SCL 評価 より大きい値 を持つメッセージを移動]

説が必要な Outlook のフィルター機能を持つインテリジェント メッセージ フィルターのしくみ

次のステートメントは、「方法インテリジェント メッセージ フィルターはと Exchange 2003 および Outlook のフィルター処理機能セクションされます:"かどうかユーザーが、以前のバージョンの安全な差出人 Outlook の実行されに禁止された送信者リストは利用できません。 迷惑メールとしてマークされたすべてのメッセージは直接に配信、ユーザーの受信トレイされます。"

次にさらにこの相互作用に関する説明を提供するテキスト:"をユーザーが 2003、差出人、セーフ リストより以前版の Outlook を実行してその電子メール クライアントから受信拒否リストを変更できない場合、ただし、これらのリスト変更できます Outlook Web Access 2003 を使用します。 迷惑メール フィルターを有効にするにはこの方法で Outlook Web Access 2003 が使用されている場合はメッセージを送信者が禁止された送信者一覧にまたは迷惑メールとしてマークされますが、ユーザーの迷惑メール] フォルダーに配信されます。 スパムの送信者が差出人セーフ リスト] 一覧には、ユーザーの受信トレイに配信されますメッセージのマークです。 Outlook Web Access 2003 を使用して迷惑メールのフィルターを有効にされていないが場合、スパムとしてマークされたものを含む、すべてのメッセージは直接に配信、ユーザーの受信トレイされます。"

表 5. 2 が正しくありません。

ガイドの表 5. 2 が正しくありません。 次の表を使用してください。
元に戻す全体を表示する
カウンター 説明
UCE を検出するためにスキャンされたメッセージの総数インテリジェント メッセージ フィルターによってスキャンされたメッセージの合計数です。 この番号は 0 非常に低い、インテリジェント メッセージ フィルターがいない正しく機能して場合。
1 秒間に UCE のスキャンされたメッセージ1 秒あたりインテリジェント メッセージ フィルターによってスキャンされたメッセージの数。 このカウンターは、インテリジェント メッセージ フィルターが動作する速さを示します。
合計の UCE メッセージ処理時にインテリジェント メッセージ フィルターが UCE と識別されたおよび処理時に、管理者によって指定されたアクションに基づくメッセージの合計数です。
UCE メッセージ処理時に毎秒インテリジェント メッセージ フィルターによって 1 秒あたりに処理するメッセージの数。 このカウンターは、インテリジェント メッセージ フィルター UCE と識別されたメッセージに対してアクションを実行速度を示します。
スキャンした総メッセージ外 UCE の %インテリジェント メッセージ フィルターによってスキャンされた UCE と識別されたメッセージの合計数の割合です。
前の 30 分単位でスキャンされたメッセージの UCE %UCE と識別された以前の 30 分でインテリジェント メッセージ フィルターによってスキャンされたメッセージの数の割合です。
[割り当てられた X の SCL による評価のメッセージの総数割り当てられたスパム信頼レベル (SCL) 評価 X の x は 0 〜 9 のスパム評価いたインテリジェント メッセージ フィルターによってスキャンされたメッセージの合計数です。

◆ セグ: 前の TU に含まれる ◇

すべての Exchange 2003 サーバー インテリジェント メッセージ フィルターをインストールする必要がありますか。

いいえ、インテリジェント メッセージ フィルターはインターネットに接しているサーバー上でインストールされるのみ必要が。 あります これらは、最初に、インターネットからメールを受信するは、Exchange トポロジ内のサーバーです。

インテリジェント メッセージ フィルターと Outlook 2003 の働き

Outlook は、独自のバージョンの SmartScreen ? テクノロジ使用するためは、Microsoft Office Outlook ? 2003年迷惑メールの設定と操作はインテリジェント メッセージ フィルターのアクションと異なります。 インテリジェント メッセージ フィルターによって設定 SCL は、ユーザーが指定した差出人セーフ、宛先セーフと組み合わせて使用され、受信拒否リストの一覧します。 これらのリストは、Outlook 2003 または Outlook Web Access 2003 を使用して構成できます。

Outlook 2003 でのインテリジェント メッセージ フィルターのしくみについては、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=27922 にある 『、Microsoft Exchange インテリジェント メッセージ フィルター デプロイメント ガイド 』 の「方法インテリジェント メッセージ フィルターはと Exchange 2003 および Outlook のフィルター処理機能セクションを参照してください。

[接続フィルターの例外のアドレスはインテリジェント メッセージ フィルターの動作に影響しますか。

[接続フィルターの例外の電子メール アドレスにある、インテリジェント メッセージ フィルターの動作に影響ありません。

[接続フィルターのアドレスを許可するにはインテリジェント メッセージ フィルター動作に影響しますか。

[接続フィルターのアドレスの IP 許可によりメールが結果にスタンプ SCL 値を持たないメッセージ インテリジェントのメッセージ フィルターをバイパスできます。 これらのメッセージは、Outlook 2003 迷惑メールのルールによってフィルターできます。 インテリジェント メッセージ フィルターは指定しません SCL 仕様でコンテンツ スキャンが実際にバイパスするため。 ここでは、0 の SCL の設定はありません、インテリジェント メッセージ フィルターから正確な値。

いくつかのメッセージは -1 の SCL レベルをなぜ入手か。

認証資格情報を使用して Exchange に送信されたメッセージは、SCL 値 -1 を受信します。 Outlook または Outlook Web Access などの認証されたクライアントからのメッセージを送信するすべてのユーザーは、SCL スタンプ-1 を受け取ります。 これにより、認証済みのメッセージは迷惑メール] フォルダーに移動されません。

内部アプリケーション認証を使用して、メッセージがメッセージか、インテリジェント メッセージ フィルターを通過して (1) don’t し、SCL 値を受け取りません発生は迷惑メール、として処理されるを防ぐするメールを送信する必要がありますや (2)、インテリジェント メッセージ フィルターを通過する大きいため、受信者に配信されるを防ぎますいずれかまたはユーザーの迷惑メール] フォルダーに移動するメッセージに対してアクションが実行することである値を取得します。

接続フィルター処理およびスパムの制御については、Exchange Server 2003 トランスポートおよびルーティング ガイドを参照して http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=26041 にします。

SCL が次の値は、インテリジェント メッセージ フィルター機能を評価しますか。

いいえ、SCL レベルは、Exchange Server 2003 機能です。 インテリジェント メッセージ フィルターは SCL レベルを使用する最初マイクロソフト アプリケーションです。 サード パーティ製のアプリケーションもメッセージに SCL をタイムスタンプことができます。 迷惑メール対策のインフラストラクチャと SCL 値の詳細については、迷惑メール対策の参照、Exchange Server 2003 SDK。

Exchange サーバー間で SCL が次の値情報を転送する方法はでしょうか。

SCL が次の値については、Exchange 2000 または Exchange 2003 サーバー間で、EXCH50 BLOB の一部として送信されます。 EXCH50 BLOB は、送信者の権限を持つ認証された接続にまたがってのみ転送できます。

ただし、EXCH50 をサポートしていない Exchange サーバー間のデバイスが、SCL レベルは失われます。

インテリジェント メッセージ フィルター フィルター メッセージをパブリック フォルダーへの送信に使用できますか。

いいえ、迷惑メール ルールは、パブリック フォルダーの作成できないためです。

プロパティ

文書番号: 867633 - 最終更新日: 2007年10月25日 - リビジョン: 2.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt KB867633 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:867633
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com