Windows Server 2003 のボリューム マウント ポイントの下にあるフォルダーをポイントする DFS リンクを作成することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 867712
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft 分散ファイル システムを作成するときに(DFS) リンクし、リンク名先ボリューム マウントの下にあるフォルダーポイントは、次のようなエラー メッセージが表示されます。
DFS リンクの作成中に次のエラーが発生しました: は、。指定されたパスが無効です。
さらに、次のようなイベントがシステム イベント ログに記録される可能性があります。

イベントの種類: エラー イベント
ソース: DfsSvc
イベントカテゴリ: なし
イベント ID: 14503
作成日: 日付時刻: 時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明: Dfs を作成できませんでした。再解析ポイントのシェア Path_Name マップディレクトリ\??\Drive_Name\フォルダー名.リターン コードはレコード データになります。データ: 0000。000000a1

原因

Windows Server 2003 はしないために発生します。ボリュームの下のフォルダーから DFS リンクの作成のサポートマウントします。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかを使用してください。方法:
  • スパン ボリュームを使用して 2 台のディスクをまとめて接続します。ボリューム マウント ポイントを使用します。

    ディスクとボリュームの管理方法の詳細についてServer 2003 Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    323442ディスクの管理を使用する方法ベーシックおよびダイナミック ディスクを Windows Server 2003 管理スナップイン
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition を実行している場合は、相互にリンクするのには、複数の DFS ルートを使用できます。ある場合の例については、ボリューム D と E のボリュームを各 DFS ルートとしてマウントできます。次に、行うことができます。E. のボリューム上のフォルダーを指す D のボリューム上のフォルダーから DFS リンクを作成します。

問題の再現手順

メモ これらの手順を実行するのには、2 台のコンピューターが必要です。
  1. Windows Server 2003 ベースのコンピューターに(Server1)、次のようなフォルダー構造を作成します。
    C:\DFSRoot\F1
  2. ディスクの管理を開くし、ハード ディスクに、C:\DFSRoot\F1 をマウントフォルダーです。
  3. DFS スナップインで、[スタンドアロン DFS ルートを作成します。設定は、フォルダー C:\Data としてルートし、次のパラメーターを使用します。
    サーバー名 = Server1
    ルート名 = データフォルダーを共有する = C:\DFSRoot
  4. DFS リンクを作成しようとしてください。(DFS フォルダーから DFS ルートを作成します。使用次のパラメーター:
    リンク名 = F1 キー
    ターゲットのパス = \\Server2\共有 (任意の共有ターゲット パスを指定できます。シナリオには関係がありません。)
期待される結果: DFS リンクが作成されます。
実際の結果: 使用「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。

メモ 、できません。作成DFS リンクマウント ポイントの下。ただし、、「DFS リンク ターゲット」を作成できます。下、またはボリューム マウント ポイントの前にあるフォルダー。DFS ターゲット リンク」"ことを解決するのには、UNC パスで、ディレクトリです。で[順序] をクリックしてこのシナリオを示します。 次の使用例を検討してください。
  • Server2 のようなフォルダー構造を作成、次の。
    C:\Data\F1
  • ディスクの管理を開くし、内のハード ディスクをマウント、C:\Data\F1 フォルダー。
  • C:\Data\F1\F2 フォルダーの下にマウントされているを作成します。ドライブと、C:\data、C:\data\f1、および C:\data\f1\f2 は、次の対応する共有します。Server2 上の共有します。
    • \\server2\data
    • \\server2\f1
    • \\server2\f2
この操作を行うと"DFSリンクターゲット"は、次のようにパラメーターを使用して作成されます。
リンク名 =リンク (任意の有効なリンク名を使用可能性があります。これです。関係のないシナリオします。)

ターゲットのパス =\\server2\データ または\\server2\データ\f1 キーまたは\\server2\データ\f1 キー\f2 キーまたは \\server2\f1 キー または\\server2\f2 キー

関連情報

DFS の詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://www.microsoft.com/WindowsServer2003/technologies/fileandprint/file/dfs/default.mspx

プロパティ

文書番号: 867712 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbfileprintservices kbwinservnetwork kbmt KB867712 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:867712
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com