Windows XP で Office プログラムからローカル プリンタに印刷する際に発生する問題のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 870622 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows XP で Microsoft Office の印刷に関する問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。この資料の内容は以下のとおりです。
  • プリンタ ハードウェアのトラブルシューティング方法
  • プリンタ ドライバのトラブルシューティング方法
  • Windows XP での印刷のトラブルシューティング方法
  • プログラムによる印刷のトラブルシューティング方法
  • スタートアップのオプションを選択するモードでのトラブルシューティング方法

はじめに

この資料では、Microsoft Windows XP で Microsoft Office プログラムを使用してローカル プリンタで印刷する際に発生する問題のトラブルシューティング方法について説明します。

詳細

この資料では、ネットワークを経由した印刷の問題のトラブルシューティング方法については詳しく説明しませんが、印刷の問題を診断する際に役立つ、基本的かつ重要なトラブルシューティング手順を多数紹介します。この資料に記載されているトラブルシューティング手順は、ローカルの問題が原因でないネットワーク印刷の問題の検証にも役立てることができます。

ネットワーク印刷に関する問題のトラブルシューティング方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314073 Windows XP のネットワーク印刷の問題のトラブルシューティング方法

プリンタ ハードウェアをチェックする

印刷に関する問題の多くは、ハードウェアが原因で発生します。複雑なトラブルシューティング方法に進む前に、次のハードウェア関連の問題によって印刷の問題が発生していないかどうかを検証します。
  • 正常に通電する電源にプリンタが接続されていることを確認します。
  • プリンタがプリンタ ポートに正しく接続されていることを確認します。ケーブルは、コンピュータの適切なポートとプリンタに正しく接続されている必要があります。
  • プリンタの用紙 (またはその他の適切な印刷媒体) がセットされていること、また紙詰まりが発生していないことを確認します。
  • インクまたはトナーが十分にあることを確認します。
  • プリンタにオンラインとオフラインの切り替え用の設定またはボタンがある場合は、プリンタがオンラインになっていることを確認します。
  • プリンタの電源を切り、5 〜 10 秒後に電源を再度入れて、プリンタをリセットします。印刷の問題の多くは、プリンタのバッファに空きがなくなるために発生します。
  • プリンタの製造元によって指定されたインストール手順をすべて実行していることを確認します。
  • プリンタのマニュアルにトラブルシューティング手順が記載されている場合は、その手順を実行します。
  • 可能であれば、プリンタのセルフテストを実行します。多くの場合、これらの "自己診断" ツールによって、ハードウェアに関連する基本的な問題の診断または解決を行うことができます。セルフテストの実行方法はプリンタによって異なります。セルフテストの実行方法の詳細については、プリンタのマニュアルを参照してください。

    : セルフテストを実行できない場合は、プリンタが故障しているか修理が必要な可能性があります。プリンタの製造元に問い合わせてください。
  • 別のコンピュータを使用できる場合は、プリンタを別のコンピュータに接続して正常に動作するかどうかをチェックします。別のコンピュータに接続してもプリンタが正常に動作しない場合は、プリンタが故障しているか修理が必要である可能性があります。

プリンタのプロパティを確認する

プリンタのプロパティの設定が正しくない場合、次の問題が発生する可能性があります。
  • 出力の品質が低下する。
  • 出力が不完全になる。
また、プリンタのプロパティ設定が正しくない場合、印刷がまったく行われないこともあります。プリンタのプロパティの設定がプリンタの製造元の推奨どおりに構成されていることを確認してください。

プリンタのプロパティの設定を表示するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 表示するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. プリンタのプロパティがすべてプリンタの製造元の推奨どおりに構成されていることを確認します。

    確認するには、プリンタに付属しているマニュアルを参照するか、プリンタの製造元に問い合わせてください。

テスト ページを印刷する

テスト ページを印刷するには、印刷のアクセス許可が必要です。また、テスト ページは、最初にプリンタをインストールしたときに印刷することもできます。

テスト ページを印刷するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. テストするプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで [テスト ページの印刷] をクリックします。
  4. テスト ページが正しく印刷されたら、[OK] をクリックします。
テスト ページが正しく印刷されなかった場合、印刷の問題を解決するためのトラブルシューティングを続行します。テスト ページを印刷できなかった場合、または Microsoft Windows プログラムの一部またはすべてで印刷ができない場合は、次のいずれかの問題が発生しています。
  • プリンタ ドライバの問題
  • Windows の問題
  • ハードウェアの問題
  • 接続の問題

プリンタ ドライバをテストする

プリンタ ドライバをテストするために、ワードパッドまたはメモ帳から印刷できるかどうかを確認します。

ワードパッドまたはメモ帳から印刷するには、次の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にポイントし、[ワードパッド] または [メモ帳] をクリックします。
  3. テキストを入力し、そのテキストを印刷してみます。
ワードパッドまたはメモ帳から印刷できる場合、使用中のプログラムに問題があるか、そのプログラムで必要とされる特定の印刷コマンドが Windows によって実行されていない可能性があります。プリンタ ドライバに存在する小さな問題が、印刷に影響を及ぼすこともあります。

プリンタ ドライバが問題の原因かどうかを確認するために、別のドライバをインストールしてプリンタ ドライバをテストすることができます。これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。
  • PostScript プリンタを使用している場合は、Apple LaserWriter NT ドライバを読み込みます。これは基本的な PostScript ドライバであり、このドライバを使用することによって、問題がそのプリンタ用の特定の PPD (PostScript Printer Description) ファイルに関係しているかどうかを判別できます。
  • プリンタが PostScript プリンタでない場合は、Generic/Text Only プリンタ ドライバを読み込みます。これは基本的なプリンタ ドライバであり、このドライバを使用することによって、基本的な印刷タスクが正しく動作しているかどうかを確認できます。
  • プロッタを使用している場合、Hewlett-Packard HP-GL/2 プロッタ ドライバを読み込みます。プロッタ ドライバの詳細については、次の Hewlett-Packard (HP) の Web サイトを参照してください。
    http://welcome.hp.com/country/jp/ja/welcome.html
    他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
プリンタ ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. ドライバを変更するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブの [新しいドライバ] をクリックします。プリンタ ドライバの追加ウィザードを使用して、新しいプリンタ ドライバまたは更新版のプリンタ ドライバをインストールします。
  4. [次へ] をクリックし、次の方法のいずれかを使用します。
    • 新規または更新版のドライバが一覧にある場合、該当するプリンタ製造元とプリンタ モデルをクリックします。
    • プリンタ ドライバが一覧に含まれていない場合、またはプリンタの製造元から CD やディスクで新規または更新版のドライバを受け取っている場合、[ディスク使用] をクリックします。ドライバの保存されているパスを入力し、[OK] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックし、画面に表示される指示に従って、プリンタ ドライバのインストールを完了します。
基本的なドライバを使用してもプリンタで印刷できない場合は、「印刷スタックをチェックする」を参照してください。基本ドライバを使用するとプリンタで印刷できる場合は、「プログラムをチェックする」を参照してください。

印刷スタックをチェックする

  1. プリンタ ドライバを削除し、再インストールします。破損したプリンタ ドライバを置き換えるには、次の手順を実行します。
    1. 実行中の Windows プログラムをすべて終了します。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
    3. 通常使うプリンタを右クリックし、[削除] をクリックします。コンピュータに残っている不要なファイルを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    4. [プリンタの追加] をダブルクリックし、画面の指示に従ってプリンタ ドライバを再インストールします。

      : コンピュータがネットワークに接続されている場合は、必要に応じて、ネットワーク プリンタ共有から適切なプリンタ ドライバをインストールします。ネットワーク管理者に確認して指示に従ってください。

      ネットワーク プリンタ共有からプリンタ ドライバをインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
      135406 手動によるプリンタ ドライバの削除と再インストールの手順

      Service Pack を使用している場合は、プリンタの再インストール後に Service Pack を再インストールしてください。
  2. ハード ディスク上の空き領域を確認します。
印刷ジョブをスプールするための領域が十分にない場合、印刷ジョブが印刷されないことがあります。

コマンド プロンプトから印刷する

コマンド プロンプトから印刷すると、コンピュータとプリンタの間の接続がテストされます。この手順は、プリンタの種類 (PostScript または PostScript 以外) に応じて、2 つの部分に分かれます。いずれの手順でも、プリンタが接続されているプリンタ ポートを知っておく必要があります。

プリンタが接続されているポートを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用するプリンタのアイコンをクリックし、[ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。
  3. [ポート] タブの [印刷するポート] ボックスを参照し、プリンタが接続されているポートを確認します。
コマンド プロンプトから PostScript プリンタを使用して印刷するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  2. プリンタが LPT1 ポートに接続されている場合は、コマンド プロンプトで copy con lpt1 と入力します。プリンタが LPT1 ポート以外のポートに接続されている場合は、lpt1 を正しいポートに置き換えます。
  3. Enter キーを押します。
  4. コマンド プロンプトで showpage と入力し、Enter キーを押します。
  5. Ctrl + Z キーを押し、Enter キーを押します。
プリンタから用紙が排出された場合、コンピュータとプリンタの間の接続に問題はありません。コマンド プロンプトから印刷できない場合は、「スタートアップ オプションを選択して Windows を起動する」を参照してください。

PostScript 以外のプリンタを使用してコマンド プロンプトから印刷するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで dir > lpt1 と入力します。プリンタが LPT1 ポート以外のポートに接続されている場合は、lpt1 を該当するポートに置き換えます。入力したコマンド ラインは、dir > lpt1 のようになります。
  3. Enter キーを押します。
一覧を含むページがプリンタから印刷された場合、コンピュータとプリンタの間の接続に問題はありません。コマンド プロンプトから印刷できない場合は、「スタートアップ オプションを選択して Windows を起動する」を参照してください。

フォントをテストする

破損したフォントが原因で、印刷の問題が発生している場合があります。ここでは、フォントの問題のトラブルシューティング方法を紹介します。

フォントのサンプルを印刷する

フォントは、画面にテキストを表示するときと印刷するときに使用されます。フォントには、斜体、太字、太字斜体などのスタイルがあります。印刷時に特定のフォントが問題を引き起こしている可能性がある場合は、フォントのサンプルを印刷してみます。

フォントのサンプルを印刷するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[フォント] をダブルクリックします。
  2. 印刷するフォントをダブルクリックします。
  3. サンプル ページで [印刷] をクリックします。
特定のフォントのみで問題が発生する場合は、フォント ファイルの破損が原因である可能性があります。

フォントのテストおよび再インストールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
314960 Windows でフォントをインストールまたは削除する方法

TrueType フォントをグラフィックスとして印刷する

問題がフォントに関連している可能性がある場合、TrueType フォントをグラフィックスとして印刷する機能がプリンタでサポートされていれば、この機能を有効にして、問題が解決するかどうかをテストします。

TrueType フォントをグラフィックスとして印刷するには、次の手順を実行します。

: 印刷設定を変更するには、印刷のアクセス許可が必要です。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用しているプリンタのアイコンを右クリックし、[印刷設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. [ドキュメントのオプション] の [テキストをグラフィックスとして印刷] チェック ボックスをオンにします。

    : [テキストをグラフィックスとして印刷] チェック ボックスは、プリンタでこの機能がサポートされている場合にのみ、詳細設定のダイアログ ボックスに表示されます。
  5. [有効] をクリックします。
: プリンタで [テキストをグラフィックスとして印刷] がサポートされている場合、デフォルトで TrueType フォントがプリンタにダウンロードされています。これにより、ドキュメントに含まれるフォントがプリンタのメモリに常駐するため、通常は印刷速度が増します。[テキストをグラフィックスとして印刷] を有効にしたときにドキュメントを印刷できない場合は、この設定を無効にして、もう一度印刷します。

プリンタの解像度を下げる

プリンタが高い解像度で印刷するように構成されている場合、印刷の問題が発生することがあります。これが印刷の問題の原因であるかどうかを確認するには、プリンタの解像度を下げて、問題が解決するかどうかを確認します。

プリンタの解像度を下げるには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで、[印刷設定] をクリックします。
  4. [印刷品質] ボックスで、プリンタの解像度 (dpi) として低い値をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. 問題が解決されるかどうかを確認し、解決されない場合は、プリンタの解像度を元の設定に戻します。

プログラムをチェックする

この時点で、ワードパッドまたはメモ帳から印刷できることは確認されており、印刷の問題は、あるプログラムに固有であると考えられます。

プログラムの問題を解決するには、次の方法を使用します。
  • 別の単純なファイルを印刷します。たとえば、情報量の少ない新しいドキュメントを作成します。このテストにより、原因がプログラムにあるのか、ドキュメント内にあるのかを判別できます。
  • システム ドライブの空き領域をチェックします。これを行うには、小さな印刷ジョブが正常に印刷されるかどうかを確認します。
  • 別のオペレーティング システムから印刷できるかどうかを確認します。正常に印刷できる場合は、出力ファイルに問題があります。
新しいドキュメントが印刷された場合、問題は特定のドキュメント自体にある可能性があります。問題がドキュメント内にあるかどうかを確認するには、以下の方法を使用してください。新しいドキュメントが印刷されない場合は、「スタートアップ オプションを選択して Windows を起動する」を参照してください。

メモリとディスク領域をチェックする

印刷しようとしているドキュメントの印刷に、より多くのメモリが必要である可能性があります。印刷対象のドキュメントを保存し、ドキュメントの一部をコピーして、新しいファイルに貼り付けます。複数のグラフィックスを印刷できない場合は、新しいファイルにグラフィックスの 1 つを貼り付けます。新しいファイル以外のファイルをすべて閉じてから、印刷してみます。

印刷できる場合、元のドキュメントの印刷には、コンピュータで利用できるメモリよりも多くのメモリが必要である可能性があります。オペレーティング システムで使用できるメモリ量が不足している可能性があります。

メモリを解放するには、次の手順を実行します。
  • 実行中の他のプログラムをすべて終了します。
  • 印刷対象のドキュメント以外のドキュメントをすべて閉じます。
  • 実行中のプログラムをすべて終了し、コンピュータを再起動します。
  • ハード ディスクに空き領域が十分あることを確認します。空き領域は 120 MB 以上確保することをお勧めします。
コンピュータからプリンタに情報が送信される過程で、ディスク領域が使用されます。Windows がインストールされているハード ディスクの空き領域が 120 MB 未満である場合、印刷の問題が発生する可能性があります。

ハード ディスクの空き領域を確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。
  2. Windows がインストールされているハード ディスクのアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。ハード ディスクの空き領域の合計が [全般] タブに表示されます。1 GB は 1024 MB と同等です。
空き領域を増やすには、次のいずれかまたは複数の方法を使用します。
  • ごみ箱を空にします。
  • ディスク クリーンアップ ツールを使用してディスクの空き領域を増やします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントし、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
    2. [ドライブ] ボックスの一覧でハード ディスクをクリックし、[OK] をクリックします。
    3. [削除するファイル] ボックスの一覧で、オプションを 1 つ以上選択します。
    4. [詳細オプション] タブをクリックして、ディスク領域の空きを増やすための他のオプションを参照することもできます。
  • 使用しないドキュメントやデータ ファイルをすべて削除するか、それらのファイルを別の場所に移動してアーカイブします。
  • プログラムの追加と削除を使用して、不要なプログラムをすべて削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
    2. 削除するプログラムをクリックし、[変更と削除] をクリックします。
    3. [はい] をクリックしてプログラムを削除します。

印刷が一時停止していないかどうかを確認する

印刷が一時停止していないかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. プリンタを右クリックします。
  3. [印刷の再開] または [プリンタをオンラインで使用する] がメニューに表示されている場合は、いずれかのオプションをクリックします。
  4. もう一度印刷します。

プリンタ ポートをチェックする

正しいポートまたは共有プリンタのパスを使用して印刷していることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [ポート] タブの [印刷するポート] ボックスの一覧で正しいポートをクリックします。
最も一般的なプリンタ ポートは LPT1 です。ただし、プリンタによっては別のポートを使用する必要があります。プリンタで使用する必要のあるポートを確認するには、プリンタのマニュアルを参照してください。

ネットワーク プリンタの共有プリンタのパスを確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで、ページの一番上に正しいプリンタ名が表示されていることを確認します。
表示されているプリンタ名が正しくない場合、または印刷先のプリンタの名前がわからない場合は、詳細についてネットワーク管理者に問い合わせてください。

スプーラの設定を変更する

ディスク領域が十分あるにもかかわらず、依然として印刷の問題が発生する場合は、スプーラの設定を変更してみます。通常、印刷するときには、情報がプリンタに送信される前に、いったんハード ディスク上のファイルに書き込まれます。この処理を印刷スプールと呼びます。印刷スプールにより、ドキュメントの印刷中でも引き続きプログラムを使用することができます。通常、印刷スプールはプリンタに直接印刷するよりも処理が速くなります。ただし、ディスクの空き領域が不足している場合は、印刷スプールを無効にすることにより、印刷速度が向上することがあります。

: 印刷スプールを無効にした場合、印刷元のプログラムで他の作業を実行するには、ファイルの印刷が終了するまで待つ必要があります。

スプーラの設定の確認または変更を行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. 使用するプリンタをダブルクリックします。そのプリンタの印刷キューが表示されます。
  3. 印刷キューに表示されているドキュメントがある場合、[プリンタ] メニューの [すべてのドキュメントの取り消し] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. 使用するプリンタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [詳細設定] タブをクリックします。
    • [印刷ドキュメントをスプールし、プログラムの印刷処理を高速に行う] がオンになっている場合、印刷スプールは有効です。
    • [プリンタに直接印刷データを送る] がオンになっている場合、印刷スプールは無効であり、プリンタに直接印刷されています。
  6. 設定を変更して、印刷速度が向上するかどうかを確認します。設定を変更するには、手順 5. に記載されているオプションのいずれかをクリックします。
    • ネットワーク プリンタで印刷している場合は、スプーラの設定を変更できないことがあります。
    • 一部のプリンタでは、グラフィックスを印刷する速度が、テキストを印刷する速度よりも大幅に遅くなることがあります。

リソースの競合を調べる

プリンタ ハードウェアは、インストールされている他のハードウェアと競合しないように構成する必要があります。

リソースの競合を調べるには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[システム] をクリックします。
  2. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします。
  3. [ポート] をダブルクリックします。
  4. 該当するプリンタのポートを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [リソース] タブをクリックし、[競合するデバイス] ボックスに競合が表示されていないことを確認します。

スタートアップ オプションを選択して Windows を起動する

使用しているプログラムの印刷機能に影響を与える可能性があるデバイス ドライバまたはメモリ常駐プログラムを調べるには、スタートアップ オプションを選択して Windows を起動し、プログラムでファイルへの出力をテストします。

: この手順を完了するには、管理者または Administrators グループのメンバ アカウントでログオンする必要があります。ネットワークに接続されているコンピュータの場合は、ネットワーク ポリシーの設定でこの操作が禁止されている可能性もあります。

警告 : 以下の手順を実行すると、システムの復元サービスが使用できなくなり、以前作成された復元ポイントが削除される場合があります。

システムの復元ユーティリティを使用してコンピュータを以前の状態に復元する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306084 システムの復元を使用して Windows XP を復元する方法

スタートアップ オプションを選択して Windows を起動するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに msconfig と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブの [スタートアップのオプションを選択] をクリックし、その下のチェック ボックスをすべてオフにします。

    : [元の BOOT.INI を使う] チェック ボックスをオフにすることはできません。
  3. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックしてコンピュータを再起動します。
スタートアップ オプションを選択して Windows を起動すると印刷の問題が発生しない場合は、クリーン ブートによるトラブルシューティングを実行して、問題の原因を特定します。

Windows XP でクリーン ブートを実行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310353 Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 870622 - 最終更新日: 2007年3月20日 - リビジョン: 5.9
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office OneNote 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Office Visio Professional 2003
  • Microsoft Office Visio Standard 2003
  • Microsoft Visio 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft Visio 2000 Professional Edition
  • Microsoft Visio 2000 Standard Edition
  • Microsoft Visio 2000 Technical Edition
  • Microsoft Visio Professional Version 2002
  • Microsoft Visio Standard Version 2002
  • Microsoft Office Project Professional 2003
  • Microsoft Office Project Standard 2003
  • Microsoft Project 2000 Standard Edition
  • Microsoft Project Professional Version 2002
  • Microsoft Project Standard 2002
キーワード:?
kbprint kbtshoot KB870622
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com